閉経 前兆。 閉経

子宮体がんのサインを見逃すな!子宮体がんの症状とは?

閉経 前兆

は、子宮内膜から発生するがんです。 不正出血やおりものの異常など、目に見える初期症状があります。 今回は、子宮体がんの初期症状について山形大学医学部産科婦人科教授である永瀬智先生に伺いました。 子宮体がんの初期症状—不正出血やおりものに注意 の初期症状として以下が挙げられます。 ・不正出血 ・おりもの いずれも視認できるため、注意深く観察することで早期の発見が可能です。 特に後の出血は子宮体がんの可能性が高く、注意が必要です。 その他、腰痛・腹痛を伴うこともありますが、これらの症状はほかの病気でもでますので、子宮体がんに特徴的とはいえません。 不正出血 ・生理のある方 生理のある方で、1日2日で終わる少量の出血があっても、排卵時期の出血の可能性があるので、様子を見てもよいことが多いです。 しかし、不正出血を繰り返したり長く続いたりする場合は、婦人科を受診したほうがよいです。 ・閉経後の方 閉経後に不正出血があった場合は、子宮体がんの疑いがあるのでなるべやかに婦人科を受診してください。 子宮体がんの患者さんの80〜90%は、不正出血による受診がきっかけに発見されています。 ・閉経に近づいている方 閉経が近づいてくると生理不順になってくるため、不正出血なのか生理なのかわからないことが多くあります。 生理の出血か、子宮体がんによる出血かの区別は、診察しなければわかりません。 おりものに少し血が混じっていた程度でも検査をしてみると、実は子宮体がんだったということもあります。 子宮体がんは50代に多い病気ですので、閉経後の不正出血なのか、生理なのか気になるときは婦人科の診察を受けることをすすめます。 おりもの 通常のおりものには、あまり色やにおいがありません。 おりものの量が増えてきた• 水っぽい• 茶色っぽく血が混じっている• 今までにないにおいがする など、普段と違う場合は婦人科に行きましょう。 また、おりものの異常で子宮頸癌が見つかることもありますし、膣炎の可能性もあるため検査を受けるに越したことはありません。 おりものの変化には、自分が1番気づくはずです。 注意して見るようにしてください。 子宮体がんの初期症状に腹痛・腰痛などの痛みはある? の患者さんは腰痛・腹痛などの痛みを訴えることがあります。 子宮体がんの腹痛は、急激に出るようなキリキリした痛みではなく、お腹が重苦しい、張っている、なんとなくスッキリしない感じだと表現されることがあります。 患者さんのなかには、子宮の奥にがんが入り込み、子宮が大きくなってしまうことで、骨盤や腰に痛みが生じることがあります。 ()がひどくなることはあまりありませんが、経血量や痛みの増加、月経期間が長くなるなどトータルで、生理が重くなることはあるかもしれません。 初期症状において、性交痛や排尿痛が起こることは少ないです。 子宮体がんの生存率は高い は早期に発見できることが多いことから予後がよいです。 1期(がんの進行度)で子宮にがんが限局している段階、または手術をして1期と診断された場合の5年生存率は約95%で、手術で子宮と卵巣を取ることでほぼ完治します。 子宮の筋肉(子宮筋層)にがんが入り込んでいる場合は、転移の危険が高まるためリンパ節をとる手術をします。 治療については記事4をご覧ください•

次の

閉経の前兆かも?生理が終わる・あがる更年期世代の兆候やサインとは‐ILACY(アイラシイ)働く女性の医療メディア

閉経 前兆

閉経して太る原因は? 最初にお伝えしますと、 女性は閉経すると太りやすくなります。 その 最大の原因が女性ホルモンのエストロゲン分泌量が閉経を境目に一気に低下してしまうからです。 このエストロゲンはいろいろと作用してくれている働きがあるのですが、ことダイエットに関する部分だけ抜粋していきます。 いきなり致命的な事柄となってしまいますが、 エストロゲンは満腹ホルモン分泌を調整してくれるので食欲が抑えやすい状況を整える作用がありますが、エストロゲンが少なくなるとこの作用が薄れるので食欲が増します。 さらに、 内臓脂肪の減少効率も低下して脂肪燃焼効率も低下してしまいますので、食欲増大と相まって一気に太っていってしまうのです。 つまり、閉経によってエストロゲン分泌量が減少すると、太りやすい状況が一気に整ってくるので、太る確率が閉経前と比べるとかなり上昇してしまうということです。 閉経すると痩せる人も?理由は? しかし、ネット上で情報を探すと 閉経になってしまったことでその期間を境目に痩せることができているという人もちらほらいるのです。 太りやすい状況が整ってしまうはずなのに、なぜ痩せられるのでしょうか。 これには諸説ありますが、最もシンプルな理由が 更年期障害のイライラやなどのストレスによって食欲も減衰してしまい結果的に痩せるという意見や、 更年期障害によって消化器系の症状(吐き気や胸やけなど)が出始めているので食べることが億劫になって痩せてしまうという意見もあります。 それ以外にもエストロゲン分泌量が減少することで脳がホルモンの分泌指令を多く行うようになって脳下垂体を刺激し続けるようになり、交感神経系が常に活発になって緊張状態が無理矢理保たれるようになり代謝が促進されて痩せるようになるというものもありますが、どれも健康的に痩せることができているわけではありません。 閉経後に体重増加した場合のダイエット法は? それでは更年期障害等のトラブルも発生する閉経後の体重増加に対応したダイエット方法をいくつか紹介いたします。 体質的に大きく変わっているので、今まで当たり前に行ってきた事柄だけでは不足してしまうということは念頭に置いておきましょう。 しかし、閉経前後の女性はそれだけではなかなか痩せません。 なので、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きができる大豆イソフラボンを摂取するべく、 大豆食品を摂取するように心がけられると良いでしょう。 食品安全委員会では摂取目安量の上限値は1日に75mg、その中で、トクホ等の健康食品からの上限は30mgとしています。 また、女性ホルモンを整える作用があると言われている ビタミンEが豊富に含まれている食品もおすすめです。 シンプルに食事をしないという考え方も浮かぶでしょうが、更年期になるとエストロゲンが減少するので栄養不足になることで髪の毛が抜ける等のトラブルが出やすくなります。 そのため、 栄養不足になるようなダイエットはかなり危険なのです。 人によっては骨粗鬆症気味になってしまう方もいますので、無理な運動は危ないのです。 最初のうちは代謝を促すような基本的な有酸素運動でいいでしょう。 ウォーキングのような簡単なものから実行してください。 Sponsored Link 大切なことは毎日続けることです。 そして体力がついてきたら少しずつ運動量を増やしていきましょう。 そして、 毎日運動をし続けて消費カロリーを増やすように意識し、ある程度疲れた体をもってしてしっかりと眠るようにしましょう。 更年期になるとどうしても、メンタル的にも落ち着かなくなるので睡眠時間に悪影響が出てしまう方が多いです。 これを避けるためにも、規則正しい食生活と運動習慣によって日常のメリハリをしっかりと手に入れて、熟睡できる環境と体を用意しましょう。 このストレスから解放されるには、日常的に言われているストレス解消法をどれだけ取り込めるかでしょう。 朝日をしっかりと浴びるようにして、ビタミンやミネラルやイソフラボンを摂取し、リラックスできる時間を設けるためにアロマやストレッチを利用するようにして、趣味の時間をしっかりと確保しましょう。 そして 何事もできる限り気にせず、楽観的に過ごすよう心がけましょう。 豆乳は閉経後のダイエットに効果的? 先に触れていることではありますが、大豆イソフラボンは体内でエストロゲンと似たような作用をもたらしてくれるので大豆食品を摂取することが更年期対策では非常に効果があると言われております。 そのため、 豆乳でも十分効果的と考えられているのです。 ただし、豆乳には飲みやすくしている調製豆乳と無調整豆乳が存在しており、調製豆乳の方は糖分が多めになっている傾向にありますので、ダイエットもかねて豆乳を摂取するという方は 無調整豆乳にまずチャレンジしてください。 個人的に無調整豆乳の方が健康的とはわかっているのですが、あの味や匂いが苦手なのでなかなか飲めず、調製豆乳に逃げてしまったという経緯もあります。 まずは飲めるかどうかを確認してください。 閉経後のダイエットに有効なサプリは? 閉経後に有効なサプリメントは ビタミン・ミネラル大豆イソフラボンを補給できるようなサプリメントとなっています。 ただし、個人的に最もおすすめしたいサプリメントは 「エクオール」が摂取できるサプリメントです。 大豆イソフラボンは確かにエストロゲンの代わりに働いてくれる作用がありますが、イソフラボンという成分のまま作用するわけではありません。 大豆イソフラボンに含まれているダイゼインという成分が腸内細菌によって変換されることでエクオールになることで作用してくれるのです。 しかし、このエクオールになるための腸内細菌はすべての人たちが備わっているわけではないので、備わっていない人は大豆イソフラボンによるエストロゲンの代わりの作用は受けられないといわれているのです。 なので、 サプリメントとしてエクオールが含まれているものを摂取することを推奨します。 閉経や更年期に関連する書籍として次のようなものがございます。 常喜 眞理 著 閉経すると太るか痩せるか?体重増加する原因とダイエット法のまとめ 以上、いかがだったでしょうか。 今回は閉経に関しての体重増減について解説し、ダイエット方法についても説明いたしました。 閉経トラブルによく推奨される大豆ですが、大豆イソフラボンをエクオールにする腸内細菌が存在しない日本人は増えているので、大豆イソフラボンによるエストロゲン不足解消の恩恵を受けられる人も減っています。 なので、今現在更年期で苦しんでいる方はエクオールが含まれているサプリメントを摂取してみてはいかがでしょうか。 あまりにも有名になった大豆イソフラボンの作用ですが、ネット上では効果が感じられないという人も多いので、一歩先のエクオールを試してみていただきたいと思っております。

次の

閉経と更年期|更年期障害・更年期の悩みのことなら更年期ラボ

閉経 前兆

生理が終わりに近づくサインは、人によって大きく異なります。 閉経は、45歳以上で1年間、生理の出血がない状態だと、診断されます。 でも、生理の出血が完全になくなる前に、40代になると生理の乱れや変化が生じます。 どのような生理のリズムの乱れが生じるのか不安ですよね? 更年期の生理周期の乱れは、 卵巣の働きが衰え始めれば、すべての人に必ず起こります。 でも、どのように生理周期が乱れるかは、個人差があって、同じような月経異常、月経不順が起こるわけではありません。 でも、ある一定の順序は、あるのです。 その 秘密は、卵巣から分泌される女性ホルモンにあります。 卵巣の中の卵胞は、生まれてから毎年減っていきます。 この減り方はひとりひとり異なり、生まれる前の胎児のときにすでに決まっていると言われています。 女性は、生まれるときに、この原始卵胞を卵巣に約200万個蓄えています。 しかし、生理が始まる思春期には、約170万個から180万個が自然に消滅し、生殖年齢のころには約20~30万個まで減少しています。 その後も1回の生理の周期に約1000個が減り続けていると言われています。 そして更年期には、卵巣の機能が低下して、卵巣から分泌されるエストロゲン 卵胞ホルモン やプロゲステロン(黄体ホルモン)の量も減ります。 脳がいくら頑張っても、卵巣から女性ホルモンは分泌されない... 女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあって、卵巣から分泌されますが、 実は、卵巣は脳からの指令でコントロールされています。 けれども、更年期で卵巣機能が衰え、卵胞の老化、減少が進んでいると、脳がいくら頑張ってFSHやLHを増加させても、卵巣からの女性ホルモンは残念ながら分泌されません。 生理の乱れが自律神経の不調にも関係しています ホルモンバランスが崩れると、脳は混乱して、自律神経系(体温コントロールにも関係)に乱れを起こし、これがほてり、発汗、冷え、めまい、不眠、うつなどなど、更年期の不調につながります。 これが更年期障害の症状の一部です。 最終的には、脳からのホルモンも卵巣からのホルモンも低下し、ほとんど分泌されなくなり、生理の出血がなくなって、閉経します。 極めて少量のエストロゲンは、閉経後も脂肪組織などから分泌されていると言われています。 閉経までの月経のパターンは... さて、この女性ホルモンの分泌が減少していく過程で、生理は、周期や出血量(経血量)などがさまざまに変化して、閉経へといざないます。 その 典型例をご紹介します。 1~5の順に生理が変化することが多いですが、すべての女性がこの順序で進むわけではありません。 正常な生理(月経) 更年期の生理の変化は、周期が短くなる(頻発月経)ことから始まることが多いです。 たとえば、今まで30日周期だったのが、22~23日周期などと短くなります。 同時に生理の出血量(経血量)が少なくなり、生理が続く日数も短くなります。 周期が短くなる理由としては、• 卵巣機能が低下し、卵胞の数が減ると、エストロゲンの分泌量が減るため、脳は視床下部、下垂体からFSH(卵胞刺激ホルモン)を多く分泌します。 すると、卵巣が一時的に刺激され、卵胞の発育が短期間に進みます(卵胞期短縮)。 そのため生理から排卵までの期間が短くなり、基礎体温の低温期(卵胞期)が短くなりますが、排卵後の高温期(黄体期)は、この段階では変わらないため、周期が短くなるのです。 まだ、この時期には排卵している可能性があります。 ただし、極端に短い周期(15~19日)で生理が来る(頻発月経)場合は、排卵していないことが多いです。 生理(月経)期間がダラダラと長く続く さらに卵巣の機能が低下すると、ホルモンバランスが崩れ、生理周期が長い短いにかかわらず、生理(出血)期間が8日以上続くというケースも出てきます。 過長月経と呼ばれています。 長い人になると、2週間~1か月も生理が続く人がいます。 プロゲステロンの分泌量が減り、エストロゲンだけが少量分泌され、子宮内膜ができても内膜が厚くならないうちに、すぐに剥がれてしまうので、生理は排卵のない機能性出血のことが多いのです。 多くの場合、排卵はありませんが、たまに排卵している場合もあり、どちらとも断定できない状態です。 機能性出血は、更年期世代は閉経に向かう過程でもありますが、若い世代はストレスや生活習慣によるホルモンバランスの乱れで起こることが多いです。 生理(月経)周期が長くなる 最終の生理開始日から1年経っても月経がない場合は、閉経とみなします。 この順序には、個人差があります。 更年期だからとあなどらないで! 病気が隠れていることも 更年期世代は、隠れた病気による不正出血と、生理的な月経の乱れの区別がつきにくい時期です。 年1回は婦人科で、子宮や卵巣を経腟超音波検査などでチェックすることをおすすめします。 出血が長引く場合は、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮体がん、子宮頸管ポリープなどの病気が原因のこともあります。 また、周期が短い生理が長期間続くと、貧血の可能性がありますので注意が必要です。 40代からの体の変化を、これから30年、40年、50年の人生を楽しく、元気に生きるためのいいきっかけにしましょう! 更年期についてもっと知りたい.

次の