バレル リットル。 1トンは何リットルでしょう。

小林研磨工業所/設備概要・加工実績

バレル リットル

A ベストアンサー このような計算をするのなら、原油1リットルからとれる燃料は1リットル、すなわち100%燃料になると考えていいと思います。 (厳密にいえば、精製工程で一部が自家消費される一方、分解工程では見かけ上、量が増えるという現象もありますが、このような厳密な計算を行っても、違いはわずかです。 ) No. 1の方がおっしゃるように、原油の種類によってガソリンや灯油、重油などの取れる割合は異なっていますが、ほとんどの製油所では分解装置をもっていますので、需要に合わせてガソリンや灯油、重油の割合を調整して、最終的には100%燃料とします。 というより石油精製工程では、不要な部分を捨てるということはできませんので、必ず何かの製品として出荷されています。 ということで、単に燃料の価値を比較したいというのであれば、燃料になる割合は100%と考えてください。 なお、No. 2の方がご指摘のとおり、1バレルは159リットルです。 原油の1リットルあたりの価格はNo. 2の方の計算どおりで、燃料になる割合が100%ですから、これがそのまま、ガソリンの原料価格になります。 なお、参考までに、 アスファルトは道路舗装しか使い道がないというのではなく、道路舗装という立派な使い道があり、需要があるから作られています。 道路舗装の必要がなければアスファルトは燃料油になるか、分解装置に送られてガソリンになります。 このような計算をするのなら、原油1リットルからとれる燃料は1リットル、すなわち100%燃料になると考えていいと思います。 (厳密にいえば、精製工程で一部が自家消費される一方、分解工程では見かけ上、量が増えるという現象もありますが、このような厳密な計算を行っても、違いはわずかです。 ) No. 1の方がおっしゃるように、原油の種類によってガソリンや灯油、重油などの取れる割合は異なっていますが、ほとんどの製油所では分解装置をもっていますので、需要に合わせてガソリンや灯油、重油の割合を調... Q 私は社会人歴7年、ひととおりのビジネスマナーはまあまあ覚えていたつもりなのですが、実は未だにちょっと分からないことがあります。 例えば、仕事上で相手の会社に電話をかける際、はじめに目的の人物以外が電話に対応する場合のはよくあることですね。 振り返って思い出してみると地元の人たちで「おられますか?」を使うのを殆ど聞いたことが無い気がします。 どちらかと言えば、他県、それも関西方面の人たちが「おられますか?」をよく使っていたような…。 私は新社会人当時、関西の言葉を話す社員が多い会社にいたので、「おられますか?」は耳に馴染んでいて、今でもその時々によって「いらっしゃいますか?」と合わせて半々に使います。 A ベストアンサー 学校文法的に言えば、 敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の三種類があります。 「おる」は謙譲語です。 したがって、これに尊敬語の助動詞「られる」をつけるのは間違いです。 ということになります。 私もそのように教えられた覚えがあります。 しかし、「おる(をる)」は元々謙譲語というより丁寧語であって、これに「られる」という助動詞をつけて尊敬の意味を表わすことは、何ら間違いではないと言う説もあります。 このことについて、説得力のある説明をしているサイトを見たことがあります。 文部省や国語審議会の言うことなど、学問的にさほど権威があるとも思えません。 ただ、学校の試験などでどう答えるか、ということが問題ならば、彼らのいうことが金科玉条ですが。。。 alc. html.

次の

1トンは何リットルでしょう。

バレル リットル

こんばんは。 少々気になったので、一つだけアドバイスさせて頂きます。 「トン」は「質量」の単位です。 先ほど岩波の理化学辞典でも確認しました。 かなり多くの回答者の皆さまが、「重さ」あるいは「重量」と答えて いらっしゃいますが、これは本当は間違っています。 小学校2年生のお子さまに教えるのに、「質量」は少し難しい概念ですので、 回答者の皆さまの中には、そのあたりの事情から、(わかりやすさのため) わざと混同した回答を寄せている方もいらっしゃるかも知れませんが、 やはり、ここは、一言念を押しておいた方が良いと思い、投稿しました。 水なら、1トンの水は1000リットルの体積を示します。 (温度・圧力の条件でわずかに変化しますが) 質量1トンの水は、 地球上なら「1トンの重さ」( =1トン重?・1tw ? )を示しますが、 月とか、宇宙船の中とか、場所が変化すればその重さは大きく変化します。 でも、水そのものがどれだけあるか、という「質量」は変化しません。 体積も、圧力とか温度とかで多少は変化するのでしょうが、 まあ、常識的な温度・圧力のもとでは、 月だろうが宇宙船の中だろうが、だいたい1000リットルです。 A ベストアンサー 答えは出ていますので,補足。 昔の単位では1リットル=1000. 028立方センチメートル(水1kgが,1気圧の条件下で,密度が最大となる温度=3. これが今の1リットル=1000立方センチメートルになったのはたしか1964年です。 今回出ていない単位も含めて,もういっぺんまとめますと, 縦・横・高さ1cmの立方体の体積=1立方センチメートル=1ミリリットル=1cc (ccは,立方センチメートルを意味するcubic centimeterの略語) これの1000倍が, 縦・横・高さ10cmの立方体の体積=1立方デシメートル=1リットル さらに1000倍すると, 縦・横・高さ1mの立方体の体積=1立方メートル=1キロリットル です。 なお,リットルの記号は小文字 l でも大文字 L でもよいことになっています。 A ベストアンサー 体積を質量に換算するには単位体積当たりの質量を体積にかけてやれば求まります。 A ベストアンサー こんにちは。 kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。 >>> ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか? なんか、日本語が変ですね。 「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」 ということですか? ・・・であるとして、回答します。 40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。 重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。 しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。 98」でいいのでしょうか? いえ。 1kgf = 9.8N ですね。 力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。 そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。 こんにちは。 kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。 >>> ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか? なんか、日本語が変ですね。 「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」 ということですか? ・・・であるとして、回答します。 40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg... Q 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 暗算とまではいかなくても計算機 ケータイにもその機能はありますし があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。 05」で出ますよね。 なぜ、1. 05をかけるのかわからないのです。 本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。 まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。 よろしくお願いいたします。 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 A ベストアンサー 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。 つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。 だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた 残りである700円が答えです。 でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。 30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。 つまり、1000円の70%なので700円、となります。 %で表現する場合はこれに100を掛けます。 最後、消費税。 前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。 これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。 5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。 おまけ。 暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。 1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、 順番を無視しても答えは一緒です。 これならすぐに暗算できますね。 2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。 3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。 これなら暗算できそうですよね。 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場...

次の

バレル(米石油) から リットルへ換算

バレル リットル

『知られていない原油価格高騰の謎』p42-44「バレルって何?」に、「(前略)ピッツバーグまでは馬車で運んだそうである。 1バレルは0. 159キロリットル(=159リットル)である。 」とあり。 『石油年鑑 1989』p395「石油の単位」に「バレルは0. 159kl」とあり。 『日本大百科全書 19』p204〈バレル〉に、「ヤード・ポンド法の体積の慣用単位」とあり。 『日本大百科全書 23』p190〈ヤード・ポンド法〉に、「イギリス固有の単位系で、また、アメリカなどアングロ・サクソン諸国とその旧植民地に用いられている」「古代オリエントに発生したものが、ギリシア、ローマ時代を経て変化し、雑多な単位も混じってイギリスに入り定着した」とあり。 『岩波英和大辞典』p137〈barrel〉に、「(胴のふくれた)たる」とあり。 事前調査事項 Preliminary research.

次の