あずさ 座席未指定券。 特急「あずさ」「かいじ」「富士回遊」の料金と割引きっぷ

スーパーあずさ回数券廃止! 全席指定席で変わる事

あずさ 座席未指定券

きっぷあれこれ 特急券• 特急料金には、ご利用になる座席により指定席特急料金と自由席特急料金があります。 普通車指定席をご利用になる場合、指定席特急料金はシーズン別となっており、ご利用になる日によって、に分けられ、ねだんが異なります(JR北海道内の在来線とJR九州内の在来線をご利用の場合、閑散期・繁忙期はありません)。 また、自由席特急料金やグリーン車、グランクラス、寝台車をご利用になる場合の特急料金は、通常期の指定席特急料金の530円引きです(繁忙期も閑散期も同額です)。 特急料金には、とがあります。 在来線の特急料金は、ご利用になる特急の区間によって、さらにとがあります。 区間によってはもあります。 こどもの特急料金は、おとなの半額(は数は切り捨て)です。 ただし、半額とならない場合があります。 指定席特急券は、指定された列車に限って有効です。 座席未指定券は、券面に表示された日及び列車に限って有効です。 自由席特急券のように列車を指定しない特急券は、有効期間開始日のみ有効です。 関連する規則• 特急列車を利用する場合のきっぷの組み合わせ 車種 時期 きっぷの組み合わせ 計算例 普通車 指定席 通常期 乗車券 指定席特急券 特急〔踊り子〕の普通車指定席(通常期) 〈東京~伊東間〉 運賃2,310円+指定席特急料金1,890円=4,200円 指定席 閑散期 乗車券 指定席特急券 200円引き 特急〔踊り子〕の普通車指定席(閑散期) 〈東京~伊東間〉 運賃2,310円+指定席特急料金1,690円=4,000円 指定席 繁忙期 乗車券 指定席特急券 200円増し 特急〔踊り子〕の普通車指定席(繁忙期) 〈東京~伊東間〉 運賃2,310円+指定席特急料金2,090円=4,400円 自由席 通年 乗車券 自由席特急券 指定席特急券から 530円引き 特急〔踊り子〕の普通車自由席(通年) 〈東京~伊東間〉 運賃2,310円+自由席特急料金1,360円=3,670円 グリーン車 乗車券 指定席特急券 530円引き グリーン券 特急〔踊り子〕のグリーン車(通年) 〈東京~伊東間〉 運賃2,310円+特急料金1,360円+グリーン料金2,100円=5,770円 グランクラス 乗車券 指定席特急券 530円引き グリーン券 東北新幹線〔はやぶさ〕のグランクラス(通年) 〈東京~新青森間〉 運賃10,340円+特急料金6,800円+グランクラス料金10,480円=27,620円 A寝台 乗車券 指定席特急券 530円引き A寝台券 寝台特急〔サンライズ瀬戸〕のA寝台(個室)(通年) 〈東京~高松間〉 運賃11,540円+特急料金3,300円+A寝台個室(シングルデラックス)料金13,980円=28,820円.

次の

特急あずさ・かいじの座席予約を簡単にする方法【チケットレス申込がおすすめ】

あずさ 座席未指定券

〜もくじ〜• 座席上のLEDが使われる 新しいスーパーあずさに乗ったことがある人ならば気がついたかもしれないが、座席上に何か付いている。 在来線のグリーン車のようなものだと思っていたがどうも違うらしい。 あれは3色のLEDで赤、橙(JR説明だと黄色だが、JR公式の画像は橙色。 どっち?)、緑、に点灯する。 意味は以下の通り。 赤: 指定席予約済み 空席 橙:途中の駅から指定席予約済み 緑: 空席 指定席予約済み 全席指定席という事で、その予約状況を客に知らせるための物だったのだ。 追記と修正 上記色分け、赤と緑の意味が逆だったので修正。 自由席が無くなるわけではない 客は指定席予約乗車券と指定席未予約乗車券が買える。 LEDが赤色の席の場合、指定席未予約乗車券で自由に座る事ができる。 つまりここは今までの自由席だと思えばいい。 ただし、途中でその座席を誰かが指定席予約した場合、自由席ではなくなる。 つまり、赤色でも途中で橙色や緑に変わるという事だろう。 「ここからは俺の席だ、どきやがれ!!」となるのだろう。 うかうか昼寝もできない。 LEDが橙色の場合は、指定席未予約乗車券で指定席予約した客が来るまで座る事ができる。 半自由席といったところだ。 小心者な私は「この駅からは私の席です」と言いだせない可能性がある。 どうしましょう? 全席指定席で良くなる事 今までは自由席が混雑していて指定席が空いているという事があったがそういった無駄がなくなるだろう。 また指定席が完売でも途中駅まで空席だったり、途中駅から空席だったり、こういった無駄もなくなる。 そのほかチケットレスサービスも導入され、100円引きで買う事ができるようだ。 全席指定席で困る事 回数券がなくなる。 これが一番困る事だ。 私の場合、金券ショップでバラ売りの回数券を買っていたのでその回数券がなくなってしまうのは困る。 旅行だけでなく出張などで同じように回数券を買っていた人も多いだろう。 バラ売りの回数券の方が1,500円程お得なのだ。 これにより新宿ー松本を利用する人はバスに流れるのではないだろうか。 あずさの回数券が安かったのもバスに対抗するための価格設定という面が大きかったと思う。 割引乗車券はネットのみ 回数券がなくなった事で割引券はネット割引(えきねっとトクだ値)のみになった。 回数券は繁忙期に使用できなかったが、えきねっとトクだ値は季節に関係なく使用する事ができる点はメリットだ。 ただ、えきねっとトクだ値は非常に使いずらいサイトなのでそこは改善して欲しい。 インターネットを使いなれない人には余計に難しいだろう。 というわけで、中央線特急のあずさとスーパーあずさが全席指定席になり変わる事でした。 なんともわかりづらく、混乱は避けられそうにない。 2019年春から導入されるようだ。

次の

あずさは全車指定席となってしまいました。指定席特急券が満...

あずさ 座席未指定券

JR中央本線を走り、東京と甲府・松本間を結ぶ 特急あずさ・かいじの予約方法はどうされていますか? 2019年3月より新たな着席システムの導入に伴い、自由席が廃止され全車指定席となり料金が統一化されました。 それに関連して スマホと クレジットカードさえあれば座席予約がネットでお得にできるようになりとても便利になったんです。 しかも普段お使いのSuicaなどの利用で チケットレスに! 今回は あずさ・かいじの予約が簡単にできるチケットレス申込の方法を画像付きで解説します。 信州への旅行や帰省や出張時に未だにみどりの窓口や券売機に並んで面倒なチケット購入をされている方は必見です。 コンテンツ• 特急あずさ・かいじの乗車料金と着席方法 特急あずさ・かいじは車両が E353系へと一新され、2019年3月よりダイヤ改正・新着席システムが導入され以前よりも便利で快適な乗車へとなりました。 先ずはその料金と着席方法を確認していきます。 特急券の新料金 以前の普通車では自由席と指定席で特急券のチケット料金が分かれていましたが、全席指定可能になったことにより料金が一律化されています。 えきねっとのチケットレスサービスを利用しての予約だと通常料金よりも 100円安くなるのでお得です。 ちなみに普通車の特急券は車内でも購入することができますが、通常料金よりも 260円高くなるのでおすすめしません。 えきねっとチケットレスサービスを利用した場合、新宿から主要駅までの特急券料金は下記のようになります。 車両 普通車 グリーン車 八王子 660円 1,180円 大月 920円 1,440円 甲府 1,480円 3,050円 小淵沢 2,140円 3,710円 松本 2,450円 5,070円 上記の 特急券の料金と 運賃の合計が 乗車料金となります。 新しい着席方法とは? 特急券の利用で全席指定可能となりましたが、実は列車・座席を指定しない 座席 未指定券というものもあります。 但し、途中駅からその席の指定席券を購入した乗客が来た場合は 直ちに移動しなければなりません。 また、満席の場合は座れないので注意が必要です。 座りたい席が空席かどうかの確認は、座席の 天井部にあるランプの色で判別します。 スマホからあずさ・かいじの座席予約をする方法 それでは実際に指定席の予約から決済までの流れを見ていきましょう。 先ずはJR東日本が運営する えきねっとへの会員登録をしてから予約申し込みを行います。 チケットレスサービスは スマホから のみ申し込みが可能です。 スマホと クレジットカードを準備しておきましょう。 えきねっとへ会員登録 から登録開始です。 「えきねっとの会員登録」をタップする。 利用規約をよく読み同意にチェックをしたら「同意する」をタップする。 本登録ページでID、パスワードの設定とクレジットカードの登録をすれば完了です。 座席指定予約と特急券を買う方法 会員登録が完了したら、続いては実際に予約と決済を行います。 スマホからえきねっとのHPへ入りましょう。 へ 「チケットレス申込」をタップする。 ログインしていない方は上図の画面へ切り替わるのでパスワード等を入力してログインする。 「あずさ・かいじ・~」をタップする。 希望条件に合う列車一覧が出るので選択する。 搭乗する人数を選択したらシートマップで座席を選択する。 「-/+1号車」をタップすると列車の号車が選択できる。 ちなみに甲府・松本方面だと先頭が12号車、最後尾が1号車。 東京方面になるとこれの逆となります。 座席指定が完了したら「決定」をタップする。 乗車日程・列車、人数、座席番号を確認して間違いなければ「以上の内容で申込む」をタップする。 (まだ完了ではありません) 上図の最終確認ページで内容を再確認したら注意事項に同意にチェックを入れて「以上の内容で新規購入する」をタップして完了する。 これで 座席予約と同時に チケットレスサービスの購入と決済が 完了です。 簡単ですよね! チケットレスの手続きは無事終わったかにゃ!?次は当日の乗車の流れをチェックしよ~🐡 改札から乗車までの流れ チケットレス申込が完了したらみどりの窓口や券売機に並ぶ必要はありません。 スマホの中に特急券の代わりとなる予約画面を保存してあるので文字通り特急券は不要となります。 改札へ入場する際は、在来線と同様に普段お使いのSuicaなどの 交通系ICカードを改札機にタッチ!そのままホームへ向かい乗車するだけです。 改札から出場する際も、入場と同じくICカードを改札機にかざすだけでOKです。 これで運賃の精算は完了。 着席方法 予約した列車の車両、座席番号を探して着席するだけです。 上図の例でいうと12号車10番のD席ですね。 チケットレス申込予約の変更・払戻 キャンセル チケットレス申込後の予約内容の変更、払戻(キャンセル)をしたい場合は下記の公式ページで方法を確認できます。 変更内容によっては手数料がかかる場合があるので確認しましょう。

次の