あずさ 第 一 高等 学校 学費。 あずさ第一高等学校の学費や特徴について

高卒資格が取れる「あずさ第一高等学校」の口コミ

あずさ 第 一 高等 学校 学費

あずさ第一高等学校は関東の1都2県に9つのキャンパスを展開する通信制高校です。 通常の通信コースに加えて、 10の異なる専門コースが準備されているため、 「自由な雰囲気の中で専門的な知識を学びたい」という若者たちから支持されています。 あずさ第一高等学校の特色としては 「音楽コースが非常に充実している事」と 「生徒のメンタルサポート」の2つが挙げられますね。 あずさ第一高等学校の音楽コースは「ギター専攻」や「ボーカル専攻」など4つの分野に分けられており、それぞれプロの講師が指導を行います。 実技レッスンに関してはグループではなく個別指導を受けられるというのも特色で、質の高いレッスンを受けられることから人気を集めています。 あずさ第一高等学校のキャンパスには 臨床心理士の資格を持つスクールカウンセラーが常駐しているという特色もあります。 ですから生徒たちは人間関係の悩みなどをいつでも気軽に相談することができます。 わたしが学生だったころは全日制でもカウンセリング制度がなかったことを考えると、より生徒のニーズを重視する学校が増えてきたことがわかりますね。 学費はスクーリングの日数によって変わります。 通常の通信コースに通った場合、 1単位当たりの授業料が8500円なので、1年間で 25万円程度が必要になります。 一方専門コースを選んだ人の場合、スクーリングが週2日なら学費は 45万円前後、週5日の場合は 年間65万円程度の学費を支払うことになります。 「個別レッスンで音楽を学びたい」「いつでも悩み事を相談できる環境がいい」という生徒さんは、ぜひあずさ第一高等学校に入学の詳細を問い合わせてみましょう。 関連ページ N高等学校はマルチメディア事業を手掛けるKADOKAWAグループが2016年4月に創設した通信制高校です。 渡辺高等学院に関することをまとめています。 入学を検討している方は是非参考にしてください。 クラーク記念国際高等学校の特色と学費について まとめています。 行きたいと考えている方は是非参考になさってください。 ルネサンス高等学校が持つ特色と学費の詳細を解説しています。 ルネサンス高等学校が希望であれば是非資料請求してみてください。 飛鳥未来高等学校をまとめています。 飛鳥未来高等学校をご検討の方は是非資料請求してみてください。 トライ式高等学院の特色と支払う学費についてまとめています。 トライ式高等学院を考えているならば、是非資料請求してみてください。 一ツ葉高等学校をまとめています。 一ツ葉高等学校を考えている方は是非資料請求してみてください。 ヒューマンキャンパス高等学校についてまとめています。 ヒューマンキャンパス高等学校を知りたい方は是非資料請求してみてください。 第一学院高等学校の学費とユニークな特色をまとめています。 第一学院高等学校が気になる方は是非資料請求してみてください。 KTCあおぞら高等学院をまとめています。 KTCあおぞら高等学院が気になる方は是非資料請求してみてください。 NHK学園高等学校をまとめています。 NHK学園高等学校が気になる方は是非資料請求してみてください。 代々木高等学校の特色とお得な学費の詳細をまとめています。 日本ウェルネス高等学校の特色と平均的な学費をまとめています。 進学をお考えの方は是非資料請求してみてください。 さくら国際高等学校 東京校の学費と特色についてまとめています。 行きたい高校が見つかれば是非資料請求してみてください。 さくら国際高等学校の特色と学費の目安についてまとめています。 さくら国際高等学校が気になる方は是非資料請求してみてください。 バンタンデザイン研究所高等部の特色と学費をまとめています。 バンタンデザイン研究所高等部が気になる方は是非資料請求してみてください。 わせがく高等学校をまとめています。 わせがく高等学校が気になる方は是非資料請求してみてください。 星槎国際高等学校をまとめています。 星槎国際高等学校が気になる方は是非資料請求してみてください。 国士舘高等学校をまとめています。 国士舘高等学校が気になる方は是非資料請求してみてください。 屋久島おおぞら高等学校をまとめています。 屋久島おおぞら高等学校が気になる方は是非資料請求してみてください。 勇志国際高等学校をまとめています。 勇志国際高等学校が気になる方は是非資料請求してみてください。 中央高等学院をまとめています。 中央高等学院が気になる方は是非資料請求してみてください。 鹿島学園高等学校の特色と学費をまとめています。 鹿島学園高等学校が気になる方は是非資料請求してみてください。

次の

勉強も感性も磨く通信制高校!あずさ第一高等学校の学費やコース

あずさ 第 一 高等 学校 学費

東京・神奈川・千葉・埼玉に8つのキャンパスを持つ広域通信制高校、 あずさ第一高等学校。 「好きなコト」「得意なコト」を勉強することができるオリジナルコースや、スペシャル授業が充実しているのが特徴です。 学習スタイルも数多く、自分に合ったものが選べるとあって、自分の夢に向けた勉強をしたい人だけでなく、中学校で不登校だった人や病気で毎日の通学が難しい人、仕事をしながら高校を卒業したい人にも人気です。 しかし、 「 楽しい学校生活を送れるかな」 「無理なく通うことができるのかな」 「そもそも、自分は入学することができるのだろうか」 こんなふうに思われている方、多いのではないでしょうか? この記事では、そんな方に向けて、あずさ第一高等学校の気になる ・中学で不登校だったけれど、授業についていくことができた。 ・勉強の進むペースが遅いので、大学入試に対応できない。 ・授業に出席していなくても、レポートを提出したりテストに合格して、スクーリングに出席すれば単位はもらえる。 ・授業が分かりやすく、わからないところは先生がわかるまでしっかりと教えてくれます。 一言で言ってしまうと、「 授業はとても簡単」ということですね。 基礎からじっくりと時間をかけて教えてくれるので、中学校での勉強の知識に不安のある人でも楽しく授業に出席できるし、自分のやりたいことに多くの時間を割くことができるようです。 あまり勉強に多くの時間を割けない人や、とにかく高卒資格を撮りたい人には向いているでしょう。 また、「全部の授業には出られなくても単位はもらえる」という点は、日々の通学に不安がある人にも嬉しいですね。 その反面 、大学入試を考えてしまうと学校の通常の授業だけでは心許ない内容となってしまいます。 しかし、大学入試をしたい場合も学校の 先生が親身になってフォローしてくれます。 オリジナルコースで「大学進学コース」や「英検&TOEIC専攻」を選ぶことで、 よりハイレベルな授業を受けることも可能です。 進路実績には数多くの大学もあります。 中には学習院大学や明治大学、立命館大学といったかなり上位の偏差値の大学名も。 成績次第では大学や専門学校への推薦もあります。 通信制のあずさ第一高等学校に行っても、大学進学を諦める必要はないようですね。 学校生活の口コミ (引用元:) ・校則が自由。 制服には3パターン(男子は2パターン)あるが、私服でも他校の制服でもOK。 ・校舎はビルで、図書館や体育館などの設備がない。 ・休みが長い(夏休み3ヶ月近く、冬休み、春休みは1ヶ月)。 ・部活動はあまり活発ではない。 文化祭や運動会なども意外と盛り上がらない。 お洒落ができるのは嬉しいけれど、高校生らしい 青春を楽しみたい人には不満があるかもしれません。 髪を染めても巻いてもよく、ピアスをしてもネイルをしてもOK、アクセサリーだってつけられるのは、オシャレに敏感な年頃の高校生には嬉しい限りですね。 私服でもいいとのことなので、お気に入りの格好をすれば、学校に行くテンションも上がりますね。 制服(あずさ第一高等学校では「標準服」と言います)は、特に女子のものが可愛いと評判です。 全てブレザーにチェックスカートなのですが、清楚系、かわいい系、オシャレ系パターンとなっていて、どれもドラマに出てきそうなデザインです。 「校舎がビル」なのは、通信制ではよくあることですが、人によっては「味気ない」と不満に思うかもしれません。 校庭や図書館などがないのも残念ですね。 納得できるかどうか、 自分が通いたいキャンパスを、一度は見てから入学を決めるようにしましょう。 「休みが長い」とのことですが、特に夏休みはこの間にスクーリングやイベントなどがあるので、全くフリーというわけではありません。 とはいっても通信制なので、勉強スタイルによっては授業のない日はかなり多くなります。 その分、 自分のやりたいことに打ち込むことができますね。 全日制と違って毎日全員が登校するわけではないし、学校に体育館などが付属していないのでどうしても部活はそこまで活発に行われてはいません。 その結果、文化祭や運動会などの盛り上がりも入学前の期待どおりとは行かないようです。 学校行事で友達と衝突したり協力したりして汗と涙を流し、漫画で見るような 「充実したスクールライフを過ごしたい! 」という人にはあまり向かないと言えるでしょう。 しかしあずさ第一高等学校にはそれ以外にも校外学習、サマーライブやハイキング、ホワイトスクール(スキー学校)等々、体験学習やイベントが多くあります。 自分が中心となって盛り上げられるような行事があるのではないでしょうか。 いじめについての口コミ ・いじめはない。 ・いじめに対しては割と厳しいが、ハブりなどはある。 ・この学校でいじめをすると人が離れていく。 ・いじめはないが、ちょっとしたからかいはある。 「いじめ」と言うほど積極的なものはない、ただ人によっては「いじり」が少し辛いかもしれない。 ということですね。 あずさ第一高等学校の口コミで最も多かったのが「 いじめはない」と言う内容でした。 登校日数や授業時間が全日制に比べて少なく、また部活などもあまり活発ではないため、生徒間の人間関係がややドライになっています。 そのため、いじめは起きにくい環境のようです。 学校のサイトには「 あずさ第一高等学校いじめ防止基本方針」まで載っています。 いじめ防止、いじめ対策にはかなり力を入れていると言えるでしょう。 また、「 何かあった場合には、先生が対処してくれる」「 生徒間トラブルは先生が仲介してくれる」という口コミも多数ありました。 いじりなどのからかいが辛いときには、先生に相談すればきちんと対応してもらえるので、安心して通うことができますね。 「先生が何でも親身に相談に乗ってくれる」との口コミも多いので、あずさ第一高等学校の 先生方は面倒見がよく、親しみやすい方ばかりのようです。 生徒との距離も近く、生徒がどうやったら楽しく学校に通えるかを一緒に考えてくれる先生であれば、3年間通い続けることができそうですね。 通信制なので、「 1単位いくら」という計算になります。 そこに 施設費や オリジナルコース代、 教材費が加算されるという形になります。 基本的には全コースこの形ですが、コースごとに「 補習指導費」が異なってきます。 ここに追加で入学検定料として2万円がかかりますが、入学金がいらないのは嬉しいですね。 私立の通信制高校としては、標準的な額となります。 ここにあずさ第一高等学校の売りでもある オリジナルコースを追加すると、週1回につき年間10万円の費用と、教材費が更にかかります。 他のコースの学費も見てみましょう。 フリースタイル2日制 フリースタイル1日 一般通信制スタイル 入学金 0円 0円 0円 単位履修登録料(1年時・24単位で計算) 204,000円 204,000円 204,000円 施設費 60,000円 60,000円 36,000円 補習指導費 200,000円 100,000円 0円 合計 464,000円 364,000円 240,000円 登校日数が少ないほど補習指導費が少なくなっていますね。 経済面に不安がある人はこちらを選ぶのもいいかもしれません。 もちろん、どのコースを選んでも国からの補助金は出るので、実際に支払う額はここからさらに少なくなることが多いでしょう。 ただし気をつけなくてはいけないのは、 フリースタイルにはオリジナルコースは追加できず、スペシャル授業もマンスリーのもののみ、一般通信制スタイルはオリジナルコースもスペシャル授業も受けることができない、という点です。 オリジナルコースやスペシャル授業はあずさ第一高等学校の特徴ですし、実際「このコースがあるからあずさ第一高等学校に決めた」という生徒も多くいます。 本当にオリジナルコースやスペシャル授業を受けなくても良いのか? をよく考えてからコースを決めましょう。 詳しくは問い合わせてみましょう。 あずさ第一高等学校の入試 あずさ第一高等学校の入試は、中学校での勉強に不安のある人でも受け入れてくれるとあって、 とても簡単なものです。 入試対策などの試験対策はほとんど必要ないと言って差し支えありませんし、試験日も多いので「まず他の学校を受けてから考えてみよう」というのも可能です。 ただし、 試験のほとんどが単願となっています。 合格したら行かなくてはならない点に注意しましょう。 入学試験科目 ・前期試験 書類(自己推薦書を含む)・面接 ・後期試験 書類・作文・面接 学力審査がないので、 偏差値はありません。 後期でも作文と面接だけなので、学力面が不安な人でも安心ですね。 必要書類は入学願書や入学検定料払込受領書、結果通知用封筒などと調査書などであり、取り立てて特殊なものは必要ありません。 前期選抜入試受験者のみ、自己推薦書が必要となります。 作文や面接で聞かれるものは、「志望動機」や「尊敬する人は誰か」といった定番のものだそうです。 前期であれば、自己推薦書の内容について聞かれることもあるようです。 心配な人は、基本的な面接練習をしておくと良いでしょう。 学校見学の際に相談するのもいいですね。 書類審査ということで、出席日数や内申点の面で心配になる人もいるかも知れません。 しかし、あずさ第一高等学校では特に 内申点や出席日数での足切りはありません。 面接の際に休みの数について聞かれる場合もあるようですが、恥ずかしがって嘘をついたりせず、休んでいた理由を正直に答えましょう。 どうしたら楽しく通い続けることができるか、を先生方は親身になって考えてくれます。 受験資格 ・中学校卒業見込み、もしくはすでに卒業した者 ・千葉県・茨城県・埼玉県・東京都・神奈川県・長野県・岐阜県・愛知県・群馬県・山梨県・静岡県・新潟県・石川県・京都府・奈良県・北海道に居住するもの(居住予定者も含む) 1点目は普通ですが、2点目に少し気をつけなくてはいけませんね。 通信制であまり登校しない場合など遠くからでも通える……のですが、あまり遠い場合は不可ということでしょう。 とは言っても、 普通に通える範囲に居住していれば大丈夫ですね。 前の高校で何単位取っていたか、欠席日数は何日か(60日以上ある場合履修する単位数に制限があります)等の事情によってケースが異なってくるので、あずさ第一高等学校を考える場合はできるだけ早く相談をしに行くようにしましょう。 また、その場合にも居住地の制限があります。 受験日 2020年度試験の試験は、 前期 2020年1月18日、25日、2月1日 (出願期間:2019年12月17日~2020年1月31日) 後期 2020年2月8日、15日、22日、29日、3月7日、14日、21日、28日 (出願期間:2020年2月3日~3月27日) これは 2020年度のものですが、これからも大きく変更することは考えづらいでしょう。 試験会場は各キャンパス、及び指定会場となっています。 1月後半から毎週試験がありますし、出願もギリギリまで可能( 窓口受付は驚きの受験日前日の午後5時まで可能)なので、 焦る必要はありませんね。 他の高校の合否を待ってからの受験でも大丈夫でしょう。 しかしこの試験期間中でも定員になり次第受付終了となってしまいますので、もしあずさ第一高等学校に進学を決めているのであれば、早めに受験しておくべきでしょう。 前期試験で合格すれば、スタンダードスタイルの補習指導費も10万円減額となります。 また、 併願受験が可能なのが後期試験の2月8日、15日、22日の3回のみとなっていました。 それ以外の受験日は単願のみの受付となっていますので、あずさ第一高等学校に受かった場合には行かなくてはなりません。 受験スケジュールを立てる際には、他の志望校の合否の後に出願する計画にしましょう。 あずさ第一高等学校の評判・学費・入試まとめ ・授業は簡単なので、勉強面での心配はほとんどない。 ・校庭や図書館がなく、文化祭などもやや盛り上がりに欠けるので、スクールライフを充実させたい人には不向きかも。 ・いじめはない。 先生たちが生徒の相談に親身に対応してくれる。 ・学費は通学スタイルにもよるが、通信制高校としては標準的。 一般通信制スタイルにすれば、かなり安価に抑えられる。 ・入試にも学科試験はない。 書類審査での足切りもないので、欠席日数が多かったり、内申点があまり良くなくても大丈夫。 あずさ第一高等学校は、以上のような学校でした。 オリジナルコースで自分のやりたいことを伸ばしたい、自分の時間を大事にしながら高校卒業資格を取りたい、自分のペースで中学校の内容からじっくりと学びなおしたい。 そういった生徒に向いているでしょう。 自分の個性や状況に応じて、 数多くのスタイルやコースから自分に合ったものを選ぶことができます。 先生たちも優しくフォローしてくれるので、 無理なく通い続けることができるでしょう。 部活やイベントの盛り上がりがなくちゃ学校じゃない! と思うタイプの人は、別の学校を検討したほうが良いかもしれません。 一度しかない高校生活、悔いなく楽しく満喫できるよう、ぜひ、自分に合った学校を見つけてくださいね。

次の

あずさ第一高等学校の口コミ評判や学費をリサーチ

あずさ 第 一 高等 学校 学費

今日は第一学院高等学校について調べた事のメモです。 子供がしきりにこの学校をWEBで調べていたので何か魅力があるのかもしれません。 第一学院高等学校は 茨城県と兵庫県に本校がある。 全国52のキャンパスがある広域通信制の高校。 52はめちゃくちゃ多いですね。 生徒をプラス思考に変える EMSという教育指導を行っている。 うちの子はかなりのマイナス思考。 出来れば自分に自信を持ち何かにおびえて生きる事から脱却して欲しい。 「高等学校」という事で、 卒業すれば高卒の資格が得られる。 卒業するにはもちろん定められた74単位以上の取得と行事への参加が必須。 第一学院高等学校の豊富なコース こちらの高校も非常に多くのコースが用意されていて通学スタイルや通信スタイルなどが選択できる。 高卒 通学 キャンパスコース• 標準コース• 特別進学コース• デジタルクリエイティブクラス• 社会人基礎養成クラス• セルフプロデュースクラス 専門コース• 芸能コース• スポーツコース• 美容コース• ペットコース 本校通学コース 個別指導コース 通信 モバイルハイスクール 高認 通学 高認取得通学コース 通信 高認取得通信コース 通学コースは自らの設定で登校する日数を決められる。 週1~5から選べるということか。 この部分は明記が無い。 登校日数により学費も異なるはずだ。 普通の教室で受ける授業プラス、タブレット端末を渡されるので、それを使った全国一斉配信の授業等もある。 単位取得に必要なレポート提出はタブレットで可能。 スクーリングは必須 年に3日間だけ本校(茨城高萩/兵庫)にて2泊3日のスクーリングを実施。 普段の机に向かって学習するのとは異なる、体験活動を通した授業で単位を取得。 木工、生糸うどん作り、茶道、竹細工作りなどこの年齢の若者には楽しそうなイベントになりそう。 うちの子は物作りが好きなのでこういうスクーリングなら行けそうな気がする。 第一学院高等学校の行事 同時に行事への参加についても調べておく。 入学式、始業式から始まり多数の行事あり。 スポーツ観戦、BBQ、ボウリング大会、、スポーツレク、体育祭、ハロウィン、キャンパス祭、ディズニー、かるた、スノボレク・・・ フットサル、短期留学、ヤングアメリカンズ( 希望者) ちょっと多すぎじゃない?汗 他の通信制高校より多い気がする。 3年間に分けて行われるのかもしれない。 学生の本文である学習の方はどうだろうか。 3つの選択コースについて ・デジタルクリエイティブクラス ・社会人基礎力養成クラス ・セルフプロデュースクラス この3つのコースも選択出来るようになっている。 この3つのおかげで第一学院へ行きたい子も多いのではないかと思われる。 この高校で学べる事が非常に多いことがわかる。 入口が多い。 デジタルクリエイティブクラスはデジタルハリウッド大学との提携で行われる。 映像、CG、アニメ、ゲーム、ITなどを学ぶクラス。 この分野で仕事をしたい人向けのコースと言える。 社会人基礎力養成クラスはビジネスパーソンとしての基礎力をつけるクラスと考えるとわかりやすい。 高卒で就職を目指したい方向け。 PCの使い方、簿記、会計の知識を得る。 セルフプロデュースクラスは自らをPRする分野へ進みたい方へのクラス。 本格的に芸能へ進みたい方は専門コースの芸能コースに入学すべき、といったところか。 第一学院高等学校の卒業率・退学率・進路決定率 卒業率・退学率・進路決定率は公には表示されていない。 説明会で説明があるキャンパスも見られる。 うちの子もそうだが中学で不登校になっているので高校でも不登校になるかもしれない。 そう思うと卒業率の高い高校に入れたい気持ちはとてもわかる。 卒業率が高いという事はそれだけ仕組み化されている気がする。 例えばカウンセリングが期待できるとか、単位取得を落とさない仕組みがある、etc 進路の先 第一学院高等学校は日本中にキャンパスのある大きい高校なので生徒数が多い。 ゆえに大学進学実績も多くなっている。 国立大、MARCHなどへの入学者も多数いる。 H28度は500名の大学進学者がいたという事で、かなり進学には力を入れている事がわかる。 大学進学を望む場合は 「特別進学コース」に入学すると良いだろう。 (H28度) 専門学校が多いのは同じ運営母体が提供する専門学校へそのまま進む生徒が多いからと予想する。 進学大学実績 非常に多い。 国公立大学、慶応早稲田、MARCHなど難関私立大学への入学者も多い。 これは期待できる!指定校推薦枠 大学進学の実績が多い高校には、指定校推薦枠が用意されていて、 これが多いと大学からの信頼度も高いということがわかる。 第一学院高等学校は 四年制大学で166校もあるのでこれもトップクラスだろう。 短大、専門学校を合わせると392校あった。 第一学院高等学校への入学と偏差値は 入学に関する手続きとしてはまずパンフレットを取り寄せること。 学校案内と募集要項が確認できる。 願書の提出、書類選考、面接・作文があり合格発表となる。 ゆえに学力試験が無いため偏差値は無い。 第一学院高等学校の学費 学費も気になるところ。 公式ホームページには学費情報はないので資料請求せざるをえない。 WEB上の評判やY知恵袋等から学費の情報( 通学コース)を入手。 入学金 指導関連費 授業料 特別指導料 学費合計 10,000 30,000 250,000 75,000 386,000 上記は週3日通うコースがモデルとなっている。 最新の情報や他のコースに関する学費は資料請求にて。 資料請求に便利なサービス「ズバット通信制高校 資料一括請求」を活用すると良いでしょう。

次の