スバル 株。 南九州スバル【オフィシャルサイト】|新車・SUBARU認定U

スバル興業(スバル)【9632】株の基本情報|株探(かぶたん)

スバル 株

新型コロナウイルス 感染予防への対応について• 東京スバル限定の、 お得な特選車登場!• 熟成を極めたスポーツセダンを 手にするラストチャンス!• 新次元のハンドリングを 今こそその手に。 サポカー補助金対象モデル 豊富にご用意しています!• スバルオーナー様専用のスマートフォン アプリ誕生!無料です。 今コラゾンアイテムがとってもお得! コラゾンテール限定先行販売(予約受付)中!• SUBARUをご愛顧いただいている お客様へ• 点検・車検のご予約はコチラから パソコンやスマホでお気軽にどうぞ• 自動車保険にさらに安心な スバルオリジナルサービスをプラス• サービススタッフによる カーライフのアドバイス.

次の

【分析】スバルの株価予想。今後の見通しについて

スバル 株

新型コロナウイルス 感染予防への対応について• 東京スバル限定の、 お得な特選車登場!• 熟成を極めたスポーツセダンを 手にするラストチャンス!• 新次元のハンドリングを 今こそその手に。 サポカー補助金対象モデル 豊富にご用意しています!• スバルオーナー様専用のスマートフォン アプリ誕生!無料です。 今コラゾンアイテムがとってもお得! コラゾンテール限定先行販売(予約受付)中!• SUBARUをご愛顧いただいている お客様へ• 点検・車検のご予約はコチラから パソコンやスマホでお気軽にどうぞ• 自動車保険にさらに安心な スバルオリジナルサービスをプラス• サービススタッフによる カーライフのアドバイス.

次の

東京スバル株式会社

スバル 株

略称 スバル 本社所在地 〒150-8554 一丁目20番8号 (エビススバルビル) : 設立 (20年) (東邦化学株式会社)(創業:(6年)) 事業内容 ・の製造・整備(自動車はを参照) 産業用機器の製造・整備 代表者 () (代表取締役) 資本金 1,537億9,500万円 発行済株式総数 7億8,286万5,873株 売上高 連結:2兆8,779億1,300万円 (2015年3月期) 営業利益 連結:4,230億4,500万円 (2015年3月期) 純利益 連結:2,618億7,300万円 (2015年3月期) 純資産 連結:1兆307億1,900万円 (2015年3月31日時点) 総資産 連結:2兆1,997億1,400万円 (2015年3月31日時点) 従業員数 連結:3万4,200人 (2019年3月31日時点) 決算期 3月31日 会計監査人 主要株主 :20. 18 (2020年3月31日時点) 主要子会社 スバル・オブ・アメリカ SUBARUテクノ株式会社 関係する人物 (元社長) (元社長) (元社長) (元社長) (元社長) (元社長) (元副社長) 外部リンク 特記事項:事実上の存続会社である富士重工業(旧社)の設立は 株式会社SUBARU(スバル、: Subaru Corporation)は、のなどを製造するの会社である。 かつてのは、「 富士重工業株式会社」(ふじじゅうこうぎょう、略称: 富士重(ふじじゅう)・ 富士重工(ふじじゅうこう)、: Fuji Heavy Industries Ltd. 、略称: FHI)であったが、2017年4月1日に自動車のブランド名として広く浸透していた「SUBARU(スバル)」に由来する「株式会社SUBARU」に商号を変更した。 富士重工業旧本社() (6年)5月、(元)によって(現:)に設立された民営の 飛行機研究所を前身とする。 ()終戦後、によりの対象となった ((20年)に富士産業と改称)がと共に解体されたのが 、富士重工業のルーツである。 軍需から非軍需産業への転換、やなどの輸送用機器開発、企業分割などを経て、旧中島系の主要企業の共同により(昭和28年)に富士重工業を設立。 (昭和30年)に参画各社が富士重工業に合併されることで企業としての再合同を果たした。 (昭和33年)発売の「」と、その派生型である(昭和36年)発売の軽商用車「」が技術的・商業的に大きな成功を収めたことで、以後「 スバル」ブランドの自動車メーカーとしての地位を確立。 その他の分野にも多角的に進出しながら現在に至っている。 富士重工業の誕生まで [ ] 中島飛行機 [ ] 詳細は「」を参照 中島飛行機は、主として太平洋戦争敗戦までの需要に応え、および開発・製造に取り組んだメーカーである。 、と並ぶ、日本最大規模の航空機製造会社であった。 特に技師長の指揮下、()の歴代主力戦闘機・、、、 など、多数の著名な軍用機を送り出した。 実戦投入は成らなかったが、日本初の搭載機「」の機体製造も中島の手に依っている。 航空発動機部門では、軍用ゆえの生産性や戦闘における生存性、前線での整備性などから空冷星型エンジンにほぼ特化しており、一式戦「隼」やに搭載された「」、四式戦「疾風」や「」に搭載された「」などを開発した。 企業解体と非軍需産業への転進 [ ] 日本の敗戦とともに、GHQより航空機の研究・製造の一切が禁止され、中島飛行機は新たに富士産業 と改称された。 戦時中、最先端の航空機開発に取り組んだ技術者たちの生活は、各工場毎に、、、自動車修理、果てはや、衣類箱、などの金属製品を作って糊口を凌ぐ日々へと一変した。 このような状況の中、太田と工場の技術者たちは、の兵士たちが当時移動に利用していたアメリカ製の「」に着目する。 軽便な移動手段としての販路を見込めると考えられたことからスクーターの国産化が計画され、早速、敗戦後も残っていた陸上爆撃機「」の尾輪をタイヤに利用して試作、(昭和22年)に「」として発売した。 ラビットは運転が簡易で扱いやすかったことから、戦後日本の混乱期において市場の人気を博し、会社の基盤を支える重要な商品となった。 ラビットシリーズのスクーターは、モデルチェンジを繰り返しつつ富士重工業成立後の(昭和43年)まで生産された。 また航空機製造で培った板金・木工技術を活用し、(昭和21年)からボディ架装にも進出、特に従前のより床面積を大きく取れるキャブオーバー型ボディの架装で、輸送力不足に悩むバス会社から人気を得た。 さらに(昭和24年)にはアメリカ製バスにならい、得意の航空機製造技術を生かした、日本初のボディ・リアエンジンバス「ふじ号」が完成。 フロントエンジン型キャブオーバーバスより更にスペース効率に優れることから成功を収め、以降、日本のバスボディ・の主流はへ移行していった。 このようにして非軍需産業へ転進したであったが、(昭和25年)8月、当時の政策によっての対象となり、工場毎に15社以上に分割されてしまった。 富士重工業成立 [ ] (昭和25年)6月に勃発したは、戦後不況にあえぐ日本に「」をもたらしただけでなく、GHQの日本の占領政策を一変させた。 (昭和27年)4月、が発効すると、旧・財閥から民間賠償用としてGHQに接収されていた土地・建物の所有者に返還が始まった。 富士工業(、三鷹工場)、富士自動車工業(工場)を中心とした旧・中島飛行機グループ内での再合同の動きがにわかに活発化、1952年(昭和27年)12月、大宮富士工業()、東京富士産業(旧・中島飛行機・本社)を加えた4社が合併同意文書に調印した。 同じ頃、(昭和28年)の(現:)予算に調達予算が計上され、航空機生産再開に向けて、の獲得に国内航空機メーカー各社は一斉に動き出した。 当時、再合同の途上にあった旧・中島飛行機グループも再合同の動きを加速させた。 1953年(昭和28年)5月には、鉄道車両メーカーとなっていた宇都宮車輛(工場)が新たに再合同に参加することが決まり、1953年(昭和28年)7月15日、5社出資による航空機生産を事業目的とする新会社 富士重工業株式会社が発足した。 因みに丸の中に6つの星が描かれたSUBARUのロゴマークは、この「5社が集まって1つの大きな会社になった」ことを示している。 (昭和29年)9月、6社が合併契約書に調印。 (昭和30年)4月1日、富士重工業は、富士工業、富士自動車工業、大宮富士工業、宇都宮車輛、東京富士産業の5社を吸収し、正式に富士重工業株式会社としてスタートした(当時の資本金:8億3,050万円、従業員:5,643名)。 ロゴは「富士重工」で、「重」の1画目がない形になっており、長らく使用された。 旧・中島飛行機の発動機開発の拠点で、工場と工場を引き継いだは、中島飛行機再合同の動きが本格化した1952年(昭和27年)には、事実上、既にメーカーのの資本下に入っており 、再合同には参加しなかった。 また、この時再合同に加わらなかった、富士機械工業 など3社は、後に富士重工業の関連会社として加わっている。 富士重工業は、1966年(昭和41年)に東邦化学株式会社と合併し、存続会社を東邦化学株式会社とした。 この存続会社の東邦化学株式会社は(昭和40年)に商号を富士重工業株式会社と改めた上で合併しているため、一貫して継続した同一名称ではあるが、法律的には従来の富士重工業は1965年(昭和40年)に一旦消滅している。 これは株式額面金額変更が目的の事務的なものである。 1966年(昭和41年)、それまで東京・のに所在していた本社機能が西口()に自社建設した「」に移転する。 その後の推移と業務提携 [ ] 詳細は「」を参照 この節では自動車部門について述べる。 を発売した1970年代初頭から、本格的な市場への進出を開始。 やなどの消費者の自動車に対する要求の変化や、当時のを背景とした廉価性を武器に、国産他メーカーと同じくアメリカ市場での販売台数を飛躍的に伸ばすことに成功した。 (昭和43年)から(11年)まではメインバンク(/現: )が同じと提携、、、などの委託生産を請負い、工場稼働率のアップを図っていた。 しかし、これら横置きエンジンの受託車両とスバル車とはボディ骨格からが大きく異なるため、設計や部品の共用化などが本格的に行われることはなかった。 一方、水面下では、の企画段階においてを横置きした試作車が作られ、水平対向の制約から逃れて「広い意味での汎用性」に重きを置く商品政策に舵を切る動きもあった。 1968年2月に(スバル・オブ・アメリカ)設立、同年進出を皮切りに(欄も参照)、1970年代中盤から、、を中心とした・地方、、などにも進出。 1970年代以前には年産10万台にも満たなかった生産台数を、1970年代後半には20万台規模にまで増やし、順調に企業規模を拡大した。 (昭和60年)の以降の急激なとアメリカ市場との「共生」が求められるようになった時代背景の中で、北米市場での深刻な販売不振に直面。 (昭和62年)、との共同出資で、を設立して現地生産も開始した が、主に魅力的な車種展開が図れなかったことや、企業規模から他国産メーカーと比べ製造コストを劇的に下げることができなかったことなどから、には300億円もの営業赤字に転落。 深刻な経営危機が報じられるまでになった。 しかし、折からの「」によって資金調達のめどが順調に立ったことや、、の発売以来、順調に国内市場、北米市場での販売を回復することに成功。 (2年)にはの経営再建に手腕を発揮したの下で地道なコスト削減努力が続けられた。 への出場など、CI(コーポレーテッド・イメージ)の積極的な訴求効果とあわせ、年産100万台規模の世界的に見て比較的小規模なマスプロダクツ・メーカーとして現在に至っている。 後、日産自動車が経営不振に陥り、経営再建の一環として日産自動車保有の富士重工業株の売却を決め、(平成12年)に放出株全てが(GM)に売却された。 放出株のうち8. トヨタとの資本提携によるスバルの恩恵は大きく、稼働率の下がっていたスバルの北米工場で「」の生産を請け負ったり、品質管理やコストダウンの方法を学んだりするなどして利益率を高めた。 また北米特化の車作りに転換する一方で、事業や軽自動車生産から撤退するなどの「選択と集中」を進めた。 軽自動車保有層の受け皿として車のを受け、販売を継続することとした。 こうした努力がの利益率業界1位に繋がっている。 (平成22年)8月、東京都新宿区の本社ビル(新宿スバルビル)が老朽化したことなどに伴い、建物をに売却した上で、本社機能を東京都のの本社が入っていた「エビススバルビル(旧)」の跡地に新たに建て替える「エビススバルビル(新)」へ移転させることを発表。 (平成26年)8月18日、本社移転が完了した。 なお、エビススバルビル(新)の一角はスバル恵比寿ショールーム(スバル スター スクエア)および恵比寿店として機能する。 (平成23年)1月、開発で国からのを不正受給していたことが判明し、と(NEDO)から計8億250万円の返還処分及び補助金交付停止処分を受ける。 (平成28年)5月、2017年(平成29年)4月1日付で社名を「富士重工業株式会社」から「 株式会社SUBARU」に変更することを臨時取締役会で決議した。 2016年10月1日、産業機器部門が自動車部門に統合された。 その後、12月7日に「をもって事業を終息し、一部技術資産と米国販売子会社付けでへ譲渡する契約を締結した」と正式に発表した。 これにより、SUBARUは今後自動車生産と航空関連に特化した企業となり、商号変更とともに新時代を迎えることとなる。 米紙『』では、スバルの北米市場での成功は、と安全性が裏付ける確かな商品群を、適正価格で販売できるからだと指摘している。 『』によると、米国における在庫回転期間は、他社が概して2か月のところスバルは半月程度に過ぎず、販売奨励金は570ドルであり、1000ドル以下は異例と報じている。 2019年にはトヨタが出資比率を20. また、EVののプラットフォームをトヨタと共同開発することも発表されている。 航空機再生産 [ ] 富士 T-1 (昭和28年)9月、富士重工業は社と「」の製造ライセンス契約に調印。 (昭和30年)10月、国産1号機を完成させ、防衛庁への納入を開始した。 さらに(昭和32年)11月、戦後初の国産ジェット機「(初鷹)」の開発に成功。 中等練習機として(昭和38年)までに66機を(現: )に納入した。 (昭和40年)8月、民間向け軽飛行機の初飛行に成功。 翌(昭和41年)10月から販売を開始。 低翼式の機体を採用したFA-200は低速時の安定性に優れ、なども可能な万能機として好評を博し、298機を生産した。 戦後初の国産旅客機「」の開発にも参加。 桁とを担当。 この経験はのちに、(昭和48年)12月、・との生産分担契約に結実し、(昭和49年)には新世代旅客機の国際共同開発プロジェクトに参加。 国際分業に大きな役割を果たした。 一方で1974年(昭和49年)、富士重工業は米国の社と双発ビジネス機の共同開発を開始。 (昭和50年)11月に初飛行に成功、(昭和52年)から販売を開始した。 しかし、の打撃によりロックウェル社が軽飛行機事業から撤退し計画は頓挫。 FA-300は僅か42機で生産を打ち切り、富士重工業も小型機の自社開発を断念する結果となった。 以上のように民需(民間機)については限定された実績にとどまるが、官需(もっぱら陸海空の各機)については「T-34」や「T-1」の後も順調に実績を重ねてきた。 詳細はの節を参照。 民間機についても、1990年代以後の潮流として増えてきている国際・複数企業による共同開発にいくつか関与している。 生産部門 [ ] 自動車部門 [ ] 詳細は「」を参照 航空宇宙部門 [ ]• 宇都宮製作所()• 宇都宮製作所半田工場() 環境技術部門 [ ]• エコ宇都宮工場(栃木県宇都宮市)• かつて鉄道車両や塵芥収集車・を生産していた。 業界ではトップシェアを誇っていた。 現在は航空機部品を主に製造している。 航空宇宙部門 [ ] 日本航空業界の草分けであるの後身で、現在も日本の航空宇宙業界で第三位であり、防衛省向け航空機の製造・開発及び定期整備や社向け分担生産を中心とし、その他 海上保安庁、消防や警察向けのの生産・整備も広く行っている。 中でも固定翼機の主翼製造には業界屈指の技術と品質を誇り、からの開発に関わる企業の中で特に高度な能力を持つサプライヤーとして高く評価する表彰を受けているほか、やなど(主に主翼を製造)の国内開発でも大きく貢献している。 40m超の主翼製造能力・設備は世界でもボーイングやに次ぐレベルである。 複合材製品についても、世界屈指の技術力を持つ。 複合材料の実機適用は国内メーカーの先駆的役割を果たしている。 民間分野では開発参加や販売で国産機の実績を積んでいる。 無人航空機の開発にも積極的であり、や無人など自衛隊向けの機体を主とし、将来の無人機の活躍を見据えた複数の新型無人機開発に関わっている。 任務多様化、機能高度化に向け、様々な技術を研究・開発中である。 さらには(JAXA)の超音速実験機の製造・開発や航空自衛隊の(後の)の主翼・尾翼製造・開発など日本の航空宇宙産業発展のための高度な先進技術の研究開発にも数多く参加し、実績を残している。 沿革 [ ]• (昭和33年) - 後日本初のジェット機を開発し初飛行に成功する。 (昭和53年) - が初飛行。 3月から量産機が納入された。 生産機数は50機。 (昭和62年) - が初飛行。 主力であった製造からとの契約による製造(と)へと製造の主軸を移してから固定翼機製造への積極的な参加をしていなかったが、富士重工業初の生え抜き社長であった(前社長)体制時の中期経営計画FDR-1により固定翼機製造を中心とした製造体制を再び本格化し制定にあたり中心的役割を果たした。 (平成6年)、の1号機がロールアウト。 「世界最大の双発旅客機」の開発・製造に参加し中央翼を分担する。 (平成14年) - T-3改が初飛行。 (平成15年)4月にとして制式採用された。 2002年(平成14年)6月 - に参加。 垂直尾翼前縁・翼端、フェアリングを分担する。 (平成17年)に開発が決定したの開発にも参加している(詳しくは共同開発を参照)。 (平成20年)から、MRJ(三菱リージョナルジェット)(現:)の設計のために技術者4名が出向している。 製品 [ ] (自衛隊)向 [ ]• (と共同開発中) ライセンス生産 [ ]• (国内開発)• (国内開発)• (国内開発)• (国内開発)• (国内開発)• 多用途ヘリコプター()• (ベル・エアクラフト)• 用アンテナマストグループ() 分担生産 [ ]• (主翼・尾翼等)• (主翼・尾翼・)• (尾翼・キャノピィ等)• (主翼外翼・・尾翼)等• (主翼ライセンス生産)• (装備品取り付け・納入前整備)等• (主翼・垂直尾翼等)• (主翼等) 民間向 [ ] 自社開発 [ ]• (富士710、ロックウェル・インターナショナル社と共同開発)• ドライビング・シミュレータ• (の民間向製品)• (ベル・ヘリコプター・テキストロン社と共同開発) 分担生産 [ ]• (、)• (アウトボード)• (共同開発、主脚扉・翼胴フェアリング)• (共同開発、中央翼・主脚扉・翼胴フェアリング)• (共同開発、中央翼)• (垂直尾翼構造)• ホライゾン M4000(主翼構造およびシステム開発)• 機(胴体構造開発)• (主翼)• ライセンス生産 [ ]• 中型物輸ヘリコプタ()• 205B 中型物輸ヘリコプタ(ライセンスを受けて独自改良) 宇宙関連機器 [ ]• テレジット(人工衛星) 環境技術 [ ] 現在は各種環境用プラント設備のみを生産している。 それ以外の製品については後述。 過去の商品 [ ] 軽三輪 [ ]• 「ダイナスター」 二輪車(スクーター) [ ]• 「」 二輪車(オートバイ) [ ]• ピークとなる1980年(昭和55年)には1日12台を製造、年間では2,393台を生産したが 、バス事業の環境変化から1993年(平成5年)以降は赤字状態となっていた。 (平成10年)にとの架装から撤退、(平成14年)に日産ディーゼルがバス車体の架装を(西工、)に集約することを決定したため 、同年に事業存続は困難と判断し、伊勢崎製作所で行なっていたバス車体架装事業を終了する決定をした。 このため、バス車体架装事業は日産ディーゼルとごく少数のを最後に(平成15年)で生産を終えた。 3月28日には「バス最終生産車出荷式」が執り行われ、納入の日産ディーゼルを送り出し、バス車体事業部門の解散式となった。 1946年(昭和21年)以来、57年間続いたバス車体事業は累計生産数8万1,292台もって終止符を打った。 なお、国内向けだけではなく、海外向けにも6,000両以上が出荷された。 またのシャシーを輸入し、シリーズとを製造していたが、これらも(平成12年)に生産が終了している。 なお、伊勢崎製作所はその後(現:伊勢崎工場)となり、販売済みの車両に対するアフターサービスを行なっている。 の車内銘板 (昭和25年)頃から主にとを旧や、、向けに、また、群馬・栃木県内に路線を持つ向けにはを生産していた。 生産両数の減少により(平成14年)5月に事業存続は困難と判断し、宇都宮車両工場(現在のエコ宇都宮工場)で行っていた事業を終える決定をした。 (平成15年)に新潟事業所()へ事業譲渡。 などの振り子式気動車は大半が富士重工製。 鉄道車両事業の最終製造車はAR303号車となった。 最後に製造された電車は(31406Fの4両)。 なお、先述の伊勢崎事業所でも、2500形8両のうち昭和34年製造分の6両製造していた。 この2500形は、当初軌間1,067mmの第14系統杉並線専用に杉並電車営業所へ配属された電車で、台車はD-10Nという戦前の車両のものを再利用している。 1963年 昭和38年 11月23日の・杉並電車営業所廃止後は荒川電車営業所へ移送され、しばらく留置の後に改軌のうえ営業復帰。 さらに事故廃車の1両を除く7両が早稲田電車営業所に転属し、昭和43年9月に除籍・廃車となった。 鉄道車両事業の製造実績(総計11,118両)• 私鉄各社向け電車 341両• 第3セクター向け車両 270両• 私有貨車 4,381両• 保守用車両 3,160両 気動車 東武鉄道30000系• 東武鉄道• (302Fのみ)• 6156F、6160F、6164F、6168F、6171F、6179F、61102F、61103Fが該当。 61102Fと61103Fは野岩鉄道所有編成。 (9101Fのモハ9501号車-モハ9601号車、9107F)• (11802F、11005Fのモハ15005号車-サハ16005号車を除く8両。 11005Fのモハ15000形-サハ16000形が製のため除く。 11431F、11432F、11633F、11448F、11655F、11453F、11455F、11456F、11459F、11268F)• (31406Fのみ。 31606Fは東急車輛製)• (用車両)• (日光軌道線用車両)• (現在の)• の改造等 (形の製造歴もあり) [ ]• 国鉄(電車車両は改造だけであった)• から72系970番台(後の)への更新。 モハ72形からクモユニ82形、クモニ83形への国鉄工場扱いによる受託更新工事もあった。 非冷房車から冷房装置新設改造(AU75系・AU712系も同社製)工事も請け負った。 他、も参照。 国鉄 - ・・・・• JR東日本 -• - 客車35両(1954年度納入実績 ) も参照。 私有貨車の一部の車両等• タキ2800形(専用タンク車)• (専用タンク車)• (専用タンク車)• タキ9800形(類専用タンク車)• (類専用タンク車)• (液化専用タンク車)• (石油類専用タンク車)• (専用ホッパ車)• 国鉄所有コンテナ(5000形(試作・量産) ・)• - 貨車20両(1950年度納入実績 ) 他、も参照。 軌道モーターカー• - レールスター• TMC100・101・200・201・300・301・400・500・501• MCR400-W・TMC400Sと大型軌道モーターカーの除雪型 環境技術 [ ]• 塵芥収集車部門は2012年12月21日を以って生産を終了 し、2013年1月1日に傘下の販売会社の及びと共にに事業譲渡された。 スバル風力発電システム• 風力発電部門は2012年7月1日を以ってに事業譲渡された。 産業機器 [ ]• 「ロビン」ブランドの小型汎用エンジンを開発・生産し、汎用エンジン業界ではシェア世界第4位。 富士重工業内では唯一、米国とに生産拠点を持っていた。 これらのエンジンは取り扱いの容易さと抜群の耐久性などで、主に土木工事現場で使われるや、コンクリートカッター、用の、構内作業車()などに動力源として搭載された。 また、、、(バギー車)などに搭載されるエンジンも開発、生産していた。 これらのエンジンのほとんどはOEM供給されているため、一般人の目に触れる機会はほとんど無いものの、スバル車ディーラーで頒布される情報誌『Cartopia』で時折紹介され、相応に認知された存在だった。 なお、富士重工業は、をもって自動車部門の競争力強化のため、産業機器カンパニーをスバル自動車部門に統合し、既存商品の製造、販売、サービスに特化した上で、開発案件の停止による人員の自動車部門への配置転換など、将来的には事業縮小・撤退の意向であると発表した。 そして2016年12月7日、「2017年9月30日付けで事業終了とし、一部技術資産と米国販売子会社を付けでへ譲渡する契約を締結した」旨を正式に発表した。 EY15(汎用)• EY20(汎用)• EX17(汎用)• EX30(汎用)• EH29(ゴルフカート用)• EH50(ATV用)• ES50(ATV用)• EC55(スノーモービル用)• スバル・ナイター()• 電動刈払い機• 住宅事業 [ ] SUBARUでは、建設現場向けの仮設ユニットハウス、小型のを製造していた。 以前はで名高いでも扱っていたことがある。 2004年に富士ハウレン株式会社へ分社化し、2011年に社名を富士重工ハウス株式会社に変更されたが、付で子会社のスバルファイナンス保有分も含めた全株式がへ譲渡されたと同時に、株式会社へ商号変更された。 スノーボード・自転車・望遠鏡 [ ]• (平成10年)には、宇宙関連機器および航空機部門の技術を使って、中空桁構造オールドライカーボンの「VTOL」が少数販売された。 なお、販売はのみ当初は50枚限定で販売された。 スバルと名乗らず別ブランドで販売された。 現在は販売されておらず、貴重な製品である。 (平成20年)12月には、99台限定で自転車(クロスバイク)「SUBARU XB」が発売された。 価格は36万円。 マウンテンバイクに軽量大口径ホイールを装着して、オンロードでの走行性能を向上させた自転車で、レガシィなど富士重工の車と同様、オンロードとオフロード双方の走破性を合わせもつ自転車として「クロスバイク」と呼称している。 また、(平成25年)1月に、とのコラボレーションによるクロスバイクが、にて販売している(ただし、仕様は全く異なる)。 (2008年12月11日時点の)• (平成21年)12月には、屈折式「SUBARUメローペ80A」を発売した。 外部の専門メーカーと富士重内部の開発チームの共作で、スバルブランドをイメージさせるブルーで塗装されているが、車の色とはやや異なり、車のボディに比べて曲率が大きい望遠鏡の鏡筒を仕上げるために専用塗料を採用している。 現在このクラスの望遠鏡は、大部分が中国製だが光学系の製作や検査をすべて日本のメーカーが行っているのが特徴となっている。 「」はプレアデス星団の最も下にある星の名称。 不祥事・事件・問題・事故 [ ] 汚職事件 [ ] 1998年、富士重工会長・社長のとの小暮泰之が、海上自衛隊の開発をめぐりを提供していたとして逮捕され、辞任する事件が起きた。 賄賂を受け取った国会議員は富士重工の前身「中島飛行機」の創業者の一族、元衆院議員であったが、2000年9月に2年の実刑判決を受けた。 しかし精神不安定に陥っていた中島は2001年に首を吊り自殺した。 富士重工側の2人は2006年につきの懲役刑が言い渡された。 「」も参照 リコール隠し [ ] 1996年(平成8年)、にて「」がの故障によって正面衝突する事故を起こした。 警察は捜査の結果、同様のトラブルが1994年1月、・両県で発生し、本社に苦情が寄せられたが内密に処理されていたことが判明。 1997年(平成9年)には工場を取り調べた警察によって欠陥隠しが判明。 ブレーキ以外にも多岐にわたる不具合が発覚し、警察から警告を受けたスバルは11車種147万台についてを届け出た。 1998年(平成10年)、は富士重工業に140万円(7件分)の支払いを命じた。 また、事故発生の危険性を十分認識しながら(当時)にリコールを届けなかったため事故が起きたとして、富士重工業の当時の品質保証本部の幹部2人を容疑でにした。 2000年(平成12年)に大津地検はで同社の品質管理責任者だった2人を略式起訴、一週間後に罰金各50万円の略式命令が下った。 2017年(平成29年)9月には「」62万台がリコールとなった が、リコール対象は()と古くに及ぶことに加え、多数の不具合報告と2013年(平成25年)、2015年(平成27年)と2度のがあったにも関わらず遅いリコールとなったため、サンバー所有者の不信を招いた。 これについてスバルは「プーリーが外側に出ない構造であった」「対応に時間がかかった」としている。 補助金不正 [ ] 2012年、クリーンロボット事業部において不正経理が行われていたと共に、や行政法人からの委託事業・補助金事業について不正が行われていたと発表した。 不正経理は2004年から2011年の間に行われ、架空発注の元に2億円以上の資金を不当にスバルから引き出し、主にクリーンロボット部部長が私的に流用していた。 スバルは元クリーンロボット部部長を栃木県に刑事告訴した。 不正・無資格検査 [ ] 1984年にでの「」の型式認定試験の際、事前の提出書類の数値よりも実際の車重が軽くなってしまったため、密かに重りとなる数十kgを前後に詰めていたことが発覚。 これにより「レオーネ」の販売開始が遅れ、生産計画に混乱が生じた。 2017年9月にが起こした無資格検査問題に伴い、自動車企業各社で調査がされた結果、スバルは群馬工場で30年以上にわたって無資格で検査をしていたことが判明した。 「」の兄弟車でスバルが生産を担当する「」を含めて直近3年間の25. 5万台がリコールとなった。 完成検査員は、各企業内で「当該検査に必要な知識及び技能を有する者のうちからあらかじめ指名された者(=資格取得者)」が行う必要があった。 また独り立ち期間中に完成検査員の印章を借りて押印することも常態的に行われていたという。 また同年12月に国土交通省に提出された調査報告書によると、研修自体が十分な時間に満たなかったことや、筆記試験で試験官が答えを教えるなどの不正をしていたことも判明。 さらに国土交通省の立ち入り検査の際は、無資格者を意図的に現場から外すなどの隠蔽工作も慢性化していたことが分かった。 日産の不正と合わせて日本の完成検査制度の信頼が崩れたことで、貿易自由化交渉や経済連携への悪影響が懸念される。 佃モビリティ総研の佃義夫所長は国内の販売が減少状況で、メーカーは国が定めた点検手順を費用のみがかかる形式的な行為だとしていたと分析している。 またの『』は他国には無いもので、十分に監督されるわけでもない規制が問題の一端を提供したのだと日本が不要な規制を設けていたことを批判した。 ジャーナリストの井元康一郎は、既に完成検査の基準を凌駕する品質が確保されているため実際の検査を修業に使う行為や、現場の意見が強くルールも工場ごとの流儀で決まり経営側も改革を進められないなど、自動車製造など日本の古典的な製造業に由来する現象だと指摘している。 燃費・排ガス・ブレーキ検査のデータ書き換え [ ] 上述の無資格検査が発覚した際、燃費の不正もあるという報告を受けて外部に調査を依頼したところ、同検査の一部である、抜き取りによる検査と検査においてデータ書き換えが行われていたことが2018年3月に発覚した。 燃費の検査行為は道路運送車両法の保安基準の対象外(=自主的なもの)である一方、排ガスの検査は対象内であるため同法に抵触する可能性がある。 いずれも基準値の範囲内であるとして、リコールは行わない見込みであるが、これらの一連の問題を受けて吉永社長は会長職へ退いた。 翌4月に提出された報告書によると、少なくとも2012年12月から2017年11月までの間に903台において検査員および班長によるデータの書き換えがあった。 また同期間以前のデータは既に無いが、「2002年から不正が行われていた」という証言もあり、同報告書はその可能性は否定できないとした。 同年9月には、加えてブレーキ検査でのデータ改ざんも発覚。 こうした不正の一部は1990年代前半から行われていたとされる。 さらに同年11月に、これらの検査不正は発覚後も一年の間(同年10月まで)行われていたことが判明。 追加で10万台のリコールが発表され、一連の不正によるリコールは53万台に膨れ上がった。 軽自動車用を除くエンジン不具合に伴う大規模リコール [ ] 2018年10月25日にエンジンの部品が壊れる恐れがあるとして、複数の車種について大規模なリコール(回収・無償修理)を近く国土交通省に届け出ることが明らかとなり、国内のみならず、海外で販売した車種にも影響が及ぶ可能性があるとしている。 対象は少なくとも数十万台にのぼる模様となる見込み。 バルブスプリングというエンジン部品が不具合を起こし、エンジンの作動に影響が出る恐れがあり、日米の市場で販売した戦略車種が対象になるとみられる。 また、トヨタ自動車と共同開発したスポーツカーの「BRZ」、およびその同型車種となる「」もリコール対象に含まれる。 国内工場生産停止 [ ] 2019年1月16日から国内唯一の完成車工場である群馬製作所(群馬県太田市)の操業を全車種で停止した。 部品メーカーから調達している電動に、不具合が見つかり、原因の究明を優先した。 28日からの操業再開を準備しているが納車の遅れや新たなリコール対策などの影響が懸念される。 2019年1月28日から、不具合の恐れがある電動パワーステアリング(EPS)について対策を施したEPSの調達に一定のめどをつけたため工場を再稼働した。 当面は1日の生産台数を減らして品質優先での操業となる。 出荷済みの車については、リコールの有無などを検討する。 2019年1月31日、生産停止の原因となった電動パワーステアリングの不具合で「フォレスター」など3車種計約780台をリコールすると国土交通省に届け出た。 リコール対象は他に「SUBARU XV」と「インプレッサ」で、2018年(平成30年)12月28日~2019年(平成31年)1月16日製作分。 また、国内向け約780台のリコールに加え、海外向けに生産した計約1万4千台についても、リコールや部品交換を検討すると明らかにした。 残業代未払い問題 [ ] 2019年1月24日に、2016年にした男性社員の代理人が会見し、2015年から2017年にかけて、社員3421人に計7億7千万円の残業代を払っていなかったことが判明した。 過労自殺の社内調査で2018年1月までには判明していたが、「(調査結果を)隠すような意図はなく、公表すべきだとは認識していなかった」(広報)としている。 1年間にわたり問題を公表しなかったことになり、企業姿勢が問われる事態になっている。 エピソード [ ] 社歌 [ ] 作詞は富士重工業の元社員。 作曲は。 富士重工業時代に創立10周年記念として制定された社歌である。 SUBARUへの社名変更に際して「社歌を変えないでほしい」という従業員の声を受けて、社名変更後も社歌として使われることとなったが、富士重工業時代の歌詞には「富士重工」を連呼するパートがあるため、その部分は作詞者の了承を得た上で「わがスバル」に置き換えられた。 「トヨタにはならないでください」 [ ] トヨタとの資本提携が決まった時、トヨタのやから言われた言葉である。 また「これ以上、(トヨタの得意ゾーンの)円に入ってくれば即座にたたきつぶしますから、そのつもりで」 とも言われたという。 軽自動車生産からの撤退についてスバルの吉永は「ウチの規模で軽に開発リソースを割くよりも、世界で売れる車に特化する。 勇気ある決断でも何でも無い。 合理的に考えれば軽は撤退しかなかった」と語っている。 イスラエル [ ] に勃発したを受け、はに対し占領地区の開放を勧告する決議を採択した。 世界中の企業がこれに呼応して貿易を開始、翌1968年にはトヨタ・日産・が出荷停止するなど日欧の自動車メーカーも追随した。 一方、時を同じくしてが生産終了することとなり、以前からラビットをイスラエルへ輸入していた業者はこれを受けてに着目し、さっそく同1968年より 取扱い始めた。 彼らは翌1969年に現地企業 () 英 "Japanauto Israel Auto Corporating Ltd. " を設立、同年からも販売開始。 後にが主力商品となった。 こうした経緯から、(非公式にではあるが) 富士重工業は海外初進出国として 同国への輸出を開始することとなった。 加えて、当時は輸入車の多くが排気量やボディ形状の関係で高額な関税が課せられており庶民向けの選択肢が小型車に限られていた中、小排気量ながら比較的大きな車体を備えたスバル車は同国民の需要にも合致した。 この結果、ダイハツ工業が1983年に輸出解禁するまでの10年以上に渡り 、同国の乗用車市場において大きなシェアを獲得する結果となった。 、が現地法人を設立したのを皮切りに輸出再開が相次いだのに加え、90年代には韓国車の輸出攻勢も始まった結果、富士重工業のシェアは非常に小さいものとなっている。 なお、本エピソードを下敷きとして、映画「」が2010年に製作された。 スバリスト [ ] 詳細は「」を参照 スバリスト(英語:Subie は自動車メーカーSUBARUが製造する自動車の愛好家のこと。 スバル主義者。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 終戦後、に接収されて、140の高品質な燃料を使用しての綿密なテストの結果、アメリカをして「第二次大戦の日本戦闘機のベストワン」と絶賛させた。 「富士」は「」に由来する。 中島飛行機の創立者である中島知久平は、日本を代表する名山である富士山をこよなく愛した。 本社は東京都新宿区(新宿スバルビル所在地)である• 当時、ブリヂストン会長でもあった個人が筆頭株主の会社(つまり、厳密にはブリヂストンの資本系列ではなかったが、銀行は事実上のブリヂストン支配の会社と認定していた)となっていた。 1954年(昭和29年)、戦前のの転進で、同じくブリヂストン傘下にあったと合併、富士精密工業としてスタートした後、(昭和36年)、と名称を変更、・・などを開発。 (昭和41年)、に吸収合併された。 のちの富士ロビン。 に富士重工系列を離れを経てに吸収合併。 (以下、)を含むによる完成車の相互供給も行なわれたが、(平成15年)いすゞのSIA撤退をもって関係を解消している。 GM傘下在籍中には、同傘下のにインプレッサ・スポーツワゴンの車種を提供したり、GMのタイ工場から車のOEMであるなどの供給を受けたりしていた。 また(平成15年)から開発がスタートした「B9トライベッカ」ではSAAB版を最初からサーブ側と共同開発する計画だった。 大型専業4社のほかにを含む。 社史『富士重工業50年史 1953-2003』年表には、対イスラエル輸出に関する記述がない。 現地商社による販売だった為表向きは直接関与していないものとした、或いは富士重工業としてもともと輸出する計画は無かった、などの仮説がなりたつが、理由は不明である。 イスラエルとの取引を継続すると中東諸国でボイコットを受ける恐れがあったが、長年国内市場のみで販売されたスバル車にはこのリスクが無いという側面があった。 出典 [ ]• 共用化が全く行われなかったわけではなく、3代目レオーネ及び初代アルシオーネと7代目及び8代目ブルーバードの一部部品は互換性があった。 毎日jp 毎日新聞社. 2013年2月1日. の2013年5月1日時点におけるアーカイブ。 2013年2月1日閲覧。 プレスリリース 2016年5月12日. 2016年5月12日閲覧。 ヤマハ発動機プレスリリース 2016年12月7日. 2017年1月8日閲覧。 Chicago Tribune 2015年2月29日• 東洋経済オンライン 2016年4月1日• 2019年9月30日 ITメディアビジネスONLINE• (2019年1月8日閲覧)。 (2016年4月11日)2019年1月8日閲覧。 SUBARUニュースリリース(2017年10月23日)2019年1月8日閲覧。 2002年1月16日. の2002年1月18日時点におけるアーカイブ。 2017年3月15日閲覧。 富士重工業「富士重工業50年史1953-2003 六連星はかがやく」281P・292P。 プレスリリース 2012年12月21日. 2016年5月12日閲覧。 新明和工業 2013年1月7日. 2016年5月12日閲覧。 富士重工業プレスリリース 2016年5月12日. 2016年5月12日閲覧。 ヤマハ発動機プレスリリース 2016年12月7日. 2017年1月8日閲覧。 SUBARUプレスリリース 2020年3月2日. 2020年3月3日閲覧。 ユアサ商事プレスリリース 2020年3月2日. 2020年3月3日閲覧。 にOEM供給されていた製品がリコールに該当するかどうかは不明だった。 SUBARU 2017年9月7日. 2020年1月25日閲覧。 2017年9月7日. 2020年1月25日閲覧。 『』2018年4月27日• 『日本経済新聞』2018年9月28日• livedoor News 2018年11月5日• デジタル 2018年10月25日• 産経ニュース. 産経新聞 2019年1月23日. 2019年1月25日閲覧。 YOMIURI ONLINE(読売新聞). 読売新聞 2019年1月23日. 2019年1月25日閲覧。 ニュースイッチ. 日刊工業新聞 2019年1月28日. 2019年1月28日閲覧。 共同通信. 共同通信 2019年1月31日. 2019年1月31日閲覧。 株式会社SUBARU(スバル)企業情報サイト. 株式会社SUBARU 2019年1月31日. 2019年1月31日閲覧。 共同通信. 共同通信 2019年1月31日. 2019年1月31日閲覧。 朝日新聞デジタル. 朝日新聞 2019年1月24日. 2019年1月25日閲覧。 スバコミ 2017年4月28日閲覧• - ダイヤモンド・オンライン• [ ]• THE TIMES OF ISRAEL. 2019年6月11日閲覧。 1970年に撮影された当時の写真より。 2019年10月28日閲覧。 Chaim Fershtman,Neil Gandal 1998年. The RAND Journal of Economics. 2019年6月11日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 SUBARUテクノ株式会社• (特装車架装メーカー。 過去にはサンバーを受託生産していた)• (現・)• (通称: 総合太田病院、太田病院。 看護師養成の専修学校を併設)• (富士重工業旧大宮製作所跡地に出来た大型ショッピングモール。 この土地は中島飛行機時代から使われており、富士重工にとって由緒ある場所である。 アナウンサー。 2012年4月~2016年3月まで同社のスバルスターズとして活動した。 - 群馬製作所本工場至近にある菓子店 外部リンク [ ]•

次の