世界 一 美味しい カルボナーラ。 【レシピ】日本とイタリアの「カルボナーラ」は別物だった! 超濃厚な本場カルボナーラの作り方

味噌カルボナーラのレシピ。隠し味に!世界一受けたい授業で話題。

世界 一 美味しい カルボナーラ

本場イタリアのカルボナーラと日本で一般的に食べられているカルボナーラには、いろいろ違いがあると聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。 ローマ発祥とされているカルボナーラは、イタリアにさほど興味がない方でも「あ、あのパスタね!」と分かるほど日本でも浸透しています。 カルボナーラを食べられるお店はローマにいくつかありますが、その中でも濃厚と噂なのがローマのオシャレレストラン「Pataclara(パタクラーラ)」にある、メニューに載っていない「裏メニュー的な」カルボナーラです。 この記事では、イタリアと日本でカルボナーラがどう違うのかを紹介しつつ、レストラン「Pataclara」で頂いたカルボナーラについてご紹介します。 目次:クリックで見出しに移動します• 日本とイタリアで違う、カルボナーラのレシピ 日本とイタリアのカルボナーラで最大の違いと言えば、日本のレシピでは生クリームを使うものが多いのですが、イタリアでは生クリームを使いません。 というのも、生クリームは高級品なのでローマの一般家庭が発祥とされるカルボナーラに使われることは無いのだとか。 私は、イタリアであれば乳製品なら何でも安く気軽に買えるのかと思っていましたが、昔はそうではなかったようです。 この数年、ネットで「イタリアのレシピはこうです。 」と紹介する情報も多く出回っているため、イタリアと日本でのカルボナーラのレシピについて違いを知っている方も多いかもしれませんが、料理の世界は日々進化しており、グローバル化も進んでいます。 日本の調理法が海外で評価されていたり、日本の調味料が海外でも一般的に使われるようになっていたりするので、そのうち「逆輸入カルボナーラ」がイタリアでも食べられる日が来るかもしれません。 カルボナーラは「イタリア流〇〇〇ご飯?」 一般的なイタリアのカルボナーラのレシピに使用される材料は、とてもシンプル。 卵、ペコリーノ・ロマーノ、黒胡椒、パンチェッタまたはグアンチャーレです。 ペコリーノ・ロマーノは羊のチーズで、牛のチーズよりも安いというのもポイントだそう。 塩気がきついチーズなのでパスタの味付け材料にはピッタリです。 以来、私もイタリア式のレシピでカルボナーラを作ることにハマったのですが、作っていて気付いたのは「これはイタリア流卵かけごはんなのでは?」ということ。 気軽に手早く作れて、冷蔵庫の中にある材料で安く美味しいものができる。 少ない材料でたくさんの人たちのお腹を満たすことができるのです。 それぐらい日常的で、コツをつかめば簡単にできるカルボナーラのレシピですが、家庭の味、レストランの味、そして作る人によって仕上がりも味も違います。 使うチーズの種類も違うことがあるため、あちこち食べ比べしてみるのも面白いですよ。 本場ローマで濃厚カルボナーラが楽しめるレストランへ! さて、そんな食べ比べの楽しみもあるカルボナーラですが、この記事ではローマで人気のオシャレレストラン「Pataclara」で、特に濃厚な一品を食べてきたレポートをお届けしたいと思います。 最近は旅行者向け口コミサイトなどで、日本から気軽にレストランの検索や予約ができますよね。 当時、これらのサイトで特に評価が高いとされるレストランを見つけたので、早速予約してみました。 地図アプリもフル活用することで、知らない道でもサクサク進むことができるため便利な世の中になったものだなぁと感じます。 今回予約したレストラン「Pataclara」は、日によってネット予約割引がある場合もあります。 ぜひチェックしてみてくださいね。 ローマのオシャレレストラン「Pataclara」の外観と内装 <撮影:yukaco> 外観は重厚な感じはせず、中の様子も少し見えるスタイルで軽やかな印象です。 モダンな内装なので一人でも気負わずに入ることができそうですね。 私は19:00に予約を入れたのですがイタリア人の平均的なディナータイムはもっと遅いようです。 なので、毎回最初のお客さんになってしまいます。 しかし、最初のお客さんとなるメリットもあります。 たとえば店内の写真を気軽に撮らせてもらうことができたり、落ち着いてゆっくりメニューを読んだりできるため、私は早めにお店へ入ることが好きなのですが、賑やかな雰囲気の中で気を遣わずに食事を楽しみたいという方は、20:00ぐらいから予約を入れた方がいいかもしれません。 <撮影:yukaco> <撮影:yukaco> ローマのレストラン「Pataclara」で注文したのは...... さぁ、席に着いたらゆっくりメニューを読み込みます。 季節に応じてメニューの内容は変わると思いますが、まずは前菜から。 「Croccante di foie gras,amarena e nocciole(22ユーロ)」というメニューが、このお店のスペシャリテです。 私もこのメニューがものすごく気になったのですが、今日はあくまでもカルボナーラをメインに楽しみたかったので、もう少し軽いものでオススメがありますか?とスタッフへ聞いてみたところ、「それなら卵を使った料理が自慢です。 ぜひお試しください」と薦めていただいたのが「Uovo BIO croccante ,funghi nocciole e soia」と言うメニュー。 意味は「クリスピー有機タマゴ、キノコとナッツと大豆」...... 日本語メニューがないので、なんとなくの訳になってしまいますがそんな感じです。 そうしている間にアミューズが登場しました。 <撮影:yukaco> さすがオシャレレストラン...... と感じさせられる、小さくて凝った料理です。 イタリアンというよりもモダンチャイニーズでしょうか?チャイニーズバーガーのクワパオ(割包)を彷彿とさせる前菜。 エスニックな風味も漂います。 この数年イタリアでは、アジアのテイストを料理に取り入れるのが流行っているそうです。 <撮影:yukaco> 試験管に入っているのは生姜酢ドリンク。 こちらはサッパリしていて、日本人に好まれそうな味わいです。 というよりも、本当に青山あたりのイタリアンで出てきそうな雰囲気の味わいでした。 その間にも、置いてもらっていたメニューを熟読していたのですが、私が先ほどオーダーした前菜以外にもサラダがあって、ドレッシングには梅干しが使われているそうです。 しかも「Umeboshi」という記述。 これには驚きました。 さらに、「noodles di cappesante , funghi shiitake e zenzero」というメニューも。 「cappesante」はホタテ貝、「funghi」はキノコ、「zenzero」は生姜。 「funghi shiitake」は「椎茸」がそのままイタリア語として表記されています。 厳密に言うと「茸」が「funghi」なので、「椎茸キノコ」という表記ということになってしまいますが、まぁそれはいいとして、梅干しや椎茸が普通にイタリア語のメニューに載っているということに驚きです。 また、イタリア人のお客さんに対しても、スタッフが当たり前のように「こちらは梅干しのソースを使っています。 」とか「椎茸が入っています。 」さらには「ダシがきいています。 」と言い出したので、もはやどこの国で何を食べているのか混乱してしまいそうになりました。 お客さんも普通に「うんうん、なるほど」「じゃあそれをもらおうか」というやり取りをしているので、「ダシって何?」「梅干しって何?」というレベルではないように感じられました。 先ほど、「日本の調理法が海外で評価されていたり、日本の調味料が海外でも一般的に使われるようになっていたり」と書きましたが、ローマやミラノといった大都市では、日本食文化が凄いスピードで浸透している可能性があることを、身を持って体感しました。 そうこうしている間に、運ばれてきたのは...... 「Uovo BIO croccante ,funghi nocciole e soia」です。 <撮影:yukaco> これは初めて食べる不思議な食感でした。 中身は半熟のタマゴですが、パン粉をまぶしてサクッと火を通してあるので、メニューの名前通り「クリスピー有機タマゴ」という表現に納得です。 パン粉のカリカリした食感とタマゴのギリギリの柔らかさ、お皿ごとオーブンに入れてさっと焼いたように思えるのですが、日本では食べたことのない料理だったので感激しました。 使われているソースは、これまでの日本の食材を使っている流れで想像していた通り、醤油風味。 ここまで日本の食材が上手にアレンジされていると、私まで誇らしい気分になります。 ところで、いつの間にやら満席になっていた店内。 私の隣で食事をされていたカップルに、例のスペシャリテ「Croccante di foie gras,amarena e nocciole(クリスピーフォアグラ チェリーとナッツ)」が運ばれてきました。 それを見た瞬間「うわー!アレも食べたかった......。 」と後悔するほどのルックスな一皿でした。 ハーゲンダッツのアイスバーをイメージしていただければ分かりやすいでしょうか。 つまり、アレの中身がフォアグラなわけでしょう?そしてナッツが散りばめられていてチェリーのソースなのでしょう?絶対美味しい。 と確信するしかありません。 気になる方はぜひ「Croccante di foie gras,amarena e nocciole」の文章をコピペして、画像検索してみてくださいね。 食べたくなること間違いなしです。 ついに登場!濃厚すぎる「Pataclara」のカルボナーラ 前菜と別にもうひとつオーダーしたのが、今回お目当てのカルボナーラです。 実は、こちらのカルボナーラはお店のメニューには載っていないのですが、超濃厚で凄いという話を聞いたためスタッフにお願いしてみました。 参考: しかし、カルボナーラの話をしつつも、横のテーブルに供されたクリスピーフォアグラが気になって仕方がありません。 「カルボナーラを食べ終わって、余裕があれば追加でオーダーしよう。 」と密かに心に決めていました。 <撮影:yukaco> ついにやってきたカルボナーラ! <撮影:yukaco> なかなか見た目のインパクトが強烈だったので、アップでもう一枚撮影しておきました。 「本場の」というよりも「本場の中でも特に濃厚な」カルボナーラです。 食べる前から濃いということが分かりますね。 たっぷり使われたチーズと卵、モチモチの食感のパスタが絡み合う至福の一品。 シェアしてもいいぐらいの量ですが、前菜+パスタぐらいの量なら女性一人でも十分楽しめるディナー内容だと思います。 コース料理も用意されていて、そちらも良心的な価格帯。 色々楽しみたい方はそちらでオーダーするのもオススメです。 <撮影:yukaco> すっかりお腹いっぱいになりましたが、さらに焼き菓子のサービスもあります。 カントゥッチと焼きメレンゲです。 カントゥッチはものによってはビックリするほど固いですが、こちらのものは固すぎずちょうど良かったですよ。 大満足の内容です。 ネット割引がなかったとしても30ユーロだったので、コストパフォーマンスの高いオシャレなレストランだったという印象です。 ちなみに、超濃厚なカルボナーラは15ユーロ(訪問時)となっていました。 カルボナーラで大満足となった今回の訪問でしたが、日本に帰ってきてからもあのクリスピーフォアグラを食べておけばよかったかな...... と気になっているため、早くもリピートの予感がしています。 オシャレ、美味しい、お手頃と3拍子揃ったレストランをローマで探すなら、「Pataclara」はオススメです。 超濃厚カルボナーラも、ぜひチェックしてみてください。

次の

はらぺこグリズリー 公式ブログ

世界 一 美味しい カルボナーラ

1月11日の「得する人損する人」でまたあの強面の小林シェフが登場します。 今回は、カルボナーラの作り方です。 番組では、本田朋子さんのレシピを添削する形で、正解か不正解かを小林シェフが見てみました。 すると、点数は12点。 どこが悪かったのでしょうか。 果たして正解は? ご家庭やファミレスで作るカルボナーラは、カルボナーラではないと言い切る小林シェフが、簡単で美味しいカルボナーラの作り方を教えてくれます。 得する人損する人番組情報 放送日時:2018年1月11日(木) 19時00分~20時54分 放送局:日本テレビ 得する人損する人出演者 ・MC:後藤輝基、羽鳥慎一 ・出演者:上川隆也、貫地谷しほり、坂上忍、柴田理恵、藤田ニコル、本田朋子、平成ノブシコブシ、吉村崇 小林幸司シェフ この記事がよければポチッと1クリックお願いします。 上段の赤字は本田朋子さんのレシピ。 下段はシェフの方法。 我々がよくやる方法ですが、間違っているみたいですね! 1. ベーコンは燻製臭がするので、小さく刻む。 ボウルに牛乳と卵、粉チーズ、塩を入れる。 あえながら生クリームを少し加える。 ベーコンは卵に触れないように入れる。 牛乳や生クリームを入れるとしゃぶしゃぶになって、味が薄まる。 胃がもたれる原因になる。 表示時間よりも短めにアルデンテにする。 味が染み込んで美味しい。 シェフは2mmのスパゲッティがオススメ。 卵が炒り卵になるから。 上から麺をかぶせて10秒間置く(蒸す)。 ココがポイント。 それからまぜる。 粉チーズとこしょうをたっぷりと。 こしょうだけ。 ちょっとややこしいので、まとめてみました! スポンサーリンク 得する人損する人|簡単カルボナーラの作り方 小林シェフが、おそらく世界一と豪語するカルボナーラの作り方です。 鍋にお湯を沸かし塩を少々入れる。 1Lに塩小さじ4杯。 シェフは塩を入れたお湯を好みの味になるまで味見していました。 麺に塩味をつけるためです。 ベーコン 燻製臭がするので、5mm角に刻む。 フライパンオリーブオイルを入れ、 にんにくとベーコンを入れる。 ボウルに卵と粉チーズを入れ 、炒めたベーコンを入れる。 ベーコンは卵に触れないように入れる。 牛乳や生クリームを入れるとしゃぶしゃぶになって、味が薄まる。 胃がもたれる原因になる。 卵はベーコンと混ざらないように、粉チーズで壁を作る。 そこにベーコンとにんにくを炒めたものを入れる。 麺は、 芯がない状態にしっかり茹でる。 味が染み込んで美味しい。 シェフは2mmのスパゲッティがオススメ。 具材の入った ボウルにスパゲッティを入れる。 卵が炒り卵になるから。 上から麺をかぶせて10秒間置く(蒸す)。 ココがポイント。 それからまぜる。 仕上げには、こしょうだけ。 盛り付けて完成! 坂上忍さんが「100点!」と絶賛していました。 ほかのゲストも「美味しい」、「全然違う」と感想を述べていました。

次の

はらぺこグリズリー 公式ブログ

世界 一 美味しい カルボナーラ

フリーアナウンサー/和酒コーディネーター テレビ、ラジオなど各媒体で活躍する一方、日本の食や和酒の魅力発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を伝えている。 フィールドワークを信条とし、全国の田んぼや酒蔵に300回以上足を運ぶ。 Club Gastronomic Sake主宰。 女性向け日本酒本「日本酒日和」(舵社)監修。 日本酒造青年協議会「酒サムライ」叙任。 芸人でありながら趣味の料理が高じ、フードコーディネーター・野菜ソムリエ・食育インストラクター・BBQ インストラクター等の料理関係の資格を取得。 テレビ朝日【「ぷっ」すま】の『第2回芸能界お抱えシェフ-1グランプリ』では「大根のフルコース」、またTBS【爆問パニックフェイス!】の『凄腕料理芸人チャーハン対決』では「香り豊かなアナゴのチャーハン」を披露し、それぞれ優勝を果たす。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰 1979年生まれ。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)。 東京農業大学で発酵食品学を学んだのち、小豆島の醤油会社やオランダの帆船でのキッチンクルーとして勤務。 現在は東京・赤坂の「柳原料理教室」にて、近茶流宗家である父・一成と共に、日本料理・懐石料理を指導。 江戸時代の食文化の研究、継承をライフワークとする。 2015年文化庁文化交流使に任命され、約3カ月諸外国を回って英語で日本料理を教えるなど、日本料理をグローバルに広げる活動も積極的に行う。 NHKの大河ドラマ『龍馬伝』や時代ドラマ『みをつくし料理帖』の料理監修、料理考証も担当。 平成30年度、農林水産省・日本食普及親善大使に任命される。 趣味は茶道とクレー射撃。 フードアクティビスト/馬場企画 代表取締役編集者&ライター 食専門誌から一般誌、新聞、書籍、Webなど多方面の媒体を主戦場に、「調理の仕組みと科学」「食文化」「食から見た地方論」など幅広く執筆、編集を行う。 テレビ、ラジオなどでは飲食店や生産地についての知見を踏まえた、食トレンド/ニュース解説も。 近著に『家で肉食を極める! 肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』(マガジンハウス)ほか、自身も参加する調理ユニット「給食系男子」名義で企画・構成を手がけた『家メシ道場』『家呑み道場』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はシリーズ10万部を突破。 最新刊に『新しい卵ドリル』(マガジンハウス)も。 編集者/著述家 大阪・岸和田生まれ。 神戸大卒。 『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)』元編集長/日本文藝家協会会員/神戸松蔭女子学院大教授 京阪神エルマガジン社にて1989年「ミーツ・リージョナル」誌を立ち上げる。 93年~05年編集長。 「西の旅」編集長、取締役編集本部長を歴任した。 06年には編集・出版集団140Bを大阪・中之島に設立。 現在は雑誌、新聞、テレビ、ラジオなどで活躍している。 著者は『有次と庖丁』(新潮社)、『飲み食い世界一の大阪』(ミシマ社)、『濃い味、うす味、街のあじ。 』(140B)ほか。 2017年3月7日に新刊『いっとかなあかん店 大阪』、8月7日に『いっとかなあかん 神戸』(ともに140B)が出たばかり。 DJ/プロデューサー 1966年7月6日生まれ。 京都市出身。 97年秋『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以来、オリジナルアルバム他、アーティストのプロデュース、リミックスなど多数のアーティストの作品も手掛ける。 グルメ通としても知られており、全国各地を網羅する情報量を持つ。 コロムビア、avex、インディーズ時代のレア音源、新曲を含むレーベルの枠を越えた20周年の集大成とも言えるベストアルバム『Moments』がavexより発売中。 fpmnet.

次の