湖 池屋 ポテチ。 湖池屋の差別化戦略 ~「PRIDE POTETO」売れ行き好調。プレミアム路線のポテトチップスで業界の盟主・カルビーに宣戦布告~

40~50代がなぜポテチ? 湖池屋「じゃがいも心地」:日経ビジネス電子版

湖 池屋 ポテチ

醤油味、塩味、バター味の3種類を用意 「じゃがいも心地」は、芋が厚めにスライスされていることが特徴だ。 芋の厚みは、通常のポテチの倍近く。 かみ応えは十分だ。 塩味と醤油味、バター味の3種類をそろえた。 希望小売価格は税抜き120円前後。 18年9月に発売したところ、SNS(交流サイト)で「ポテチの常識が覆された」といった口コミが相次ぎ、話題に。 期間限定と知った消費者から、湖池屋のお客様センターに「買えなくなったら困るから、やめないでくれ」と継続販売を求める電話が相次ぎ、19年2月に通年販売に切り替えることが決まった。 マーケティング本部第1課の野間和香奈課長は「わざわざ電話を頂くなんて、通常の商品では考えられない」と話す。 これほどに熱烈なファンを獲得した商品だが、実は湖池屋は名前も芋の厚みも全く同じ商品を、15年から期間限定で展開していた。 顧客からのリピート率は高かったが、新規の顧客が増えず、ヒット商品には育っていなかった。 それが、今回、大ヒットしたのはなぜか。

次の

湖池屋が「プレミアムポテチ」路線に走るわけ

湖 池屋 ポテチ

醤油味、塩味、バター味の3種類を用意 「じゃがいも心地」は、芋が厚めにスライスされていることが特徴だ。 芋の厚みは、通常のポテチの倍近く。 かみ応えは十分だ。 塩味と醤油味、バター味の3種類をそろえた。 希望小売価格は税抜き120円前後。 18年9月に発売したところ、SNS(交流サイト)で「ポテチの常識が覆された」といった口コミが相次ぎ、話題に。 期間限定と知った消費者から、湖池屋のお客様センターに「買えなくなったら困るから、やめないでくれ」と継続販売を求める電話が相次ぎ、19年2月に通年販売に切り替えることが決まった。 マーケティング本部第1課の野間和香奈課長は「わざわざ電話を頂くなんて、通常の商品では考えられない」と話す。 これほどに熱烈なファンを獲得した商品だが、実は湖池屋は名前も芋の厚みも全く同じ商品を、15年から期間限定で展開していた。 顧客からのリピート率は高かったが、新規の顧客が増えず、ヒット商品には育っていなかった。 それが、今回、大ヒットしたのはなぜか。

次の

【口コミ】期間限定の湖池屋「工場直送便 」ポテチをポチりました

湖 池屋 ポテチ

「つぶれない店」湖池屋社長・佐藤章を直撃! 2020年4月12日放送「 つぶれない店」に、つぶれない老舗のスゴイ社長! 湖池屋社長・佐藤章さんが登場します。 今回の企業は創業67年の老舗スナックメーカー 「湖池屋」です! 2017年から3年連続で売上げが右肩上がりで、去年の売上は年間340億円でした! これまでも 「スコーン」「ポリンキー」「ドンタコス」など印象的なCMで数々のヒットを飛ばしてきた同社ですが、実は二度の経営危機があったそうです。 「つぶれない店」湖池屋社長・佐藤章のプロフィール&経歴は? 佐藤 章 さとう あきら 1959年 東京都生まれ 1982年 早稲田大学法学部卒業 1982年 キリンビール入社 1997年 キリンビバレッジ商品企画部に出向 2014年 キリンビバレッジ社長に就任 2016年 フレンテ 現・湖池屋 代表取締役社長に就任 佐藤章さんは1959年生まれの新宿区出身で、幼いころからバイオリンや絵画などの幅広い教養を身に着けていました。 大学は早稲田大学法学部に進学し、弁護士を目指し、司法試験を受けていましたが、挫折し、就職の道を選びます。 佐藤章さんは大学卒業後、 キリンビールに入社し、営業を担当し、かなり高い営業成果を得ていたようで、「ゴリラ」「ブルトーザー」と呼ばれていたそうです。 キリンといえば、 キリンラガービールですが、1987年にアサヒスーパードライが誕生し、1996年には売り上げで抜かれてしまいます。 この状況を変えたいと思った佐藤章さんは商品企画部に異動を希望します。 1997年にはキリンビバレッジに出向し、商品企画部へ異動し、ここから数々にヒット商品を生み出しました。 佐藤さんはキリンで数々のヒット商品を生み出してきたことから、 伝説のヒットメーカーとよばれるようになりました。 缶コーヒー 「FIRE」を皮切りに、 キリン生茶など、佐藤社長の関わったヒット、人気商品は数多いです。 「つぶれない店」佐藤章さんの湖池屋での成果とは? 2016年5月に湖池屋に執行役員として就任し、7月に副社長、9月に代表取締役社長となりました。 キリンにいた頃から「食」に興味を持ち始めていた佐藤章さんは、日清食品ホールディングスCEOの安藤宏基CEOの誘いがあり、ご縁があったと言います。 湖池屋といえば、ポテトチップスですが、市場では1位に君臨するのは「カルビー」のポテトチップスです。 2位に甘んじている状況を打破したいと思った佐藤氏はまず、ポテトチップスに着手します。 それが 「KOIKEYA PRIDE POTATO コイケヤ プライド ポテト 」です。 リンク 「つぶれない店」湖池屋社長・佐藤章の経営危機を乗り越えた戦略とは? ポテトチップスといえば、カルビーが浮かびますね。 実際に、日本国内のスナック市場では、 カルビーのシェアは、54.7%(2018年4月~2019年3月の絵宇井敬販売規模ベース)です。 湖池屋さんでは、このカルビーが半分を占めるスナック市場で、立て続けにヒット商品を出しているのです! 湖池屋の歴史の中で、2回の経営危機がありました。 さて、どのようにそれを乗り越えて、現在の湖池屋さんがあるのでしょうか? 1953年 おつまみ会社として東京・目白で創業します。 アメリカでは塩味が主流だった当時、湖池屋のポテトチップス第1号は「のり塩味」でした。 リンク 1970年代 第一次経営危機がありました。 それは、かっぱえびせんやサッポロポテトでヒットを飛ばしていたカルビーのポテトチップス参入でした。 湖池屋さんに遅れること8年、ついにカルビーが「ポテトチップス うすしお味」を発売したのです。 当時、湖池屋は1袋150円で売っていたのに対し、カルビーのポテトチップスうすしお味は、100円でした。 売上低迷となった中、湖池屋さんは綿密な市場調査を徹底的に行い、スナック市場には登場していない味を発見します。 この味の商品が メガヒット商品となり、 経営ピンチを救ってくれたのです。 それが 「カラムーチョ」です。 発売した途端に大ヒットし、これまでに累計、21. 5億個売れています。 リンク 2010年 第二次経営危機がありました。 それは、ポテトチップス市場全体の低価格化で、その状況が10年くらい続いたことから、赤字に転落してしまったのです。 苦し紛れに、他メーカーの「味変」の路線にのり、かなり無理な、狂気の沙汰ともいえるような不思議な味の商品を連発してしまいました。 例えば、「ポテトチップス」 「もも味」「バナナ味」「牛乳味」「トースト味」などです。 個性的すぎる味は、まったく売れなかったのです。 ここの登場したのが、佐藤章社長です! 佐藤社長の改革その1は、 原点を大事にした商品に立ち返るでした。 そう考えていた社長が出会ったのが、創業者である小池和夫さんの肉声データでした。 「ただ作ればいい ただ売れればいい それだけじゃダメ 手がけた以上は、それを、業界で最高のものに」 そこで、湖池屋の原点であるポテトチップスを極めた商品を開発! 2017年発売開始したのが、 「KOIKEYA PRIDE POTATO コイケヤ プライド ポテト 」のシリーズです。 プライドポテト用に育てた最高級のじゃがいもと、創業当時にポテトチップスを手作りしていた頃の味に近づけるため、1台十数億円をかけて、専用フライヤーを導入しました。 揚げる温度を変えて3度揚げすることで、絶妙のパリッと感を生み出しました。 最高の材料と最高の技術で手間暇かけて生産することで、20億円売り上げれば大ヒットといわれるスナック業界で、発売から3か月~4か月で、20億円を突破したのです。 普通のポテトチップスより、30円以上高いプレミア商品ですが、今では、年間40億円を超えるメガヒット商品で、またもや経営ピンチを救いました。

次の