グーグル ネスト ハブ。 Google Nest Hub(画面付きのGoogle Home)を買ったのでレビュー。Wi

Google Nest HubとNature Remo 〜その使い道とできることは? — Nature

グーグル ネスト ハブ

地味ながらすべてのハブへ。 グーグルがしてからもう半年近く経ちます。 買収額は 32億ドル(約3,200億円)となかなかの金額ですが、Nestが作ってるのは サーモスタットと 火災報知機といった一見地味な製品です。 でもNestはサードパーティのデヴァイスと連携できるを発表するなど、スマートホームのハブとしての存在感を高めようとしています。 でも日本人的には、サーモスタットがどうしてそんなに注目されるのかちょっと ピンと来ないですよね。 というわけで、そもそもサーモスタットがどんなものなのか、そして Nestの何がすごいのかを以下にご説明します。 そもそもサーモスタットって? サーモスタットはWikipediaだと「 ある系の温度を調整するための装置」と定義されてますが、これじゃよくわかりません。 もちろん広義にはそれが正しくて、たとえば車のエンジンとかお湯の出る水栓とかいろんなシステムの温度調節装置としてサーモスタットは使われています。 が、Nestがいうところの「サーモスタット」とは 家屋の温度調節をする機器です。 機能としては温度センサーと、ヒーターやエアコンのコントローラーが合体したようなものです。 部屋の温度をセンサーでつねに監視していて、ユーザーが設定した快適な温度になるようにエアコンやヒーターを随時動かして調節しています。 日本の冷暖房装置は部屋ごとに分かれていますが欧米では 家全体で温度管理するのが主流で、そのハブとなるのがサーモスタットなのです。 イメージをつかんでいただくための例をあげると、自称ニューヨーク郊外の拙宅にもサーモスタットがふたつ入ってます。 ひとつはちょいハイテクで、ユーザが起床・就寝とか外出・帰宅の時刻を設定しておいて、家にいて起きている時間だけ稼動するようになってます。 見た目はこんな感じです。 もうひとつは旧式で時間帯設定などはなく、ただひたすら24時間同じ温度を保ち続けるものです。 なのでこちらは人が家にいようがいまいが適温なので、ハイテクなものに比べてムダにエネルギーを使ってるはずです。 家全体を温めたり冷やしたりするなんてぜいたくな仕組みのようにも感じますが、米国エネルギー情報局によると米国の家庭では 85%がサーモスタットを使っているそうです。 またイギリスやドイツなどヨーロッパの国でも仕組みは違えどサーモスタット的なものが使われていて、イギリス仕様のNestも今年から販売されています。 Nestはどうすごいの? 上の例で書いたように、サーモスタットでは時間帯設定ができるほうがエネルギーのムダを抑えられます。 もっといえば、 家に人がいるときを見計らって勝手に動作してくれるのが理想です。 その 理想を体現したのがNestなんです。 Nestには独自の 人工知能が搭載されていて、家に人がいる時間帯を 自動で学習します。 Nestを設置したら最初は手動でオン・オフや温度を設定するのですが、そうするうちにだいたい何時に何度くらいにするのかを察してくれるんです。 ちなみにオフになる場合も温度の下限が設定できるので、冬はマイナス20度とかになる地域でも「旅行から帰ったら家中が凍ってた」なんてことはありません。 Nestいわく、これらの機能によって 電気代やガス代を20%ほど節約できます。 Nestは1台249ドル(約2万5,000円)なので、半年から1年ほどで元が取れることになります。 米国のBest BuyやHome Depotといった家電量販店・ホームセンターのサーモスタットの中では 販売台数1位になり、すでに100万台近く売れているとも言われています。 またNestには専用アプリがあって、iOSやAndroidデヴァイスからも操作できます。 だから家の中でもiPhoneをリモコンにしたり、外出先から戻る前にサーモスタットをオンにしておくなんてことができます。 iPhone・iPadと連動する製品のためか、Apple Storeでも取り扱われています。 Internet of Thingsのハブへ でも、Nestの目標は単なる優秀なサーモスタットにとどまりません。 温度管理のハブだけではなく、 あらゆる機器やサーヴィスの中心になろうとしているんです。 Nest社製品にはもうひとつ火災報知機のがあり、Protectが一酸化炭素を感知するとNestにガスの元栓を占めさせるなど相互に連動しています。 さらにの公開で、NestとProtectはサードパーティ製の機器やサーヴィスとも連携できるようになりました。 モノとモノがつながって連動し合う、 Internet of Things(モノのインターネット)を小規模ながらすでに体現しています。 たとえばさせることができます。 Developer Programは公開されているので、Nestと連動してできることは 開発者のアイデア次第で無限に広がっていきます。 Nest買収のもうひとつの意味 そんな便利かつポテンシャルも高そうなNestですが、そこに32億ドルの価値があるのかどうか疑問に思われるかもしれません。 でもNestの魅力は製品だけでなく、その 人材にもあります。 Nest共同創業者でありCEOの トニー・ファデル氏は、かつて 初代iPodの開発を率いて成功に導いた実績があります。 iPod担当シニアヴァイスプレジデントに就任し、初期のiPhoneのデザインにも関わっています。 ファデル氏は2008年にアップルを退職し、2010年にNestを創業しました。 Fortuneによればアップル在籍時にはスティーヴ・ジョブズとも堂々と渡り合ったことから 次期CEO候補ともささやかれ、今はグーグル傘下に入ったことで「 次なるラリー・ページか」とも言われてます。 なのでグーグルによるNest買収は、人材獲得(Hire)目的の買収(Acquire)つまり Acquhireとも言われています。 シリコンヴァレーでは、32億ドルという買収額の内訳を「Nestそのものが10億ドル、ファデル氏が20億ドル」と見る声もあるそうです。 ファデル氏がグーグルのハードウェア担当役員に就任というもありましたが、今のところ否定されています。 そんなファデル氏とNestがただものではない感じ、伝わったでしょうか。 さらにグーグルがその親会社となると、妄想は無限大です。 Tags :•

次の

スマートディスプレイって何? 「Google Nest Hub」でできること

グーグル ネスト ハブ

残り時間がすぐにわかるタイマーが便利 基本的な操作方法は、Google Homeシリーズとあまり変わらない。 「OK, Google」に続いて検索したいフレーズや呼び出したい機能を発声するだけ、なのだが、画面があるとないとではその体験に大きな違いが生まれる。 身近なところで便利なのはタイマーだ。 Google Homeでもタイマーは利用頻度の高い機能なのだが、タイマー設定中に残り時間を知るには「今何分? 」と聞かなければいけない。 それに対してNest Hubはタイマーを設定すると画面には常に残り時間が表示され、複数設定した場合も1画面に2つ、画面をスライド操作することで、3つ以上でのタイマーも確認できる。 複数のタイマーを表示 なお、同じくディスプレイを備えたAmazonの「Echo Spot」も筆者は利用しているが、こちらは設定したタイマーが一定時間で非表示になってしまい、残り時間を確認するには再度タイマーを呼び出さなければいけない。 細かな差ではあるものの、タイマーの利便性としては大きな違いだ。 Google Homeをキッチンに置いて音声タイマーとして利用していた筆者に取って、ディスプレイ搭載のNest Hubは「キッチンに置いたらタイマーがより便利になる」というのが狙いだったのだが、実際にキッチンに置いてみると予想を上回る便利さだった。 食材に触れるキッチンの中で手を一切使わずタイマーを設定できるのは非常に便利。 これがNest Hubになって残り時間もすぐに確認できるようになり、タイマーとしての使い勝手は飛躍的に向上した。 また、タイマーに限らないが、Nest Hubはタッチディスプレイ操作も可能。 タイマーが鳴ってから止める時、音声で「タイマーをストップ」というよりも、手が空いていればタッチ操作のほうが早い。 タッチ操作もできることで、より負担のない操作が可能になった。 画面下部のフレーズを読み上げるかタッチで操作できる キッチンでGoogle Homeを活用している身としては興味深い機能なのだが、いざ使ってみると課題も多い。 利用できるレシピはNest Hub向けに最適化されたわけではなくWebに掲載された他社サイトのレシピを使っているため、レシピによってばらつきがあるのだ。 Nest Hubではレシピは食材と量が1つの文章にまとめて表示されるが、文中に量が表示されないレシピの場合、Nest Hubで表示されるのは材料名のみで量がわからないことがある。 また、味付けのだし汁やソースなど、事前に混ぜておくようなレシピでは「混ぜておいたBを使って」といった表記があるのだが、具体的にそのBがどれだかわからないということもあった。 文章に食材の分量が含まれていればNest Hubでも分量がわかる レシピの表示はNest Hub画面のみのため、スマートフォンで事前に見ておくことも難しい。 筆者が料理する場合、スマホやPCで気になるレシピを事前に探しておき、材料や手順などを一通り読み込んだ上で、実際に作る時にスマホなどでレシピを表示しながら料理する。 しかし、Nest Hubの場合はレシピ検索するところから本体を使わなければいけないので、やや使いにくく感じてしまう。 基本的には音声のみで操作できるが、レシピ選択はレシピ名を読み上げなければいけないのもやや面倒。 レシピ名が似ていたり、料理の名前が長かったりすると、目的のレシピを表示させるのも一苦労だ。 もちろん、画面をタッチすれば解決するのだが、食材を触っている料理中だからこそ音声だけで操作を完結したい。 料理をしながらレシピを操作できるという点では非常に将来性を感じるのだが、現時点では日常的に使いやすいレベルとは言いがたい。 気に入ったレシピをスマートフォンやPCから事前に登録できる、選択したいレシピは数字で選べるといった機能向上に期待したい。 ポッドキャストをキャスト。 また、声での操作では、一時停止や再生はもちろん、「1分戻る」「10分戻る」など任意の時間を指定することも可能だ。 なお、動画とタイマーは排他になっており、タイマーを起動すると動画の再生は止まってしまうが「動画を再開」などと発声すると続きを視聴できる。 できればタイマーを表示しつつ動画も楽しみたいところだが、このあたりは今後のバージョンアップに期待したい。 音声のみのポッドキャストであれば、タイマー設定時でも再生可能だ。 また、利用しているサービスで試したところ、YouTubeやHulu、dビデオ、dTVなどは利用できたが、NetflixはNest Hubにはキャストできなかった。 オリジナルの人気コンテンツを多数取りそろえているNetflixだけに、Nest Hubにもぜひ対応して欲しい。 レシピ利用という点でもキャストは便利。 スマートフォンから作りたいレシピをNest Hubに表示し、より大きな画面でレシピの内容を確認できる。 Nest Hubのホーム画面をGoogle フォトに設定できる 音声操作でGoogle フォトの写真を表示することも可能なのだが、見たい写真を音声で指定するのはなかなか難しい。 「ラーメンの写真」のような単語であれば検索しやすいが、Google フォトでは作成しておいたアルバム名を、音声のみでピンポイントに指定することはできないようだ。 スマホからのキャスト機能でGoogle フォトの指定アルバムを表示できるが、画面サイズは7型とスマホと大差ないので、あまり使いみちはないかもしれない。 一方、Nest Hubのホーム画面には、任意のアルバムや人物を指定して表示できる。 例えば夫婦でGoogle フォトのアルバムを共有して子供やペットの写真をアップしておき、それをホーム画面に設定すれば、いつでも子供やペット写真が楽しめるフォトフレームとして活用できる。 孫の顔を楽しみにしている実家にNest Hubを設定しておき、常に孫の顔を見ることができる、という使い方もできる。 表示された操作をタッチで選ぶこともできる 発声した音声の認識結果がリアルタイムに表示されるのも便利だ。 Google Homeを使っていると、自分の発声とは異なるフレーズで認識されることも少なくないが、Nest Hubでは「どういう言葉で認識されたか」がわかるため、自分の中で理解しやすい。 筆者の場合「味噌」の発音が高確率で「リスト」と認識されてしまうのだが、テキストで認識することで「ああ、このリストは味噌だったな」ということが思い出しやすくなっている。 この認識結果を利用して、Nest Hubの言語設定を英語にしてみるのもお勧めだ。 自分の発音がどのように認識されているのかがリアルタイムにわかるので、ちょっとした英語の勉強になる。 英語が得意で無くても、「Ok Google, Timer 3 minutes」程度のフレーズで十分使いこなせる。 また、対面でないこともあって発音やフレーズの間違いもほとんど気にならないので、思い切って英語を発音できるのもメリットだ。 ディスプレイ搭載で広がるスマートスピーカーの魅力 これまでのGoogle Homeは音声でながら操作ができるのが便利だったものの、検索結果がすべて音声で流れるため、その場で聞き取って記憶しなければならなかったり、そもそもどういう操作をすればいいのかがわからない、という課題もあった。 ディスプレイ搭載のNest Hubであればこうした問題を解決できる。 上記の通り検索結果を画面で確認できると利便性は大いに高まるし、音声だけでなく動画や写真といったコンテンツも楽しめるのはディスプレイ搭載モデルならではのメリットだ。 特にEcho Show 5は、Nest Hubより5,000円安く直接の競合機種となりそうだが、個人的にはタイマーの使いやすさ、キャスト機能でさまざまなコンテンツを楽しめる点において、Nest Hubに魅力を感じている。 なお、海外ではより大画面かつカメラを搭載した上位機「Nest Hub Max」も発表されている。 こちらはビデオチャットにも対応しており、コンテンツに加えてコミュニケーション機能も強化されている。 ぜひ日本での展開も期待したい。

次の

『Google Nest Hub』vs『Echo Show 5』比較。買うなら“対応アプリ”を要チェック!

グーグル ネスト ハブ

説明書• 電源ケーブル わかりやすくて非常に良いですね。 続いて、本体を見てみます。 ぶっちゃけ何の特徴もありません。 ディスプレイは7インチとなっています。 ベゼルに関しては1センチ程度と太めですが、フレームとして考えると少し後ろがごちゃごちゃしている所でも写真が際立つのでこれはこれで良いのかなと思います。 ディスプレイ前面にはマイクが2つと、周囲の明るさに応じて画面の調整をする明かりセンサーがついています。 マイクの感度に関しては、Google Home miniと比べて遜色ありません。 結構遠くから囁く程度の声でもしっかりと音を拾ってくれます。 続いて、後ろから見るとこんな感じです。 フォルムとしてはスピーカーの上にディスプレイが斜めに乗っかっているという表現がわかりやすそうです。 すっきりと洗練されているイメージです。 背面にはボタン類が2つだけと非常にシンプルです。 カメラが非搭載のモデルですのでスイッチオンオフできるのは、マイクのみとなっています。 背面の右下には電源ケーブルの入力口があります。 入力のインターフェイスとしては1つだけとかなりシンプルです。 電源ケーブルに関してはUSBでなく、コンセントに電源プラグを差し込むタイプのものとなっています。 本体への差込側に関しても特殊な形状を採用しており 汎用性は低そうです。 L字ではなくストレートになっているので背後のスペースは少しだけ必要です。 最近のトレンドでいうと、 USBタイプCを搭載してもらい汎用性を高めるのも一つの選択肢だったと思いますが、まぁいいでしょう。 手持のiPhoneSEと並べて写真を撮ってみました。 電源プラグ側が丸くなっていて、少し特殊ですが大きさとしては小ぶりなのでそこまで邪魔にはならなかなという感じです。 エコーshow5との比較 せっかく似たような製品を持っていますので、両方並べてみました。 エコーShow5のレビューに関しては別のエントリーにしていますので合わせてご確認ください。 2019-09-06 07:00 さて、実際に両方並べてみると、 Nest Hubが7インチ・エコーShow5が5. 5インチということでぱっと見のサイズが結構違います。 ただ、ベゼルの太さに関してはほとんど変わりはありませんので純粋にディスプレイのサイズの違い=大きさの違いとなっているようです。 正面から見るとディスプレイサイズの違いが大きさの違いにつながっているだけに見えますが、後ろから見てみると 奥行きは結構違います。 Nest Hubの方が奥行きも狭く少ないスペースで設置可能です。 そのため設置するスペースはエコーshow5よりも悩まずに置けました。 細かい機能部分で違いは結構あるのですが、まだあまり使いこないしていないので比較はサイズ感ぐらいに留めておきます。 Nest Hubの設定方法 ここからは設定の方法を書いていきます。 基本的にはNest Hubだけでは完結せず、 Googleホームのアプリが必ず必要になっています。 ちなみに、Amazonのエコーshow5に関しては本体のみで全ての設定が終わりますので、このあたりはスマートディスプレイに期待する役割がGoogleとAmazonでは明確に違うからでしょう。 ということで、ここからはスマホの画面も合わせて設定の方法を簡単に紹介します。 グーグルホームのアプリを起動すると、上部にデバイスのセットアップの項目が出てきますのでまずはそちらを選択してネストハブの設定をしていきます。 セットアップする家を選択します。 複数の家に同じアカウントで設定する場合は必要になりますが、ほとんどの場合現在利用している自宅に追加する形で問題ありません。 家の選択が終わると、グーグルホームアプリが自動的にデバイスの検出をします。 実際にこの段階ではWi-Fiなどには繋いでませんが何かしらの方法で、未設定のデバイスの検出を行なっています。 マイクと超音波の組み合わせみたいな感じかなと推測しますが。 デバイスが検出されるとコードが両方の画面に表示されますのでこちらが同じ状態であればそのまま次へを押して設定を進めます。 基本的に複数台の設定を同時に行うという場合以外は間違いようがない気はします。 続いてデバイスを家のどこに所属させるかの決定を行います。 設置場所を決めたら、続いて端末の名称を決めます。 同じものを複数台設置する場合は識別ができるようにわかりやすい名前をつけましょう。 ここまできて初めてインターネットに接続していきます。 利用したいWi-Fiを選択します。 Wi-Fiのパスワードはスマホ自体に保存してあるものをそのまま利用可能ですのでWi-Fiのパスワードをわざわざ入力する必要はない点は良いと思います。 Wi-Fiに接続します。 wi-fiに接続すると、本体の更新が始まります。 アプリ側ではそのまま設定を続ける形です。 グーグルアシスタントをネストハブで利用することへの同意をしましょう。 続いてボイスマッチの機能を有効にするかを決定します。 Googleアシスタントが、ユーザーを声で判別する仕組みのことです。 誰が話しかけているのかをグーグルアシスタント側で判別し、その個人に合わせて最適な答えを返すための機能となっています。 例えばAさんが「今日の予定は?」というとAさんのグーグルカレンダーから予定を教えてくれて、Bさんが「今日の予定は?」というとBさんの予定をグーグルカレンダーから教えてくれるようになる機能です。 家族が複数いる場合はこちらの設定をすることにより便利に利用可能です。 Googleデュオを利用してネストハブで通話することが可能です。 カメラは搭載していないので音声通話のみが可能です。 背景モードの指定します。 選べる選択肢としては次の3つとなっています。 Googleフォト• アードギャラリー• 時計の全表示 ここはもちろん Googleフォトがオススメです。 背景モードにGoogleフォトを選ぶと、アルバムを選択して表示したり、最近のハイライトを自動的に作成してもらい表示することも可能です。 ちなみに写真の表示に関しては、横の写真に関しては通常通りの表示ですが、 縦で撮った写真に関しては二つ横に並べた状態で表示してくれます。 ちなみにエコーShow5は縦の写真はそのまま1枚真ん中に表示されるだけになっていますので、縦の写真も綺麗に表示させることができるのでフォトフレームとしてはネストハブはかなり優秀だと思います。 クラウド上のアルバムである「Googleフォト」をから写真を表示してスライドショーにしてくれるので遠く離れた両親に孫の写真を見せるなどの用途などで活躍できそうです。 以上で設定は完了です。 状況によっては本体の更新作業がまだ行われているので、説明などを流し見しながら待ちましょう。 更新が終わると設定は完了です。 Googleホームのアプリ上にネストハブの端末が追加されました! これでやっと使い始めることができます。 設定の所要時間は大体10分程度といった所でしょう。 Nest Hubの操作方法 続いて、ネストハブの基本的な操作方法を簡単に紹介していきます。 通常時は背景モードに合わせた表示をしてくれます。 今回の設定ではGoogleフォトを選んだので、フォトフレームとしてGoogleフォトのアルバムのスライドショーを再生してくれています。 (子供に離乳食をあげている写真ですがモザイクかけています。 ) 常時画面に時刻の表示や、天気の表示などをさせる設定などもグーグルホームのアプリから変更が可能です。 こちらの画面がいわゆるホーム画面だと思ってください。 本体の基本的な 操作方法は大きく4タイプに分かれています。 上から下にスワイプ 画面の上部から下に向けてスワイプすることによってルーティーンやメディアにアクセス可能です。 あまり使う機会はないかも知れません。 下から上にスワイプ 画面の下部から上に向けてスワイプすることでメニューの表示が可能です。 ボタンは左から次の順番です。 カレンダー• Spotify• YouTube• オススメ機能紹介• ヘルプ オススメ機能紹介は時間によってレコメンドされる内容が違いますので、時間を変えてみてみてください。 以上で基本的な操作はおしまいです。 基本的には音声で操作しますが一部設定は本体から行うことが可能です。 さいごに 単純にフォトフレームだけと考えるとネストハブは少し高い気がしますが、フォトフレーム+スマートスピーカーと考えれば、15,000円という価格は良い価格設定なのかなと思います。 一通り触ってみての感想ですが、アマゾンのエコーシリーズより私は グーグルホームが全体的にストレスが少なく使えて好きです。 特に自宅で利用している家電リモコンとの連携には「ルーティーン」機能は欠かせません。 こちらの機能はGoogleアシスタントにしか無いですが使いこなすとかなり便利です。 また、 認識された音声を文字化して貰えるのでが気に入りました。 Googleアシスタントが命令をなんと認識して、どう反応するかがしっかり見えるので、ルーティーン機能の調整などもスムーズに行えます。 折角ディスプレイを搭載しているのですからエコーShow5に関してもこの辺りは対応して欲しかったところです。 全体的によく出来ている製品になるかと思いますので、スマートスピーカーの購入を検討している方はどうせならこのディスプレイ付きのNest Hubを買うのがいいと思います。 また、常時更新されるフォトフレームとして両親へプレンゼントにも最適なのではないでしょうか。 皆さんも目にする機会があったら是非触っていただき、購入を検討してみてください。 てな感じで.

次の