クライド ドレクスラー。 クライド・ドレクスラー

クライド・ドレクスラー

クライド ドレクスラー

もくじ (クリックで移動します)• チャールズ・バークレーのキャリアや成績は?身体能力がやばい! まずは簡単にバークレーのキャリアを紹介しましょう。 フルネーム:チャールズ・ウェイド・バークレー ニックネーム:空飛ぶ冷蔵庫、サー・チャールズ 生年月日:1963年2月20日 出身地:アラバマ州リーズ 身長:198cm(公称) 体重:115-125kg ポジション:PF ドラフト:1984年5位(76ers) 所属チーム 1984-1992年:フィラデルフィア・76ers 1992-1996年:フェニックス・サンズ(背番号34は永久欠番) 1996-2000年:ヒューストン・ロケッツ チャールズ・バークレーは無冠の帝王? 1984年のドラフトで 全体5位、76ersから指名を受けNBA入り。 バークレーは素晴らしいスタッツを残していましたが チームが低迷していたため、自ら トレードを志願。 そして1992年、初代ドリームチームでバルセロナ五輪にて 金メダルを獲った後、フェニックス・サンズへ移籍。 バークレーの キャリア絶頂期はサンズ時代でしょうね。 (前年度2連覇を果たしたMJ率いるブルズはこのシーズン 57勝25敗でした) プレイオフでは順当に勝ち上がり、バークレーは悲願のファイナル進出を果たしましたが ファイナルで3連覇を目指していたブルズ相手に2勝4敗で敗れてしまいます。 1993年 NBAファイナル第6戦ハイライト 1996年には優勝するチャンスを求めて アキーム・オラジュワンや クライド・ドレクスラーというスター選手がいたヒューストン・ロケッツに移籍。 ロケッツでは スコッティー・ピッペンともチームメイトになりましたが NBAファイナルに進出することはできませんでした。 結局、バークレーはNBAチャンピオンリングを 手に入れることができず、そのキャリアを終えました。 チャールズ・バークレー 驚異の身体能力 バークレーの公表された身長は198㎝ですが、実際は 193㎝ほどしかなかったそうです。 このサイズはガードとしても大きいほうではありません。 198㎝のジョーダンと並んでこの身長ですから。 現役プレイヤーでいえば、 ドウェイン・ウェイドに体重15キロほど足した感じですね。 しかしバークレーはその優れた身体能力で身長のディスアドバンテージを補っていました。 それでは現役時代の バークレーのハイライトシーンを見てみましょう。 動画を見ても分かるように、バークレーは ファストブレイクでは先頭を走れる スピードがあり 跳躍力も高く、 ボールハンドリングも非常にうまい選手でした。 200㎝オーバーの相手からもリバウンドをもぎ取り、ブロックしたりしてましたし ポストプレイから アウトサイドシュートまでどこからでも得点できました。 ところで、皆さんは ティム・グローバーというトレーナーをご存知でしょうか? ジョーダンが個人的に雇ったトレーナーで コービー、 ウェイド、 レブロンなどの トレーナーをしてきた人物なのですが、グローバー曰く NBA史上最高の身体能力を持つ選手は バークレーだそうです。 バークレーはジョーダンと比較しても はるかに優れた身体能力を持っていたとそうですよ! チャールズ・バークレーの名言や伝説を紹介! バークレーは歯に衣着せない物言いをすることや ゲーム中の トラッシュトークでも有名です。 ただ ユーモアのセンスが抜群なので口が悪い割に人気が高かったですね。 (笑) そんなバークレーの名言の中からいくつかを紹介しましょう。 映画、タイタニックを見ましたか?という質問に対する答え。 あぁ、今週いっぱい見たよ。 当時、警察のお世話になるプレイヤーが多く在籍した ポートランド・トレイルブラザーズの選手についてのコメント。 鹿みたいに走って 鹿みたいに跳ねて 鹿みたいに考えるやつらだ。 他にはこんな発言も。 スポーツは、黒人のためにいい事じゃなく足かせになってるんだ。 現代の黒人の若者は、成功するにはスポーツしかない そういう風に思ってるんだから。 プレシーズン(オープン戦)と公式戦は、比較しちゃいけないよ。 プレシーズンは、ファンのお金を取るためだけのものなんだ。 さらにはそのユーモアセンスで人を笑わします。 バークレーがトイレで小銭を便器に落としたとき わざわざ財布から紙幣を出して、それをトイレに落としてから 紙幣と一緒に小銭も拾い上げて だって、こんなはした金のために手を汚す気にならないだろ じゃあ、拾わなければいいやんか…と思いますけど(笑) バークレーvsシャックのカラミがおもろい!動画でチェック! アメリカでシャックとバークレーの絡みが面白いテレビ番組があります。 TNTの『INSIDE THE NBA』という番組なのですが NBAファンなら誰しもこう思っているはずです! 日本でも放送して欲しいと…(笑) ではシャックとバークレーの対決の模様を動画で見ていきましょう。

次の

アントン・ドレクスラー

クライド ドレクスラー

経歴 [ ] 政治活動の開始 [ ] 鉄道労働者の息子としてに生まれる。 国民学校卒業後、1901年にに上るが、失業して帰郷、1902年から機械工として働き始める。 この頃には既に、的な思想を身に付けていたという。 中に ()に参加 、1918年3月には職場だった王立鉄道中央工場の同僚と共に、「良き和平のための自由労働者委員会」を組織した。 また、と共に保守系右派民族主義団体「 ()」を設立する。 ドレクスラーの思想的指導者は、「全ドイツ人同盟」の指導者で経営者・バイエルン産業家連盟の代表役員だった ()だった。 ドイツ労働者党 [ ] 敗戦後の1919年1月5日、ターフェルの慫慂(しょうよう)により、、と共に(DAP)を設立。 ハラーが党議長に就任するが名誉職に過ぎず、実質的な権限は副議長のドレクスラーが握っていた。 同月に「国際の挫折と兄弟思想の失敗」と題する論文を発表。 続けて「我が政治的目覚め」と題するパンフレットを発表したが、このパンフレットは当時復員してミュンヘンにいたに影響を与えたという。 1919年9月にミュンヘンで集会を開くが、その際に演説した ()教授を論破したヒトラーを見て興味を抱いた。 ドレクスラーはヒトラーに党のパンフレットを渡し、入党を促した。 ヒトラーはドレクスラーの求めに応じて同月12日に入党した。 1920年1月5日にヒトラーとドレクスラーによってハラーが党議長を追放され、ドレクスラーが党議長に就任した。 フェーダーと共にヒトラーに協力して綱領を策定したドレクスラーは、1920年2月24日、ヒトラーをで開催する党大会に参加させ、ヒトラー主導の下でが発表され、党名を(NSDAP)と改名した。 ナチ党 [ ] (通称「血盟勲章」) 党名改称後、党内ではヒトラーが頭角を現し、1921年に入るとヒトラーの勢力は盤石なものとなっていた。 これに危機感を覚えたドレクスラーは、6月にヒトラーがベルリンに出かけている間に無断で他の右翼政党との共闘や合併を協議し始めた。 ドレクスラーの独断を知ったヒトラーは7月11日に離党を宣言した。 党幹部は党の顔であるヒトラーの離党が党消滅に繋がることを危惧し、引き留めに躍起となった。 3日後、ヒトラーは党への復帰の条件として自分に独裁権を与えるように書面で要求、党幹部がこの要求を認めたため、ヒトラーは復党した。 7月25日にミュンヘン警察にヒトラーを危険人物であると密告したが、取り合ってもらえなかった。 7月29日、554票中553票を得てヒトラーは新党首に選出され、ドレクスラーは名誉党首に祭り上げられ、党での実権を失った。 1923年11月のの際、自宅にいたドレクスラーは呼び出されたが、ヒトラーの計画を聞くや恐れて参加しなかったが、一揆の失敗後に逮捕された。 この事件によりナチ党が一時解散を強いられたとき、ドレクスラーは党を離れて「民族ブロック」に参加し、1924年から1928年にかけてに議会議員を務めた。 この間の1925年には民族社会主義人民同盟を設立している。 同年ナチ党が再建されたがドレクスラーは加わらず、復党したのは成立後の1933年になってからであった。 1934年には党創設者としてヒトラーからを授与されたが、以後も政治権力は与えられず、彼の存在は1937年まで党の宣伝のために利用された。 ドレクスラー自身は、この勲章授与に感激し、以後熱烈なヒトラー支持者となった。 その後はミュンヘンに隠棲し、中の1942年に同地で死去した。 ヒトラーによる評価 [ ] ヒトラーは『』の中で、ドレクスラーを以下のように評している。 , p. 219. , pp. 82, 83. Vgl. Ian Kershaw: Hitler. 1889—1936. Stuttgart 1998, S. 184. , p. , p. , p. Shirer, The Rise and Fall of the Third Reich, p. , p. , pp. 100, 101. , p. 102. , p. 103. Shirer, The Rise and Fall of the Third Reich, p. , p. 220. 参考文献 [ ]• Hamilton, Charles 1984. James Bender Publishing. 1999 [1925]. Boston: Houghton Mifflin. 2008. Hitler: A Biography. New York: W. Mitcham, Samuel W. 1996. Why Hitler? : The Genesis of the Nazi Reich. Westport, Conn: Praeger. 1960. Stackelberg, Roderick 2007. The Routledge Companion to Nazi Germany. New York: Routledge. 外部リンク [ ]• 経歴紹介(ドイツ語) 党職 先代: DAPから改称 議長 1920年 - 1921年 次代: 先代: 議長 1920年 次代: NSDAPに改称.

次の

岩手ビッグブルズ入りのアダム・ドレクスラーだけどヒューストン大学時代の成績は微妙みたい

クライド ドレクスラー

1990年代を代表するシューティングガード(SG)、クライド・ドレクスラー(元ポートランド・トレイルブレイザーズのエースとして90、92年と2度のNBAファイナル進出を果たし、通算10度のオールスター、5度のオールNBAチームに選出。 もっとも、ジョーダンはドレクスラーを自身と同格とは見ていなかった。 だが彼と比較されることに、俺は腹が立っていた」と明かしていた。 この年のファイナルは、ジョーダンが第1戦でドライブを警戒するドレクスラーの裏をかき、前半だけでファイナル新記録となる6本の3ポイントを放り込む大暴れ。 早速格の違いを見せつけたジョーダンはブルズを快勝へと導き、シリーズも4勝2敗で制して2度目の優勝を飾った。 シリーズ平均で見てみても、ジョーダン(35. 8点、4. 8リバウンド、6. 5アシスト、1. 7スティール)がドレクスラー(24. 8点、7. 8リバウンド、5. 3アシスト、1. 3スティール)を圧倒していることがわかる。 対戦相手だけでなく同僚からも恐れられていたジョーダンに対し、ドレクスラーはリーグきっての紳士として知られ、物腰の低さと親切な応対で親しまれていただけに、両者の性格も正反対と言っていいものだった。 だがバスケットボール殿堂入りを果たした2人のオールラウンダーは、ブレイザーズでチームメイトになっていた可能性があった。 ドレクスラーは83年のドラフト1巡目14位でブレイザーズに指名されてNBA入り。 ジョーダンは翌84年のドラフト1巡目3位でブルズから指名されてNBA入りしたのだが、その一つ前、2位指名権を持っていたのはブレイザーズだった。 足のケガに泣かされたブーイは、NBAキャリアわずか10年で終えたものの、平均10. 9点、7. 5リバウンド、2. 1アシスト、1. 8ブロックと、ビッグマンとしては決して悪くない成績を残していた。 5月19日(日本時間20日、日付は以下同)に『USA Today』へ掲載された記事の中で、インマンはジョーダンが2度目の引退をした99年に「そういうストーリーはどのスポーツにもあること。 どの年のドラフトでも、その時の指名を後悔させるような疑問が浮上してくるものだ」と話していたという。 アメリカでもこのストーリーはWhat ifという企画でも上位に入るほど人気と言っていい。 実はこのWhat ifについて、92年に両選手がコメントしていたと同メディアが報道。 「私たちはうまく共存できていたと信じている」とドレクスラーが言えば、ジョーダンも「後になってからの判断ではあるけど、俺たちは互いにアジャストできていただろう。 俺たちにはそうできるだけのスキルがあったからだ。 うまくいっていたんじゃないか」と口にしていた。 クレイ・トンプソン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)の父で、ブレイザーズ時代のドレクスラーをチームメイトとして間近で見てきたマイカル・トンプソンは「もしブレイザーズがマイケル・ジョーダンを指名していたら、彼とドレクスラーは10年、いや15年間はNBAで王朝を築いていただろう」と話している。 ブレイザーズはドレクスラーを中心に、テリー・ポーター、ジェローム・カーシー、ケビン・ダックワース、クリフォード・ロビンソンといった選手たちをロースターに加えて強豪となり、2度のファイナル進出を果たした。 パワーフォワードとして活躍したバック・ウィリアムズはブーイとのトレードで獲得したのだが、ブレイザーズが得点・リバウンド・アシストと3拍子揃ったオールラウンダーを2人も抱えていれば、マジック・ジョンソンやカリーム・アブドゥル・ジャバー擁するロサンゼルス・レイカーズを下し、80年代のうちにウエスタン・カンファレンスを勝ち上がり、1度や2度、チャンピオンシップを勝ち取っていた可能性はあるだろう。 ただし、ジョーダンとドレクスラーが共存していたであろうブレイザーズには、ブルズを6度の優勝へと導いたトライアングル・オフェンスはなく、強固なディフェンスを構築できていたかもしれない。 ジョーダンをトップに、選手間でピラミッドが形成されていたブルズは、攻守両面において高いレベルを誇っていただけに、6度も優勝することはさすがにできなかったのではないだろうか。

次の