モザイク アプリ。 スマホ(iPhone)で写真をモザイク加工する方法。LINEアプリで簡単編集

モザイク(ぼかし)をかけるならペイントで

モザイク アプリ

【 本記事のターゲット 】• iPhoneを利用している• カメラで撮影した写真をSNS等にアップロードしたい• 見せたくない箇所をiPhoneのみで無料モザイク加工したい 今回はiPhoneのカメラで写真を撮影した後、iPhoneのLINEアプリを使って指定箇所をモザイク加工する方法をご紹介したいと思います。 TwitterやFacebookなどのSNSに写真を投稿する時、人の顔や見せたくない場所を加工したい(モザイク処理)というシーンって結構多いですよね。 以前別記事にてWindows 10 PCやMacを使ったモザイク処理の方法をご紹介したいのですが... iPhoneでその場で撮影した写真を、iPhoneのアプリでモザイク加工してTwitterとかにアップロードしたいという方も結構多いかと。 iPhoneを使っている方で、iPhoneのみの機能でモザイク処理をしたい・無料アプリで実施したいと思っている方は、本記事を参考にしてみて下さいね。 無料アプリLINEを使って、iPhoneで写真モザイク処理をする方法 iPhoneカメラで撮影した写真をモザイク処理した上でSNSにアップしたい まずiPhoneのカメラのおさらいとなります。 iPhoneに標準で「カメラ」というアプリケーションが入っていて、そちらを使う事で写真を簡単に撮影する事が出来る様になっています。 そして、撮影した写真データは「写真」というアプリの中にどんどん蓄積されていきます。 下記が写真アプリを開いた時の状況です。 日付ごとなどに整頓されていますよね。 こちらに保存されている写真データはiPhoneのTwitterアプリ(Web版も可能)などから写真を簡単に投稿する事が出来るのですが... 写真の中に他人が写っていたり、ナンバープレートなどSNS上にアップする前には消しておきたい情報ってあるかと思います。 そんな時、iPhone単体で無料で写真データにモザイク処理を実施する方法を今回ご紹介致します。 LINEアプリがあれば無料で写真データのモザイク処理が可能 iPhone単体で無料で写真をモザイク処理する方法ですが、とあるアプリを利用します。 おそらくiPhoneを使っている人であれば、大体の人がインストールして利用しているアプリケーション... そう、LINEです。 LINEアプリを使った写真モザイク処理手順をご紹介 まず対象の写真をiPhoneに保存した状態(写真アプリの中にある状態)で、LINEアプリを起動します。 LINEアプリを起動したら「トーク」を選択し、普段やりとりしているアカウントを選択してみましょう。 すると、下記の様な画面になりますよね。 メッセージを送ったり、写真を添付して送る事も出来ますが... その写真添付機能の中にモザイク処理が含まれています。 実際に送るわけではない(送信しない様に注意)ので、仮の操作として左下の四角アイコンをタップします。 すると、上記の通り写真アプリの中に保存されている写真一覧が出てきます。 この中からモザイク処理をしたい写真を探してタップします。 今回は例としてJR王子駅の写真を使ってみたいと思います。 タップすると上記画面になります。 右下の矢印をタップしてしまうと送信してしまうので... 押さないようにしながら、上段に表示されている鉛筆マークをタップします。 すると上記の様な画面になり、左上の鉛筆マークの隣にモザイクのアイコンが表示されているので、そちらをタップします。 上記画面の通り、画面下に二つアイコンが表示されます。 まずは左側のモザイクっぽいアイコンをタップし、モザイク処理をしたい部分を指でなぞってみます。 上記の様な感じ、JRの下に表示されていた「JR東日本」という文言をモザイク処理してみました。 モザイクの大きさなどは指定出来ないようで、若干文字が分かってしまうかな... といった感じの処理具合です。 次に、下に表示されているアイコンの右側のぼかしのようなアイコンをタップし、モザイク処理したい箇所を指でなぞってみます。 上記の様な感じ。 王子駅と書かれた部分を指でしっかりなぞってみると、上記の通り完全に分からない状態に加工する事が出来ました。 モザイク処理が終わったら保存。 写真アプリ内に別データとして保存される LINEアプリでモザイク処理が完了したら、加工した写真データを保存しましょう。 これで、iPhoneの写真アプリ内に加工した写真を保存する事が出来ました。 ちなみに、別データとして保存されるので、元データは残ったままの状態になります。 写真アプリ内をみてみると... 最後に 今回はiPhoneのみを使って、無料で写真データにモザイク処理をする方法をご紹介しました。 みなさんが普段利用している「LINE」アプリで実施出来ますので、是非一度試してみてくださいね。

次の

スマホ(iPhone)で写真をモザイク加工する方法。LINEアプリで簡単編集

モザイク アプリ

最近、動画や写真をSNSにアップロードする方も増えてきていますが、アップロードする際に、気をつけなければならないのが個人情報です。 動画や画像に個人情報が載っている場合、モザイクで加工することが一般的となっており、 Android用のモザイク加工アプリも数多く出ています。 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」のダウンロードはこちらへ: Part1. Android用のモザイク加工アプリおススメ おススメアプリ1:「Point Blur」 このアプリは、モザイクをかけたいところをピンポイントで加工で、とっても便利です。 モザイクをかけたい部分を指でなぞるだけで、あっという間に加工ができてしまうので、初めての方にも安心して使うことができます。 SNSなどにアップロードする際、ナンバープレートや個人情報の細かな部分を加工するのに便利なアプリと言えます。 しかし、SNSに直接投稿できないといったデメリットもあります。 おススメアプリ2:「ObscuraCam」 「ObscuraCam」は、動画と写真のどちらにもモザイクをかけられる便利なアプリで、余分な機能がないので、モザイクだけをかけたい方にとっては便利なアプリと言えます。 このアプリのモザイクは2種類あり、一般的なモザイク機能と、背景にモザイクをかける機能があります。 他にも、人物の顔にフィルターをかける機能や、指定した範囲を黒く塗りつぶせる機能もあり、プライバシーの保護に役立つと思います。 おススメアプリ3:「モザイク Android Pandas」 「モザイク Android Pandas」は、モザイク加工に特化しており、画像に素早く簡単にモザイクをかけることができるアプリです。 範囲を決めるだけでモザイクがかけられるので、モザイク加工だけをしたい方にとっては良いアプリと言えます。 しかし、モザイク以外の機能がないため、モザイクと一緒に他の編集をしたい方にとっては不便でもあります。 おススメアプリ4:「Pixelot:ぼかしアプリ」 「Pixelot:ぼかしアプリ」は、写真の部分的な箇所にモザイクをかけることができ、SNSなどにアップロードする際に役立つアプリです。 指でドラッグするだけで簡単にモザイクをかけることができ、とっても扱い易くなっています。 他にも、色を選択してぼかすこともできるので、遊びの加工に使うこともできます。 おススメアプリ5:「Foter 画像加工」 「Foter 画像加工」は、部分的にモザイク加工ができるアプリで、その大きさもお好みに調整でき、SNSなどにアップロードする際の個人情報などの加工に便利です。 モザイク加工以外にも、フレーム、ステッカー、テキスト、フォーカスといった様々な機能が備わっているので、高度な編集をしたい方にとっては便利なアプリと言えます。 しかし、その機能の多さから、メモリーを多く消費し、起動に時間がかかると言ったデメリットもあります。 ここで注意ですが、これらはモザイクをかけるアプリで、 モザイク消しアプリではありません。 一般的にモザイクは非可逆変換で、基に戻すことは出来ないので、モザイク除去アプリはありません。 このように、 Androidのモザイク加工できるアプリ5つ を紹介しましたが、私はPC用のWondershareのをおススメします。 Part2. 仮に、高機能のアプリを見つけてインストールしても、スマートフォンのメモリーを大幅に消費し、負担がかかってしまいます。 しかし、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」ならメモリーの心配も無く、 動画加工アプリや 写真加工アプリ以上の編集が楽しめ、もちろん モザイクの加工も少ないステップで簡単にできます。 他にも音楽の挿入やテキストの挿入、オーバレイやエレメントなどの機能を使って、動画や写真を満足いくものに仕上げることができます。 編集したものは思い出の品としてDVDにすることや、YouTubeやFacebookにアップロードすることもできます。 Wondershareのがあれば、デジタルライフの幅が広がることは間違いありません。

次の

ぼかしも自由自在!動画モザイクアプリの使い方

モザイク アプリ

最近、動画や写真をSNSにアップロードする方も増えてきていますが、アップロードする際に、気をつけなければならないのが個人情報です。 動画や画像に個人情報が載っている場合、モザイクで加工することが一般的となっており、 Android用のモザイク加工アプリも数多く出ています。 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」のダウンロードはこちらへ: Part1. Android用のモザイク加工アプリおススメ おススメアプリ1:「Point Blur」 このアプリは、モザイクをかけたいところをピンポイントで加工で、とっても便利です。 モザイクをかけたい部分を指でなぞるだけで、あっという間に加工ができてしまうので、初めての方にも安心して使うことができます。 SNSなどにアップロードする際、ナンバープレートや個人情報の細かな部分を加工するのに便利なアプリと言えます。 しかし、SNSに直接投稿できないといったデメリットもあります。 おススメアプリ2:「ObscuraCam」 「ObscuraCam」は、動画と写真のどちらにもモザイクをかけられる便利なアプリで、余分な機能がないので、モザイクだけをかけたい方にとっては便利なアプリと言えます。 このアプリのモザイクは2種類あり、一般的なモザイク機能と、背景にモザイクをかける機能があります。 他にも、人物の顔にフィルターをかける機能や、指定した範囲を黒く塗りつぶせる機能もあり、プライバシーの保護に役立つと思います。 おススメアプリ3:「モザイク Android Pandas」 「モザイク Android Pandas」は、モザイク加工に特化しており、画像に素早く簡単にモザイクをかけることができるアプリです。 範囲を決めるだけでモザイクがかけられるので、モザイク加工だけをしたい方にとっては良いアプリと言えます。 しかし、モザイク以外の機能がないため、モザイクと一緒に他の編集をしたい方にとっては不便でもあります。 おススメアプリ4:「Pixelot:ぼかしアプリ」 「Pixelot:ぼかしアプリ」は、写真の部分的な箇所にモザイクをかけることができ、SNSなどにアップロードする際に役立つアプリです。 指でドラッグするだけで簡単にモザイクをかけることができ、とっても扱い易くなっています。 他にも、色を選択してぼかすこともできるので、遊びの加工に使うこともできます。 おススメアプリ5:「Foter 画像加工」 「Foter 画像加工」は、部分的にモザイク加工ができるアプリで、その大きさもお好みに調整でき、SNSなどにアップロードする際の個人情報などの加工に便利です。 モザイク加工以外にも、フレーム、ステッカー、テキスト、フォーカスといった様々な機能が備わっているので、高度な編集をしたい方にとっては便利なアプリと言えます。 しかし、その機能の多さから、メモリーを多く消費し、起動に時間がかかると言ったデメリットもあります。 ここで注意ですが、これらはモザイクをかけるアプリで、 モザイク消しアプリではありません。 一般的にモザイクは非可逆変換で、基に戻すことは出来ないので、モザイク除去アプリはありません。 このように、 Androidのモザイク加工できるアプリ5つ を紹介しましたが、私はPC用のWondershareのをおススメします。 Part2. 仮に、高機能のアプリを見つけてインストールしても、スマートフォンのメモリーを大幅に消費し、負担がかかってしまいます。 しかし、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」ならメモリーの心配も無く、 動画加工アプリや 写真加工アプリ以上の編集が楽しめ、もちろん モザイクの加工も少ないステップで簡単にできます。 他にも音楽の挿入やテキストの挿入、オーバレイやエレメントなどの機能を使って、動画や写真を満足いくものに仕上げることができます。 編集したものは思い出の品としてDVDにすることや、YouTubeやFacebookにアップロードすることもできます。 Wondershareのがあれば、デジタルライフの幅が広がることは間違いありません。

次の