コロナ アセト アミノ フェン。 新型コロナウイルスって怖いの!?(4) ―サイトカインストームを引き起こすもの

新型コロナウイルスって怖いの!?(4) ―サイトカインストームを引き起こすもの

コロナ アセト アミノ フェン

今回の新型コロナウイルスもそうですが、 過去に恐れられた新型のコロナウイルスの SARSも MERSも新型インフルもすべて、 死亡者の多くにサイトカイン・ストームが起きた 形跡が発見されています。 ウイルスによって刺激された患者の 免疫系が過剰に反応してしまい、 自分自身の脳や肺などの臓器を攻撃し、 死因となる脳症や肺水腫を起こしていたのです。 現代の多く の人の免疫系は 、正常に機能していません。 もともと遺伝的に免疫系に異常を抱えている人もいれば、 病気 を抱えていたり、栄養不良の状態 にあったり、 加齢による高齢で、免疫が弱 っています。 人体は免疫が弱っていると、免疫システムの うち、 まだ元気に機能できる他の部分が過剰に反応して 免疫力の不足を補うようになっています。 サイトカイン・ストームは、生まれつきの体質、 ウイルスなどの外敵や刺激に対し、 免疫が過剰反応してしまう遺伝的要因のほか、 解熱剤(一部の鎮痛剤)や 過去に接種したワクチンが原因でも起きます。 中でもとくに気をつけたいのは、解熱剤。 解熱剤で一部の免疫機構を極端に抑えてしまうと、 別の免疫機構を暴走させることになります。 サイトカイン・ストームのような免疫暴走を起こさない 解熱剤は、アセトアミノフェン系のものです。 そのため、 小児用解熱剤として推奨されるのは アセトアミノフェノン系だけです。 その他の種類、ロキソニン、アスピリンなどの解熱剤は、 サイトカイン・ストームを起こすリスクがあります。 これらの解熱剤は、小児やまだ免疫が強く働く 若い人には危険です。 大阪市大の研究でも、解熱や痛み止めに処方される ロキソニンのような「非ステロイド性抗炎症剤」が、 サイトカインによる薬剤性小腸傷害を起こすことを 内視顕微鏡で確認されています。 危険なのはウイルスでなく、クスリの乱用。 新型ウイルスは、常にどこかで発生するもの。 本当のリスクはもっと身近にあるのです。 避けるべきは、クスリやワクチンの乱用で、 自分の免疫システムを乱してしまうことなのです。 THINKER 鶴田ナオキ 2009年の新型インフルエンザ騒動の際、マスコミによる大々的なワクチン接種の呼びかけに疑問を感じ、地元のカフェで友人・知人・家族向けに講演を開き、啓蒙活動を始める。 その後、ホームページを開設。 ワクチン、フッ素の有害性、化学調味料や人工甘味料の興奮神経毒性について警鐘を鳴らしたことで、多くの反響を呼び、全国から講演会を受けるようになる。 2016年、名古屋市近郊にTHINKERアトリエをオープン。 最新の世界情勢から、マニアックな精神世界の探求まで、多岐にわたるジャンルで『シンカー・夜の会』を不定期に開催。 健康情報を中心に情報発信活動を展開。 イベント情報は「無料メルマガ」にてご案内します。 マック系パソコン・スマホ(アイパッド・アイフォン)のメールアドレス、特にicloudを含むアドレスには届かないことがほとんどです。 そのほかのアドレスでも、こちらのメルマガが自動で受信拒否や迷惑メールに振り分けられてしまうことが起きています。 複数回メールの不配が続いたアドレスには、こちらのメルマガ管理システムがご登録アドレスを自動削除しています。 以前ご登録いただいた方で、「メルマガが全く届かない」「以前届いていたメルマガが最近届かない」という方は、すでに登録削除になっていますので、そのような可能性のある場合は、大変お手数ですが、メルマガ登録を再度行っていただくことをお勧めします。 こちらのアドレス からの メールをより確実に受信するには、ご使用のメールソフト内で「メールオプションの設定」や「フィルタの設定」といった作業をしていただくことが必要になる方もいます。 各メールソフトにおける設定の方法は以下のサイトが参考になります。 ご登録よろしくお願いします。 市民が政府のあり方やマスコミ報道に疑問を持つきっかけとなった東北大震災と同時期に出版され、初版1万部は完売。 以降、本のメッセージに共感した全国の読者が自主的に周囲に告知と配布活動を展開してくれたことで、陰謀系書籍としては異例の部数を売り上げる。 陰謀情報にとどまらず、世界情勢やニュースなど、世間の流行や価値観に惑わされない人生観の持ち方も収録。

次の

新型コロナウイルスって怖いの!?(4) ―サイトカインストームを引き起こすもの

コロナ アセト アミノ フェン

今回の新型コロナウイルスもそうですが、 過去に恐れられた新型のコロナウイルスの SARSも MERSも新型インフルもすべて、 死亡者の多くにサイトカイン・ストームが起きた 形跡が発見されています。 ウイルスによって刺激された患者の 免疫系が過剰に反応してしまい、 自分自身の脳や肺などの臓器を攻撃し、 死因となる脳症や肺水腫を起こしていたのです。 現代の多く の人の免疫系は 、正常に機能していません。 もともと遺伝的に免疫系に異常を抱えている人もいれば、 病気 を抱えていたり、栄養不良の状態 にあったり、 加齢による高齢で、免疫が弱 っています。 人体は免疫が弱っていると、免疫システムの うち、 まだ元気に機能できる他の部分が過剰に反応して 免疫力の不足を補うようになっています。 サイトカイン・ストームは、生まれつきの体質、 ウイルスなどの外敵や刺激に対し、 免疫が過剰反応してしまう遺伝的要因のほか、 解熱剤(一部の鎮痛剤)や 過去に接種したワクチンが原因でも起きます。 中でもとくに気をつけたいのは、解熱剤。 解熱剤で一部の免疫機構を極端に抑えてしまうと、 別の免疫機構を暴走させることになります。 サイトカイン・ストームのような免疫暴走を起こさない 解熱剤は、アセトアミノフェン系のものです。 そのため、 小児用解熱剤として推奨されるのは アセトアミノフェノン系だけです。 その他の種類、ロキソニン、アスピリンなどの解熱剤は、 サイトカイン・ストームを起こすリスクがあります。 これらの解熱剤は、小児やまだ免疫が強く働く 若い人には危険です。 大阪市大の研究でも、解熱や痛み止めに処方される ロキソニンのような「非ステロイド性抗炎症剤」が、 サイトカインによる薬剤性小腸傷害を起こすことを 内視顕微鏡で確認されています。 危険なのはウイルスでなく、クスリの乱用。 新型ウイルスは、常にどこかで発生するもの。 本当のリスクはもっと身近にあるのです。 避けるべきは、クスリやワクチンの乱用で、 自分の免疫システムを乱してしまうことなのです。 THINKER 鶴田ナオキ 2009年の新型インフルエンザ騒動の際、マスコミによる大々的なワクチン接種の呼びかけに疑問を感じ、地元のカフェで友人・知人・家族向けに講演を開き、啓蒙活動を始める。 その後、ホームページを開設。 ワクチン、フッ素の有害性、化学調味料や人工甘味料の興奮神経毒性について警鐘を鳴らしたことで、多くの反響を呼び、全国から講演会を受けるようになる。 2016年、名古屋市近郊にTHINKERアトリエをオープン。 最新の世界情勢から、マニアックな精神世界の探求まで、多岐にわたるジャンルで『シンカー・夜の会』を不定期に開催。 健康情報を中心に情報発信活動を展開。 イベント情報は「無料メルマガ」にてご案内します。 マック系パソコン・スマホ(アイパッド・アイフォン)のメールアドレス、特にicloudを含むアドレスには届かないことがほとんどです。 そのほかのアドレスでも、こちらのメルマガが自動で受信拒否や迷惑メールに振り分けられてしまうことが起きています。 複数回メールの不配が続いたアドレスには、こちらのメルマガ管理システムがご登録アドレスを自動削除しています。 以前ご登録いただいた方で、「メルマガが全く届かない」「以前届いていたメルマガが最近届かない」という方は、すでに登録削除になっていますので、そのような可能性のある場合は、大変お手数ですが、メルマガ登録を再度行っていただくことをお勧めします。 こちらのアドレス からの メールをより確実に受信するには、ご使用のメールソフト内で「メールオプションの設定」や「フィルタの設定」といった作業をしていただくことが必要になる方もいます。 各メールソフトにおける設定の方法は以下のサイトが参考になります。 ご登録よろしくお願いします。 市民が政府のあり方やマスコミ報道に疑問を持つきっかけとなった東北大震災と同時期に出版され、初版1万部は完売。 以降、本のメッセージに共感した全国の読者が自主的に周囲に告知と配布活動を展開してくれたことで、陰謀系書籍としては異例の部数を売り上げる。 陰謀情報にとどまらず、世界情勢やニュースなど、世間の流行や価値観に惑わされない人生観の持ち方も収録。

次の

新型コロナウイルスって怖いの!?(4) ―サイトカインストームを引き起こすもの

コロナ アセト アミノ フェン

今回の新型コロナウイルスもそうですが、 過去に恐れられた新型のコロナウイルスの SARSも MERSも新型インフルもすべて、 死亡者の多くにサイトカイン・ストームが起きた 形跡が発見されています。 ウイルスによって刺激された患者の 免疫系が過剰に反応してしまい、 自分自身の脳や肺などの臓器を攻撃し、 死因となる脳症や肺水腫を起こしていたのです。 現代の多く の人の免疫系は 、正常に機能していません。 もともと遺伝的に免疫系に異常を抱えている人もいれば、 病気 を抱えていたり、栄養不良の状態 にあったり、 加齢による高齢で、免疫が弱 っています。 人体は免疫が弱っていると、免疫システムの うち、 まだ元気に機能できる他の部分が過剰に反応して 免疫力の不足を補うようになっています。 サイトカイン・ストームは、生まれつきの体質、 ウイルスなどの外敵や刺激に対し、 免疫が過剰反応してしまう遺伝的要因のほか、 解熱剤(一部の鎮痛剤)や 過去に接種したワクチンが原因でも起きます。 中でもとくに気をつけたいのは、解熱剤。 解熱剤で一部の免疫機構を極端に抑えてしまうと、 別の免疫機構を暴走させることになります。 サイトカイン・ストームのような免疫暴走を起こさない 解熱剤は、アセトアミノフェン系のものです。 そのため、 小児用解熱剤として推奨されるのは アセトアミノフェノン系だけです。 その他の種類、ロキソニン、アスピリンなどの解熱剤は、 サイトカイン・ストームを起こすリスクがあります。 これらの解熱剤は、小児やまだ免疫が強く働く 若い人には危険です。 大阪市大の研究でも、解熱や痛み止めに処方される ロキソニンのような「非ステロイド性抗炎症剤」が、 サイトカインによる薬剤性小腸傷害を起こすことを 内視顕微鏡で確認されています。 危険なのはウイルスでなく、クスリの乱用。 新型ウイルスは、常にどこかで発生するもの。 本当のリスクはもっと身近にあるのです。 避けるべきは、クスリやワクチンの乱用で、 自分の免疫システムを乱してしまうことなのです。 THINKER 鶴田ナオキ 2009年の新型インフルエンザ騒動の際、マスコミによる大々的なワクチン接種の呼びかけに疑問を感じ、地元のカフェで友人・知人・家族向けに講演を開き、啓蒙活動を始める。 その後、ホームページを開設。 ワクチン、フッ素の有害性、化学調味料や人工甘味料の興奮神経毒性について警鐘を鳴らしたことで、多くの反響を呼び、全国から講演会を受けるようになる。 2016年、名古屋市近郊にTHINKERアトリエをオープン。 最新の世界情勢から、マニアックな精神世界の探求まで、多岐にわたるジャンルで『シンカー・夜の会』を不定期に開催。 健康情報を中心に情報発信活動を展開。 イベント情報は「無料メルマガ」にてご案内します。 マック系パソコン・スマホ(アイパッド・アイフォン)のメールアドレス、特にicloudを含むアドレスには届かないことがほとんどです。 そのほかのアドレスでも、こちらのメルマガが自動で受信拒否や迷惑メールに振り分けられてしまうことが起きています。 複数回メールの不配が続いたアドレスには、こちらのメルマガ管理システムがご登録アドレスを自動削除しています。 以前ご登録いただいた方で、「メルマガが全く届かない」「以前届いていたメルマガが最近届かない」という方は、すでに登録削除になっていますので、そのような可能性のある場合は、大変お手数ですが、メルマガ登録を再度行っていただくことをお勧めします。 こちらのアドレス からの メールをより確実に受信するには、ご使用のメールソフト内で「メールオプションの設定」や「フィルタの設定」といった作業をしていただくことが必要になる方もいます。 各メールソフトにおける設定の方法は以下のサイトが参考になります。 ご登録よろしくお願いします。 市民が政府のあり方やマスコミ報道に疑問を持つきっかけとなった東北大震災と同時期に出版され、初版1万部は完売。 以降、本のメッセージに共感した全国の読者が自主的に周囲に告知と配布活動を展開してくれたことで、陰謀系書籍としては異例の部数を売り上げる。 陰謀情報にとどまらず、世界情勢やニュースなど、世間の流行や価値観に惑わされない人生観の持ち方も収録。

次の