雇用 保険 の 追加 給付 に関する お知らせ と お願い 口座 確認 詐欺。 厚労省の統計ミス「私も対象?」忘れた頃に来た手続きの内容と注意点 追加給付は平均1300円(マネーの達人)

雇用保険、労災保険等で「追加給付」のある方へ 厚生労働省から「お知らせ」が順次発送されています

雇用 保険 の 追加 給付 に関する お知らせ と お願い 口座 確認 詐欺

雇用保険の追加給付手続きとは 毎月勤労統計調査をはじめとする厚生労働省が所管する統計が不適切にな取り扱いをされていたことにより、2004年8月以降の雇用保険の給付額が低く計算されている恐れがあり、 厚生労働省が追加給付の手続きを行っています。 2004年以降、全数調査をするはずの大企業について、東京都分のみ全数の中から一部を抽出した調査を行っていたため、大企業の標本数が少なくなっていました。 また、統計的処理として復元すべきところを復元していなかったため、2004年以降の調査における賃金額が低めに出る等、誤った計算がされていました。 低めの給付額が支払われていた対象個人に通知を行い、追加給付の手続きを進めているようです。 追加給付の金額はどれくらいか では、この手続きを行うことで、どれくらいの金額が追加給付されるのでしょうか。 追加給付金額の目安は、給付の種類や時期によってさまざまですが、1人あたり平均で約1300円の追加給付が見込まれているようです。 以下に、転職経験がある人が注目すべき、手当の追加給付金額の目安をまとめます。 同封されていた受給履歴情報を確認すると、認識通りの履歴が書かれていました。 今回、手続きを行うことで基本手当と再就職手当が追加で給付されるかもしれません。 さっそく回答票を書いて、追加給付手続きの書類を提出しました 回答票は表裏になっており、表面に記入する事項は4つありました。 雇用保険被保険者番号 2. 手当受給時の振込口座 3. 勤務先(直近3社まで) 4. 現在の連絡先 1~3はいずれか1つ以上の記入で構いません。 雇用保険被保険者番号は、現在の勤め先に尋ねれば教えてもらえます。 手当受給時の振込口座は、自分の記憶をたどって記入します。 直近3社の勤務先は、入退社の年月日と社名を正確に書きましょう。 裏面は追加給付金を受け取る金融機関の届出です。 表面に記入した「手当受給時の振込口座」と同一でなくても構いません。 また、手続きに本人確認書類やマイナンバーカードの添付は不要です。 記入を終えたら、控えを取り、同封の返信用封筒で提出します。 申請が受理されてから振り込まれるまでは数か月かかることもあるようです。

次の

雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い

雇用 保険 の 追加 給付 に関する お知らせ と お願い 口座 確認 詐欺

2019年1月に発表されました「毎月勤労統計の不適切な取扱い」に関する事項があります。 これは、毎月勤労統計調査をはじめとする厚生労働省が所管する統計で、長年にわたり、不適切な取り扱いをしていたことについて、 雇用保険、労災保険等で、多数の方の給付金について、支払い不足の状態となっていたことを示しています。 そこで、厚生労働省では、追加給付が必要な方について、 雇用保険の失業時の給付等で追加給付が必要となる時期にさかのぼって、追加給付を実施しています。 現在、対象となる方に対し、「お知らせ」が順次発送されています。 これに対して、 この情報を知らない方がこのお知らせを受け取り「振り込め詐欺ではないか?」と疑問に思われ、筆者のところにも多数の問い合わせがきている状況です。 いつ支給された雇用保険関係の給付なのか 2004年8月以降に受給された方のうち、一定の条件を満たす方です。 対象となる方(対象となる可能性のある方を含む)に対しては、厚生労働省が把握している住所に、2019年10月末以降に「お知らせ」が順次送付されています。 なお、 最近5年間に「育児休業給付」を受給された対象者の方に対しては、2019年8月から「お知らせ」が送付されています。 どの給付が対象か 具体的には、どの給付が対象になるのかを見てみましょう。 対象となり得る給付 ・ 基本手当、高年齢求職者給付金、特例一時金 ・ 個別延長給付、訓練延長給付、広域延長給付、地域延長給付 ・ 傷病手当 雇用保険法によるものに限る) ・ 就業手当、再就職手当、常用就職支度手当、就業促進定着手当 ・ 早期就業支援金、早期再就職支援金 ・ 教育訓練支援給付金 ・ 高年齢雇用継続給付、育児休業給付、介護休業給付 ・ 失業者の退職手当(国家公務員退職手当法) ・ 就職促進手当(労働施策総合推進法) 等 対象とならない給付 ・ 技能習得手当(通所手当、受講手当)、寄宿手当 ・ 移転費、求職活動支援費(広域求職活動費、短期訓練受講費、求職活動関係役務利用費) ・ 教育訓練給付金、専門実践教育訓練給付金 ・ 日雇労働求職者給付金 「お知らせ」の内容はどのようなものなのか 「お知らせ」には2種類あります。 雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い(口座確認) 追加のお支払いの「対象となる方」に送付されているものです。 追加のお支払いの振込先を確認させていただくための 「払渡希望金融機関指定・変更届」です。 雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い(ご本人確認) 「対象となる可能性のある方」に送付されているものです。 追加のお支払いの対象かどうかを確認させていただくための 「回答票(本人確認)」と、「払渡希望金融機関指定・変更届」です。 「雇用保険の追加給付」を語る詐欺に注意 雇用保険などの追加給付に関して、厚生労働本省、都道府県労働局、ハローワーク(公共職業安定所)、労働基準監督署以外から 直接お電話や訪問をすることはありません。 厚生労働省、都道府県労働局、ハローワーク(公共職業安定所)、労働基準監督署から電話があった場合でも、 金融機関の暗証番号を聞くことなどはありませんし、手数料などの金銭を求めることもありません。 不審な電話・訪問があった場合にはご注意ください。 <受付時間> 平日:8:30~20:00 土日祝:8:30~17:15 ご不明の点は専用ダイヤルか最寄りのハローワーク(公共職業安定所)までお問い合わせください。 (執筆者:高橋 豊).

次の

10年前にもらった雇用保険についてのお便りが届いた話

雇用 保険 の 追加 給付 に関する お知らせ と お願い 口座 確認 詐欺

上記のサイトを見ると、今回の封筒に入っていた文書と同じようなことが書かれている。 それに、 政府を意味するgo. jpドメイン、サイト構成、リンク先を見ると、紛れもない公式サイト! これで安心。 何も確認せずに、銀行口座番号を教えるところだった。 怪しくなかった たぶん、これだけ大々的にサイトで公表されたり、封書が郵送されたりしているのだから、きっと報道されていたのだと思う。 おそらく自分はそれを見逃していたのかもしれない。 というわけで、厚労省を名乗る「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」は、公式の文書ということが分かった。 怪しくない。 ソッコーで、返信用封筒を使って、銀行口座番号を送らなくちゃ。 いくらもらえるのかな。 わくわく。

次の