味噌汁 レシピ 簡単。 味噌汁の簡単レシピをご紹介!一人分を作る便利な方法は?

美味しい味噌汁の作り方 5つのコツと簡単レシピ

味噌汁 レシピ 簡単

なぜ一人分の味噌汁を作った方が良いのか? 味噌汁は、昔から日本の食卓に欠かせない料理で、味噌には栄養素がとても豊富です。 味噌の主原料である大豆には、コレステロール値を下げてくれたり血管の弾力を維持してくれたりするタンパク質、血行を良くして老化防止をしてくれるビタミンEなどが含まれます。 また、消化を助けてくれる酵素、抗酸化作用があるイソフラボンなど栄養素が豊富で、生活習慣病の予防にも役に立つといわれています。 つまり、味噌汁を食事に取り入れることは、健康にとても良いということです。 しかし、一人暮らしの方が鍋で大量に味噌汁を作ることは、おすすめできません。 その理由は、まずガス代がもったいないからです。 鍋で味噌汁を作ると、2食目のときにまた鍋ごと加熱する必要があるため、ガス代が余計にかかってしまいます。 また、味噌汁を腐らせてしまうことも多いからです。 とくに夏場は半日で腐ってしまうこともあり、冷蔵庫で保存しても、鍋が冷蔵庫のスペースを占領して不便です。 さらに、何度も味噌汁を加熱すると味噌の風味が落ち、おいしくない味噌汁になってしまいます。 したがって、一人暮らしの方などは、一人分の味噌汁を作る方が良いのです。 一人分の味噌汁を鍋で作るのは面倒なかたは、インスタントの味噌汁を購入しているかたもいらっしゃるかもしれません。 しかし、インスタントの味噌汁は割高でもったいないですよね。 一人分の味噌汁レシピで自炊をした方が、効率的に毎回おいしい味噌汁を食べることができて節約にもなります。 簡単!一人分の味噌汁の基本レシピ 鍋を使わない、簡単な一人分の味噌汁の基本レシピをご紹介します。 このレシピは鍋を使うことなく、簡単に一人分の味噌汁を作ることができます。 ポイントは、仕上げにだしを入れることです。 味噌を溶かしただけでは、味わいに奥行きがありません。 ただ、毎回かつお節や昆布などでだしを取ることは難しいため、粉末だしや顆粒状のだしを使うと便利です。 粉末だしの量はメーカーによって異なるため、パッケージの記載通りに使うようにしましょう。 また、だしの風味が飛んでしまわないために、レシピ通り粉末だしは最後の仕上げに入れるようにしましょう。 なお、お椀は耐熱のレンジ対応のものを使用するよう、ご注意ください。 野菜たっぷりの一人分の味噌汁レシピ ご紹介した、基本の一人分の味噌汁レシピで使った豆腐と乾燥ワカメは、定番の味噌汁の具材でとてもシンプルです。 しかし、野菜がたくさん入った、具だくさんの一人分の味噌汁も作ることができます。 また、火が通りにくいイメージの大根や人参などの根菜は、ピーラーなどで薄くスライスして、さらに千切りにすると簡単に火がとおります。 根菜のじゃがいもは千切りにするとドロドロに溶けてしまうため、拍子切りにするようにしましょう。 そして、火を通しても崩れにくいメークインや、新じゃがなどの品種を選ぶようにするとより良いです。 味噌汁の具材は冷凍しておくと便利! 具だくさんの味噌汁が食べたくても、毎回包丁とまな板を使って一人分の具材を切っていると意外と面倒です。 そのようなときは、具材を一気に食べやすい大きさにカットして冷凍しておきましょう。 しかも、冷凍した方が良い食材もあります。 例えば、小松菜は冷凍した方がビタミンCが増えるといわれていたり、きのこは冷凍すると旨味成分が3倍にもなるといわれています。 また、昆布を1㎝位でカットして冷凍しておくと、だしとして使うこともできて便利です。 味噌汁の定番の具材の油揚げは、2㎝位の短冊切りにして、保存袋などに入れて冷凍しておくと腐らせる心配もありません。 一方、冷凍に不向きな具材もあります。 それは、基本レシピでもご紹介した、味噌汁の定番具材である豆腐です。 豆腐は冷凍して解凍すると高野豆腐のような食感になるため、豆腐のつるっとした食感を楽しみたい方にはおすすめしません。 作り置きでより簡単に!一人分の味噌玉レシピ 味噌玉とは、味噌汁を作るときの具材や味噌を一つにまとめたもののことです。 一人分の大きさの味噌玉をまとめて作っておくと、味噌汁を食べたい時に味噌玉を取り出してお湯をかけて混ぜれば良いだけなのでとても簡単です。 一人分の味噌玉のレシピをご紹介しますが、まとめて10個位作っておくと便利でおすすめですよ。 【保存方法】 味噌玉の保存方法は3つあります。 ちなみに、冷凍しても柔らかい理由は、味噌の塩分濃度が高いためです。 家庭用の冷凍庫では完全に凍ることはないためなので、心配する必要はありません。 このレシピは持ち運びに便利で、会社のランチなどにお弁当と一緒に持って行くこともできます。 味噌汁のアレンジレシピのご紹介 一人分の味噌汁を作るもう一つのメリットは、一杯ごとに好きな味や具材にアレンジできることです。 ここでは、とても簡単なおすすめのアレンジレシピをご紹介します。 まずは、しょうがを入れるアレンジです。 すりおろしたしょうがを先ほどの味噌玉に混ぜておくと、さっぱりとした味わいとなり身体もぽかぽかと温まるためおすすめです。 また、色々な種類の味噌を使うのも楽しいです。 まろやかな味わいの白味噌、コクが強い赤味噌、それらを合わせた合わせ味噌などがあるため、その日の食事に合わせて好きな味わいの味噌汁にすると良いでしょう。 さらに、だしも色々な種類があります。 いりこだし、かつおだし、あごだし、昆布だしなどあるため、色々な味噌と組み合わせてご自身の好きな味噌汁の味を探してもおもしろいでしょう。 食卓に味噌汁を取り入れましょう! 味噌は健康に良い発酵食品の一つで、味噌汁は味噌を食事に取り入れやすい料理です。 一人暮らしで一人分の味噌汁を作るのは面倒というかたや、忙しくて味噌汁を作る時間がないというかたも多いと思います。 一人分の味噌汁のレシピをご参考にしていただき、これからはぜひ、食事の中に一杯の味噌汁を取り入れるようにしてみてください。

次の

おいしい味噌汁のレシピ/作り方:白ごはん.com

味噌汁 レシピ 簡単

超簡単!インスタント味噌汁で即席クラムチャウダーレシピ 包丁いらずの具材と、牛乳・水を温めてインスタント味噌汁を溶かすだけ! 即席のクラムチャウダーができます。 パンにも合い、うどんを入れてクラムチャウダーうどんにしても OK! アレルギー性食品:えび(シーフードミックス)、乳(牛乳、バター)、大豆(味噌) 材料(2~3人分)• シーフードミックス 冷凍 ・・・250 g• ブロッコリー 冷凍 ・・・ 120 g• コーン ・・・ 80 g• 牛乳・・・ 300 cc• 水・・・100 cc• インスタント味噌汁(あさり or しじみ風味)・・・2袋• 冷凍餃子で簡単!まんぷく味噌汁レシピ 冷凍餃子を使ったおかず味噌汁。 カット野菜を使用すれば、包丁いらずでより簡単です。 アレルギー性食品:卵(卵、冷凍餃子)、小麦(冷凍餃子)、大豆(味噌、冷凍餃子)、ごま(冷凍餃子)、鶏肉(冷凍餃子)、豚肉(冷凍餃子) 材料(2~3人分)• 水・・・ 500 cc• 和風だしの素・・・小さじ1• にんじん・・ 40 g• もやし ・・・ 100 g• 餃子(冷凍) ・・・9個• 卵 ・・・ 2個• にら・・・40 g• ママさんたちのお悩み調査 Q. 朝食時の「味噌汁」で困ることは?• 朝はパン派。 お家で味噌汁を、しかも朝から作るとなると少しの手間でも面倒に感じてしまいます。 レパートリーの少なさもネックのようです。 そもそもウチはパン派!という方も多く、和ごはんプロジェクトの根本課題である「和食離れ」が感じられます。 味噌汁づくりの工夫や悩みはありますか?• 前日の夕食の残りの味噌汁を温めて出している• インスタントでも味や見た目の良いものを使うようにしている• 朝ごはんでも野菜を多く食べてほしいので具沢山にしている たとえ手抜きだったとしても、「なるべく見た目の良いもの」や「具だくさんで野菜をたくさん摂れるような工夫をしている」ご家庭が多い結果となりました。 今回は夕食のおかずをリメイクしたり、インスタントの味噌汁を使った具沢山アレンジレシピを紹介させていただきました! 「味噌汁といえば豆腐、わかめ!」にとらわれず、自由な食材を使っても美味しくできるのが味噌汁のいいところです!是非、簡単味噌汁アレンジレシピにチャレンジしてみてください! ToMay(トゥーメイ)IH対応マルチポット お料理をもっと挑戦したい。 いろいろ調理器具を揃えたいけど、キッチンが狭いのであれこれ置けない。 そんな悩みをスパッと解決したTo May(トゥーメイ)マルチポット。 また、お料理好きな主婦の「万能アイテム」として。 キッチンをスッキリ整えながら、お料理を最大限に楽しむことができますよ! 揚げ物にも最適! 口の上の方がすぼんでいる形状なので、油ハネしにくく、後片付けもストレスフリー。 揚げ物に対するハードルも自然と下がりますよ。 テーブル上に持ってけば、ちょっとしたおもてなし料理にもなります。 チーズフォンデュや串揚げなど、お友達や家族と囲んでみては? 働く単身女性にとって、毎日料理を頑張るのは大変なこと。 忙しくても料理を作りたい、決して料理上手と言えないけど、頑張りたい! たとえキッチンが狭くても、お料理を自由に楽しみたい。 そんな女性たちを応援する「コンパクト」で「マルチ」に使えるシリーズです。

次の

子どもが喜ぶ簡単味噌汁アレンジ【朝食ぱくぱくレシピ】

味噌汁 レシピ 簡単

簡単ボリュームアップ「味噌汁リメイクカレー」 お味噌汁にハムやウィンナーなどお好みの具材と、ルーを入れるだけのお手軽リメイクレシピです。 お肉を入れるだけで一気にカレーらしくなりますよ。 もし味が濃くなってしまう場合は水を足して調整してみてください。 これだけで簡単にしっかりランチに大変身です。 朝のご飯と味噌汁が残ったら、ぜひ作ってみてください。 お好みで具材を足してください。 火を止めたらバターを入れて耐熱容器に移し、こんがり焼いたら出来上がりです。 味噌とバターとチーズがとっても相性のいい1品です。 こんがり焼き目をつけるので香ばしくなり、食欲をそそられますね。 残った味噌汁に牛乳を足すだけ!「味噌汁とミルクのおうどん」 味噌汁を温めたらうどんを入れ、牛乳を加えてひと煮立ちさせてください。 食べるラー油をたっぷり入れると香りが立っておいしいです。 キムチや七味、おろし生姜をプラスすると、風味もアップするうえ体がぽかぽか温まって良いですよ。 お子さんにはラー油の代わりにごま油で。 牛乳を豆乳に変えてもOK。 お味噌と牛乳?と思う方も、とってもおいしいので1度試してみてくださいね。 味噌汁の具材だけでOK「簡単茶わん蒸し」 味噌汁の中に卵を割り入れ、なじむようによく混ぜます。 お椀に移したら、お湯を張った鍋で蒸して完成です。 最初に強火で2分蒸すことで「す」が入るのを防げるので、そこだけしっかり時間を計るときれいにできますよ。 お味噌汁の具材だけで作れるので、1から作るのはちょっと面倒な茶わん蒸しも気軽に作れますね。 味噌汁の出汁は餡にとじこめて「味噌汁のピリ辛あんかけ」 ごま油でひき肉と野菜を炒めます。 味噌汁の残りも加え、豆板醤などで味をととのえたら、水溶き片栗粉でとろみをつけてください。 お皿に盛りつけたら完成です。 もともと味噌と出汁がきいているので、簡単に美味しい餡かけが作れちゃいますね。 味もしっかりついてて、おこげもいい感じだけど、若干米が固かった。 個人的には固い米のが好きだから問題ないけど、好き嫌いは別れそう。 余った味噌汁に少し味噌を足したけど、必要ないくらいちゃんと味はついた。 また、ストックしすぎて使い切れない人におすすめの記事です。 刻みネギは味噌汁や汁物に入れる以外にも色々な活用方法が。 刻みネギを使って簡単に作れる、おすすめのアレンジアイデアを紹介します。

次の