迎え火 意味。 迎え火とはなんですか?迎え火の意味

お盆の期間とお供え・お盆の意味

迎え火 意味

初盆に用意する「なす」と「きゅうり」 お盆の時期になると、「なす」と「きゅうり」で馬と牛を作る慣習が日本にはあります。 なすやきゅうりを牛や馬に見立てるために、割り箸などを刺して作ります。 そして、作られた馬と牛は、一般的にお盆に準備する精霊棚(盆棚)にお供えします。 しかし、どうしてなすときゅうりで馬と牛をつくるのでしょうか。 また、どのような意味があるのでしょうか。 こちらでは、なすときゅうりで作る馬と牛について説明していきます。 なすときゅうりを飾る意味は? お盆の時期、故人やご先祖様の霊が家に戻ってくる際、行き来する乗り物として作られたとされています。 「霊が戻って来られる時にはきゅうりの馬に乗って一刻も早く家に帰って来てもらい、 少しでも長くこの世にいてもらいたい、帰る時にはなすの牛に乗って景色を楽しみながら ゆっくりと帰ってもらいたい」という願いが込められています。 言い換えると、きゅうりは足の速い馬を、なすは歩きの遅い牛をイメージして作ります。 一般的に、きゅうりで作った馬のことを「精霊馬(しょうりょううま)」、 なすで作った牛のことを「精霊牛(しょうりょううし)」と呼びます。 精霊牛と精霊馬を置く意味は地域によって異なりますが、ある地域はゆっくりと故人や ご先祖様をお迎えするために「精霊牛」を、帰りは迷わずに帰ってもらうために 「精霊馬」を置き、またある地域は故人やご先祖様の霊は行き帰りどちらもきゅうりの馬に乗り、 なすの牛には供養するためのお供え物などの荷物を載せて帰るとしています。 みかけは同じ形でも、宗派や地域の慣習や家のしきたりによって精霊牛と精霊馬の意味が違ってきます。 事前にどのような意味でお作りするのか聞いてみてはいかがでしょうか。 【合わせて読みたい】 どうして「なす」と「きゅうり」なの? 夏野菜としてお盆の時期に多く収穫され、入手するのが簡単だったためと考えられています。 旬のお野菜ということで、お供え物として適していると考えられていたようです。 ちなみに、沖縄ではサトウキビをあの世に帰るときに使う杖に見立ててお供えします。 このように宗派や地域、ご家庭によってお供えする物が変わってくることがありますので、 「精霊馬」と「精霊牛」の意味と同様、事前に確認されると良いでしょう。 お盆のなすときゅうりの作り方 一般的に、初盆だけでなく通常のお盆の時期にも「精霊馬」と「精霊牛」を作り、お供えします。 作り方も様々ですが、こちらでは、一般的な作り方をご紹介します。 とても簡単に作ることが出来ますので、小さなお子様がいらっしゃる場合は一緒に作っても良いですね。 初盆をはじめ、お盆について家族で考える良い機会になります。 材料 ・なす なすは力強さを感じる、大きめのどっしりした少し曲がった物を選びましょう。 少し曲がっていることで、動物らしく見せることができます。 ・きゅうり きゅうりは、早く走れそうなすっとした物をえらびましょう。 きゅうりもなす同様、 少し曲がっている物を選ぶと動物らしく見せることができます。 ・割り箸もしくは爪楊枝 割り箸を使う場合は折る必要があるため、小さいお子様の場合は注意が必要です。 怪我をすることを避けたい場合は、爪楊枝を使うことをお勧めします。 作り方 1. 割り箸1本を四等分に折ります。 爪楊枝を使う場合は、爪楊枝を8本準備しましょう。 2. なすのへたの方を頭に見据えて、四等分に折った割り箸もしくは爪楊枝をお腹にあたる部分に 4本刺すと「精霊牛」の出来上がりです 3. 次に、きゅうりのへたの方を頭に見据えて、なす同様お腹にあたる部分に4等分に折った 割り箸もしくは爪楊枝を4本刺します。 この時、前後の間を少し多めに取ることで、足の速そうな馬が出来上がります。 ポイントとしては、どちらも足の長さとなります。 足の長さを見ながら割り箸もしくは爪楊枝の長さを調整すると、 バランスの良い「精霊馬」と「精霊牛」を作ることができます。 馬と牛の置き方は? 「精霊馬」と「精霊牛」の置き方も地域や家によって様々です。 一般的に精霊棚(盆棚)に置きますが、地域によっては門や玄関先に飾りますので、 それぞれご紹介します。 実際に置かれる場合は、必ず事前に菩提寺の僧侶やご親戚の方、 地域の方などに確認してから置くようにしましょう。 お迎えのときとお送りのときで向きを帰る必要がありますので、 注意がひつようです。 精霊棚での置く場所については、両端に置く場合や右端の奥に精霊牛、 手前に精霊馬を置く場合、お供えの物の一番奥に二頭一緒に置く場合など地域や家の慣習によって様々です。 こちらの場合、お盆の期間中に向きを変えることはありません。 門もしくは玄関先に置く場合 門もしくは玄関先にどちらも家の中から見て外を見ている方に向けて飾ります。 精霊馬や精霊牛の処分方法は? 精霊馬や精霊牛の処分方法も様々ですが、一般的に知られている方法をご紹介します。 ただし、こちらも地域や家の慣習に従って処分することをお勧めします。 勝手に川や海に流すことは、条例違反となってしまうこともありますので、川や海に流したい場合は、 地域の自治体に必ず確認を取りましょう。 昔は目にする機会が多かったかと思いますが、現在は、目にする機会が少なくなってしまいました。 今までは関心が無かったことでも、いざ、ご自身が初盆を迎えることになると、 慌ててしまったり、迷ってしまったりすることが多くあるかと思います。 初盆は準備を早めに始めることで、安心して当日を迎え、最終日にお送りすることができます。 ぜひ、準備を早い時期から始められることをお勧めします。 初めてお盆を迎えられる場合、 2ヶ月前位から始めると様々な準備を滞りなくできます。 準備が整い、落ち着いた気持ちで 初盆やお盆を迎えられるとうことは、故人やご先祖様が戻られている期間、 一緒にゆっくりと時間を過ごすことができます。 ぜひ、心穏やかにお盆をお迎えしましょう。 関連記事 商品のお届けについて 振込確認日より10日前後で発送いたします。 (位牌の場合は、位牌原稿とお支払いの確認が取れてから10日前後で発送いたします。 ) お振込のタイミングによっては、取扱い在庫がなくなる場合があります。 送料について すべての商品を、 送料無料で全国にお届けいたします。 お支払いについて お支払い方法はクレジットカード、または銀行振込からご選択いただけます。 期日内にお振込みの確認ができなかった場合はキャンセルいたします。 返品交換・キャンセルについて ご注文後のキャンセルは承っておりません。 予めご了承ください。 お仏壇の返品に関してはをご覧ください。 ご返品、交換を承ります。

次の

お盆とはどんな意味や由来があるの?迎え火と送り火、お供え物は?

迎え火 意味

迎え火はいつ? 迎え火というのは、戻ってくる先祖の霊が迷わないように、目印として火を焚くお盆の風習です。 一般的には、盆入りの7月または 8月13日の夕方に行われます。 前日の12日に行う場合もあります。 この日をお盆の迎え日とも呼びます。 送り火はいつ? 送り火とは、お盆の期間に一緒に過ごした先祖の霊を送り出す行事です。 一般的に送り火は、迎え火を行ったときと同じ玄関先などで行います。 送り火は、一般的に 8月16日の夕方に行われます。 前日の15日に行う場合もあります。 この日をお盆の送り日とも呼びます。 できるだけ「迎え火・送り火」の文化的慣習に則って行いたいですが、どうしても難しいこともあるでしょう。 その場合は12日に迎え火、15日に送り火を行うなど日程を調整したり、迎え火と送り火は行わず、の用意やおの掃除、の掃除とお参りのみにすることもあります。 送り火や迎え火が難しい場合は、先祖を思う心を大切にして、できることを行いましょう。 送り火の例 また、送り火は地域の伝統行事となっていることも多く、京都市のは特に有名でしょう。 他にも長崎市や盛岡市で有名な灯篭流しや精霊流しも故人の霊を送り出すお盆の風習の一つです。 迎え火・送り火はどのように火を焚くの? 2019. 27 2020. 2 2019. 3 2020. 17 2013. 11 2020. 解体サポート 解体に関する記事の監修者• せいざん株式会社 大人のためのbetterlifeマガジン• クリエイティブ sai 地味に忙しい幸運体質の編集人• 金子智子建築設計室 一級建築士事務所 家の建築・リノベーションの専門家• 株式会社HOWL ライター・ディレクター• 株式会社 FinCube お金に関する記事の監修者• 敬食ライター ライター・レポーター あなたに おすすめ記事 Recommend.

次の

迎え火・送り火とは?いつ行う?意味・やり方を解説 [初盆・お盆の過ごし方] All About

迎え火 意味

1. お盆の迎え火ってどんな意味があるの? 毎年お盆の初日に玄関先で焚く「迎え火」。 当たり前のように行っている方もいらっしゃるかと思いますが、どんな意味が込められているか知っていますか? 迎え火は年に一度ご先祖様があの世から家族と一緒に過ごすために、 迷わずに帰ってこられるようにと願いを込めて灯す火のことです。 ご先祖様はその火を目印に帰ってきます。 2. 迎え火のやり方 実際に迎え火はどのように焚いたらいいのか、紹介します。 お盆が始まる13日の昼間に自宅に精霊棚やお供え物、仏壇飾りをすまし、お墓参りに行きます。 お墓の掃除をして、お墓の前で迎え火を炊き、その残り火を提灯に移して自宅に持ち帰り、その火を夕方自宅玄関先で行う迎え火の火種にします。 迎え火で燃やすものはオガラや麦藁を束ねたものを燃やします。 地域や宗派によってやり方は違いますが、大体はこのような方法で迎え火を焚きます。 また現代であれば、マンションに住んでいて迎え火が焚けない、お墓が遠すぎて迎え火の火種をもって帰れないなどの問題もあります。 そのようなときは提灯で迎え火の代用にしたり、お墓での迎え火はせず自宅玄関先での迎え火のみを行うという事もあります。 スポンサーリンク 3. 迎え火を「またぐ」って? お盆の迎え火を「またぐ」風習がある地域もあります。 「跨ぐ」ってなんだか行儀が悪いような感じもしますが、これにもしっかりと意味があります。 迎え火をまたぐことで、病気から身を守ることができると無病息災を祈願する意味があります。 やり方は玄関先で焚いている 迎え火を玄関側から外へ向かって三回飛び越えます。 これが一般的な作法のようです。 この「またぐ」といった作法ですが、送り火の時だけ行ったり、まったく行わない地域や宗派もあります。 ですので、自分の住んでいる地域や宗派をしっかりと確認してから行いましょう。 4. ご先祖様を迎えましょう ご先祖様が返ってくるのは、年に一度お盆に時期だけです。 古来より日本人はお盆を迎えた初日の夕方に迎え火を焚いてご先祖様の霊をお迎えしていました。 現代では住宅環境の変化等で、マンションや住宅が密集しているなどの問題で、迎え火を焚けない家もあります。 しかし、迎え火が焚けなくても一年に一回お盆はやってきます。 ご先祖様は帰ってくるのです。 その時に何もしないのではなく、提灯で代用したり、電気式の迎え火もありますので、ぜひご先祖様を迎える準備をしましょう。 迎え火を焚ける人は、迎え火をしっかり焚いてご先祖様を迎えましょう。 私たちのルーツはご先祖様にあります。 ご先祖様がその時代を生き抜いたからこそ、いま私たちがこうして生きていられるのです。 そのご先祖様を迎え入れ、しっかりと手を合わせて感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。 まとめ 1. 迎え火を焚いてご先祖様が迷わず帰ってこられるようにしましょう。 2. 迎え火の作法を確認しましょう。 3. 迎え火をまたぐことで、無病息災を祈願できます。 4. お盆だからこそ、ご先祖様に感謝しましょう。 迎え火をまたぐことで無病息災を祈願できるといわれています。 これも迎え火同様、古来より行われてきた作法ですので、私たちも次に世代に継承していかなければなりません。 それと同時に私たちにこの平和な時代を残してくれたご先祖様に感謝をしましょう。 灯した火は日本人の紡いできた歴史であり、ご先祖様を導く光であり、私たちが次の世代へ受け継いでいく伝統であるのです。

次の