差し出がましい 意味。 「差し出がましい」「おこがましい」 意見や進言をする時のフレーズを解説

「差し出がましい」の意味・使い方と例文

差し出がましい 意味

「差し出がましい」の意味とは? 「差し出がましい」の読み方• 「差し出がましい」の英語 解釈• 「差し出がましい」の語源• 「差し出がましい」と「厚かましい」の違い• 「差し出がましい」の言葉の使い方• 「差し出がましい」を使った例文・短文 解釈• 「差し出がましい」の類語や類義の表現 「差し出がましい」の意味とは? 「差し出がましい」の意味は、 「必要以上に他人のことに干渉しようとすること」や 「出しゃばるような印象を与えること・出過ぎているお節介な感じがあること」になります。 「差し出がましい」という言葉は、他人に対して使うこともできますが、ビジネスシーンや特定の人間関係などにおいて、基本的に自分の行動・提案を謙遜して言う場合に使われることが多くなっています。 自分の行動や提案内容について謙遜して言う時には、 「差し出がましいこととは存じますが〜」といった定型的な言い回しが良く用いられます。 「差し出がましい」は、 「相手が求めてもいないことを、出しゃばって自分からやろうとすること」や 「お節介であっても相手のために苦言を呈そうとすること」という意味合いがある言葉です。 例えば、 「差し出がましいことを申しますが、この決算報告書はコンプライアンス上のリスクがあります」などの文章で、 「差し出がましい」の意味を示せるのです。 「差し出がましい」の英語 解釈 「差し出がましい」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。 「差し出がましい」と「厚かましい」の違い 「差し出がましい」と 「厚かましい」の違いは、 「差し出がましい」という言葉は 「必要以上にお節介なことをして干渉すること 分をわきまえずに他人と関わろうとすること 」を意味していますが、 「厚かましい」のほうは 「行動・態度に慎みがなくて図々しいこと 遠慮がなくて押し付けがましいこと 」を意味しているという違いがあります。 「厚かましい」の方が 「差し出がましい」よりも、 「図々しさの度合い・遠慮の度合い」が相対的に強くなっていて、 「厚かましい」は 「目上の人に対するお願い事・要請」などをする場合に使われることが多くなっています。 「差し出がましい」は、 「分不相応なお節介・出過ぎた忠告や意見」といった意味合いが強くなります。 「厚かましいお願い事ですが〜」のほうが、 「差し出がましいお願い事ですが〜」よりも自然な言葉の使い方であり、実際の使用頻度も高くなっています。 「差し出がましい」の言葉の使い方 「差し出がましい」の言葉の使い方は、 「必要以上に相手のことに干渉しようとする場合」や 「相手に対して出しゃばるような印象 お節介な印象を与える時 」に使うという使い方になります。 「差し出がましい」の言葉は、お節介なこと 過干渉なこと をしようとする自分の行動・提案をへりくだって言う場合に使われることが多くなっています。 それ以外にも、 「相手のために敢えてでしゃばって お節介をして 、苦言・忠告をするような場合」にも、 「差し出がましい」の言葉が使われます。 例えば、 「差し出がましいこととは存じますが、私どもにアドバイスできることがあればと思い訪問させて頂きました〜」などの言い回しを、ビジネスシーンなどで使用できます。

次の

【失礼にならない?】差し出がましい の意味と使い方・例文

差し出がましい 意味

接客やビジネス上の会話でよく使われる「とんでもないです」は、どのような意味なのでしょうか。 具体的に使われるシーンと合わせて押さえましょう。 基本的な意味としては、 1. 予想できなかった異常事態が起きる様子。 例「とんでもない事件が起きてしまった」 2. 常識や道徳から考えて、あってはならない様子。 例「とんでもないことをしやがって」 3. 全くそのようなことはないと考えられる様子。 例「あの人がリーダーに適任だなんて、とんでもない」 という3種類があります。 ビジネスシーンで使われる「とんでもないです」は1~3、どの意味の可能性もありますが、最も頻繁に使われるのは3の意味でしょう。 「とんでもないことです」「とんでもないことでございます」という形でも使われます。 具体的な使い方は次の通りです。 「すごいじゃないか」「いえいえ、とんでもないです」といった具合です。 目上の相手から褒められた時に使うことが多いですが、同じぐらいの立場や年齢の人、後輩から褒められた場面で使用しても問題ありません。 謙虚な態度を示すことができます。 類語には「めっそうもない(ことです)」「身に余るお言葉です」があります。 なお、あまりに「とんでもないです」を連呼すると、うっとうしく感じられ、逆にマナー違反になることもあります。 何度か謙遜した後は「ありがとうございます」「光栄です」とお礼に切り換えましょう。 かといって、お礼を言ってもらったのに、無言で会釈するだけ、というのも失礼です。 そこで、「お礼を言ってもらうほどのことではありません」と謙遜する意味で、「とんでもないです」を使います。 「この前は助かったよ、ありがとう」「とんでもないです」とやり取りするわけです。 この使い方の注意点は、あまり強く言い過ぎないことです。 相手の思いや言葉を否定しているかのように聞こえてしまう恐れがあります。 謙遜していることが分かるような表情や仕草を添えるか、 ・とんでもないです。 お役に立てていたらうれしいです。 ・とんでもないです。 そこまで言っていただくと恐れ多いです。 と一言添えるといいでしょう。 これも(2)同様、あまりにも相手の思いや言葉を否定する印象になっては逆効果。 ・とんでもないです。 それほどお気に病むことはございません。 ・とんでもないです。 引き続きよろしくお願いいたします。 などと、一言添えましょう。 「この間のプレゼンテーションは実に素晴らしかった、さすがだね」 「とんでもないです。 チームメンバーが協力をしてくれたおかげで、何とかできたことです」 「納期を1日前倒ししてくれてありがとう」 「とんでもないです。 お役に立てたならうれしいです」 「だいぶお待たせしてしまったね。 申し訳ない」 「そんな、とんでもないです。 お気になさらず。 というのも、「とんでもない」は、「切ない」「汚い」などと同じく「とんでもない」で一語の形容詞です。 「せつございません」「きたございません」という言い方をしないのと同様に、「とんでもございません」とすることには違和感があるのです。 『新明解国語辞典』 第七版、三省堂 にも、「全体で一語の形容詞であるから、『とんでも+無い』と分析して丁寧形を『とんでもございません』とするのは誤りとされる」という記載があります。 つまり、「とんでもない」で一語なので、丁寧語にするのであれば「とんでもない(こと)です」「とんでもないことでございます」とすべきです。 しかし、「切ない」「汚い」とは少し違い、「とんでもない」は語源が「途でもない」であり、「ない」が切り離されやすい性質を持っています。 また、2007年に文化庁文化審議会が発表した「敬語の指針」においては、「とんでもございません」と「とんでもないことでございます」のニュアンスの違いが指摘されています。 「とんでもないことでございます」は「とんでもございません」と違って、「あなたの褒めたことはとんでもないことだ」という意味に受け取られる恐れがあるので、正しい日本語ながら注意する必要があるというのです。 以上2つの理由から、「とんでもございません」を使いたくなるのは仕方ないのですが、「とんでもございません」が文法的誤りであるという知識も広く知られています。 口頭でつい出てくるのは仕方ないにしても、メールなどの書き言葉では「とんでもございません」を使うのは避け、「とんでもないことでございます」と正式に書いた方がいいでしょう。 「とんでもないです」を使いこなして謙虚な印象を 「とんでもないです」は、相手からの褒め言葉や感謝・謝罪に対し、「そんなことはない」と謙遜するフレーズです。 文法的な観点からは、「とんでもございません」という形にはせず、「とんでもない(こと)です」「とんでもないことでございます」という言い方で用いるようにしましょう。

次の

「差し出がましい」の意味・使い方と例文

差し出がましい 意味

接客やビジネス上の会話でよく使われる「とんでもないです」は、どのような意味なのでしょうか。 具体的に使われるシーンと合わせて押さえましょう。 基本的な意味としては、 1. 予想できなかった異常事態が起きる様子。 例「とんでもない事件が起きてしまった」 2. 常識や道徳から考えて、あってはならない様子。 例「とんでもないことをしやがって」 3. 全くそのようなことはないと考えられる様子。 例「あの人がリーダーに適任だなんて、とんでもない」 という3種類があります。 ビジネスシーンで使われる「とんでもないです」は1~3、どの意味の可能性もありますが、最も頻繁に使われるのは3の意味でしょう。 「とんでもないことです」「とんでもないことでございます」という形でも使われます。 具体的な使い方は次の通りです。 「すごいじゃないか」「いえいえ、とんでもないです」といった具合です。 目上の相手から褒められた時に使うことが多いですが、同じぐらいの立場や年齢の人、後輩から褒められた場面で使用しても問題ありません。 謙虚な態度を示すことができます。 類語には「めっそうもない(ことです)」「身に余るお言葉です」があります。 なお、あまりに「とんでもないです」を連呼すると、うっとうしく感じられ、逆にマナー違反になることもあります。 何度か謙遜した後は「ありがとうございます」「光栄です」とお礼に切り換えましょう。 かといって、お礼を言ってもらったのに、無言で会釈するだけ、というのも失礼です。 そこで、「お礼を言ってもらうほどのことではありません」と謙遜する意味で、「とんでもないです」を使います。 「この前は助かったよ、ありがとう」「とんでもないです」とやり取りするわけです。 この使い方の注意点は、あまり強く言い過ぎないことです。 相手の思いや言葉を否定しているかのように聞こえてしまう恐れがあります。 謙遜していることが分かるような表情や仕草を添えるか、 ・とんでもないです。 お役に立てていたらうれしいです。 ・とんでもないです。 そこまで言っていただくと恐れ多いです。 と一言添えるといいでしょう。 これも(2)同様、あまりにも相手の思いや言葉を否定する印象になっては逆効果。 ・とんでもないです。 それほどお気に病むことはございません。 ・とんでもないです。 引き続きよろしくお願いいたします。 などと、一言添えましょう。 「この間のプレゼンテーションは実に素晴らしかった、さすがだね」 「とんでもないです。 チームメンバーが協力をしてくれたおかげで、何とかできたことです」 「納期を1日前倒ししてくれてありがとう」 「とんでもないです。 お役に立てたならうれしいです」 「だいぶお待たせしてしまったね。 申し訳ない」 「そんな、とんでもないです。 お気になさらず。 というのも、「とんでもない」は、「切ない」「汚い」などと同じく「とんでもない」で一語の形容詞です。 「せつございません」「きたございません」という言い方をしないのと同様に、「とんでもございません」とすることには違和感があるのです。 『新明解国語辞典』 第七版、三省堂 にも、「全体で一語の形容詞であるから、『とんでも+無い』と分析して丁寧形を『とんでもございません』とするのは誤りとされる」という記載があります。 つまり、「とんでもない」で一語なので、丁寧語にするのであれば「とんでもない(こと)です」「とんでもないことでございます」とすべきです。 しかし、「切ない」「汚い」とは少し違い、「とんでもない」は語源が「途でもない」であり、「ない」が切り離されやすい性質を持っています。 また、2007年に文化庁文化審議会が発表した「敬語の指針」においては、「とんでもございません」と「とんでもないことでございます」のニュアンスの違いが指摘されています。 「とんでもないことでございます」は「とんでもございません」と違って、「あなたの褒めたことはとんでもないことだ」という意味に受け取られる恐れがあるので、正しい日本語ながら注意する必要があるというのです。 以上2つの理由から、「とんでもございません」を使いたくなるのは仕方ないのですが、「とんでもございません」が文法的誤りであるという知識も広く知られています。 口頭でつい出てくるのは仕方ないにしても、メールなどの書き言葉では「とんでもございません」を使うのは避け、「とんでもないことでございます」と正式に書いた方がいいでしょう。 「とんでもないです」を使いこなして謙虚な印象を 「とんでもないです」は、相手からの褒め言葉や感謝・謝罪に対し、「そんなことはない」と謙遜するフレーズです。 文法的な観点からは、「とんでもございません」という形にはせず、「とんでもない(こと)です」「とんでもないことでございます」という言い方で用いるようにしましょう。

次の