ゼルダ の 伝説 リンク。 ゼルダの伝説シリーズ

ゼルダの伝説シリーズ時系列まとめ!全作品を順番に徹底解説する

ゼルダ の 伝説 リンク

ドラえもんの主人公はドラえもんじゃなくのび太。 いきなり置き換えるとしっくりくるヤツを見つけてしまいまったケロ🐸 ゼルダの伝説を知らない人は、そうはいないとおもいますが軽く説明しておきますと、任天堂がファミコンの周辺機器ディスクシステムの第1弾タイトルとして発売したアクションロールプレイングゲームです。 作品としては、とても長いシリーズなので、ゲームの進化がこのゲームだけでもよくわかるとおもいます。 最初のドット絵から、3Dをへて、美麗グラな映画のようなゲームに成長していってますからね。 んで、話は戻ってこのシリーズの主人公が耳のとんがったエルフのような妖精の男の子で、名前をリンクといいます。 この少年が、ゼルダ姫というお姫様を助けにいったりお願い聞いたりするのが大体のストーリーですね。 (例外はもちろんあるケロ) 「ゼルダ」っていう濁点の多さが、女性の名前ではないような気がするので、勘違いしている人がいるんですかね。 「じずがちゃーーん!」なんてヒロインいませんよねw 似たような経験でいうと、ファイナルファンタジー9のヒロインの名前がガーネットというんですが、初登場の時に自分の名前を「ダガー」って言ってたんです。 ダガーって!!!! 短剣ですやんか!!!!!! しかもヒロインの名前としては濁点多いし、チョイスがおかしすぎるやろ!!!! もっとね、ピーチ姫とかさくら姫とかわかりやすい名前にしてくれんと!! あ、さくら姫っていうのは忍者じゃじゃまるくんに出てくるヒロインです。 レトロゲーすぎて、知らない人が多いケロよね🐸 何を隠そう、はゃにぇも小学生のころは、リンクの名前がゼルダだって思ってました。 しょうがないでしょ!? 名前の響きに違和感あるんだから!! まぁリンクも可哀想っちゃ可哀想ですよ。 わざわざ助けにいってるのに、作品タイトルが姫の名前とかね。 スーパーマリオブラザーズも、忍者じゃじゃまるくんも、ヒーロー側が作品タイトルになってるのに、なんだかなーって感じですよね。 でもね、ゼルダの伝説の続編が同じファミコンのディスクシステムで発売されてたんですが、なんとそのタイトルはゼルダではなく、「リンクの冒険」となっていたんです!!! やったね!リンク!!! やっと正真正銘の主人公になったんだね!!!! こんなに喜ばしいことはないよね!!! と、喜んであげたいんですが、全然知名度ないですよね? いまでもゼルダの伝説としか言われないし・・・。 なぜならば、リンクがタイトルになったのってそれっきりで、結局それ以降の続編は「ゼルダの伝説」戻ってしまったんですよね・・・。 ああ、可哀想なリンク!! なんでそんな目にあわされているんだ!!!! 本当にそうなのか気になったので、ウィキペディアでゼルダの伝説のことを調べてみました(ナイツの漫才みたいになって申し訳ない) ゼルダの伝説シリーズは現在28タイトル発売されていて、その中で「ゼルダの伝説」というタイトルがついてないゲームは2タイトルでした。 2タイトル!? リンクの冒険ともう1つあるっていうのか!! ゲーム好きのはゃにぇでも忘れていたぞ、そんなタイトル!! んで、そのタイトルが「リンクのボウガントレーニング」・・・・・。 ただのwiiリモコンの操作のためにつくられたようなミニゲームですやん・・・。 ああ、ほんとリンクってかわいそうだな・・・。 なんだかんだで、のび太は劇場版になったら必ずタイトルに名前いれてもらってるしな・・・。 あ、そうか!! ゼルダの伝説の次期タイトルに「ゼルダの伝説 リンクとムジュラの仮面」や「ゼルダの伝説 リンクのスカイウォードソード」「ゼルダの伝説 のび太と神々のトライフォース2」みたいに、名前をいれてもらったらいいのか!!! 書いてておもいましたが、普通にドラえもんのタイトルみたいですね。

次の

ゼルダの伝説シリーズ時系列まとめ!全作品を順番に徹底解説する

ゼルダ の 伝説 リンク

容姿 歴代同様、金髪に青い目のハイリア人。 また、シリーズでお馴染みの緑の勇者服ではなく、青い「英傑の服」を着ている(緑の勇者服はゲーム内で手に入れることができる)それ以外にも、今作はいろんな衣装に着替えることができ、あるイベントでは女装もする。 また、容姿も整っておりゼルダ、ミファーをはじめ多くの女性に思いを寄せられており、前述の女装の時も男だと疑われることはなくむしろ「可愛い」と評判であった。 実際あるサブイベントでは女装したリンクを女性と勘違いし好意を向けてくる男性が登場する。 人物 騎士の家系に生まれ、幼少時から父の跡目を継ぐべく剣士として育てられた。 剣士としての才能も申し分なくゼルダ直属の近衛騎士に最年少で選ばれる家柄・実力ともにエリートである。 「退魔の剣」と呼ばれるマスターソードの主にも選ばれ、ガノン討伐の際の中心人物でもあった。 歴代のリンク同様無口であるが、今作ではその才能・立場ゆえに注目されやすく常に模範となるべく意識し続けた結果、感情を表に出せなくなったという理由が明らかにされている。 ゲーム本編では、記憶がないためか無口ながらもノリのいい性格であることが選択肢からも窺える。 健啖家であり、好き嫌いはなくそれがモザイクがかった料理であろうと何でも食べる。 また、歴代のリンクには珍しく右利きである。 と思われていたがシーカーストーンを使うときや、ハテノ村の自宅の机のペンが左側に置かれている点から、元は左利きで矯正されて右利きになったのではないかという説も存在する。 能力 片手剣・両手剣・槍・弓矢とあらゆる武器や、シーカーストーンの多様な機能をも使いこなし、木であろうと崖であろうと城壁であろうと、壁という壁に素手で登ることができる高い登坂能力も持つ。 戦闘においても、ジャスト回避でスローモーション攻撃ができる、盾で攻撃をジャストガードし跳ね返すことができるなどプレイヤーの操作によるものの歴代に負けず劣らずの戦闘能力を持っている。 しかし、ゲーム本編のリンクは100年の眠りの影響で衰えている設定であり、100年前のリンクは、マスターソード1本でライネルを数体含む魔物の群れを一人で殲滅した上に自身はかすり傷だけですむなど、かなり高い戦闘力を誇っていた様子。

次の

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編が正式発表。リンクとゼルダの冒険がふたたび始まる

ゼルダ の 伝説 リンク

1986年から発売されているアクションアドベンチャー 「ゼルダの伝説」。 主人公のリンクが世界を救うために、冒険を繰り広げていくゲームで、世界的にも高い評価を受けています。 ゼルダの伝説はストーリーが分岐していますが、 どの作品から遊んでも理解しやすく子供でもプレイしやすい難易度で、はじめてアクションゲームをプレイする人にもおすすめ。 また、ファンタンジー系の作品としても人気があり、 謎解き・アクション・成長要素を楽しみたい人にもぴったりです。 1作だけでなく、ストーリーが続く作品をプレイしていけば、ハイラル王国の歴史や「ゼルダ・リンク・ガノンドロフ」といった主要なキャラクターのストーリーも堪能できますよ。 一度プレイするとハマってしまう人続出の「ゼルダの伝説」。 気になる作品を手にして、その魅力を体感してみましょう! 2011年発売のWii用ソフト。 Wiiモーションプラスに接続して、直感的に操作できるのが大きな特徴です。 天空に浮かぶスカイロフトと、森・火山・砂漠といった4つの世界で構成される舞台。 Aボタンでいつでもダッシュできるので、ストレスなくスピーディにプレイしたい方にもおすすめですよ。 盾や薬など、 アイテムをアップグレードできるのも特徴です。 剣が持つダウジングの力を駆使して、アップグレードのための材料を集めましょう。 また130以上点在する石像に話しかけることで、謎解きのヒント映像を見ることもできます。 初心者でも安心してプレイできますね。 少しダークな世界観を、リアルなグラフィックで楽しみたい方におすすめです。 受けるダメージが2倍になる辛口モードや、Wii U GamePadのジャイロセンサーを使っての直感的な操作が魅力。 HD版になってさらに楽しさがアップしました! 敵であるポゥフィーの居場所が昼でも分かるアイテムが追加されたり、 トワイライトに入るとリンクが獣に変身するのも本作ならではの特徴。 前作の夢幻の砂時計から100年後の設定で、 汽車に乗ってフィールドを移動する新しいゲームシステムを採用。 ストーリーが進むにつれて、新たな線路が追加されていきます。 世界の中心にそびえる神の塔と、各地の神殿をつなぐ線路が消える怪事件。 リンクとゼルダ姫はこの謎を解く調査に向かいます。 タッチした方向にゼルダが走ったり、タッチペンをスライドすることで剣を振ったりと、 タッチペンで楽しく操作できるのが特徴です。 なんといっても注目したいのが、その映像表現。 オリジナル版のイメージを踏襲しつつも、最新のCG技術で美しく、かつ鮮やかに表現されています。 絵本の中にいるような、温かみのあるキャラや風景描写もGood。 GAME BOY版では難しかった高低差も表現されています。 GAME BOY版をプレイしたことがある方も、全く新しい作品のような新鮮さでプレイできますよ! 舞台となるのは修行の帰路の途中、リンクが流れ着いた自然豊かな島・コホリント。 この島を脱出するべく、リンクの冒険が始まります。 Switchの性能をフルに生かした、美麗なグラフィックが楽しみたい人におすすめです。 広大なオープンワールドを自由に散策し、冒険の旅へ出かけましょう。 オープンワールドはわずらわしいロード時間がないのも嬉しいですね。 従来の作品のように クリアまでの決められた手順も無く、何をするかは全てプレイヤーの判断次第。 難易度は高めですが、その分プレイの満足度も高くなっていますよ。 また、追加コンテンツも気になるストーリーです。 プレイヤーの判断次第の自由な冒険! 名作をリメイクしたら、また新たな名作が誕生! 汽車で旅する物語。 リンクとゼルダの成長を描く タッチペンで快適操作。 幽霊船を探す旅に出かけよう! 人物のリアルな描写が新鮮。 獣に変身するリンクも必見! 高難易度が熱い。 映像美にも注目! シリーズの分岐点となった名作 Wiiリモコンプラスで主人公とシンクロしよう! 数々のアワードに輝いた実力派。 コミカルな容姿のキャラが... 3DSの特性が生きた作品。

次の