リラックスフィットアンクルパンツ。 【neos/ネオス】リラックスフィット アンクル ワイド ストライプ レトロ ガウチョ パンツ●

ユニクロの【EZYアンクルパンツ】はビジネスコーデもいける傑作アイテムでした

リラックスフィットアンクルパンツ

今年の春夏のメンズボトムスはアンクル丈がもはや定番! くるぶしが見えているか見えていないかの差で、全体のメンズコーデが違って見えます。 今年買い足すならどんなメンズアンクルパンツがいいのか? ベストな丈感とは? さらにアンクルパンツを大活用するための今年春夏のおすすめメンズコーデもご紹介します! 是非参考にしてみてくださいね! Contents• メンズアンクルパンツの丈感、それであってる!? まず、そもそもアンクルパンツとは何なのか?どういった丈感のボトムスのことを言うのか、ご説明します。 アンクルパンツとは、くるぶし丈のボトムスのことを差します。 アンクルとは「くるぶし・足首」のことなので、くるぶし・足首までの丈ということですね。 似たものでクロップドパンツというものがありますが。 そちらはアンクルパンツよりもう少し短めの丈感になります。 ですがくるぶし、足首丈のパンツと言っても、くるぶしが全て見えているものから少し隠れているものまで、いろいろとあるんです。 今年人気のメンズアンクルパンツの丈感はコチラ くるぶしが完全に見えるくらいの丈感が今年っぽいメンズコーデにハマります。 これ以上短いとカジュアル感が強くなってしまい、子供っぽいコーデに見えてしまうことも。 くるぶしが隠れてしまうほど長いと、足が短く見えてしまうことが。 くるぶしを見せる丈感が一番スッキリとして見え、足を長く見せてくれます。 くるぶしが太いって人は滅多にいないですよね?そう、誰でもくるぶしは細い!だからこそ、くるぶしを見せることで足を細く見せることも出来るんです!! アンクルパンツにはスタイルアップの効果があるって事ですね!! また、カジュアルにもキレイめにも使えるのがこの長さ。 合わせる靴も、スニーカーや革靴など様々なものに合うので使い勝手も良いですよ。 すでに持っているアンクルパンツが短すぎるなら、新しく買い直すことをおすすめしますが、長めなら対応は簡単です。 裾直しに行くとベストではありますが、裾を少し折り返すだけでもOK。 カジュアルコーデでもキレイめコーデでも、裾を少し折り返したアンクルパンツはハマります。 ただ、ここで注意したいのが、アンクルパンツではない、普通のスキニーパンツやチノパンを、アンクル丈まで折り返すこと。 くるぶし丈のアンクルパンツだとシューズが映えるので、エスパドリーユなど夏っぽさのあるアイテムを合わせるとよりオシャレにキマります。 ボーダー柄のロングタンクをインナーにしたレイアードスタイルです。 足元は赤のスニーカーでモノトーンコーデにポイントをプラス。 メリハリのあるオシャレな着こなしが完成します。 爽やかさ狙うなら白が一番! 黒の次に使いやすいメンズアンクルパンツと言えば白!ボトムスを白にするだけで春夏感が一気にupしますよ。 白のボトムスに抵抗がある男性も、アンクル丈なら悪目立ちせずにコーデに取り入れやすいのでおすすめです。 ラフに着れるインディゴチェックシャツならサーフ感のあるスタイリングが可能!アンクル丈だからこそのラフ感が決め手の着こなしです。 シューズはTシャツと合わせてネイビーのスリッポンをチョイス。 アンクルパンツだとローファーを使ったジャケットコーデも堅苦しくならず、おしゃれでスタイリッシュにキマります。 ベージュに合うのはデニムもシャツ!こちらも白のインナーとスニーカーで爽やかカジュアルにまとめておしゃれに。 ネイビーの旬デザインのプルパーカーでオシャレ感up! デニムのアンクルパンツにも注目! 今年らしくデニムを着こなすなら、デニムもアンクル丈が絶対おすすめ! ただアンクル丈なだけでなく、サイドラインやパッチワークデザインが入ったものや、ダメージ加工が施されたクラッシュデニムなども今年大流行。 メンズアンクルパンツを極めるならデニムも要チェックなんです! トレンドはパッチワークデザインとサイドライン 今年はパッチワークデザインとサイドラインの入ったスポーツテイストのボトムスが流行しています。 アンクルパンツがデザイン性が高いのでスッキリまとめても華やかな印象に。 サイドラインの入ったデニムメンズアンクルパンツもあると便利!白のシンプルロゴパーカーを合わせてスッキリスポーツミックススタイルが完成! クラッシュ加工も引き続き人気! クラッシュ加工の入ったデニムは今年も大人気!春夏はアンクル丈が絶対マストに。 クラッシュ加工にも様々な種類があるので、着こなしに合わせて数タイプのデニムメンズアンクルパンツを用意しておくと便利ですよ。 優しい印象のサマーニットと白のスリッポンで大人リラックスメンズコーデが完成。 ピンクの春ニットを合わせてパステルカラーのスタイリングに。 全身パステルのスタイリングもアンクル丈ボトムスをチョイスすれば大人の抜け感コーデに。 デニムパーカーの青を主役に、アンクルパンツがさり気ない華やかさを演出してくれています。 アンクルパンツを今年らしくかっこよく着こなすには、合わせる靴や小物にも意識することが重要! まずはアンクルパンツに似合う靴と靴下選びにも注意したいですね! アンクルパンツ自体に似合わない靴というのはあまりなく、スニーカー、革靴、サンダルと様々な靴にマッチします。 ですがオシャレなメンズコーデに仕上げるためには全身のコーデが重要となってきます。 トップスとアンクルパンツのバランスによって、靴もベストなものを選びましょう。 靴の選び方は、旬の着こなしで紹介した画像を見て頂いても分かる通りスニーカーを合わせるのが正解! アンクルパンツの裾口のボリュームと足元のスニーカーのボリュームでくるぶしを挟み込むことで、視覚効果としてくるぶしが更に細見えするので、スタイルアップに繋がります。 アンクルパンツをスタイリッシュに着こなすには、丈の長いソックスはタブー! アンクルパンツのくるぶしまでの丈感が明確に分かるようにくるぶし部分は素肌を見せるのが正解です。 靴を脱いだ後のことも考えてソックスを選びましょう! ブランド別メンズアンクルパンツの履き比べに挑戦! 一重にメンズアンクルパンツと言っても、フォルムやカラー、素材などが違うだけで全く違って見えることもあります。 今年の春夏に挑戦したいメンズコーデに合わせて、ベストなアンクルパンツを選ぶのが大切ですよね。 幅広い年齢層に対応可能で、長く愛用できそうなボトムスが多いですよね! こちらは ベージュ レングス76cmのMサイズ。 モデルは身長174cm 59kg 裾直しなどは何もしていない状態のものを、裾を折り返して着用しました。 なんといっても履き心地が抜群… 動きやすさも最高です!ユニクロのボトムスはなんといっても履き心地がいいと評判。 アンクルパンツではありますが、結構長めなので裾直しは必須ですね。 太めのシルエットですが、スッキリとしたフォルムなので野暮ったさはありません。 大人のカジュアルメンズコーデにはピッタリですね。 もっとキレイめに着こなしたい場合はサイズを落として、しっかり裾直しをするとマッチしそうです。 こちらはJIGGYSSHOPのroshellテーパードアンクルパンツ ベージュ Mサイズ。 同じくモデルはモデルは身長174cm 59kgです。 ユニクロのアンクルパンツと比べてだいぶ細身に作られていて、丈も短め。 裾直しはしなくても大丈夫な場合が多そうです。 ユニクロほどではないですがこちらもストレッチが効いているので履き心地は抜群! トップスとのバランスを考えて、ボトムスはタイトに仕上げたい場合はJIGGYSSHOPのアンクルパンツの方がマッチするかもしれません。 自分がどんなメンズコーデをしたいかによって、合わせるべきアンクルパンツも違ってきます。 こちらも細身のスタイリッシュなフォルムが人気!ラフ感のあるトレンドメンズコーデに欠かせないアイテムです。 アンクルパンツを使ったきれいめメンズコーデに挑戦するならシンプルなカーディガンが1枚あると便利。 春夏のトレンドパステルカラーはもちろん、定番の黒やグレーのメンズカーディガンもアンクルパンツとシンプルに合わせるだけでスマートなスタイリングができますよ。 人気のスキニーデニムがアンクル丈に対応! 大人っぽいカジュアルスタイルが簡単に出来上がります。 デニムとTシャツの定番コーデばかりのメンズは、アンクル丈に変えるだけでも一気に今年らしさが出るのでおすすめです! この夏爆発的に人気のメンズボトムスがコレ! さりげないクラッシュ加工がどんなコーデにもマッチする、使いやすいデニムパンツです。 裾の加工もこだわりが詰まった味のある加工で、今年も根強い人気のサーフ系メンズコーデにもハマります。 ギリギリのアンクル丈がかっこよく、キレイめのトップスにも相性が良い仕上がりに。

次の

大人キレイでおすすめ ユニクロEZYリラックスフィットアンクルパンツ

リラックスフィットアンクルパンツ

EZYアンクルパンツはめちゃ優秀 今までのユニクロでベストアイテムかも ユニクロの洋服には何度か手を出したことはありますが、正直いままで一軍のスタメンにはなっていません。 安くて品質がいいのは確かなんですが、やっぱりちょっと「惜しい」。 正直デートなどの大事な場面では 戦力外通告を余儀なくされてきました。 これがコバヤシのユニクロイメージです。 が この 「EZYアンクルパンツ」はいいですね!全然スタメンで使っていけます。 しかもお値段は 2,990円(税別)!コストパフォーマンスの良いユニクロの中でもかなりお手頃な部類といえます。 ネット上でも評判は上々で、お手頃プライスから複数本買ってしまう人が出るのも納得です。 ビジネスにもおすすめなキッチリ感 作りはまさにスラックスのそれです くるぶし丈のパンツといえば割とカジュアル寄りの印象ですが、この「EZYアンクルパンツ」は全てセンタープレスが入っています。 ポケットの作りなどもスラックス風。 これによってイージーながらも見た目はキッチリ上品に仕上がっています。 ウエストにゴムが秀逸で、ぱっと見ではゴムに見えません。 それでいてキツすぎず緩すぎずの伸縮性。 お堅い職場でなければビジネス用としても通用するでしょう。 実際にコバヤシは仕事(接客業)で使っています シルエットは裾に向かって細くなるテーパード。 ももの部分は少し余裕がありますが裾はかなり絞られているのでだらしなさは一切ありません。 はき心地はラク ドライEXを履いたところ[ イージーと名がつくだけあってはき心地は見た目と裏腹に快適です。 ウエストはゴム仕様でベルトを使わずに履けます。 見た目ではゴムだとわかりません。 もちろんベルト併用でも違和感なし。 快適性は素材によっても変わりますが、 「ウルトラストレッチドライEX」のはき心地は別格です。 ジャージのようなポリエステル素材ですが、センタープレスとテーパードシルエットのため上品さを損なっていません。 セットアップでジャケットなんかも出してほしいくらいですね。 EZYアンクルパンツ着用例 では、実際に着用した雰囲気はいかがなものでしょう。 ユニクロ公式サイトで見る着用写真はどれも 超イケメン高身長モデルなので、「参考になったなあ」という人は全人類の 2%くらいでしょう。 ここはひとつ 身長168cmの標準的な体型のコバヤシがモデルとなってみましょう。 日本人の平均身長はで調べたりするなよ 2020年新作:2WAYストレッチ 身長168cm、56kgでSサイズ着用。 2020年3月に追記しました。 上の写真じゃよくわからないですが、ウィンドウペン柄です。 タテヨコ両方に伸縮する生地で、薄めで柔らかいです。 細番手のウールに近い質感で高級感も履き心地もUPしています! 以前のもの(下記)よりもシルエットは少しゆったりしてるかな?でもアンクル丈だとなぜかだらしなくなりません。 コバヤシはビジネス用に使います。 普段使いに最適!なウルトラストレッチ(ドライEX) 身長168cm、体重56kgでSサイズを着用 ジャージ風の素材ながらシルエットが非常に綺麗で上品なテイストにまとまっています。 ユニクロをオシャレに着こなすなんて難しそう…と思いきや、実は何も考えずに履いてもカッコよく見える優等生。 2018年秋冬に登場したコーデュロイですが、2019年5月現在では公式ページのラインナップからは外れています。 季節的に秋が近づけば新作が出るかもしれませんね。 商品としては個人的にはイマイチかなと。 秋冬素材なのにあえて短くしている、というのがどうもわざとらしいというか「オシャレしてまっせ」的というか。 オシャレは 「さりげなさ」が大事だと思ってまして、ゆるさが売りのEZYアンクルパンツなのにこの「頑張ってます感」でなんか肩肘張った感じに見えちゃうんですよね。 値段がお手頃なEZYアンクルパンツとはいえ、長持ちさせるに越したことはありません。 正直コバヤシもそのへんを気にしない人だったのですが、なんとなしに洗濯ネットを使いだしてからは洋服の持ちが全然違います。 ネット自体は別に高いものではないので、持っていない人はこの機会に用意しておきましょう。 まとめ:EZYアンクルパンツは傑作。 ユニクロすごい コバヤシは以前にもユニクロのアイテムをいくつも購入してきました。 しかし、どれも 3回くらい着たらタンスの肥やしとなってしまうのでした。 今までのアイテムは 「定番アイテムの廉価版」みたいなイメージでした。 ちょっと金を出せばコレのもっといいものが買える的な。 ところが今回感じたのは、 「ユニクロでいいか」 ではなく、 「ユニクロのコレいいわ!」 という感覚です。 イメージ変わりました。 ユニクロすごい。 まだ当たり外れのあるユニクロですが、特にここ1、2年はメンズアイテムのセンスもかなり向上している印象です。 「感動パンツ」なんかもかなり完成度が高くオススメ。

次の

アンクルパンツのおすすめ17選。着心地抜群でキレイめコーデにも最適

リラックスフィットアンクルパンツ

アンクルパンツとは? By: 英語で足首を意味する「ankle」にちなんだアイテム。 足首が見えるほどで丈がセッティングされたボトムスのことを指します。 フルレングスのパンツより軽やかで、クロップドパンツより大人っぽいのが魅力。 休日のリラックスコーデからオフィスカジュアルスタイルまでの幅広い場面で活躍します。 アンクルパンツの選び方 トレンドのワイドシルエットを着こなす By: ここ数年のトレンドとして知られるワイドパンツ。 足元がスッキリして見えるアンクルパンツの場合はワイドなシルエットもルーズになりすぎずに着こなせます。 普段はスタンダードなシルエットを選択するという方もぜひチャレンジしてください。 対して細身のアンクルパンツは汎用性の高さが魅力です。 スタイリッシュなIラインコーデはもちろん、ボリュームのあるトップスと合わせることでシルエットのギャップを楽しめます。 涼しげな生地で季節感を演出 By: アンクルパンツに多く見られるのがリネンをはじめとする涼しげな生地を採用したタイプ。 デニムやチノに比べると活躍するシーズンは限られますが、季節感を前面に押し出したスタイルが完成します。 春夏用のボトムスを買い足したいという方はぜひ検討してください。 ウエストがゴム仕様のアンクルパンツは着心地抜群 By: リラックスした着心地を楽しみたい方にはウエストがゴム仕様のアンクルパンツがおすすめです。 締め付け感が出ないように、ドローコードを使って手軽にウエストを調節可能。 ベルトレスで着用できるのでトップスをタックインしたコーデも軽やかに決まります。 アンクルパンツをビジネスで着用したい場合 By: センタープレスの入ったフォーマルな仕立てのアンクルパンツはビジネスでも活躍します。 中でも裾を折り返したダブルタイプはアンクル丈との相性が良好。 個性的なスーツスタイルを楽しみたい方におすすめです。 合わせるシューズとのバランスも考えて吟味してください。 アンクルパンツのおすすめブランド アールイーメイドイントウキョウジャパン Re made in tokyo japan By: メイドインジャパンにこだわったアイテム作りで知られるドメスティックブランド。 妥協のない素材選びや縫製によってクオリティの高いウェアを生産しています。 上質なリアルクローズを探している方はぜひ「アールイーメイドイントウキョウジャパン」を検討してください。 ホワイトサンド White Sand By: 「ホワイトサンド」は2016年にスタートしたイタリアの新鋭パンツブランド。 リゾート地の白い砂浜にちなんだブランド名のとおり、リラックス感のある素材や柄をゆったりとしたシルエットで仕上げたボトムスで支持を集めています。 アップスケープオーディエンス Upscape Audience By: 国産ブランド「アップスケープオーディエンス」はジャケット・ボトムスからカットソーやシャツまでの幅広いウェアを取り揃えています。 日本の技術力を活かした丁寧な縫製が特徴なので、安心して着用できるスタンダードアイテムを探している方におすすめです。 ピーティーゼロウーノ PT01 By: 「ピーティーゼロウーノ」はトリノで4代続く名門生地メーカーから派生したパンツ専業ブランド。 多彩なラインナップのドレスパンツを展開しており、シルエットの美しさに定評があります。 イタリアメイドならではの優雅さは他にはない魅力です。 マーカ marka By: 「真の男性の為の洋服づくり」を追求するドメスティックブランド。 60〜70年代のカウンターカルチャーをベースにした独自のテイストが魅力です。 職人的なディテールワークにモダニズムやウィットを盛り込んだカジュアルウェアを展開しています。 アンクルパンツのおすすめ人気モデル アールイーメイドイントウキョウジャパン Re made in tokyo japan ワイドテーパードタックアンクルパンツ 独特のシャリ感が涼しげなアンクルパンツ。 軽快で丈夫なコットンナイロン生地を使用しているので、春夏に最適なボトムスです。 ゆとりのある腰回りからテーパードの入った美しいシルエットが魅力。 リラックスした穿き心地を楽しみたい方におすすめです。 生地のモード感とワイドシルエットのリラックス感によるミックステイストが魅力です。 ウエストはドローコードで調節するイージーパンツ仕様。 裾にもテープが通っているので、絞ることでシルエットに変化が加わります。 1着で異なる着こなしが楽しめるユニークなボトムスです。 【野間メモ:在庫切れ。 Amazonも調べてもありませんでした。 】 グリーンレーベルリラクシング green label relaxing ポリエステルツイル9分丈アンクルパンツ ドライな質感のポリエステルツイル地を使用したアンクルパンツ。 ダブルで仕上げられた裾が上品な雰囲気を完成させています。 プレーンなデザインによりカジュアルからキレイめまでの幅広いアイテムにしっかりと馴染むのが魅力。 ワードローブに加えればさまざまな場面で重宝します。 アンクルパンツのおすすめメンズコーデ アンクルパンツを総柄シャツと合わせたリラックスコーデ By: 総柄のシャツを主役にしたシンプルコーデ。 リラックスした雰囲気のトップスとアンクルパンツが馴染みます。 足元にはサンダルを選択して軽やかさを演出しているのがポイントです。 スポーティxフォーマルのミックスコーデ By: ゆったりとしたシルエットのスポーティなトップスとスラックス調のアンクルパンツを合わせたミックススタイル。 ビビッドなレッドのインナーがコーデを華やげています。 ホワイトソックスにブラックローファーを重ねた足元は品のよさを主張したい場合におすすめです。 ステンカラーコートをアンクルパンツと合わせて軽快に着こなす By: ステンカラーコートを軸にした春先におすすめのコーデ。 着丈の長いアウターもアンクルパンツと合わせることで軽快に着こなせます。 色数を絞って全体の統一感を出しているのも参考にしたいポイントです。 アンクルパンツとハイカットスニーカーの相性は抜群 By: ハイカットスニーカーをバランスよく履きこなしたい場合はアンクルパンツと合わせるのがおすすめ。 プレーンなデザインのアイテムを組み合わせることで清潔感のあるコーデが完成しています。 アンクルパンツが完成させるリゾートコーデ By: 涼しげな生地感のシャツとアンクルパンツをベースにしたリゾートコーデ。 素足でサンダルを着用することによってリラックス感を演出しています。 トップスとストールのカラーリングを合わせているのも参考にしたいテクニックです。 グレーのアンクルパンツを品よく着こなす By: バンドカラーのシャツやスラックス、ローファーといった品のよいアイテムでまとめたフォーマルコーデ。 シューズから顔を覗かせる涼しげな足首がポイントです。 グレーのアンクルパンツはどのようなカラーリングのトップスとも調和する万能アイテムなので、さまざまな場面で重宝します。 黒のアンクルパンツで魅せるスタイリッシュコーデ By: ニットキャップ、Tシャツ、ボトムスを黒で統一。 同色のアンクルパンツとソックスの組み合わせが作り上げる立体感がポイントです。 春夏にスタイリッシュなコーデを楽しみたい方はぜひ参考にしてください。 アンクルパンツを秋冬のコーデで活用する By: 細身のアンクルパンツはどのようなアイテムにも馴染みやすい汎用性に優れたボトムス。 レザージャケットと合わせれば秋冬にピッタリの落ち着いたコーデが完成します。 アンクルパンツのベージュをシューズとアウターのブラックで挟んだ配色がポイント。 ポロシャツをアンクルパンツにタックイン By: ポロシャツをアンクルパンツにタックインしたユニークなコーデ。 アンバランスなシルエットがインパクトのあるルックスを完成させています。 ウエストがゴム仕様のアンクルパンツはこのようにベルトレスで軽やかに着こなせるのが魅力です。 アンクルパンツを用いたオフィスカジュアル By: ジャケットとアンクルパンツのセットアップによるオフィスカジュアルスタイル。 シアサッカークロスの生地感が爽やかな印象を演出しています。 シャツやタイまでネイビーで統一しているのがポイント。 定番のジャケットスタイルに差をつけるテクニックです。

次の