うつわ や みたす。 東京 南青山の和食器のお店

♪「うつわやみたす」さんと思い出と

うつわ や みたす

「うつわやみたす」さんは5年くらい前の益子の陶器市で妹が見つけてくれた作家さん。 「お姉ちゃん、新しい作家さんが来てるんだけど、とっても可愛いよー!」 と教えてくれ、その後アトリエ兼ご自宅での販売日にお邪魔させてもらった時に初めて購入しました。 当時はまだ子どもは息子一人でしたが、2点買ったコップのようなお皿。 (いつか兄弟がふえたらいいなと願掛けして買ったのです。 ) ちょうど息子はニモにはまっていたので、かなり喜んでくれていたのを思い出します。 スープ皿というよりは、汁気のあるおかずものや丼飯系を入れる方が合うこのお皿。 肉じゃが、カレー、冷やし中華、親子丼。 コーンフレークミルクもいいかな。 小ぶりで深さと取っ手があり、子どもには特に使いやすいのです。 今や可愛い動植物のモチーフで人気の「うつわやみたす」さんの食器。 以前はシンプルなお皿やカップも作っていらして、その色味や作りが好きでイベントなどでお店をチェックするようになりました。 こちらがそのシンプルなうつわ。 グラデーションがきれいなボウルは夫婦で仲良く使う用に、と友人が一緒に選んでくれプレゼントしてくれた物です。 今では、かわいらしいデザインが増えたみたすさん。 子どもたちは可愛いきれいな絵柄も好き。 子どもたちの可愛いものを可愛いと思う気持ちがこのうつわでも育っているように思います。 その感性も大切にしてあげたい。 大事に扱ってねと伝え、好きに使わせています。 そして今回にわのわでお持ち帰りしたみたすさん3点。 整理券兼抽選くじに当たったら、券に書いてある番号順に購入できるシステムに。 一人3点までと制限有り。 なんと、当たりくじ50番中6番を引き当てることができました!(一緒に並んだ友人はまさかの5番!!)益子の陶器市は整理券(抽選券)を引くことさえできなかったので、すごく嬉しい!! 乙女心をくすぐるデザインにほっこり。 蝶や花、鳥モチーフが好きです。 シンプルなものを集めたい、と言う気持ちや理想の暮らしとのギャップを感じつつも、こういうテイストも好きで…家の中がまとまりなくなっていますが、それはそれでよしかな。 みたすさんのうつわは見ているだけで癒やされます。 そして、昔買ったカップを見ると、当時の色々を思い出します。 物と思い出がセットだから愛着も深いのでしょうね。 今回の買い物は仕事に疲れた(頑張った)自分へのご褒美。 このお皿とカップを見ると、今の自分が思い出されることでしょう。 そしてまたがんばれる! これからも、大事に使います。

次の

うつわやみたす「繫ガル モノガタリ」

うつわ や みたす

皿のフチに息づく、野に咲く花々や蝶、鳥、そして可愛らしい小動物たち。 眺めているだけでふと、頭にストーリーが浮かんでくる。 使うのはもちろん、部屋に飾って、いつまでも見つめていたくなる……。 それが 「うつわや みたす」が作る器の、大きな特徴です。 「心を満たす器」をコンセプトに作陶しているという「うつわや みたす」は、 現在のところ オーダーやネット通販は行っていません。 巡り合えるのは展示会や陶器市。 「よし、今から買いに行くぞ!」と思い立ってすぐに手に入るわけではないけれど、出会える時期を待つだけの甲斐がある作品ばかりなので、まずはブログやインスタグラムをチェックしてみてほしいのです。 【柔らかなデザインに心癒されます】 動物や季節の花々が施された白い陶器に、ピンクや青がほんのりと色付けされていて、 柔らかく温かなタッチについ見入ってしまいます。 【カップの取っ手に蝶々がとまってる~!】 魅力的なのは、お皿だけではありません。 カフェオレボウルのようなカップの側面には、 モモンガがこちらを覗き見ているような装飾が施されていたり。 ティーカップの取っ手の根元には、 色とりどりの蝶や鳥がそっととまっていたり。 どの作品の世界観もうっとりするほどファンタジックで、食べ物を乗せたり飲み物を入れたりするだけでなく、鮮やかな花々を活けるのもまた楽しそうなんです。 【作家さんに話を聞いてみた】 「うつわや みたす」の器を手がけているのは、安達知亨さん・加奈江さん夫妻。 2人とも美大の出身で、なんと 陶芸は独学で学んだ(!)そうなんです。 安達さん夫妻に 「器づくりでもっとも大切にしていること」を伺ってみたところ、次のような回答をいただきました。 「シンプルで使いやすいものが流行している時代に、あえて 装飾に重点を置いています。 といいますのも、2人とも絵画科出身で純粋美術を学んできたため、素朴で実用性を重視した民芸に相反する考えを持っているからです」 【「使う人に幸せな気持ちになってほしい」】 とはいえ安達さん夫妻は、 「もちろん、使ってくださる方々に幸せな気持ちになって欲しいと思って作っています」とも話してくれました。 眺めているだけでふんわり温かい気持ちになれるのですから、きっと使ったらなおのこと、幸せな気分にひたれそうな気がします。 2018年4月28日から5月6日までのGW期間はにも出品予定のようなので、思い切って出かけてみてはいかがでしょうか。

次の

うつわ SouSou|Online Shop

うつわ や みたす

工房枠としてご出展いただく、うつわや みたす(安達 知亨・安達 加奈江)さんのご紹介です。 プロフィール 「心を満たす器」をコンセプトに、夫婦二人で作陶しています。 —ものづくりの道に進むことになったきっかけを教えて下さい。 また、ものづくりの際に大切にしていること、ものづくりに対する思いを聞かせてください。 安達知亨 武蔵野美術大学在学中に窯工サークルに入ったのがきっかけです。 初めて自分で作った器で飲んだお酒が非常に美味しく感じられ、それ以降すっかり陶芸にはまってしまいました。 他の人にも自分の作った器で同じ喜びを感じて欲しいです。 安達加奈江 多摩美術大学卒業後にフィギア原型師として勤務。 自分が作ったものがお店で売られているのを見て、ものづくりと社会との繋がりを実感しました。 経験を生かしてちょっと変わった器を作りたいと思っています。 —にわのわは地元千葉をだいじにし、つくり手とつかい手を結ぶ「わ」となることを目指しています。 千葉とのつながりを含め、つかい手に向けた簡単な自己紹介をお願いします。 また、にわのわに抱いているイメージを教えてください。 夫婦ともに千葉生まれ千葉育ちです。 多々引っ越しをしましたが、佐倉に自宅兼工房を構え十数年、気づけば一番長く住んでいます。 今回で4度目の出展になりますが、地元佐倉で展示する初めての機会を頂けたのが「にわのわ」でした。 回数を重ねるごとに新しい繋がりが出来るところに魅力を感じています。 にわのわをきっかけに、千葉から文化の発信ができたら嬉しいです。 —にわのわではどんな作品が並び、どんな展示となりそうでしょうか。 見どころやいちおし作品があったら教えてください。 夫婦共に油画科出身なので色や形にこだわった器を考えて制作していますが、最近は蓮とカワセミのシリーズに力を入れています。 あまり知られていないようですが、佐倉近辺は関東でカワセミを見ることが出来る貴重な場所です。 城址公園の外堀もそのひとつ。 なかなか本物を見る機会はないと思いますので、是非陶器のカワセミを見に来て欲しいです。 —工房枠でのご出展となりますが、どのような仲間の集まりなのか教えてください。 夫婦です。 —役割分担はあるのでしょうか? ほとんどの作業を一緒に行っていますが・・・ 強いて言うなら、デザイン、原型作り、カップの取っ手付け、色付けは妻。 原形石膏取り、轆轤、皿のディティール作り、釉掛け、窯焚きは私が主になることが多いです。 うつわや みたすさん、ありがとうございました。

次の