残り ギガ。 ギガが足りない! auスマホのデータチャージ方法とデータ残量の確認方法を解説|TIME&SPACE by KDDI

docomoのデータ残量が残り1Gとなりました。

残り ギガ

今月どれだけモバイルデータ通信を行い、月末まであとどれほど残っているか把握できていますか? ギガ不足や通信速度制限に陥らないためにも、データ通信量はしっかり確認しておくのが大切です。 データ通信量を確認する方法は大きく分けて3つ。 本体設定を確認する方法、各キャリアのオンラインサービスにアクセスして確認する方法、サードパーティ製アプリを利用して確認する方法です。 それぞれメリット・デメリットがあるので、しっかり把握し適切な方法でデータ通信量を確認しましょう。 OSのバージョンやスマホが変わるとUI等が変わりますが、大まかな手順は同じです。 本体設定で通信量を確認するデメリット ・確認までの手順をショートカットできないため、頻繁に確認するにはやや不向き ・端末独自の測定のため、実際の通信量とは若干の誤差が生じる事もある 契約中の各キャリアのオンラインサービスにアクセスして確認 ドコモ、au、ソフトバンクなど契約中の各キャリアのオンラインサービス(My Docomoなど)にアクセスし直接通信量を確認する方法です。 この方法なら より正確な通信量を知る事ができます。 アプリ化されているオンラインサービスも数多く、 最短ワンタップで通信量の確認が可能。 ただし インターネット回線を通じてアクセスするため、若干ながら通信量を消費する点に注意しましょう。 本記事ではドコモ、au、ソフトバンクの三大キャリアの通信量の確認方法を紹介します。 LINEモバイルなど格安SIMを提供するMVNOも同様のオンラインサービスを用意しているので、一度確認してみてください。 My docomo ドコモユーザーならドコモのオンラインサービス『My docomo』のアプリ版が便利。 データ通信量をはじめ様々な情報の確認や、各種手続きが行えます。 キャリアにアクセスして通信量を確認するデメリット ・インターネット経由で問い合わせるため、若干の通信量を使う ・初回にログイン情報の入力が必要なので、IDやパスワードを忘れていると少々面倒 サードパーティ製のアプリで確認 本体設定の確認やキャリアへのアクセス以外に、サードパーティ製のアプリを使う事でもデータ通信量を確認できます。 アプリを開くだけで通信量が表示される、通信状況をウィジェットとしてホーム画面に貼り付けられる、など アプリごとに趣向を凝らした機能があるのが特徴。 ただし アプリ自体が若干の通信を行うものが多い事は覚えておきましょう。 本記事では人気の3アプリを紹介します。 通信量チェッカーの人気ランキングはこちら サードパーティ製アプリで通信量を確認するデメリット ・広告表示など、アプリそのものが若干の通信を行うものもある ・最初にデータ量上限、測定開始日などの入力が必要な事があり、導入が面倒なアプリも データ通信量を把握して上手にやりくり。 ギガ不足解消の第一歩 通信量を全く使わず事前準備なしでOKの「スマホ本体の設定画面」、より正確な通信量が知れて、アプリが便利な「各キャリアのオンラインサービス」、アプリ毎の個性が光る「サードパーティ製アプリ」。 それぞれ異なるメリットがあるので、お好みでデータ通信量を確認してください。 データ通信量の把握が上手なやりくりの第一歩。 しっかり管理して、ギガ不足や通信量制限を回避していきましょう。 こちらの記事もおすすめ.

次の

ドコモのギガ数徹底解説 /パケットパックプランの確認・変更方法まで一挙解説!

残り ギガ

この記事でわかること• ギガが減るの意味は2種類ある 月契約のデータ通信量が減る 最近の若い人がよく言う「ギガが足りない!」「ギガが減る!」というのは、スマホでインターネットを利用するごとに通信量であるギガが減っていくことをいいます。 ギガの残量を気にする理由は、1ヶ月に使える通信量の限度を超えてしまうと、思うようにインターネットに繋がらずイライラするからです。 そこで、「今月はあとどれくらいネットが使えるかな?」と敏感になる人が多いことから、「ギガが減る」という言葉が生まれました。 スマホ本体の容量が減る スマホの本体に、「写真や動画、音楽などのデータをどれくらい保存できるのか」を表すときもギガを使います。 この場合は、長時間の動画を保存するなど、容量が大きいものをダウンロードするときに「ギガが減る」と言うことが多いです。 残りのギガ数が少なくなってくると、新しく動画を撮っても保存できなかったり、動作が遅くなる原因にもなります。 容量の範囲内で楽しみたいという気持ちから、ギガ数を気にする人が多いようです。 まずは、スマホを使いやすくするために、ギガの減る原因を把握していきましょう。 ギガが減る3つの原因 ギガが減る原因は大きくわけて3種類あります。 月契約のデータ通信量• スマホ全体の容量• スマホを新しく買い換えた時 順番に、詳しく説明していきます。 月契約のデータ通信量について 動画やSNSを利用している 友達や家族と交流できるSNS、暇があるとついつい見てしまう動画サービスは、気づかないうちに多くの通信量を使っているので注意が必要です。 ちなみに1GBでは、下記のコンテンツを消費できます。 WEBサイトの閲覧 約6600ページ メールの送受信 約2000通 LINEの音声通話 約40時間 LINEのビデオ通話 約3時間 標準画質の動画を閲覧 約4時間 高画質の動画を閲覧 約1. 5時間 動画を見ることやビデオ通話で会話するのが好きな方は、通信制限の上限に多い7GBに到達してしまう可能性が高いです。 Wi-Fiを利用していない Wi-Fiを利用している間は、スマホの通信量を消費せずにネットを楽しめるので、速度制限にかかりたくない方はWi-Fiを使いこなすと良いでしょう。 方法としては、無料のWi-Fiスポットに行ったり、家族からモバイルルーターを借りたり、自分で契約するなどがあげられます。 月契約のデータ通信量では上限があるので、Wi-Fiサービスを駆使してギガを節約し、限界であれば自分でルーターを用意して1ヶ月に使用できるギガ数を増やすのがオススメです。 スマホ全体の容量について 機種変更する スマホの容量が足りなくて不便な思いをしている方は、自分のライフスタイルに合っていない容量を選んでしまったのかもしれません。 毎回ギガを増やすためにデータを消去する作業も大変だと思うので、今後も動画や写真、音楽などをストレスなく楽しみたいのであれば、思い切って機種変更することをオススメします。 現在使用しているデータ容量よりも大きいものを選ぶことで、快適に利用できるようになるでしょう。 ダウンロードして保存できる量が増えるので、ギガを減らすことなくコンテンツを楽しむことができます。 データを別の場所で保管する 解約金などの関係で機種変更に抵抗がある方は、ネット上にデータを保存できるクラウドを利用するとよいでしょう。 必要なときにIDとパスワードを入力することで、いつでも保管したデータにアクセスすることができます。 万が一、水没や落下でスマホが壊れてしまったとしても、思い出の写真や仕事で使う大事なデータが消えるわけではないので安心です。 また、新しいスマホを購入したときにも、簡単にデータを引き継ぐことができます。 ただ、クラウドにアクセスするときには、ギガが減るので注意が必要です。 スマホを新しく買い換えておかしいと思ったら iphoneに機種変更した直後に、異常なスピードでギガが減ることがあります。 icloudに保存していた写真や動画を同期したり、前のiphoneから新しいiphoneにデータを移行するときに、大量のダウンロードで消耗してしまうのが原因です。 その場合は、Wi-Fiを繋いだりモバイルデータの通信をオフにすることで、貴重なギガを守ることができます。 せっかく新しく買い換えたのに、その日にたくさんギガが減っていたら悲しいですよね。 異変に気づいたら、すぐに対応することをオススメします。 また、1日に何度も見てしまうアプリも、通信量を大きく消耗する原因の1つですので、ランキング形式で見ていきましょう。 ギガが減るアプリランキング Instagramのデータ消費量が多い SNSアプリを5分間連続して使用した場合、データ消費量が1番大きいのはInstagramです。 1位 Instagram 49. 9Mbps 2位 Youtube 44. 7Mbps 3位 GoogleMap 13. 3Mbps 4位 Twitter 11. 7Mbps 5位 Facebook 10. 2Mbps 6位 LINE 1. 1Mbps アプリを立ち上げたときに写真や動画を読み込む負担が大きいことが原因です。 友達や芸能人の楽しい様子が伝わってくる魅力的なアプリですが、同時にギガの減りも早くなってしまうことも自覚して、利用する時間を調整できると良いですね。 ギガが減るのを防ぐ6つの方法 スマホを利用するときの行動や、もともとの設定を変更するなど、6つのちょっとした工夫をすることで、ギガを節約することができます。 頻繁にギガの減りをチェックする• できるだけ無料のWi-Fiサービスを利用する• 「アプリ自動更新機能」をオフにする• バックグラウンド更新をオフにする• 音楽を聴くときは端末にダウンロードする• Youtubeなど動画再生設定は「低画質・低速」にする どれも簡単にできるので効果を実感しづらいですが、1つ1つ積み重ねていくことで、インターネット利用を楽しめる時間が増えていくでしょう。 頻繁にギガの減りをチェックする 頻繁にギガの残量を確認していると、「昨日は使いすぎたから今日はやめておこう」という判断ができるので、ある日突然、速度制限にかかってしまうという悲しい状況を避けることができます。 スマホの上限に多い7GBを30日で割ると、1日233MBの通信ができるので、隙間時間を利用してチェックしておきましょう。 できるだけ無料のWi-Fiサービスを利用する カフェやコンビニ、飲食店、空港やバスなどの公的交通機関では、無料でWi-Fiを利用できるFreeSpotを開放しています。 Wi-Fi名をクリックしてパスワードを入力するだけで、お金をかけずにギガの節約ができる嬉しいサービスです。 使わない手はありませんので、無料Wi-Fiを見つけたら飛びつく勢いで利用していきましょう。 ネット利用を楽しめる時間が大幅に増えるはずです。 「アプリ自動更新機能」をオフにする アプリの自動更新をオンにしていると、更新ファイルのダウンロードでギガを消費してしまいます。 たとえば、LINEで約31MB、Facebookで約43MBほど必要です。 利用しているアプリが多い人は、1ヶ月の間に何度も更新通知がくるので、そのまま放置してるとどんどんギガが減ってしまいます。 設定するのに1分もかかりませんので、必ずオフにしておきましょう。 バックグラウンド更新をオフにする スマホを利用していないときでも、SNSのメッセージが来たときに瞬時に通知してくれたり、写真を撮った場所を自動的に記録できているのは、目に見えていないところで常にアプリが動作しているからです。 便利な反面、じわじわとギガを削ってしまう原因でもあるので、あまり使わないアプリのバックグラウンド更新は、オフにするのがオススメです。 音楽を聴くときは端末にダウンロードする 最近の音楽を聴く方法として、Youtubeの動画視聴やストリーミング配信を利用している方が多いですが、1曲聴くごとにギガを消費してしまうので負担が大きいです。 せっかくの楽しい時間を速度制限に奪われないよう、あらかじめ対策をしておくとよいでしょう。 特に何回も聴くお気に入りの音楽は、Wi-Fiの環境下で一気にダウンロードして、スマホ内に保存しておくことで、ギガを消費することなく鑑賞することができます。 Youtubeなど動画再生設定は「低画質・低速」にする 高画質の動画は5分間で約170MB消費しますが、低画質だと約10MBで視聴することができます。 積み重ねるとこの差は大きいです。 Youtubeでは設定画面から簡単に変更できるので、試してみてください。 また低速にすることで、動画を読み込む時の負担が軽減されるので、こちらも実践するとよいでしょう。 ただし、もちろん画質はよくないのでギガの残量と相談して判断するとよいですね。 ギガがなくなった時の2つの対策 1. 月に数千円を上乗せするだけで1ヶ月20GBのプランに変更できるなど、通信量を大幅にアップすることが可能です。 各大手キャリアや格安SIMでいろいろな大容量のプランを展開しているので、まずはあなたの契約している会社のプラン表を確認するといいですね。 モバイルルーターを契約する 「インターネット利用をギガを気にせず使いたい!」いう方は、思い切って通信量無制限のモバイルルーターを契約するとよいでしょう。 1ヶ月20GBのプランは、当初の7GBと比べると大容量で魅力的ですが、上限があることで不便さを感じるひとも多いです。 制限がないということは、高画質の動画や、流行りのアプリ、ゲームなども使い放題です。 寝食を忘れて没頭できる楽しさ、好きなときに好きなだけネットを使えるという快適さを、1度味わってみてはいかかでしょうか。 ギガが減るのが心配ならWiMAXがオススメ 1. ギガ数が実質無制限 WiMAXには、ネット利用を実質無制限で楽しめる『ギガ放題プラン』があります。 実質というのは、3日間で10GB以上使うと速度制限になってしまうルールがあるからです。 しかし、よっぽどのヘビーユーザーでない限りは、上限を超えないといわれているので安心してください。 回線が速い WiMAXの通信速度は下りで最大440Mbpsです。 下りとはダウンロードするときの速さのことで、1MbpsあればYoutubeの標準画質の動画を快適に見ることができます。 回線がとにかく速いので、スムーズにネット利用ができると好評です。 ルーターの機種やエリアや時間帯により速度に変化があるので、事前に確認しておくとよいでしょう。 価格が安い WiMAXを提供しているプロバイダにより価格は異なりますが、1番安いところでは、月々3,500円ほどでギガ放題プランを契約することができます。 数千円支払うことで速度制限にイライラすることなく楽しむことができるため、お得な買い物といえるでしょう。 【まとめ】なるべく節約、ギガを減らさない 今回の記事では、ギガを減らさないための対応策をご紹介しました。 まずは、今日からできるギガの節約を心がけて、なるべく速度制限にかからないよう余裕を持てるようにしましょう。 それでもギガが足りなくなる場合は、回線が早い・価格が安い・ギガ数無制限の三拍子が揃っているWiMAXを契約することをオススメします。

次の

‎「ギガ残量 通信量チェッカー」をApp Storeで

残り ギガ

LTE Xi プランや新料金プランの高速通信プランは、月々高速で送受信出来るデータ量が予め決められています。 (auやソフトバンク等も同様です。 ) ライトで3GB、フラットで7GB、新料金プランは、ご契約頂いている各データ量(2GB、5GB、8GB等)です。 このデータ量を超えても通信はご利用頂けますが、それ迄よりだいぶ遅いスピードでのご利用となります。 そのスピードのままで良ければ定額内でのご利用ですが、月途中で解除したい場合にのみ、別途お申し込み(Xiプランなら2GB毎に2,500円、新料金プランは、1GB毎に1,000円、税別)で制限解除、追加料金が発生となります。 データ量は月が変わると順次リセットされます。 大きなデータの通信や動画閲覧等はなるべくWiFiをご利用下さい。 データ量は、アプリの「dメニュー」や「My docomo」からご確認頂けます。 この通信料総量規制の他に、直近3日間で1GB以上ご利用の場合にも制限となりますのでご注意下さい。 制限となった場合 メールやチャットは大きな影響はありません。 (写真等送付の場合は遅くなる可能性があります。 ) ネット検索は少し待ちます。 (ネットの混雑状況、取得するデータ量等でだいぶ変わります。 高速通信で慣れていると、表示される迄の1秒1秒が長く感じられるかもしれません。 ) 動画閲覧は「読み込み中」となってばかりで見ていられません。 という感じです。 (以前規制速度である128kbpsのプランを使用していた時の感想です。

次の