雲霧仁左衛門4第3話。 BS時代劇 雲霧仁左衛門3(全8話)

雲霧仁左衛門

雲霧仁左衛門4第3話

なお、放送日については、決まり次第、番組表やホームページ等でお知らせいたします。 狙うは大奥の隠し金! 雲霧仁左衛門と式部、最大の戦いが始まる・・・!! 2013年「雲霧仁左衛門」、2015年「雲霧仁左衛門2」、2017年「雲霧仁左衛門3」、2018年「雲霧仁左衛門4」と放送され好評を博した人気番組の第5シリーズが、満を持してスタート。 これまでの豪華メンバーに強力な新キャストを加え、一層バージョンアップしたドラマをお楽しみください。 【物語】 数々の盗みを成し遂げた稀代の大盗賊・雲霧仁左衛門(中井貴一)が、今回、狙いを定めたのは大奥の隠し金であった。 ターゲットは、大奥で絶大な権力を誇る総取締・滝山(ともさかりえ)。 滝山は大奥のみならず、若年寄・三好出羽守(筧利夫)を使い、表向きの政治にも力を揮っていた。 実は、滝山には秘密があった。 断絶した家を再興するために、大奥が積み立ててきたばく大な隠し金の総取りをたくらんでいたのだ。 滝山に忖度した三好により、二人目の火付盗賊改に登用された山川安左衛門(早乙女太一)は、若さゆえの行き過ぎた正義感で江戸市中で苛烈な取り締まりを行い、雲霧を追い始める。 一方、本来の火付盗賊改で、雲霧の宿敵である安部式部(國村隼)は滝山に隠された秘密に迫っていく・・・。 BS時代劇 『雲霧仁左衛門5』 【原案】 池波正太郎 『雲霧仁左衛門』 【脚本】 古田求、松下隆一、森脇京子、三谷昌登、岡本さとる 【音楽】 遠藤浩二 【出演】 中井貴一、國村隼 内山理名、近藤芳正、手塚とおる、大東駿介、渡辺哲、黒沢あすか、やべきょうすけ、村田雄浩 ほか (新キャスト) ともさかりえ、早乙女太一、筧利夫、大地康雄、榎木孝明 酒向芳、宇野祥平、山中崇史、黒田大輔、矢崎広、秋元才加、優希美青 ほか 【演出】 山下智彦、服部大二、宇喜田尚、井上昌典 【制作統括】 佐野元彦(NHKエンタープライズ)、渡邊竜(松竹)、磯智明(NHK) 新着記事• Javascriptを有効にしてください。 カテゴリーから選ぶ 開く• 月別から選ぶ 2020年 開く• 2019年 開く• 2018年 開く• 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 2013年 開く• 2012年 開く• 2011年 開く• 2010年 開く• 2009年 開く• 2008年 開く• 2007年 開く• 2006年 開く• 2005年 開く• 2004年 開く• 2003年 開く•

次の

私の家政夫ナギサさん 主演・多部未華子 ネタバレあらすじ第3話とキャストや相関図

雲霧仁左衛門4第3話

雲霧仁左衛門と火付盗賊改方長官・安部式部、そして仁左衛門因縁のきゅう敵・藤堂家の三つどもえの戦いの行方は?. 番組内容 藤堂家の御用商人・丸子屋の様子を探る雲霧一党の小頭・伝次郎(近藤芳正)は、店で働くおなみ(櫻井淳子)を見かけ動揺する。 おなみは伝次郎の昔の盗人仲間で、別れた恋人だった。 その後嫁いだものの夫が亡くなり、ひとり娘・お志乃(春本由香)の祝言のため再び盗賊の引き込み役をしていたのだ。 おなみの頭・平助(森下能幸)は標的がかち合っていることを知り、おなみ母娘を使って伝次郎から金のありかを聞きだそうとする。 しかし今では地デジ化が進み高画質になったことで、大昔のお話なのに現代的な映像であるというギャップが出来ています。 番組内容に関しては、主人公の雲霧仁左衛門 中井貴一 と火付盗賊改方長官・安部式部 國村隼 と仁左衛門因縁のきゅう敵・藤堂家の三者間の戦いは、それぞれの役を演じるのが実力派俳優の方々ばかりなので、どれくらいのクオリティに仕上がっているかどうかという点は、時代劇ファンにとっては1番楽しめる部分だと思います。 私は『時代劇』というジャンルのドラマには、コアなファンが数多くがいらっしゃいと思うんですが、全体的に考えるとやはりマイナーなコンテンツだと感じてしまいます。 だからこそメジャーな刑事ものや恋愛ものの映画ドラマ等になかなか出演されなくても、これまで全く知らなかったけれども、しっかりとした腕を持った役者さんを見つけることが出来る面白さも見出だせるのではと思いました。 妹さんは華やかな美人で地味で冴えない沙織とは真逆のタイプだと思いました。 沙織の妹にネイルを塗ってもらった光源氏ですが、烏帽子とジャージとネイルの組み合わせが面白かったです。 朝帰りを続ける光源氏を女の人と逢瀬していると思い込んで、不満があった沙織ですが、ちゃんと光源氏の分までテイクアウトを買ってきてるところに、沙織の愛情が表れてます。 光源氏がテレビで以前見て惹かれた女優さんが、髪が短くなっているのを見て、尼僧になったと勘違いしますが、平安時代では皆、長い髪だったんですね。 沙織と光源氏が一緒にタピオカミルクティーを飲んだり、公園で蹴鞠をしたり、もんじゃ焼きを食べに行ったりと、デートのシーンが楽しそうで、幸せそうなカップルに見えます。 光源氏の残酷な言葉に傷ついた沙織は感傷的になって光源氏を追い出してしまいますが、沙織の気持ちがわかります。 でも気になって光源氏のSNSを覗いてしまう沙織ですが、揺れる女心が表れていてると思いました。 結局、光源氏を迎えに行ってしまう沙織に優しさを感じました。 雲霧仁左衛門も 自分の住処を襲われ、仲間を一人 失ってしまうことから 是が非でも 仲間の敵討ちをしなければならないと、必死の思いに駆られます。 殺人をしない雲霧仁左衛門が、なぜそこまで藤堂家を襲うことにこだわるのだろうと思っていましたが、仲間の敵討ちとなれば殺人も行うのかなというところに少し 疑問 があります。 この点もドラマの展開を楽しむポイントと思います。 この時代劇ドラマは、 出演者に ベテランの方達が多く、 静かですが、非常に落ち着いた 形で見ていることができます。 また、 新人の出演者の方々もいらっしゃいますので、ベテラン役者とどのように 絡み合い、共演できるのか、その辺も楽しみのひとつです。 まとめ どこまでも続く磯部と仁左衛門との因縁の対決。 とうとう雲霧側に死者が出てきたことによってその対決が本格化してきましたが、その分話がどうなっていくのかとても面白そうだと思いました。 仁左衛門も磯部の資金源の大店を狙うため盗めを再開するなど、本格的に動き出した話がどうなっていくのかとても楽しみです。 まず仁左衛門の盗みが成功するかどうかがとても面白そうです。 さすが大店だからなのか、磯部が先に手を打ったからかどうかはわかりませんが、肝心の金のありかがわからなければ仁左衛門とてどうしようもありません。 新たに加わった仲間とともにどのようにして仁左衛門は金のありかを見つけるのか、そしてそれをどうやって盗み出すのか、それがとても面白そうだと思います。 仁左衛門としては絶対に負けられないこの盗み。 しかし式部は全力で雲霧を捕まえにやってくるでしょう。 磯部のみならず、式部も交わしていかなければいけない仁左衛門の盗み。 偽物の雲霧に気づくくらい雲霧に精通している彼相手に、仁左衛門はどのようにして彼をかわして盗みを成功させるのか面白そうだと思います もちろん盗みだけでなく、仲間を殺され、遠ざかっていた盗めを再開する決意をする仁左衛門、そんな彼を中井貴一さんがどのように演じてみせてくださるのかも楽しみにしています。 タイムスリップ物は大好きなので、楽しめました。 光源氏がタイムスリップして、沙織の部屋のスダレをくぐってきますが、そのスダレは沙織がバリで買った物というのが、今風ですね。 いきなり貴族の装束で現れた光源氏にビックリする沙織ですが、一人暮らしでいきなり知らない男性に入ってこられたら、怖かったと思います。 警察に嘘をついて庇ってくれた沙織に感謝して、いきなり沙織を抱きしめる光源氏ですが、プレイボーイで有名な光源氏らしいと思いました。 牛車を呼んで欲しいと言ったり、初めて飲んだ紅茶を薬湯と言ったりと、光源氏と現代の文化とのギャップも面白いです。 沙織に連れられて買い物に行く時、ジャージ姿に烏帽子というトンチンカンなコーディネートがシュールでした。 ブティックで沙織に洋服を選んでくれる光源氏は優しいです。 沙織が選んだコーディネートを試着した光源氏は、なかなか似合ってました。 コーヒーショップで生まれて初めて抹茶ラテを飲んで感激した光源氏が短歌を詠むとは、流石に平安時代の貴族です。 初めての美味しさに感銘して涙を流すとは、可愛いです。 沙織のマンションに戻ったら、また烏帽子をかぶってますが、光源氏にとって烏帽子は大切なんでしようね。

次の

ドラマ|雲霧仁左衛門4の動画を1話から無料で見れる動画配信まとめ

雲霧仁左衛門4第3話

雲霧仁左衛門と火付盗賊改方長官・安部式部、そして仁左衛門因縁のきゅう敵・藤堂家の三つどもえの戦いの行方は?. 番組内容 藤堂家の御用商人・丸子屋の様子を探る雲霧一党の小頭・伝次郎(近藤芳正)は、店で働くおなみ(櫻井淳子)を見かけ動揺する。 おなみは伝次郎の昔の盗人仲間で、別れた恋人だった。 その後嫁いだものの夫が亡くなり、ひとり娘・お志乃(春本由香)の祝言のため再び盗賊の引き込み役をしていたのだ。 おなみの頭・平助(森下能幸)は標的がかち合っていることを知り、おなみ母娘を使って伝次郎から金のありかを聞きだそうとする。 しかし今では地デジ化が進み高画質になったことで、大昔のお話なのに現代的な映像であるというギャップが出来ています。 番組内容に関しては、主人公の雲霧仁左衛門 中井貴一 と火付盗賊改方長官・安部式部 國村隼 と仁左衛門因縁のきゅう敵・藤堂家の三者間の戦いは、それぞれの役を演じるのが実力派俳優の方々ばかりなので、どれくらいのクオリティに仕上がっているかどうかという点は、時代劇ファンにとっては1番楽しめる部分だと思います。 私は『時代劇』というジャンルのドラマには、コアなファンが数多くがいらっしゃいと思うんですが、全体的に考えるとやはりマイナーなコンテンツだと感じてしまいます。 だからこそメジャーな刑事ものや恋愛ものの映画ドラマ等になかなか出演されなくても、これまで全く知らなかったけれども、しっかりとした腕を持った役者さんを見つけることが出来る面白さも見出だせるのではと思いました。 妹さんは華やかな美人で地味で冴えない沙織とは真逆のタイプだと思いました。 沙織の妹にネイルを塗ってもらった光源氏ですが、烏帽子とジャージとネイルの組み合わせが面白かったです。 朝帰りを続ける光源氏を女の人と逢瀬していると思い込んで、不満があった沙織ですが、ちゃんと光源氏の分までテイクアウトを買ってきてるところに、沙織の愛情が表れてます。 光源氏がテレビで以前見て惹かれた女優さんが、髪が短くなっているのを見て、尼僧になったと勘違いしますが、平安時代では皆、長い髪だったんですね。 沙織と光源氏が一緒にタピオカミルクティーを飲んだり、公園で蹴鞠をしたり、もんじゃ焼きを食べに行ったりと、デートのシーンが楽しそうで、幸せそうなカップルに見えます。 光源氏の残酷な言葉に傷ついた沙織は感傷的になって光源氏を追い出してしまいますが、沙織の気持ちがわかります。 でも気になって光源氏のSNSを覗いてしまう沙織ですが、揺れる女心が表れていてると思いました。 結局、光源氏を迎えに行ってしまう沙織に優しさを感じました。 雲霧仁左衛門も 自分の住処を襲われ、仲間を一人 失ってしまうことから 是が非でも 仲間の敵討ちをしなければならないと、必死の思いに駆られます。 殺人をしない雲霧仁左衛門が、なぜそこまで藤堂家を襲うことにこだわるのだろうと思っていましたが、仲間の敵討ちとなれば殺人も行うのかなというところに少し 疑問 があります。 この点もドラマの展開を楽しむポイントと思います。 この時代劇ドラマは、 出演者に ベテランの方達が多く、 静かですが、非常に落ち着いた 形で見ていることができます。 また、 新人の出演者の方々もいらっしゃいますので、ベテラン役者とどのように 絡み合い、共演できるのか、その辺も楽しみのひとつです。 まとめ どこまでも続く磯部と仁左衛門との因縁の対決。 とうとう雲霧側に死者が出てきたことによってその対決が本格化してきましたが、その分話がどうなっていくのかとても面白そうだと思いました。 仁左衛門も磯部の資金源の大店を狙うため盗めを再開するなど、本格的に動き出した話がどうなっていくのかとても楽しみです。 まず仁左衛門の盗みが成功するかどうかがとても面白そうです。 さすが大店だからなのか、磯部が先に手を打ったからかどうかはわかりませんが、肝心の金のありかがわからなければ仁左衛門とてどうしようもありません。 新たに加わった仲間とともにどのようにして仁左衛門は金のありかを見つけるのか、そしてそれをどうやって盗み出すのか、それがとても面白そうだと思います。 仁左衛門としては絶対に負けられないこの盗み。 しかし式部は全力で雲霧を捕まえにやってくるでしょう。 磯部のみならず、式部も交わしていかなければいけない仁左衛門の盗み。 偽物の雲霧に気づくくらい雲霧に精通している彼相手に、仁左衛門はどのようにして彼をかわして盗みを成功させるのか面白そうだと思います もちろん盗みだけでなく、仲間を殺され、遠ざかっていた盗めを再開する決意をする仁左衛門、そんな彼を中井貴一さんがどのように演じてみせてくださるのかも楽しみにしています。 タイムスリップ物は大好きなので、楽しめました。 光源氏がタイムスリップして、沙織の部屋のスダレをくぐってきますが、そのスダレは沙織がバリで買った物というのが、今風ですね。 いきなり貴族の装束で現れた光源氏にビックリする沙織ですが、一人暮らしでいきなり知らない男性に入ってこられたら、怖かったと思います。 警察に嘘をついて庇ってくれた沙織に感謝して、いきなり沙織を抱きしめる光源氏ですが、プレイボーイで有名な光源氏らしいと思いました。 牛車を呼んで欲しいと言ったり、初めて飲んだ紅茶を薬湯と言ったりと、光源氏と現代の文化とのギャップも面白いです。 沙織に連れられて買い物に行く時、ジャージ姿に烏帽子というトンチンカンなコーディネートがシュールでした。 ブティックで沙織に洋服を選んでくれる光源氏は優しいです。 沙織が選んだコーディネートを試着した光源氏は、なかなか似合ってました。 コーヒーショップで生まれて初めて抹茶ラテを飲んで感激した光源氏が短歌を詠むとは、流石に平安時代の貴族です。 初めての美味しさに感銘して涙を流すとは、可愛いです。 沙織のマンションに戻ったら、また烏帽子をかぶってますが、光源氏にとって烏帽子は大切なんでしようね。

次の