部屋 干し カビ。 部屋干しのデメリット知っていますか? 部屋干しのエアコンのドライ機能活用術

「風呂干し」ができるってホント?お風呂場に洗濯物を干す方法は?

部屋 干し カビ

一人暮らしの部屋干し対策 ・洗濯したらすぐに干す 洗濯機を回したら、すぐに取り出して干すようにしましょう。 時間をおいてから干すと、生乾きの洗濯物の中で臭いの元となる雑菌やカビが繁殖しやすくなります。 夜中に洗濯機を回しておく方もいるかもしれませんが、なるべく干す直前に洗濯した方が臭いを防ぐことが出来ます。 ・部屋干しする場所は部屋の真ん中で 部屋干しをするとき、窓際やカーテンレールにかける人も多いんじゃないでしょうか? 窓際は日が当たるので干すのに向いてそうですが、ここはおすすめできません。 なぜなら、洗濯物に接する部分に窓ガラスや壁があるので風通しが悪くなるからです。 また、カーテンや壁紙に洗濯物の水分がつくと、カビの原因にもなります。 なるべく窓ガラスや壁から離して干すようにしましょう。 おすすめは、部屋の真ん中です。 ちょっと邪魔になるかもしれませんが、外出中だけでも真ん中に堂々と干しておくと、乾きが良くなります。 ・アルコールスプレーを吹きかけておく 洗濯物を部屋に干したら、洗濯物に直接アルコールスプレーをかけておいてから出かけるようにします。 こうすることで、生乾きによる雑菌やカビの発生を防ぐので、嫌な臭いもなくなります! 何よりも簡単で手間いらずなのがうれしいですよね。 薬局やスーパーで売ってある除菌用や消毒用のものを一本置いておくことをおすすめします。 洗濯以外にも、部屋の中のカビの気になる壁や水回りなど、いろんな場面で役立ちますので便利ですよ。 臭いやカビが付いてしまった! 臭いやカビが洗濯物についてしまった場合 こんなときは、 熱湯消毒が効果てき面です! 臭いやカビのついた衣類を、熱湯(50度くらい)のお湯につけて30分ほど放置します。 そして洗濯機で脱水して再度干し直すと臭いがなくなるはずです。 部屋のカビ臭さが気になったら、とにかく 換気をすることが大切です。 外出中は無理でも、帰ったらまず窓を開けて風を通しましょう。 湿度を下げればカビの発生を防ぐことができます。 また、カビはホコリなどにくっついています。 きれいにしているつもりでも、大きな家具や家電の裏側にはホコリがたまっているかもしれません。 部屋のホコリやゴミを入念に掃除することが大切です。 最後に いかがでしたか? 部屋干しして衣類や部屋が臭くなったりカビが生えると、それだけで嫌な気分になります。 そうならないためにも、少しだけ工夫して一人暮らしを楽しむようにしたいですね。 それでは最後までご覧いただきありがとうございました!•

次の

部屋干し(室内干し)の最適な場所とコツ!ニオイ対策の方法|ベルメゾン 暮らしのコラム

部屋 干し カビ

衣類にカビが生える原因 落とすのが大変で厄介なカビは、なぜ生えてくるのでしょう。 原因として考えられるのは以下の5点です。 着た服を洗濯していない 1度でも着た服は、汗をかいたり汚したりしていなくても、実は細かい汚れがついてゴミがついています。 これらがカビの餌となってしまうのです。 衣類の生乾き 洗濯後に衣類を干して、生乾きのまま収納をしていませんか?少しなら大丈夫、と思っても、それがカビやカビ臭の原因となってしまいます。 中途半端な部屋干し 天気や仕事の都合で、洗濯物を外に干せずに部屋干ししている人も多いでしょう。 しかし部屋干しは外で干すよりも乾燥しにくく、部分的に生乾きという状態を作ってしまいがちです。 また、部屋干しをすると部屋自体の湿度が上がってしまい、カビが繁殖しやすい環境を作ってしまうので要注意です。 収納場所の湿気 衣類の収納場所の湿気が高くなると、当然衣類にカビが発生しやすくなります。 閉めたままの押し入れやタンス、クローゼットはカビの温床になりがちです。 また、収納場所に衣類がパンパンに詰まっている状態もよくありません。 いくら風通しをよくしても、隙間なく衣類が詰まっていては湿気の逃げ場がなくなり、結局カビが生えてしまいます。 タンスやクローゼットの奥に、綺麗に洗濯して乾かしたシーズンオフのニットを入れておいて、いざ着ようと思ったらカビが生えていた、という経験がある方は、まず収納場所の湿気を疑ってみてください。 シーズンオフの衣類はどうしても奥の方にしまいがちですし、全シーズンの衣類を入れていたら収納場所が圧迫されてしまいます。 シーズンオフの衣類は圧縮袋に入れて収納するとよいでしょう。 洗濯機にカビが生えていた その他にも、洗濯機にカビが生えているという可能性もあります。 洗濯機には常に水気があるため、カビの繁殖に適した環境なのです。 衣類のカビ防止対策 カビが発生する原因がわかったところで、次に防止対策についてご紹介します。 収納場所の湿気対策をする 衣類を収納するタンスやクローゼットの湿気対策を徹底しましょう。 薬局やスーパーで手に入る除湿剤を収納場所に置くのが一番簡単な方法です。 重曹でも除湿効果あり 重曹をガラス瓶などの容器に入れたものを置くことでも、除湿効果が得られます。 臭い取りにも有効な方法です。 湿気を吸った重曹は塊になるので、定期的に確認して中身を入れ替えるとよいでしょう。 その他、部屋干しする際には除湿器を使用したり窓を開けるなど、少し工夫することでカビの繁殖を防ぐことができます。 洗濯物はしっかりと乾かす 洗濯して干した衣類は襟やわきの下など、乾きにくい部分が完全に乾いてから収納するようにしましょう。 また洗濯前の濡れたタオルも、放置すればカビが生えてしまうので、きちんと乾かしておくとよいでしょう。 定期的に洗濯機の掃除をする 前述の通り洗濯機はカビの温床になりがちです。 洗濯槽の掃除専用洗剤や重曹を使って、定期的に掃除をしましょう。 衣類のカビは他の服にもうつる? クローゼットにある1着の服にカビを発見したら次に考えるのは「他の衣類は大丈夫なのか?」ということではないでしょうか。 単刀直入に言うと、 衣類のカビは他の服にもうつります。 素材によってカビのうつりやすさや進行具合は異なりますが、ウールやシルクといった動物性繊維は要注意です。 またカビがうつる対象は衣類だけではなく、バッグやベルト、帽子、果てはタンスやクローゼット自体にもうつっていきます。 そのため衣類にカビを発見したら、できるだけ早く対処する必要があります。 衣類のカビを完璧に落としたい場合はクリーニングへ これまでご紹介した方法を試しても、カビが頑固で落ちなかった場合はクリーニングへ出すというのも方法の一つです。 クリーニング店で衣類にカビが生えていることを伝えると、たいていシミ抜きの扱いで処理されます。 程度の軽いカビであれば完璧に消すことができますが、重度のものだとうっすら跡が残ってしまう場合もあることは覚えておきましょう。 また、クリーニング店によってはカビ取り加工を行っている場合もありますので、自宅で洗濯して衣類を傷める前にプロに相談して、その手を借りるのもよいでしょう。 まとめ:カビを予防して洋服を長く着ましょう! 大切に扱っていた衣類にカビがついたら、大変なショックです。 そうならないためにも、日ごろから衣類の扱いや管理に気を配り、カビを発生させない環境づくりを心がけましょう。 また万が一カビが発生してしまっても、すぐには捨てないでください。 ここで紹介した方法を参考に自宅でカビを取ったり、プロに依頼するなどして、できるだけ長く大切に洋服を着るようにしましょう。

次の

部屋干しでエアコンを梅雨に使うなら除湿と冷房どっち?カビ対策は?

部屋 干し カビ

一人暮らしの部屋干し対策 ・洗濯したらすぐに干す 洗濯機を回したら、すぐに取り出して干すようにしましょう。 時間をおいてから干すと、生乾きの洗濯物の中で臭いの元となる雑菌やカビが繁殖しやすくなります。 夜中に洗濯機を回しておく方もいるかもしれませんが、なるべく干す直前に洗濯した方が臭いを防ぐことが出来ます。 ・部屋干しする場所は部屋の真ん中で 部屋干しをするとき、窓際やカーテンレールにかける人も多いんじゃないでしょうか? 窓際は日が当たるので干すのに向いてそうですが、ここはおすすめできません。 なぜなら、洗濯物に接する部分に窓ガラスや壁があるので風通しが悪くなるからです。 また、カーテンや壁紙に洗濯物の水分がつくと、カビの原因にもなります。 なるべく窓ガラスや壁から離して干すようにしましょう。 おすすめは、部屋の真ん中です。 ちょっと邪魔になるかもしれませんが、外出中だけでも真ん中に堂々と干しておくと、乾きが良くなります。 ・アルコールスプレーを吹きかけておく 洗濯物を部屋に干したら、洗濯物に直接アルコールスプレーをかけておいてから出かけるようにします。 こうすることで、生乾きによる雑菌やカビの発生を防ぐので、嫌な臭いもなくなります! 何よりも簡単で手間いらずなのがうれしいですよね。 薬局やスーパーで売ってある除菌用や消毒用のものを一本置いておくことをおすすめします。 洗濯以外にも、部屋の中のカビの気になる壁や水回りなど、いろんな場面で役立ちますので便利ですよ。 臭いやカビが付いてしまった! 臭いやカビが洗濯物についてしまった場合 こんなときは、 熱湯消毒が効果てき面です! 臭いやカビのついた衣類を、熱湯(50度くらい)のお湯につけて30分ほど放置します。 そして洗濯機で脱水して再度干し直すと臭いがなくなるはずです。 部屋のカビ臭さが気になったら、とにかく 換気をすることが大切です。 外出中は無理でも、帰ったらまず窓を開けて風を通しましょう。 湿度を下げればカビの発生を防ぐことができます。 また、カビはホコリなどにくっついています。 きれいにしているつもりでも、大きな家具や家電の裏側にはホコリがたまっているかもしれません。 部屋のホコリやゴミを入念に掃除することが大切です。 最後に いかがでしたか? 部屋干しして衣類や部屋が臭くなったりカビが生えると、それだけで嫌な気分になります。 そうならないためにも、少しだけ工夫して一人暮らしを楽しむようにしたいですね。 それでは最後までご覧いただきありがとうございました!•

次の