背中 ニキビ 治す 方法。 背中ニキビの治し方!自宅ケアで背中のブツブツを治す方法

背中ニキビの治し方!ニキビ跡までしっかり消す方法

背中 ニキビ 治す 方法

背中ニキビは、主に「毛のう炎(毛包炎)」といわれる皮膚の病気です。 毛包とは「毛穴」の奥、体毛を取り囲んでいる皮膚の組織層のことで、「毛のう」ともいいます。 毛のう炎は、黄色ブドウ球菌などの細菌が原因で起こる場合のほかに、マラセチア菌という真菌(カビ)が原因で起こるマラセチア毛包炎や、白血球の一種である好酸球と関係する好酸球性膿疱性毛包炎などの種類があり、原因によって治療薬が異なります。 毛のう炎は、細菌や真菌が毛包に侵入して繁殖し、炎症を起こすことで赤くブツブツした「丘疹」ができ、化膿すると膿を持つ「膿疱」ができます。 背中のほかに、肩、首、デコルテ、胸、太もも、おしりなどにもできます。 また、思春期におでこや頬などにできる、一般的なニキビ(尋常性痤瘡)が背中や胸などにできることもあり、背中ニキビは、毛のう炎や尋常性痤瘡が混在している可能性があります。 「ケアをしているのに背中ニキビが治らない」という場合、正しいケアができていないことが考えられます。 一般的なニキビは、角質が厚く硬くなり、毛穴の出口がふさがれることで皮脂が詰まり、そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こすものです。 しかし、背中ニキビの多くは毛穴から黄色ブドウ球菌や真菌が侵入することで炎症が起こるもの。 つまり、一般的なニキビと背中ニキビでは、原因が異なる場合があり、治療薬も異なるのです。 背中ニキビは、原因に応じた治療をおこなうことが必要です。 前述のように、ニキビが背中や胸などにできることもありますが、一般的なニキビの治療をしても背中ニキビが治らない場合、もしくは症状が悪化する場合は、真菌などが原因で起こる毛のう炎の可能性があることを覚えておきましょう。

次の

背中ニキビの跡は消える?自宅で治す方法・効果的な市販薬はある?

背中 ニキビ 治す 方法

あれ?よくみたらなんか赤いブツブツがある。 とか、かゆくてつめでひっかいたら血がでちゃった…。 背中のニキビに気付く時ってこんな感じじゃないですか? ニキビかぁ、でも目立つ場所じゃないし病院行く時間もないし、そのうち治るでしょ!なぁんて思っていたら治るどころかどんどん悪化!どうしようもないから皮膚科に行こう。 …これ、じつはわたしのつい最近のできごとです。 元皮膚科ナースとして本当に情けないです。 わたしが皮膚科に勤務していて背中ニキビのご相談で多かったのが、「ほっといたら悪化した」「ぜんぜん治らない」「ブツブツがみんな跡になった」といったことでした。 すぐ受診しなかった原因は、炎症の状態が確認しにくいことや顔と違って見えないからあとまわしにしてたってことがほとんどでした。 まさにわたしもそうだといまさら思ってもあとの祭り…。 見えないからこそ相談しにくく人知れず悩みの多い背中のニキビ。 いっしょにやっかいな背中ニキビを撃退するためケアしましょう! 粉瘤とニキビの見分け方:黒い点!しこり!におい! 粉瘤は皮膚の表面に穴があいていることがあり、そこが老廃物でふさがっていると黒い点に見えます。 それから、さわると痛みはなくしこりがつまめる・だんだん大きくなってくる・しこりの中身が出てクサイ!といった場合、粉瘤の可能性が高いです。 炎症をおこしているとまわりが腫れ、痛みと熱感があるのでつまむことはできないと思いますが、その場合はニキビだろうと粉瘤だろうと皮膚科へgoです!! 残念ながら粉瘤は何度中身だけだしても袋を切りとる手術をしないと治りません。 炎症をおこして受診されるケースが多いんですが、炎症中は手術ができないので抗生物質で炎症をおさえてからの手術になります。 これって時間も手間もお金もかかっちゃうので、粉瘤かも?と思ったら皮膚科か形成外科を受診してみてくださいね。 手術といってもよっぽどでなければ日帰り・局所麻酔で2~3時間ですみますのでこわがらせてしまったらごめんなさい。 保険もききますよ。 毛孔性対苔癬とニキビの見分け方:遺伝あり!左右対称!痛み・かゆみなし! 毛孔性苔癬は遺伝や体質が原因のことがあり、ご両親どちらかが毛孔性苔癬の場合遺伝する可能性があります、それと特徴的なのが左右対称に症状がでることなので鏡でチェックしてみてください。 また、痛みやかゆみがなくザラザラしている、という症状があてはまる場合や秋から冬に悪化する場合は毛孔性苔癬が疑われます。 健康上の問題はほとんどないのですが、美容上気になる場合も多いですよね。 水着になれない・ウエディングドレスが選べない、というお悩みをわたしもなんども聞いています。 美容皮膚科では塗り薬や漢方、ピーリング、レーザー治療など、保険・保険外といろいろな治療があるのでぜひ相談してみてください。 なかなかすぐに治せる病気ではないですが、しっかり相談できる皮膚科をみつけましょう。 いかがでしょうか?あなたの背中の状態、あてはまるものはありましたか?どれもニキビと似ているので、間違ったケアで悪化してしまう前に病院へいくことをオススメします。 特に炎症を起こして赤みや腫れ・痛みやかゆみといった症状がある場合は、自己判断のケアはせずすぐに皮膚科へいってくださいね! 背中ニキビの原因とは? ニキビができる原因は(ニキビの原因とは?の記事)にあるとおり皮脂のつまりやホルモンバランス、食事や睡眠などさまざまありますが、体の中でニキビのできやすい・できにくい部分があるのは皮脂腺の分布に関係しています。 背中は頭・顔につづいて皮脂腺の分布の多い場所なんです。 ボディーのTゾーンなんて呼ばれちゃってるほどなんですよ。 さらにここでは背中という場所特有の原因をおはなしします。 摩擦刺激の多さと蒸れ 背中って面積が広いのでどうしても衣服や下着の摩擦刺激が多い場所なんですよね。 だからって何も着ずに過ごすなんてとっても非現実的。 それに汗をかいてもすぐに拭き取るのも、汗取り用の下着を何度も変えるのも難しい…(できればいいんですけどね)だから背中はとってもニキビのできやすい環境になりやすいんです。 それに、入浴中みえないからとボディタオルでゴシゴシこすったり、テレビを見ながら無意識にポリポリかいたりもお肌に負担がかかってニキビの原因になることもあります。 あと、髪の毛がふれることも刺激のひとつ。 髪を長くおろしてる方は注意してくださいね。 シャンプー(洗浄料)のすすぎ残し・拭き残し わたしはまさにこれが原因で背中ニキビの大量発生を経験しました。 子供が産まれ、初めてのお世話でてんてこ舞い、いっしょのお風呂もとにかく子供優先で、ぐずる前に出たいのでシャンプーやトリートメント・ボディソープをしっかり洗い流さず、さらにお風呂場から出たあとしっかり拭かないまま子供の保湿や着替えをして…暑くてシャワーのみにしていたことでさらに状況悪化していたんです。 しばらくすると背中にブツブツができ、どんどん数は増え炎症も広がり…まずい!と思った時には手遅れでした。 皮膚科に通い今は落ち着いたものの、ニキビ跡のケア継続中の毎日です(といってもやっぱり子供の世話が忙しくできない日もありますが)。 たかがすすぎ残し・拭き残しとあなどるなかれ!と声を大にしていいたいです。 なんとかして!背中ニキビを治す効果的なケアとは? まず洗浄・清潔! 余分な皮脂といらない角質の除去のためにしっかり洗いましょう。 背中は見えないし手が届きにくいので洗い残しやこすりすぎてしまうこともあるので、背中専用に綿タオルやガーゼを用意するのもいいですし、洗浄剤をしっっかり!泡立てて手で洗うのもおススメです。 体がかたい・めんどうくさい!という方へ、プロアクティブで3ステップセットを購入するともらえるプレゼントの一つにボディブラシがありますよ。 (ちなみにもう一つのプレゼントはスキンクーリングセラムです) アーチ型なので背中に届きやすく、肌あたりのやさしいソフトシリコン製のとても優秀なブラシです。 プロアクティブ+ 洗顔料は肌にやさしいソフトスクラブ入りの泡立たないタイプで不要な角質をスッキリ!3ステップの商品全部に殺菌効果のある有効成分サリチル酸が配合されているから背中のニキビ予防にピッタリ。 薬用クリームはビタミンC誘導体も入っているので、現役ニキビだけでなくニキビ跡のケアにもおすすめ。 こうした方法で必要以上にこすりすぎず、しっかりと洗浄し清潔を保つようにしましょう。 それから服(特にパジャマ)や枕カバー・シーツも雑菌が増えやすいため、できるだけこまめに取り替えましょう。 シーツを頻繁にかえられない場合は上半身部分にバスタオルを引いて日々交換するのもいいですよ(これは病院でやっている方法です)。 背中は洗髪後に洗いましょう シャンプーやトリートメントは肌に残りやすいので、洗髪後に体を洗うようにしましょう。 できればヘアキャップなどで髪をまとめ、残ったシャンプーなどが肌につかないようにできるととってもいいです。 ふき方はどの場所も『こすらず優しく押し当てるように』急いでるからってゴシゴシ乱暴にふかないで~!(自分にも言い聞かせてます!)そして髪の毛はしっかり乾かしてから寝ましょう。 濡れたまま寝てしまうと雑菌やカビがふえやすくなっちゃいますよ!しっかり乾かすことは背中ニキビだけでなく顔のニキビのケアでも効果的ですからね。 背中だって保湿が重要 皮脂の多い背中、保湿は不要?いえいえ、むしろとっても重要!なぜなら乾燥が原因で皮脂が増えている場合があるからです。 また、乾燥しているとお肌のターンオーバーが乱れて角質がうまく剥がれ落ちずに毛穴をふさいでしまうことも。 じゃあ背中ってどんな保湿剤がいいの?顔といっしょ?全身用って書いてあればいい?でも腕や足用のだとこってりしすぎな気がする…。 うんうん、わかります。 できれば背中にあったものをコスパよく使いたいですよね。 背中のニキビ跡を改善しよう! 背中ニキビは跡が残りやすい ニキビ跡については<>にある通りですが、背中は色素沈着タイプになりやすいです。 これは背中ニキビが「気づきにくい」「他の病気と間違えやすい」ために悪化しやすいことが原因です。 つまり背中のニキビは跡が残りやすい!炎症が治まったら、しっかりとケアしてニキビ跡を改善しましょう。 背中は意外と見られてますよ ちょっとニキビ跡が残っても見えないから顔ほど気にしなくてもいいかな?なんて思ったあなた、その背中、意外と見られてます! 「背中のあいた服なんて着ないから」と油断するなかれ、ちょっとえりの開いたTシャツやブラウスなんかでも、つり革につかまった姿勢やスマホを見る時の首を落とした姿勢はけっこう見えちゃいますよ。 メイクも服も完璧だけど背中にニキビ跡が見えたらちょっと残念ですよね。 わたし自身いまは人にお見せできないニキビ跡だらけの背中なのですごく嫌です。 無添加処方で作られているため、刺激に弱い肌質の人も安心して使えます。 保湿することで肌のバリア機能を高めてくれるルフィーナは、全身に使えるおすすめ化粧品です。 背中の皮膚は顔より厚い 背中は顔よりも皮膚があつく、特に角質層があつくなっています。 そのためターンオーバーのサイクルが遅くなりやすく、色素沈着の改善に時間がかかるのです。 さらに背中は紫外線の影響を受けやすく、見えないのでケアもさぼりがちなため紫外線によるメラニンの生成や乾燥を引き起こす原因になってしまいます。 色素沈着用の化粧品の使用とともに、UVケアも忘れずに行ってくださいね! もちろんこれは炎症が治まってからのお話です。 赤く腫れたり膿がたまっていたり、かゆみや痛みがあるうちは炎症をおさえる治療を最優先し、自己判断での化粧品の使用はやめておいてくださいね。 皮膚科での背中ニキビ治療とは? 背中は顔とは薬の種類や濃度・組み合わせが違ったり、範囲が広いので料金が顔より高い場合があります。 実際わたしがかかわった治療をおおよその費用とともにご紹介します。 治療期間に関してはその方に応じてだいぶちがうのでここでは書けないことをご了承ください。 保険診療 お薬 ぬり薬(抗菌剤、レチノイド製剤、過酸化ベンゾイルなど)、のみ薬(抗生物質、ビタミン剤、漢方など) 処置 面ぽう圧出 注射(ステロイド剤など) 保険外診療 ピーリング ピーリングはケミカルピーリングやレーザーピーリングなどたくさん種類があるのですが、背中にはお薬を使うケミカルピーリングが多いです。 (ケミカルピーリングの中でもグリコール酸やサリチル酸マクロゴールなどいろいろあります) 洗うだけでは取りきれない不要な角質を酸の力でとかします。 お肌の状態を見てどのピーリング剤をどのくらいの時間使うか決定します。 背中の場合、顔より高濃度・長時間の場合が多いです。 費用は1回¥10,000~¥30,000が多いです。 イオン導入 ピーリングとセットで行われる事の多い治療で、機械や薬液の違いはありますが、薬液を肌の奥深くに浸透させることができ、肌に塗るよりも高い治療効果が期待できます。 費用はピーリングと同額が多いですが、ピーリングとセット価格が設定されていることもあります。 光治療 LEDやIPLも背中ニキビ治療に効果があると使われます。 LED治療は光をあてるだけ・寝てるだけで痛みがないので炎症が強い状態でもできるのがメリットです。 ただし直接お肌に作用する治療よりは効果が表れるのに長期間が必要なので、補助として使われることが多いです。 費用はLEDが1回¥10,000~¥30,000、IPLが¥25,000~範囲により変動。 といったところが多いです。 レーザー治療 背中にはCO2レーザーでニキビの膿を取り除く治療やニキビ跡に対しフラクショナルレーザーを使う治療、ヤグレーザーを使ったレーザーピーリングが一般的です。 そして、背中のレーザー脱毛というのも実はニキビ予防・治療にオススメなんです。 背中って意外とうぶ毛が多く、特に肩から背中の真ん中にかけてのTのラインに生えてるんです。 ん?これってそういえばニキビの好発部位??そうなんです。 ニキビの原因の毛穴のつまりに関係する毛を肌への刺激をせず除去してあげることでニキビが予防・治療できるというわけなんです。 費用はCO2レーザーでニキビ1個¥500~、レーザー脱毛はクリニックにより差が大きく1回¥25,000~50,000というところです。 お薬 保険外のホルモン剤(低用量ピルなどや抗生物質、トレチノインの投薬(ぬり薬)があります。 トレチノインはぬり方に注意が必要で背中の場合自分ではなかなか難しいので、正しく塗ってくれる人がいない場合はあまりおすすめできません。 どちらも妊娠中・妊娠希望の方は使えない欠点があります。 費用はホルモン剤1クール¥2,500~、トレチノイン1本¥2,000~が多いです。 いかがでしょうか?こうしてみると、背中ニキビに特化した治療というものはありませんが、状態に合わせいろいろな治療を組み合わせ、生活スタイルや費用も考えたうえで最適な治療を選ぶことができます。 悩んでしまったら、一度皮膚科へご相談されることをオススメします。 相談だけ何軒か皮膚科を回られることもいいと思います。 信頼できる皮膚科を見つけることはニキビ治療におけるとっても大切なポイントのひとつですよ! ぜひあなたのお肌のかかりつけ医をみつけましょう。

次の

背中と胸の肌が汚い私がブツブツニキビを自分で1ヵ月で綺麗に治した方法!通院なし

背中 ニキビ 治す 方法

背中ニキビ跡を皮膚科に行かずに消す方法を紹介します。 背中ニキビって、できる場所が背中だけに最初のうちは気づきにくいんですよね。 悪化してきて痛みだし、気がついた時には手遅れで、背中にニキビ跡として残ってしまうことも多いんです。 できてしまったニキビ跡も様々で、凹凸があるクレーターのようなニキビ跡、色素が沈殿してしまって黒っぽいような紫っぽいようなシミになっていたりと。 背中ニキビは普通のニキビと原因が違い、マラセチア菌というカビの一種で、初めは小さいポツポツで痛みがないので気づきにくいのです。 で詳しく説明していますので、一度ご覧になってください。 元々、ニキビ跡を治すのはとても大変だったのです。 特にクレーターのようなボコボコしているニキビ跡などは、皮膚科に行ったりしないと治らないようなイメージがあり、それこそ自宅で治すというのはほぼ無理な話でした。 ですが、最近は新しい技術やケア用品の進化で適切な方法でケアを続ければ、皮膚科に行かなくてもニキビがなかった頃のように綺麗な背中に戻すことができるようになったのです。 皮膚科に頼らず背中のニキビ跡を治すには、全て自分で判断しなければなりません。 ニキビ跡の種類によって、ケア方法も違ってきます。 まずは自分の背中ニキビ跡の種類を確認しましょう。 ニキビ跡の種類を確認してみよう 一口にニキビ跡といっても分け方は色々あります。 当サイトは大きく二つに分け、色が着いている色素沈着型ニキビ跡とクレータのような凹凸のニキビ跡に分類して説明していきます。 そのニキビ跡の種類によって治療方法も変わってきます。 まずはじめにニキビ跡の種類について見ていきましょう。 皮膚科に頼らずニキビ跡を治すには、ニキビ跡ができた原因を知ることは大事なことです。 ですので、それぞれのニキビ跡の原因を知り、それに合わせた対処法を取りましょう。 1 色素沈着タイプ 1-1赤みのあるニキビ跡 1-2赤黒かったりムラサキ色のニキビ跡 1-3茶色いニキビ跡 2 クレータータイプ 2-1 アイスピックニキビ跡 2-2 ローリングニキビ跡 2-3 ボックスニキビ跡 色素沈着タイプ 1-1赤みのあるニキビ跡 赤いニキビ跡の原因は、主に毛細血管が集まったために赤くなるんです。 ニキビができ、小さいうちに治せなかった場合は、ニキビが炎症を起こしますね。 炎症を起こすとその部分を治そうとして血液を送ろうとします。 体の栄養分は血液が運んできますが、炎症を起こしている部分の細胞に栄養を与えて早く治そうとするのです。 そして、炎症部分の細胞に血液を送るために、毛細血管が炎症部分付近に増えてきます。 その結果、赤く見えるのです。 この赤みがニキビ跡として残ってしまった時というのは、肌のもう少し深い部分まで炎症が起きてしまった時です。 肌の深い部分に炎症などで傷が入ってしまうと、肌のターンオーバーが正常にできなくなってしまい、いつまでも治療中と言う状態になり、なかなか赤みが消えなくなってしまうのです。 1-2赤黒い、ムラサキ色が残ってしまたニキビ跡 このニキビ跡は、赤いニキビ跡より傷(炎症)が深い場合になってしまいます。 赤ニキビ跡よりも炎症がもっと深く、真皮まで達してしまうと血管が損傷を受けて内出血が起こります。 この内出血した血液から酸素がなくなるとムラサキや赤黒い色となって色素沈着を起こしてしまい、シミのように残ってしまうのです。 1-3 茶色が残ってしまったニキビ跡 赤やムラサキ色のニキビ跡に紫外線を浴びせ続けることでできてしまいます。 この茶色いシミの原因はメラニンです。 ですので、普通のシミと同じ状態になってしまったニキビ跡です。 皮膚の層は4層から成っていて、一番下の基底層にはメラノサイトという細胞があります。 メラノサイトは紫外線から肌を守るメラニンという物質を作り出しますが、メラニンは紫外線を吸収すると赤や紫色のニキビ跡を茶色いニキビ跡に変化させてしまいます。 このように見て見ると、最初の赤ニキビ跡が徐々に悪化していくんですね。 色素沈着タイプのニキビ跡の治し方 この色素沈着型ニキビ跡は、クレータータイプと比べると軽症です。 ほとんどの場合で完治できるでしょう。 それぞれのタイプで違いはありますが、肌のターンオーバーを整えることで少しずつ治っていきます。 今まで治らなかったということは、ターンオーバーがうまくできていないということですので、ニキビ跡のケア方法を変える必要があります。 今まではどのようなケアをしていたかわかりませんが、背中の洗い方、肌の保湿、ビタミンC導入体が配合されているケア製品で仕上げる方法がおすすめです。 ビタミンCには皮脂の分泌を抑え、抗炎症作用や美白作用もあります。 そのビタミンCを効率よく肌に浸透するようにしたものがビタミンC誘導体です。 ニキビにもニキビ跡のケアにもうってつけの美容成分ですね。 まずは から変えてみましょう。 そしてビタミンC誘導体が配合されているケア製品で仕上げます。 クレーター型ニキビ跡 表面がクレーター状にボコボコしてしまっているニキビ跡です。 このニキビ跡は、ニキビの炎症具合がひどく、毛穴部分の皮膚を突き破って、表皮の下の部分の真皮にまで達してしまったニキビ跡です。 皮膚のターンオーバーは、皮膚の表面で起こるものです。 皮膚の深い部分の真皮はターンオーバーにとても長い年月がかかります。 皮膚表面のターンオーバーは30日前後ですが、真皮のターンオーバー周期ははっきりしておらず、5年~10年と言われています。 真皮の再生がほとんど行われないので、表面がクレーター状にボコボコしてしまうのです。 このクレータータイプのニキビ跡も大きく3つに分けられます。 2-1 アイスピックタイプ アイスピックで刺したような形をしています。 2-2 ローリングタイプ 幅が5ミリ前後で目で見てわかる大きさです。 ニキビ跡の底が丸くなっています。 炎症が広く深く広がってしまったタイプのニキビ跡です。 2-3 ボックスタイプ これも幅が5ミリ前後と大き目ですが、ニキビ跡の底が平らで、深さも真皮まで達していないニキビ跡です。 クレータータイプの中では軽症で、治る可能性が高いニキビ跡です。 クレータータイプのニキビ跡の治し方 クレータータイプのニキビ跡は、 どのタイプであっても自然に治ることはありません。 また、色素沈着タイプのニキビ跡と違って、自宅ケアで治るかどうかは分かりません。 また、治るにしても6ヶ月~1年は掛かるものだと思っておきましょう。 さすがに6ヶ月以上も変化がないのにケアをやり続けるのは難しいですよね? 実は、効果が出そうかどうかを判断するのは意外に簡単で、2~3週間ケアを続けているのに効果が出てきたような感じが一切しない。 という場合は、そのままケアを続けていても効果は認められないと思われます。 微妙に変わったような気がする!と思えるなら諦めないでさらに1週間~2週間頑張ってみましょう。 毎日ほんの少しずつの変化なので、非常にわかりにくいと思います。 スマホを使ってアップ写真の記録を残しながらケアしてみると良いですよ。 クレータータイプのニキビ跡ケアには、コラーゲンを増やす効果のある成分が配合された化粧品を使うことが条件となります。 皮膚の真皮層には線維芽細胞という細胞があり、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出しています。 この線維芽細胞に働きかける成分が配合された製品を使わないと修復はほぼ不可能と思われます。 コラーゲンを増やす効果がある成分は、レチノール、ビタミンC誘導体、プラセンタ、グリコール酸です。 こうやって で治していきます。 まずは2~3週間試してみて、それでもまったく良くなっていないと感じる場合は、美容皮膚科や美容整形で治療を受けないと治すのは難しいと思います。 化粧品をあれこれ試して深掘りするのではなく、いったん美容皮膚科、美容整形に相談することも検討しましょう。 hayarino.

次の