なんj 釣り。 釣り(魚食える、健康的、ウケがいい)←こいつが流行らない謎

[B! 魚釣り] 佐世保市の城島健司さん、プロ転向を勧められる:<なんJ>:僕自身なんJをまとめる喜びはあった

なんj 釣り

7973• 564• 416• 19449• 1743• 496• 387• 898• 10846• 400• 1258• 878• 684• 638• 1229• 2404• 659• 2197• 1636• 1210• 583• 222• 4031• 569• 998• 838• 179• 147• 339• 884• 199• 107• 495• 237• 189• 1 過去ログ 1447 2040 2103 1796 2681 1719 1232 1233 1797 1859 1799 1848 1843 1783 1854 1796 1708 904 728 621 580 601 601 629 773 829 822 788 715 688 795 732 713 761 778 763 690 645 672 634 665 565 600 629 615 654 662 720 655 649 671 631 518 491 515 532 601 676 648 667 662 652 642 576 578 497 502 533 516 563 553 528 429 152 18 199 350 241 60 なんJ・野球のアンテナ様.

次の

釣り(魚食える、健康的、ウケがいい)←こいつが流行らない謎

なんj 釣り

釣り 釣り(つり)あるいは 魚釣り(さかなつり)とは、釣り針、釣り糸、釣り竿などの道具と餌や疑似餌を使って、 魚介類などの生物を採捕する行為、方法のことである。 英語では Angling、あるいは Pole fishing などとされる[1]。 釣りの起源は少なくとも約4万年前の旧石器時代まで遡ることができる。 日本でも、石器時代の遺跡から骨角器の釣針が見つかる。 日本では縄文時代に釣り針が出土しており、刺突具と併用して漁業に用いていた。 江戸時代ごろから趣味としても行われるようになった。 引用・出典: ボラ ボラ(鰡、鯔、鮱、学名Mugil cephalus)は、 ボラ目・ボラ科に分類される魚の一種。 ほぼ全世界の熱帯・温帯に広く分布する大型魚で、海辺では身近な魚の一つである。 食用に漁獲されている。 全長80cm以上に達するが、沿岸でよく見られるのは数cmから50cmくらいまでである。 体は前後に細長く、断面は前半部で背中側が平たい逆三角形、後半部では紡錘形である。 背びれは2基で、前の第一背びれには棘条が発達する。 尾びれは中央が湾入する。 上下各ひれは体に対して小さく、遊泳力が高い。 体色は背中側が青灰色-緑褐色、体側から腹側は銀白色で、体側には不明瞭な細い縦しまが数本入る。 ボラ科魚類には側線が無い。 その食性から汚染した水域で採れるものは臭みが強いが、 臭みは血によるものが多いため、伊勢志摩地方では釣り上げてすぐに首を折り、海水に浸して完全に血を抜き臭みの大部分を消した上で食用とする。 水質の良い水域のものや外洋の回遊個体は臭みが少なく、 特に冬に脂瞼の回りに脂肪が付き白濁した状態になる「寒ボラ」は美味とされる。 引用・出典:.

次の

【悲報】ワイ、釣りに出るも同じ魚しか釣れない「なんやこいつ?」「ボラやで」「こいつしかおらんのか?」「ボラ釣りすぎてボラガイジ言われてて草」 2chボラガイジまとめ

なんj 釣り

釣り 釣り(つり)あるいは 魚釣り(さかなつり)とは、釣り針、釣り糸、釣り竿などの道具と餌や疑似餌を使って、 魚介類などの生物を採捕する行為、方法のことである。 英語では Angling、あるいは Pole fishing などとされる[1]。 釣りの起源は少なくとも約4万年前の旧石器時代まで遡ることができる。 日本でも、石器時代の遺跡から骨角器の釣針が見つかる。 日本では縄文時代に釣り針が出土しており、刺突具と併用して漁業に用いていた。 江戸時代ごろから趣味としても行われるようになった。 引用・出典: ボラ ボラ(鰡、鯔、鮱、学名Mugil cephalus)は、 ボラ目・ボラ科に分類される魚の一種。 ほぼ全世界の熱帯・温帯に広く分布する大型魚で、海辺では身近な魚の一つである。 食用に漁獲されている。 全長80cm以上に達するが、沿岸でよく見られるのは数cmから50cmくらいまでである。 体は前後に細長く、断面は前半部で背中側が平たい逆三角形、後半部では紡錘形である。 背びれは2基で、前の第一背びれには棘条が発達する。 尾びれは中央が湾入する。 上下各ひれは体に対して小さく、遊泳力が高い。 体色は背中側が青灰色-緑褐色、体側から腹側は銀白色で、体側には不明瞭な細い縦しまが数本入る。 ボラ科魚類には側線が無い。 その食性から汚染した水域で採れるものは臭みが強いが、 臭みは血によるものが多いため、伊勢志摩地方では釣り上げてすぐに首を折り、海水に浸して完全に血を抜き臭みの大部分を消した上で食用とする。 水質の良い水域のものや外洋の回遊個体は臭みが少なく、 特に冬に脂瞼の回りに脂肪が付き白濁した状態になる「寒ボラ」は美味とされる。 引用・出典:.

次の