横浜市 ゴミ 傘の骨。 横浜市・家庭ごみ 生活ガイド|小さな金属類の捨て方

横浜市のゴミの出し方をご紹介!新生活スタート前に要チェック!|横浜市の賃貸情報は横濱コーポレーション株式会社

横浜市 ゴミ 傘の骨

小さな貴金属類の捨て方• 週1回収集(「缶・びん・ペットボトル」の収集日と同じ)• 「缶・びん・ペットボトル」の袋とは分けて出してください。 クギやネジなど細かいものは袋に入れてください。 細かなもの以外は、袋に入れずに出してください。 なべ・フライパンなどは取っ手を含めずに30センチメートル未満であれば小さな金属類として出してください。 傘の骨は30センチメートル以上であっても、小さな金属類として出してください。 傘は金属製の骨組と布部分を分けてください。 火災の恐れがありますので、オイル缶やペンキ缶等は、中身を使い切ってからお出しください。 刃物は、厚紙などに包み、品名を表示してください。

次の

傘の捨て方は地域で違う?【ビニール傘、折りたたみ傘は何ゴミ?】

横浜市 ゴミ 傘の骨

品目 出し方 出し方のポイント等 絵画 50cm以上のものは粗大ごみへ 紙だけになるものは古紙 雑誌・その他の紙 へ 貝殻 階段マット 懐中電灯 金属製 電池は抜く 懐中電灯 プラスチック製 電池は抜く 懐中時計 金属製 プラスチック製のものは燃やすごみへ 電池は抜く。 回転台 50cm以上のものは粗大ごみ、金属製で30cm未満のものは小さな金属類 30cm以上のものは粗大ごみ 掻い巻き布団 買い物袋 紙製のものは古紙 雑誌・その他の紙 へ 回覧板 紙製のものは古紙 雑誌・その他の紙 へ カイロ 携帯用・蒸気タイプ カイロの外包装 カイロケース カウベル カウル バイク 50cm以上のものは粗大ごみへ カウンター かかし 事業で排出するものは事業系ごみ、家庭から出たもので50cm以下のものは燃やすごみへ 踵やすり 金属製のものは小さな金属類へ 化学薬品 販売店へ相談 鏡 新聞紙等に包み品名を表示する。 50cm以上のものは粗大ごみへ 鏡餅の飾り 紙製の飾りは古紙へ 鏡餅 プラスチック製の容器・包装 個包装の袋も対象。 紙製の飾りは古紙へ。 その他の飾り・食品残渣は燃やすごみへ かき氷機 金属製 30cm以上のものは粗大ごみへ かき氷機 プラスチック製 50cm以上のものは粗大ごみへ 鍵 かぎ針 拡声器 攪拌機 家具転倒防止ポール プラスチック製で50cm未満のものは燃やすごみへ。 金属製で30cm未満のものは小さな金属類へ 家計簿 掛け軸 丸めて50cm以上のものは粗大ごみへ 笠 火災報知機 電池は抜く 傘立て プラスチック製・木製で50cm未満のものは燃やすごみへ。 陶器製で50cm未満のものは燃えないごみへ。 金属製で30cm未満のものは小さな金属類へ。 傘袋 かさ 骨がプラスチック製 かさ 骨が金属製 骨組みと布部分に分け、布やビニールは燃やすごみへ。 持ち手はつけたまま出すことができます。 食べ物の油等が付着しているものは燃やすごみへ 菓子箱 金属製 菓子箱 プラスチック製 果実酒びん 梅酒などを漬けるもの ふたは、プラスチック製のものは燃やすごみへ。 金属製のものは小さな金属類へ 苛性ソーダ 販売店へ相談 化石 カセットコンロ 卓上コンロ 電池は抜く。 ガスボンベは中身を使い切って、スプレー缶へ。 カセットテープ ケースも含む 型紙 肩たたき 滑車 金属製 金属製以外のものは燃やすごみへ カッターシート 50cm以上のものは粗大ごみへ カッターナイフ セラミック製 カッターナイフ 金属製 プラスチック製のものは、刃以外は燃やすごみへ。 カップ酒 金属製のふたは小さな金属類へ。 プラスチックのふたはプラスチック製容器包装へ。 かまど かまぼこ板 釜飯の容器 陶器製 紙おむつ 汚物はトイレに流して 紙きれ 紙コップのフタ プラスチック製 紙コップ 未使用 使用前は古紙 雑誌・その他の紙 へ。 使用済は燃やすごみへ 紙皿 未使用 使用前は古紙 雑誌・その他の紙 へ。 使用済は燃やすごみへ 紙芝居 紙製発泡体 かみそり 持ち手がプラスチック製 刃の部分はカバー等を付け、刃が出ないようにする。 金属のみの替刃だけを出す場合は小さな金属類へ。 かみそり機 電気かみそり機 電池は抜く。 充電池式 電池が外せない は販売店・メーカーに相談 かみそり洗浄機 金属製のものは小さな金属類へ かみそりの刃 新聞紙等に包み品名を表示する かみそりの刃 カートリッジ式 ケースに入れるか、紙で包むなどして出す。 新聞紙等に包み品名を表示する。 軽石 かるた プラスチック製の物は燃やすごみへ 枯れ草 大量に出す場合は収集事務所に相談 カレンダー 金属部分は小さな金属類へ 革製品 瓦 請負工事に伴い取り外したものは業者に処分を依頼する。 簡易充電器 携帯電話や電動歯ブラシなどの家電製品の充電器 簡易トイレ 置き型タイプ 50cm以上のものは粗大ごみ 固めた汚物は燃やすごみへ 缶 飲料・食品用以外 中身を使い切って。 30cm以上のものは粗大ごみへ。 カーペット、ホットカーペット 畳んで50cm未満のものは燃やすごみへ カーボン紙 裏面にカーボンが塗布 カーボン紙 ノーカーボン紙 カーラー 電池が入っているものは抜いて出す カーワックス 缶は小さな金属類へ。 プラスチックボトルはプラスチック製容器包装へ。 カーワックス容器 プラスチック製はプラスチック製容器包装へ ガイガーカウンター プラスチック製 金属製のものは小さな金属類へ 学生証 プラスチック製 紙製のものは古紙 雑誌・その他の紙 へ 額縁 金属製 30cm以上のものは粗大ごみへ 額縁 木製 50cm以上のものは粗大ごみへ ガスオーブンレンジ 電池は抜く ガスコンロカバー 金属製 30cm未満のものは小さな金属類へ ガスコンロシート ガススプリング 30cm以上のものは粗大ごみへ。 ピアノは販売店へ相談。 楽器ケース 50cm未満のものは燃やすごみへ 楽器スタンド 楽器用フットペダル プラスチック製 金属製のものは小さな金属類へ ガット テニス・バドミントン 画板 50cm未満のものは燃やすごみへ 画鋲 新聞紙等に包み、品名を表示する。 画鋲抜き 金属製のものは小さな金属類へ がまぐち ガム 包み紙 銀紙 も燃やすごみへ ガムテープ ガムテープカッター 金属製のものは小さな金属類へ 画用紙 ガラス板・棒 50cm以上のものは粗大ごみへ ガラスクリーナー エアゾール缶 中身を使い切って 穴はあけない。 キャップはプラスチック製容器包装へ。 30cm以上のものは粗大ごみへ ガーデンライト プラスチック製 電球は外す 外せるものの場合。 50cm以上のものは粗大ごみへ ガーメントスチーマー 衣類スチーマー プラスチック製で50cm未満のものは燃やすごみへ。 金属製で30cm未満のものは小さな金属類へ 貴金属 木くず 着ぐるみ 丸めて50cm未満になるものは燃やすごみへ、布製のものは古布へ。 50cm以上のものは粗大ごみへ 木の根 50cm未満にする。 50cm以上のものは粗大ごみへ 木の葉 大量の場合は収集事務所に相談 木の実 木箱 50cm以上のものは粗大ごみへ 基板 気泡浴装置 家庭用 50cm以上のものは粗大ごみへ 記名帳 着物類 どてら・丹前等わた入りのものを除く 洗濯して乾かしてから どてら・丹前は燃やすごみへ キャスター金具 キャスター付きワゴン キャスターハンガー キャスターバッグ 布・プラスチック製で50cm未満のものは燃やすごみへ 脚立 プラスチック製で50cm未満のものは燃やすごみへ。 金属製で30cm未満のものは小さな金属類へ キャッシュトレー 金属製 キャッシュトレー 陶器製 キャッシュトレー プラスチック・革・木製 キャッチャーマスク キャッチャー用プロテクター 50cm未満のものは燃やすごみへ キャットタワー 金属製 分解できるもので30cm未満になるものは小さな金属類へ キャットタワー 木製・プラスチック製 分解できるもので50cm未満になるものは燃やすごみへ キャットハウス 50cm未満のものは燃やすごみへ キャップ付き紙パック キャップは外してプラスチック製容器包装へ キャニスター 陶器・ガラス製 キャニスター 金属製 キャニスター プラスチック製 キャビネット 木製・プラスチック製で50cm未満のものは燃やすごみへ。 金属製で30cm未満のものは小さな金属類へ キャリーカート プラスチック製で50cm未満のものは燃やすごみへ。 金属製で30cm未満のものは小さな金属類へ。 鏡台 霧吹き ガラス製 霧吹き 金属製 30cm以上のものは粗大ごみへ 霧吹き プラスチック製 錐 きり:柄が木製のもの 個別に新聞紙等に包み、品名を表示 錐 きり:金属製 新聞紙等に包み、品名を表示 キルティングフープ 直径50cm以上のものは粗大ごみへ キルティングマット・シーツ 畳んで50cm未満のものは燃やすごみへ 金魚鉢 ガラス製 50cm以上のものは粗大ごみへ 金魚鉢 プラスチック製 50cm以上のものは粗大ごみへ 金属製のチューブ 中身は使い切って。 プラスチック製のものは燃やすごみへ 杭 50cm以上のものは粗大ごみ 金属製で30cmのものは小さな金属類へ 30cm以上のものは粗大ごみ 空気入れ 自転車用など プラスチック製で50cm未満のものは燃やすごみへ。 金属製で30cm未満のものは小さな金属類へ 空気清浄機 50cm以上のものは粗大ごみへ。 ガラス部分は外して燃えないごみへ くぎ 新聞紙等に包み品名を表示する。 プラスチック製は燃やすごみへ くぎ抜き 金属製 30cm以上のものは粗大ごみへ 草刈機 草刈機の刃 30cm以上は粗大ごみへ 草焼きバーナー 燃料のガスボンベは外して、灯油式の物は灯油を使いきって くさり 金属製 プラスチック製のものは燃やすごみへ 串 金属製 新聞紙等に包み品名を表示する 串 竹など 新聞紙等に包む 櫛 木製・プラスチック製 金属製のものは小さな金属類へ 薬 粉薬 の個別包装袋 銀色のものも含む。 紙製の包みは古紙 雑誌・その他の紙 へ 薬さじ 金属製のものは小さな金属類、ガラス製のものは燃えないごみへ 薬 塗り薬 の容器 金属製チューブ 中身を使い切って 薬 塗り薬 の容器 びん 薬 塗り薬 の容器 プラスチック製 薬 飲み薬錠剤 の個別包装ケース 銀色のものも含む。 紙製の包みは古紙 雑誌・その他の紙 へ。 「金属」と記載の場合は、燃やすごみへ 薬 飲み薬・塗り薬 液体の飲み薬は流す。 プラスチック製の個別包装はプラスチック製容器包装へ。 薬 飲み薬 の容器 缶 薬 飲み薬 の容器のキャップ プラスチック製 薬 飲み薬 の容器 びん 薬 飲み薬 の容器 プラスチック製 薬箱 金属製以外 薬箱 金属製 くず取りネット 果物 いちごなど が入っているプラスチック製容器 果物 みかんなど が入っているネット 口紅 容器と分離して 口紅ケース 金属製 中身を使い切って 口紅ケース プラスチック製 中身を使い切って クッキングシート クッキー型 金属製 シリコン製・プラスチック製のものは燃やすごみへ クッション 50cm以上のものは粗大ごみへ クッションカバー クッションケース クッションシート 50cm以上のものは粗大ごみへ クッションソファー クッション封筒 内側に気泡緩衝材 プチプチ が貼り付けられているもの クッションフロア クッションマット 折りたたんで50cm以上のものは粗大ごみへ 靴 靴乾燥機 50cm以上のものは粗大ごみへ 靴クリームの瓶 靴下止め 靴下の帯巻き 紙製 靴下の外包装 靴下の留め金 靴下 破れていない 左右そろったもの 洗濯して乾かしてから。 破れていたり左右そろっていないものは燃やすごみへ 靴墨 金属容器 靴墨 プラスチック容器 靴ハンガー プラスチック製 金属製のものは小さな金属類へ くつ箱シート 靴箱の中紙 緩衝材 靴箱 紙製 折りたたんで 靴ひも 靴べら 金属製 30cm以上のものは粗大ごみへ 靴べら 木製・プラスチック製 50cm以上のものは粗大ごみへ 靴ホルダー 靴磨き機 靴を購入したときに入っているプラスチック製の詰め物 首輪 ペット用 熊手 木製・プラスチック製で50cm未満のものは燃やすごみへ。 詳細はのサイトを参照 携帯電話ケース 金属製以外 金属製のものは小さな金属類へ 携帯電話の電池 販売店へ相談 ショップ等で回収。 詳細はのサイトを参照 携帯トイレ ハンディタイプ・トイレパックなど 携帯灰皿 携帯用音楽プレーヤー 金属製のものは小さな金属類へ 引き取りをするメーカーも有 携帯ラジオ 毛糸 警報器 計量カップ プラスチック製・木製 金属製のものは小さな金属類へ 計量スプーン プラスチック製 金属製のものは小さな金属類へ 消しゴム 化粧スプレー 金属製:エアゾール缶 中身を使い切って 穴はあけない キャップはプラスチック製容器包装へ 化粧スプレー プラスチック製 エアゾール缶のものはスプレー缶へ 化粧スプレー ガラス製 ポンプ・キャップ部分は外してプラスチック製容器包装へ 化粧棚 50cm未満のものは燃やすごみへ 化粧箱 紙箱 化粧板 50cm未満のものは燃やすごみへ 化粧パック 化粧パフ 化粧品の容器のフタ 化粧品の容器 びん プラスチック製のふたはプラスチック製容器包装へ。 コテ 金属製 金属製以外のものは燃やすごみへ 子ども用いす 50cm以上のものは粗大ごみへ フレームが金属製の物は、粗大ごみへ。 ビニールコーティングは、手で切るとビニール部分が破れずに残ります。

次の

ビニール傘を横浜市で処分する方法は簡単!ばらし方と素材APOは?

横浜市 ゴミ 傘の骨

傘の捨て方 傘を分解せずに捨てる ほとんどの自治体で、傘はそのままの状態で燃えない・燃やさないゴミとして回収してくれますが、捨てる際のルールは自治体によって違いがあります。 自治体が指定するゴミ袋に傘を入れなければならない自治体、傘を回収ボックスで収集する自治体、傘のサイズによって袋に入れなくても良い自治体、捨てる本数によって粗大ゴミとして有料になる自治体などさまざまなルールがありますので、お住まいの自治体に傘の捨て方のルールを確認してから捨てましょう。 傘を分解して捨てる 自治体によってビニール傘の捨て方として、傘を分解してビニール部分、金属部分、プラスチック部分のパーツごとに分別してから廃棄処分にしなければならないルールがありますので、どうやって分解するかの手順をご紹介したいと思います。 ビニール傘を分解する手順 用意するもの• 軍手:分解中ピンが刺さったり手が滑らないよう事故防止のために必要です。 ペンチ:傘の骨組みをカットするのに使用します。 はさみ:ビニール部分をカットするのに使用します。 分解する手順 分解する際、傘は畳んだままの状態で分解作業をします。 骨の先端についているプラスチック部分を外す 傘の骨組みの先端についている傘布(ビニール)と骨組みを繋ぐ役目をしている、小さなプラスチック部分をはさみなどで全て切り取ります。 傘本体のてっぺんにあるプラスチックを外す ビニール傘本体の先端(傘を開いたときのてっぺん)にある、プラスチックパーツを手で取り外します。 ほとんどの傘は白いプラスチックパーツだけが外れる仕様になっていますが、傘によっては接着剤でしっかりと接着されて外せないものもあります。 力を入れて抜く際、中にある金属棒がプラスチックに刺さったまま一緒に折れてしまうことがあります。 もし、このように折れた場合は、ペンチなどを使い、プラスチックの中の金属棒を取り除きましょう。 ビニールの傘布を外す ビニール傘のてっぺんのプラスチックパーツが外れると、ビニールの傘布を上に向かって引っ張ると骨組みから抜き取ることができます。 取手を抜き取る 傘の柄の取手の部分を手で引き抜きます。 強く力をいれて手で引っ張れば取っ手を抜くことができます。 解体完了 解体は完了しました。 プラスチックパーツ、骨組み、ビニールが分解されていることを確認しましょう。 あとは、骨組みは広がらないよう紐でしっかり縛りましょう。 これでゴミに出す用意は完了です。 ほとんどの自治体で、解体したパーツの金属部分は燃えない・燃やさないゴミまたは金属・ガラス・陶器のゴミとして回収されます。 またほとんどの自治体でプラスチックパーツとビニール部分は燃えるゴミとして分別されます。 壊れた雨傘がたまっている場合、折をみてパーツごとに解体し指定のゴミの日にすぐに出せるようにしておく方が良さそうですね。 粗大ゴミとして捨てる 粗大ゴミとして回収する条件 50センチメートル以上のものは粗大ごみ、50センチメートル未満のものは一般ゴミの扱いとなります。 傘の捨て方は、一般的に「燃えない・燃やさないゴミ」または「陶器・ガラス・金属ごみ」に分別されるか、あるいはパーツごとに解体したうえで、各パーツごとに「燃えない・燃やさないゴミ」または「陶器・ガラス・金属ごみ」として、それぞれの指定のごみの日に捨てるケースが多いようですが、中には一定の条件によっては、粗大ごみに分別されるエリアもあるようです。 今回は、例として神奈川県相模原市のケースご紹介いたします。 神奈川県相模原市は傘を分解して捨てるルールがあります。 傘を分解しプラスチックパーツ、骨組み、ビニールに分けます。 骨組みは広がらないよう紐でしっかり縛り、ゴミの分別は金物類として回収されます。 ビニールの傘布は、ビニールをプラスチックゴミとして分別する地域の場合、指定の通りプラスチックゴミとして出しましょう。 それ以外の地域では燃えるゴミとして出すことができます。 プラスチックパーツはプラスチックゴミの分別がある地域以外は一般の燃えるゴミとして出すことができます。 傘が分解できない場合、傘布が外せない場合、骨組み(芯)が金属製以外の場合は大判の傘は粗大ゴミになります。 傘のサイズと使用されている素材によって分別が変わってくるケースを神奈川県相模原市を参考にご紹介いたしましたが、捨てる際はお住まいの自治体のルールに従ってゴミにだしてください。 自治体のルールはホームページやお問合せ電話番号で確認することをおすすめいたします。 傘を捨てずにリサイクルする方法 リユースする 傘を分解し、各パーツごとにリユースすることもできます。 傘袋でエコバッグを作る、傘の取っ手でフックを作る、アートフラワーに使用する、骨組みをツリーやインテリアに使用するなど、色々なアイディアで楽しみながらリユースすることができます。 ネットオークションやフリマで販売する 有名ブランドの傘、未使用の傘、使用回数が少ない傘などをネットオークションやフリマサイトで販売することができます。 有名ブランドの傘ですと中古でも人気があります。 発展途上国への寄付 壊れていないけど使わなくなった傘の寄付を募集している団体があります。 を寄付された傘は発展途上国への物資支援に再利用されるようです。 寄付を募集している団体は多数ありますのでインターネットの検索で「傘 寄付」のワードで検索してみてください。 傘のリサイクル業者に出す ほとんどのリサイクル業者は壊れていない傘が条件になっていますが、壊れている傘でもOKな業者もありますので。 駅などに寄付する 壊れていない傘に限りますが、駅によって置き傘・傘の貸し出しをしているところがあります。 そのサービスを行っている駅に寄付することができます。 風水を意識した傘の捨て方 風水では使っていないもの、壊れているもの、古いものを放置していると運気が下がるといわれています。 特に玄関は風水的に重要な場所ですので、壊れている傘や使っていない傘を置いておくのは厳禁とされており、運気が下がるのですぐ捨てたほうが良いそうです。 尚、雨で濡れている傘にはそとで集めた「陰の気」がついているといわれています。 「陰の気」を家の中に持ち込まないためには、家に入る前に乾いたタオルなどで水分をふき取ることを風水ではすすめています。

次の