脂肪 燃焼 スープ 材料。 一週間で痩せる脂肪燃焼スープダイエットで-8kgの効果!

7日間 脂肪燃焼ダイエット

脂肪 燃焼 スープ 材料

アレンジするなら使ってほしい脂肪燃スープの食材• パプリカ:ピーマンと同じくビタミンCが豊富• にんじん:カロチンがたっぷりで活性酸素を消去、体を温める働きも• キノコ類:低カロリーで栄養価が高く、食物繊維豊富でデトックス効果あり• しょうが:ジンゲロンが血管を広げ血流と代謝をアップ• ごぼう:サポニンで若返り効果あり、イヌリンで腸内環境正常化• ブロッコリー:ビタミン、ミネラルが豊富、食物繊維やクロロフィルでデトックス 以上が特におすすめの食材です。 食材のアレンジ方法 このしたいけど、どうしても苦手な食材があるという人いませんか? そんな方でも、少しのアレンジで美味しく脂肪燃焼スープを食べられる方法があります。 苦手食材のアレンジ方法 セロリの独特の香りを和らげるアレンジ方法 野菜の中でも断然苦手な人が多いセロリですが、こういうクセの強い食材は、スライスした後、別の鍋で茹でてからあわせましょう。 少し手間ですが、独特の香りが和らぎたべやすくなります。 苦手食材の味を際立てなくするアレンジ方法 セロリやピーマンなど、苦手とする野菜はなるべく薄くスライスします。 スープの味に溶け込むくらいに薄くすれば、食材の味が際立たなくなります。 置き換えアレンジ方法 上記のアレンジ方法でも厳しい方は、同じ様な成分をもつ野菜に置き換え、アレンジしてみるのも一つ方法です。 というのは、トマトは、この 脂肪燃焼スープでは欠かすことのできない食材なんです。 しかも、トマトは同じ成分をもつ代用可能な野菜がないのです。 ただ、それでもトライする勇敢な方には、少しでもトマト味を軽減する方法を紹介します! それは、トマトの選び方です。 トマトが苦手という人は、トマト特有の酸味を苦手としていることが多いのではないでしょうか? それならば、酸味の少ないトマトを選びましょう。 レシピではホールトマト缶とありますが、 トマトジュースや生のトマトに変えて食べるという手がありですね。 トマトジュースはリーズナブルで口当たりもさっぱりです。 また、お値段は少し張りますが、フルーツトマトなど甘味を売りにした品種のトマトもおすすめですよ! 最近はどこのスーパーでも簡単に手に入ります。 ただ、一般的に、生のトマトよりトマト缶の方が栄養価も高く、リコピン含有量が多いといわれています。 できることならカレーや中華味など香りが強く、濃い味付けでトマトの味をごまかしつつ試してみてはいかがでしょうか? トマトの選び方の動画 脂肪燃焼スープのアレンジレシピと注意点 かなりの効果が実感されている脂肪燃焼スープのダイエット方法ですが、同じ味じゃ飽きてしまいますよね? そこで、7日間脂肪燃焼スープのアレンジ方法と、アレンジする際の注意点などについてまとめていきますね。 脂肪燃焼スープをアレンジする際の注意点 脂肪燃焼スープは、1日のうちに1食は脂肪燃焼スープに置き換えるというダイエット方法になります。 ですから、運動や過度な食事制限のダイエットに比べてとても簡単に行っていただけるダイエット方法なのです。 しかし、7日間脂肪燃焼スープのダイエット方法は、ただ好きなスープを飲めばよいというわけではなく、 トマトをベースとしたスープを食べていただかなくてはいけないのです。 ベースとなるトマト以外の食材も全て決められていますので、アレンジされる際も気を付けてくださいね。 そして炭水化物・油・肉は絶対に使ってはいけないので注意してください。 脂肪燃焼スープのアレンジレシピ 上記の注意点にも記載した通り、スープの食材は決められてしまっています、そうなってくると「アレンジなんて、どうやったら良いの?」って思いますよね。 そんな方のために、それぞれの食材に合った脂肪燃焼スープのアレンジレシピを紹介したいと思います。 <パスタを使ったアレンジレシピ> パスタは炭水化物ですのでスープに入れてはいけない食材なので、本当にパスタを入れるわけではありません。 どうしてもスープが飽きてしまったときに、パスタの代わりになるように、 春雨やマロニーちゃんなどを使うのです。 レシピとしては、ベーシックな脂肪燃焼スープや、上記で紹介させていただいたスープなどに、春雨やマロニーちゃんをいれていただくだけでOKです。 嫌いな食材ばっかりで、既にくじけそう。。 ここまで紹介しました7日間脂肪燃焼スープですが、嫌いな食材ばっかりで既にくじけそう。。 という方に朗報ですよ。 7日間で効果をあげるには厳しいかもしれませんが、 自分の好きな食材でできるダイエットスープがあるので、ご紹介しますね。 別名ポトフダイエットとも呼ばれるは、7日間プログラムのように口にする 食材が制限されていません。 好きな野菜と好きなお肉を鍋に入れて、好きな味をつけて鍋でぐつぐつ煮たら1日1回、朝、昼、晩、いずれかのご飯代わりに食べてください。 残りの2食はいつも通り食べてもらってOKです。 これは、「テレビ番組深イイ話」で芸能人のスザンヌさんが出産後に実践した方法で、1ヵ月間でとても大きな効果を出していますので、まだチェックされておられない方は下記記事からチェックしておいてくださいね。 この方法なら、好き嫌いが多い人でも続けられそうですね。 ただ、7日間レシピのような即効性は期待できませんので、気長に続けることが成功のカギといえそうです。 まとめ 今回は7日間脂肪燃焼スープのアレンジ方法と、アレンジする際の注意点についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 上記では、ラーメンの粉末を使ったレシピを紹介させていただきましたが、残ったラーメンの麺は鍋の締めに使っていただいたりしていただけますので、無駄にするということはありません。 粉末を使えばそれだけで味が決まるので楽ちんですよ。 また、脂肪燃焼スープは野菜がたっぷり入っているぶん、野菜嫌いな人にとっては結構難しいかもしれません。 しかし、こういった苦手食材の置き換えアレンジ方法や、苦手食材の味を際立たせないアレンジ方法、また何パターンかのアレンジレシピなどを知識としておくことで、飽きずに継続させることにもつながっていきます。 それとも重要です。 リバウンドしてしまったら、これまでの苦労も水の泡ですから。。 短期でのダイエットを目指している方は、是非参考にしてみてください。

次の

7日間 脂肪燃焼ダイエット

脂肪 燃焼 スープ 材料

脂肪燃焼スープは、1週間で減量するダイエット法の一つに数えられます。 野菜スープの優れた長所が、ダイエットに繋がる効果に繋がるためだとされています。 豊富な食物繊維は便秘解消に、血行の促進は代謝アップに、バランスの良いで体に負担をかけにくいダイエットが実現できると考えられているのです。 脂肪燃焼スープを使ったダイエットは、決められたプログラムで1週間食べ続けることで効果を発揮します。 脂肪燃焼スープを使ったダイエット法のプログラムと手順は、以下の通りです。 脂肪燃焼スープのダイエット• スープはお腹いっぱいになるまで食べても良いので、おかわり自由となっています。 ただし、次の注意点は守るようにしましょう。 脂肪燃焼スープのダイエットの注意点• アルコールと甘味は摂取しないようにしましょう。 飲み物は、水・お茶・ブラックコーヒーにしましょう。 夕食は最初にスープを1皿食べるようにしましょう。 1週間以上は続けないようにしましょう。 脂肪燃焼スープのレシピには、様々な種類のものがあります。 こちらでは、基本中の基本のレシピの材料と作り方をご紹介します。 脂肪燃焼スープを作るために必要な、定番の材料は、以下のものとなります。 基本の材料• トマト・玉ねぎ 各3個• ピーマン・にんじん 各1個• セロリ 1本• チキンスープの素 1個• 塩・胡椒 少々• 水 2~3リットル トマトは、400gのトマト缶で代用してもOKですよ。 トマトジュースを使う場合もあります。 上記のレシピで1杯あたり100kcalのスープが出来上がります。 ダイエットに良い栄養素をバランス良く摂るために、トマトを始めとした基本の材料となる野菜が定められています。 必須の6種類の野菜の効果は以下の通りです。 脂肪燃焼スープの作り方の2つ目は、手順通りに調理することです。 複雑な手順は何もないので、料理が苦手な方でもすぐにマスターすることができますよ。 以下の通りに作って、ダイエットのためのスープを完成させてしまいましょう。 調理の手順• すべての野菜を一口大にカットします。 水とチキンスープの素も入れます。 鍋を火にかけて野菜が柔らかくなるまで煮込みます。 塩・胡椒で味を整えたら完成です。 カットしたときの大きさにもよりますが、野菜が柔らかくなるまでには、20分ほど煮込む必要があります。 調理の時間を短縮したい場合は、電子レンジで野菜を下茹でしてしまいましょう。 1週間食べ続けるスープなので、一気に作った後は冷凍保存をしておくのと便利ですね。 スープの冷凍保存の方法を知りたい方には、こちらの記事が参考になりますよ。 保存できる日数なども確認できるので、ぜひ目を通してみてください。 脂肪燃焼スープの作り方の3つ目は、野菜や調味料を工夫してアレンジすることです。 1週間かけて毎食スープを食べる必要があるので、ずっと同じ材料と味付けでは飽きてしまう可能性がありますね。 そんなときは、基本の材料となる野菜を替えてみましょう。 必要な栄養バランスが崩れないように、代用できるものを選んで工夫していきます。 トマトだけは代用ができませんが、他の野菜に関しては、以下のようなものと置き換えることができます。 基本の野菜の代用• 飽きてきたなと思ったら、いろいろな調味料での味付けにも挑戦してみましょう。 また、チキンスープの素も代用することができます。 こちらの記事で代用品の紹介と使うときの注意点などが確認できるので、併せてご覧ください。 脂肪燃焼スープの人気のアレンジレシピの1つ目は、和風の味付けを楽しむものです。 トマトを始めとした基本の材料で調理する際に、出汁に工夫して味付けを変えていきましょう。 具となる食材も追加することで、全く違った味わいにすることができますよ。 和風の味付けのレシピと作り方• お鍋に水と昆布5gを入れて火にかけます。 沸騰する直前に昆布を取り出して、鰹節10gを入れます。 火を止めて出汁をこしたら、基本の材料と一緒に鍋に入れます。 出汁を濾して基本の野菜とチキンスープの素と一緒に鍋に入れます。 鍋に舞茸1パックとゴボウ1本を一口大に切って追加します。 野菜が柔らかくまで煮込んで塩で味を整えたら完成です。 カレー粉を利用して、ピリッとした味わいに仕上げましょう。 カレー粉は、どんな食材にも合う調味料なので、必ず美味しく仕上がりますよ。 カレースープ風の味付けのレシピと作り方• お鍋に水と基本の材料を入れて、ローリエを少々入れて煮込みます。 沸騰してきたらチキンスープの素、塩、カレー粉を好みで加えます。 野菜が柔らかくなったらガラムマサラ小さじ1杯を加えて完成です。 アレンジレシピを利用してスープを作ったら、持ち運び用のアイテムもチェックしておきたいですね。 仕事場などにお弁当として持ち込める、スープジャーを使ってみるのはいかがでしょうか。 こちらの記事で、おすすめのスープジャーがたくさん紹介されていますよ。 ダイエット効果を上げる人気の材料の2つ目は、野菜の大豆が原料の「豆乳」です。 美肌効果のあるイソフラボンに、糖質と脂肪の吸収を抑制する効果のあるサポニン、脂肪の燃焼を助けるペプチドといった成分が含まれていることから、人気の材料となっています。 基本の材料のスープを作る際に、水を減らして豆乳を加えるようにすればOKです。 味もまろやかになるので、通常の脂肪燃焼スープに飽きてきたときにもオススメですよ。 ただし、取り入れるのは、ダイエットを開始して4日目以降にするようにしてください。 豆乳はタンパク質が豊富な食材なので、肉が食べられるタイミングになってから摂取した方が良いとされています。 長期的に続けてしまうと、タンパク質などの栄養素が不足してしまうことには触れましたね。 必要以上の期間、脂肪燃焼スープを食べ続けてしまうと、タンパク質の不足から内蔵の働きや筋力が低下してしまうと言われています。 その結果、代謝が下がり、痩せにくい体になってしまう可能性があります。 1週間という期間を超えないように、十分に注意してください。 脂肪燃焼スープで脂肪を燃やそう 脂肪燃焼スープは、毎日食べていくだけでダイエットに繋がるスープです。 お腹いっぱい食べられるだけでなく、基本の6種類の野菜を押さえておけば、いろいろなアレンジで美味しくできるという点も魅力ですね。 ただし、1週間以上は続けないなどの注意点は忘れないようにしてください。 美味しい脂肪燃焼スープを作って、短期決戦で脂肪を燃やしていきましょう。

次の

脂肪燃焼スープのレシピ!人気やおいしいアレンジからセロリ抜きまで

脂肪 燃焼 スープ 材料

脂肪燃焼スープのメリットひとつめは、ダイエット効果が得られるということです。 肥満の方が心臓外科手術の前に安全かつ急速に減量を行うために脂肪燃焼スープを用いることがあるということからも、いかに効果があるかがわかります。 なぜ脂肪燃焼スープにダイエット効果があるかと言うと、 温かいスープを飲むことで体温が上昇し、水分が多く摂取できるので代謝がアップするためです。 また脂肪燃焼スープに使う野菜には整腸作用がある食物繊維が含まれているため、便秘を改善してくれます。 さらに血糖値の上昇を抑制し、脂肪燃焼をサポートしてくれる効果も期待できます。 ダイエットに脂肪燃焼スープを取り入れる場合、朝ごはんと夜ごはんに置き換えるのがおすすめです。 朝脂肪燃焼スープを食べると体温がアップし、痩せやすい体を作ることができます。 一方夜はエネルギーは必要ないので、消化の良い脂肪燃焼スープでデトックス効果を狙いましょう。 お腹が減って我慢できないという方は、夜だけ脂肪燃焼スープに置き換えても構いません。 自分のスケジュールや身体の調子に合わせて脂肪燃焼スープを上手に取り入れることで、健康的に体重を落とすことができます。 今までダイエットに失敗してきた方は一度試してみる価値がありそうです。 【材料】• にんじん 1本• 玉ねぎ 1個• ピーマン2個• セロリ 2本• しめじ1房• トマト缶 1缶• 塩コショウ 少々• コンソメ 1個• ブラックペッパー 少々• 唐辛子 適量 【作り方】• 玉ねぎは薄切りにします。 人参は縦半分に切り、さらに縦半分に切ったら、いちょう切りにします。 ピーマンは種を取り細切りに、セロリは葉ごと細切りにします。 しめじは手でざっくりとほぐします。 鍋に野菜を入れ、上からトマト缶、トマト缶1缶分の水を入れます。 コンソメを入れ、野菜に火が通るまで煮込みます。 塩胡椒で味を整えたら完成です。 脂肪燃焼スープに飽きたら試してほしいのが、辛いもの好きな方に人気のスパイスカレーアレンジです。 こちらのレシピで使用しているスパイス類には 腸内環境を整え、老廃物を排出するデトックス効果があるため、ダイエットに非常に効果的です。 脂肪燃焼スープスパスカレー風味の作り方は、キャベツや玉ねぎ、にんじんなど野菜をたっぷり入れた脂肪燃焼スープと甘みを加えるためのリンゴジュースをブレンダーで攪拌します。 鍋に攪拌した脂肪燃焼スープを入れ、ターメリック、ガラムマサラ、カルダモン、クミン、コリアンダー、グローブなどを入れて味を整えます。 濃度が濃すぎる場合は低脂肪ミルクを加えて調整しましょう。 スパイス類はお好みのもので組み合わせても良いですし、面倒な場合はカレーパウダーミックスを使っても構いません。 おいしいのに新陳代謝が高まり、脂肪が燃えやすくなる脂肪燃焼スープスパイスカレー風味をぜひお試しください。

次の