チャーハン パラパラ に する。 家庭でも「チャーハンがパラパラ食感」に!中華の達人に聞いた「究極のチャーハン」の作り方

志ん朝も愛した店他、「パラパラチャーハン」の東京名店3選|NEWSポストセブン

チャーハン パラパラ に する

家でパラパラチャーハンを作る秘訣 従来のチャーハンの作り方を見直す、目からウロコの調理のポイントをご紹介。 以下のポイントを押さえて作ってみましょう。 温める際は、ご飯の水分を飛ばすためあえてラップはせずそのままで。 フライパンを強火にかけて、少し煙が出てきたら炒めはじめのサインです。 しっかり炒めて水分を飛ばしましょう。 焦がさないように注意が必要。 ご飯の水分を飛ばす方法として上記にあげた4つのポイント。 この4つを守ればご飯がパラパラになるようです。 卵や具を炒めるタイミングは人それぞれなので、ママの慣れた手順で行うとよさそう。 これで家でもパラパラのおいしいチャーハンができるはず! いつもとはひと味違うチャーハンを作って家族を驚かしてみてはいかが? (文・山本健太郎/考務店) フライパン、新しくしませんか?.

次の

チャーハンがパラパラにならないのはなぜ?家庭での火力と作り方|ココシレル

チャーハン パラパラ に する

普通のチャーハンの作り方 シンプルなチャーハンのレシピです。 基本的には普通の作り方でOKなので、後ほどパラパラにするコツをご紹介したいと思います。 ですが実はこれ、 業務用の火力が強いものでないとパラパラになりません。 パラパラのチャーハンができる仕組みはご飯粒の表面に卵の膜がつくことでパラパラになりますが、家庭の火力では難しいんです。 これが家庭でパラパラのチャーハンが作れない理由。 じゃぁ家庭ではパラパラチャーハンは作れないのか? いいえ、ある工夫をすると家庭でもパラパラのチャーハンを作ることができます。 次を見ていきましょう。 パラパラチャーハンを作るための6つのコツ さて、本題のパラパラチャーハンの作り方を説明していきます。 コツ1~具材を少なくする 食材には水分があり、その水分によってチャーハンがベチャベチャになってしまいます。 具材は少なめにすることがコツ。 コツ2~卵を入れたらすぐご飯を入れる フライパンに卵を入れて半熟にする前にご飯を入れてしまいます。 そうすることでご飯の粒に卵の膜がつき、家庭用の火力が弱いキッチンでもパラパラになりやすくなります。 コツ3~卵を数回に分けて入れる 一度にすべての卵をフライパンに入れるのではなく、数回にわけることで全体的に卵をなじませることができ、パラパラに仕上げることができます。 コツ4~卵とご飯を炒める前に混ぜておく そもそも先にご飯と混ぜておく!っという盲点のような大胆な方法もあります。 これなら確実に失敗しません。 コツ5~炒めるときは平たく敷くイメージで ご飯と卵を混ぜたら平たくフライパンに敷くように炒めていきます。 パチパチという音がしたら軽く叩いて混ぜるという炒め方コツ。 コツ6~マヨネーズの力でパラパラに! マヨネーズをご飯に混ぜて炒めることでパラパラになります。 っというのもマヨネーズの中の卵黄と植物油がご飯を包み込みパラパラに仕上げることができます。 さらにコクもでるというまさに一石二鳥の裏ワザ! まとめ これまでのコツを混ぜ合わせて最もパラパラに仕上げる方法を見ていきましょう。 お店に出てくるようなパラパラチャーハンを作るには火力が足りない…っと諦めてはいけません! 工夫次第で、パラパラのおいしいチャーハンをご家庭でも作ることができるのでご参考ください。

次の

チャーハンをパラパラに作る方法 家庭で美味しくするコツは?

チャーハン パラパラ に する

中華の定番メニュー「チャーハン」。 ご飯と具材を炒めるだけのシンプルな料理なのに、家でつくるとなかなかお店のようにパラパラにならない難しいメニューでもあります。 そこで今回は、自宅で挑戦できる究極においしいチャーハンのつくり方を、料理家の陳 高生(ちん こうせい)先生に教わりました。 陳先生はホテルの中華料理店でシェフを務めた経験があり、現在は人気の台湾料理教室を主催する中華の達人。 陳先生いわく、チャーハンのポイントは卵の溶き具合と調味料の入れ方だそう。 ほんのちょっとの工夫でいつものチャーハンが驚くほどおいしくパラパラになる調理ポイントを詳しくお届け。 また、炒めるときに使用するフライパンとターナースプーンの扱い方のポイントもご紹介します。 中華の達人が伝授する「究極のチャーハン」のつくり方 材料(二人前) 冷やご飯 600g ベジタブルミックス 100g チャーシュー 150g 卵 (L玉) 2個 万能ネギ 20g 鶏がらスープの素(顆粒) 5g 塩 3g こしょう 少々 醤油 20cc ごま油 少々 サラダ油(炒め用) 50cc 今回は自宅で簡単につくれるよう、すぐにスーパー等で手に入る材料でそろえました。 チャーシューはハムやベーコンでも代用可能。 野菜やお肉は好みで変えてもいいそうです。 具材を調理するときのポイントは、サイズをできるだけそろえて切ること。 ご飯粒より大きめの1cm角くらいがベストです。 できたてだけでなく、冷めてもパラパラです。 10分足らずで手早くできるのに本格的な食感と味に、きっと驚くはず! チャーハンをパラパラにする5つのコツ チャーハンをパラパラにするカギは「火力」と思いがちですが、実は「水分」が重要。 ご飯に余計な水分が加わらないようにすることで、家庭でもお店のようなチャーハンをつくれます。 パラパラに仕上げるために、特に押さえておきたいポイントを教わりました。 よりパラパラを目指すなら、ひと晩冷蔵庫に ご飯は冷やご飯がおすすめ。 冷めたご飯の方が、炊きたてのご飯よりも水分や硬さが安定しているため、炒めやすくよりパラパラになるそうです。 また、パサパサになるからNGと思われがちなご飯の冷蔵庫保存ですが、実はひと晩冷蔵庫に入れておいたほうが、よりパラパラのチャーハンがつくれるそうです。 もし炊きたてのご飯を使う場合は、硬めに炊いて少し冷ましてから使うといいそう。 火の通りにくい具材も同様に、あらかじめ火を通します。 また、今回のミックスベジタブルのように冷凍の食材を使う場合は、常温にて解凍し、解凍したときに出た水分はキッチンペーパーで取りましょう。 そのため、炒めたときに卵がバラバラになり、食感や見た目も悪くなります。 卵は、少し白身の部分が残るくらいに溶きましょう。 軽く熱を通す程度に抑えることで、具から出る余分な水分によりベタッとなることを防ぎ、彩りも鮮やかになります。 直接、醤油やごま油が当たると、せっかくパラパラになったご飯が水分でベタッとなってしまいます。 ご飯にかけないように気を付けながら、鍋肌から回し入れます。 道具選びと扱い方のポイント チャーハンといえば中華鍋でつくるイメージが強いですが、家庭にある普通の鍋で十分だそう。 今回使ったのは、フッ素コートの深めのフライパン。 扱い方のポイントを伺いました。 フライ返しのように使えて、おたまのようにすくうこともできるので便利です。 さらに、程よい弾力性でご飯や具材を押し潰しすぎないのもポイント。 もしターナースプーンがない場合は木製のヘラを使い、フライパンに傷を付けやすい金属のフライ返しは避けましょう。 台湾家庭の優しい味、味付けは「薄味かな?」くらいがちょうどいい 最後に、陳先生は味付けのポイントを教えてくれました。 「このレシピでつくりながら味見をすると、物足りなく感じるかもしれません。 でも、そこで塩・胡椒や鶏がらスープの素を増やさないでください。 もし足してしまうと味が濃くなってしまい、食べているうちにしょっぱくなってしまいます。 最初は『ちょっと薄いかな?』と思うくらいが、二口、三口と食べていくうちにどんどんちょうどよくなり、最後までおいしく食べられますよ」(陳先生) 本格的なパラパラ感を楽しめるだけでなく、食べる人のことを想った優しい台湾家庭の味付け。 ご自宅でぜひ試してみてくださいね。

次の