豊胸 銀座。 東京の豊胸クリニック比較【豊胸方法別のおすすめ3院】

バスト・豊胸|銀座の美容外科、皮膚科なら銀座S美容・形成外科クリニック

豊胸 銀座

2002年、私が某美容整形医院で雇用された当初は既に脂肪注入技術とシリコンバッグ挿入技術が確立されつつありました。 しかし辞職された前医 の症例経過を担当するにつれ、脂肪注入によるしこりの発症率の高さと生着率の低さに驚きました。 当時の美容医療専門書にはバストへの生着率は30%〜50%、しこりや嚢胞が不可避の合併症とあり、その原因については諸説あるものの解決法としては「 分離分散注入」と「 術中マッサージ」の 徹底程度でした。 以来、約5年半に渡りそれらの問題を何としても改善させようと 新技術の確立に打ち込みました。 実はしこりをつくらないことと生着率とは 密接な関係がありました。 注入脂肪が壊死を起こすとシリコンバッグと同様生体内で異物応答反応が起こり、吸収されるかしこりが形成されるのです。 つまり、自己組織による豊胸術では「 如何に細胞を死なせないか」が最も肝要です。 上記職人技術に加えて、吸引時に細胞レベルで破壊が殆ど起こらないと学術発表されたVASER脂肪吸引機器をいち早く導入し、遠心分離機器で細胞が破壊される様な手技や回転数を除外し、細胞のダメージを回復させるプレミアム(全種類の栄養素と細胞毒分解酵素)を独自に開発して参りました。 第二にそれでも生着率が100%に達しない場合には脂肪幹細胞 を 生体内で分裂・増殖・成長・分化させる技術により、僅かに死滅した分の細胞や組織以上に 再生させる技術が必要です。 そして第三に、立位での バストの左右差を改善しつつ谷間形成や個別の理想体型に応じた注入を、 仰臥位の手術で実現できるオーダーメイドの職人技術も不可欠でしょう。 事前の合併症対策や万一に備えたアフターケアはそれら以前の問題で、2007年の開業以来当院での医療事故は皆無です。 生着率の判定は 当院独自の厳しい生着率評価基準(まだ腫れが残っている術後7日目(不能な場合は手術1か月後)のバストサイズと手術3ヶ月後のバストサイズを 比較し)を採用し、 同等であれば100%としています。 尚、一般的な再生豊胸術(脂肪幹細胞を注入するだけ)では、決して生体内では増えません! 何故なら脂肪幹細胞は元々予備として備わっている前駆細胞で、増殖や分化の特別な命令が出ない限り幹細胞のままで居続ける細胞だからです。 少しだけ考えて見てみて下さい。 従来の脂肪注入においても幹細胞は豊富に入っていましたし、脂肪幹細胞を乳腺下に注入するだけでバストが成長するのであれば、コントロールできず勝手に成長し続けることもあるということです。 当院では豊胸術を受けたどの方にも、生着が安定する術後3ヶ月間は経過診察を薦めております。 しこりをつくらず万一生じても壊死拡大予防のためすぐに治療し、そして 何としても生着率100%を超えさせるために、当院のお客様からのリクエストで始めた 特別な維持療法と不断の努力を、2007年の開業以来ずっと続けております。 2012年の日本美容外科学会において開業から5年間の全症例の平均生着率が上記基準で100%を超えたことと、シリコンバッグ抜去同日再生豊胸においてはバッグサイズを超えたことを 発表しております。 これは当院のお客様との相談や御希望により間違いなく 独自に進化させてきた美容医療の技術進歩であります。 当院では開業以来、豊胸やバスト形成のカウンセリングから手術、アフターケアまで一貫して全て九野が責任を持ち自ら担当させて頂いております。 一方で美容医療は技術格差が大きい閉鎖的な師弟の職人の世界です。 未だに 他院での術後修正をご希望される方が当院では後を絶ちません。 その方々に真実をお伝えし、救済できなくして何のための美容医療広告規制でしょうか。 本当に必要で正しい医療情報を提供・閲覧できるシステムはないものでしょうか。 2018年6月、検証可能でない項目がホームページに掲載できない旨の法改正が施行されますが、当院の全症例の記録を個人情報を除きいつでも開示できます。 所轄関係機関の方々は是非とも現実を直視するため検証の労力を惜しまずご来院して頂ければとの思いがございます。

次の

豊胸 バスト症例写真集|銀座で豊胸 バストアップならコムロクリニック

豊胸 銀座

2002年、私が某美容整形医院で雇用された当初は既に脂肪注入技術とシリコンバッグ挿入技術が確立されつつありました。 しかし辞職された前医 の症例経過を担当するにつれ、脂肪注入によるしこりの発症率の高さと生着率の低さに驚きました。 当時の美容医療専門書にはバストへの生着率は30%〜50%、しこりや嚢胞が不可避の合併症とあり、その原因については諸説あるものの解決法としては「 分離分散注入」と「 術中マッサージ」の 徹底程度でした。 以来、約5年半に渡りそれらの問題を何としても改善させようと 新技術の確立に打ち込みました。 実はしこりをつくらないことと生着率とは 密接な関係がありました。 注入脂肪が壊死を起こすとシリコンバッグと同様生体内で異物応答反応が起こり、吸収されるかしこりが形成されるのです。 つまり、自己組織による豊胸術では「 如何に細胞を死なせないか」が最も肝要です。 上記職人技術に加えて、吸引時に細胞レベルで破壊が殆ど起こらないと学術発表されたVASER脂肪吸引機器をいち早く導入し、遠心分離機器で細胞が破壊される様な手技や回転数を除外し、細胞のダメージを回復させるプレミアム(全種類の栄養素と細胞毒分解酵素)を独自に開発して参りました。 第二にそれでも生着率が100%に達しない場合には脂肪幹細胞 を 生体内で分裂・増殖・成長・分化させる技術により、僅かに死滅した分の細胞や組織以上に 再生させる技術が必要です。 そして第三に、立位での バストの左右差を改善しつつ谷間形成や個別の理想体型に応じた注入を、 仰臥位の手術で実現できるオーダーメイドの職人技術も不可欠でしょう。 事前の合併症対策や万一に備えたアフターケアはそれら以前の問題で、2007年の開業以来当院での医療事故は皆無です。 生着率の判定は 当院独自の厳しい生着率評価基準(まだ腫れが残っている術後7日目(不能な場合は手術1か月後)のバストサイズと手術3ヶ月後のバストサイズを 比較し)を採用し、 同等であれば100%としています。 尚、一般的な再生豊胸術(脂肪幹細胞を注入するだけ)では、決して生体内では増えません! 何故なら脂肪幹細胞は元々予備として備わっている前駆細胞で、増殖や分化の特別な命令が出ない限り幹細胞のままで居続ける細胞だからです。 少しだけ考えて見てみて下さい。 従来の脂肪注入においても幹細胞は豊富に入っていましたし、脂肪幹細胞を乳腺下に注入するだけでバストが成長するのであれば、コントロールできず勝手に成長し続けることもあるということです。 当院では豊胸術を受けたどの方にも、生着が安定する術後3ヶ月間は経過診察を薦めております。 しこりをつくらず万一生じても壊死拡大予防のためすぐに治療し、そして 何としても生着率100%を超えさせるために、当院のお客様からのリクエストで始めた 特別な維持療法と不断の努力を、2007年の開業以来ずっと続けております。 2012年の日本美容外科学会において開業から5年間の全症例の平均生着率が上記基準で100%を超えたことと、シリコンバッグ抜去同日再生豊胸においてはバッグサイズを超えたことを 発表しております。 これは当院のお客様との相談や御希望により間違いなく 独自に進化させてきた美容医療の技術進歩であります。 当院では開業以来、豊胸やバスト形成のカウンセリングから手術、アフターケアまで一貫して全て九野が責任を持ち自ら担当させて頂いております。 一方で美容医療は技術格差が大きい閉鎖的な師弟の職人の世界です。 未だに 他院での術後修正をご希望される方が当院では後を絶ちません。 その方々に真実をお伝えし、救済できなくして何のための美容医療広告規制でしょうか。 本当に必要で正しい医療情報を提供・閲覧できるシステムはないものでしょうか。 2018年6月、検証可能でない項目がホームページに掲載できない旨の法改正が施行されますが、当院の全症例の記録を個人情報を除きいつでも開示できます。 所轄関係機関の方々は是非とも現実を直視するため検証の労力を惜しまずご来院して頂ければとの思いがございます。

次の

豊胸 バスト症例写真集|銀座で豊胸 バストアップならコムロクリニック

豊胸 銀座

2002年、私が某美容整形医院で雇用された当初は既に脂肪注入技術とシリコンバッグ挿入技術が確立されつつありました。 しかし辞職された前医 の症例経過を担当するにつれ、脂肪注入によるしこりの発症率の高さと生着率の低さに驚きました。 当時の美容医療専門書にはバストへの生着率は30%〜50%、しこりや嚢胞が不可避の合併症とあり、その原因については諸説あるものの解決法としては「 分離分散注入」と「 術中マッサージ」の 徹底程度でした。 以来、約5年半に渡りそれらの問題を何としても改善させようと 新技術の確立に打ち込みました。 実はしこりをつくらないことと生着率とは 密接な関係がありました。 注入脂肪が壊死を起こすとシリコンバッグと同様生体内で異物応答反応が起こり、吸収されるかしこりが形成されるのです。 つまり、自己組織による豊胸術では「 如何に細胞を死なせないか」が最も肝要です。 上記職人技術に加えて、吸引時に細胞レベルで破壊が殆ど起こらないと学術発表されたVASER脂肪吸引機器をいち早く導入し、遠心分離機器で細胞が破壊される様な手技や回転数を除外し、細胞のダメージを回復させるプレミアム(全種類の栄養素と細胞毒分解酵素)を独自に開発して参りました。 第二にそれでも生着率が100%に達しない場合には脂肪幹細胞 を 生体内で分裂・増殖・成長・分化させる技術により、僅かに死滅した分の細胞や組織以上に 再生させる技術が必要です。 そして第三に、立位での バストの左右差を改善しつつ谷間形成や個別の理想体型に応じた注入を、 仰臥位の手術で実現できるオーダーメイドの職人技術も不可欠でしょう。 事前の合併症対策や万一に備えたアフターケアはそれら以前の問題で、2007年の開業以来当院での医療事故は皆無です。 生着率の判定は 当院独自の厳しい生着率評価基準(まだ腫れが残っている術後7日目(不能な場合は手術1か月後)のバストサイズと手術3ヶ月後のバストサイズを 比較し)を採用し、 同等であれば100%としています。 尚、一般的な再生豊胸術(脂肪幹細胞を注入するだけ)では、決して生体内では増えません! 何故なら脂肪幹細胞は元々予備として備わっている前駆細胞で、増殖や分化の特別な命令が出ない限り幹細胞のままで居続ける細胞だからです。 少しだけ考えて見てみて下さい。 従来の脂肪注入においても幹細胞は豊富に入っていましたし、脂肪幹細胞を乳腺下に注入するだけでバストが成長するのであれば、コントロールできず勝手に成長し続けることもあるということです。 当院では豊胸術を受けたどの方にも、生着が安定する術後3ヶ月間は経過診察を薦めております。 しこりをつくらず万一生じても壊死拡大予防のためすぐに治療し、そして 何としても生着率100%を超えさせるために、当院のお客様からのリクエストで始めた 特別な維持療法と不断の努力を、2007年の開業以来ずっと続けております。 2012年の日本美容外科学会において開業から5年間の全症例の平均生着率が上記基準で100%を超えたことと、シリコンバッグ抜去同日再生豊胸においてはバッグサイズを超えたことを 発表しております。 これは当院のお客様との相談や御希望により間違いなく 独自に進化させてきた美容医療の技術進歩であります。 当院では開業以来、豊胸やバスト形成のカウンセリングから手術、アフターケアまで一貫して全て九野が責任を持ち自ら担当させて頂いております。 一方で美容医療は技術格差が大きい閉鎖的な師弟の職人の世界です。 未だに 他院での術後修正をご希望される方が当院では後を絶ちません。 その方々に真実をお伝えし、救済できなくして何のための美容医療広告規制でしょうか。 本当に必要で正しい医療情報を提供・閲覧できるシステムはないものでしょうか。 2018年6月、検証可能でない項目がホームページに掲載できない旨の法改正が施行されますが、当院の全症例の記録を個人情報を除きいつでも開示できます。 所轄関係機関の方々は是非とも現実を直視するため検証の労力を惜しまずご来院して頂ければとの思いがございます。

次の