目の下 脱脂 東京 プラスト くり に っ く。 プラストクリニック 2ch【裁判傍聴記】失敗 2ch 5ch

プラストクリニック 2ch【裁判傍聴記】失敗 2ch 5ch

目の下 脱脂 東京 プラスト くり に っ く

価格表ご注意事項• すべて税抜きです。 価格、セットプラン内容、キャンペーンは各院によって異なる場合があります。 キャンペーンは予告なく終了する場合がありますので、あらかじめご了承ください。 「初回限定」は、該当施術(コースメニューを含む)をオザキクリニックで初めて受けられる方で、お一人さま1回限りの価格となります。 通訳が必要なお客様は、別料金となりますのでお問い合わせ下さい。 ご来院・ご予約時の連絡事項について• 未成年者の方は、保護者の同意書が必要となるため、当日に施術をお受けいただくことができません。 保護者同伴であれば当日施術をお受けいただけます。 妊娠中や授乳中のお客さまは、すべての施術、内服薬、サプリメントの処方をお断りさせていただいております。 安全の為、お子さま連れでのご来院はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。 ご来院時の案内をスムーズに行うために、当院以外の施術歴を事前にお伺いする場合がございます。 当院では医療行為を行っているため、万が一に備えて連絡がとれる住所を把握しておく必要がございます。 そのため、必ず身分証をご提示いただいております。 施術に関する連絡事項について• 日焼けやピーリングをされている方、ハイドロキノンを使用されている方は、お肌に負担がかかりやすい状態のため、照射系やエステ関連施術に限り、診察結果によって期間をあけて施術をさせていただく場合がございます。 キャンセル料について 以下の施術については施術までの日数に応じてキャンセル料が発生します。 アキシラレーザー• 糸による治療すべて•

次の

クマの原因・症状と治療法|品川スキンクリニック【公式】

目の下 脱脂 東京 プラスト くり に っ く

経結膜脱脂法(下眼瞼脱脂術)は目の下のふくらみをまぶたの裏から減らす手術ですが、「ふくらみが無くなったと認識できる状態」がどのような状態であるかを知る必要があります。 膨らみが無くなる=膨らみの脂肪(眼窩脂肪)を全部とる ことではありません。 膨らみが無くなったように見える状態まで眼窩脂肪を減らすことによって達成します。 膨らみが無くなったように見える状態とはどういう状態でしょうか。 目元のふくらみの下の影でお困りであるとします。 最も低いところ(窪んでいるところ)と比べて少しでも高い所(前に出ているところ)があればそこは必ず影になります。 そしてその高い所を膨らみと認識しています。 ふくらみが無くなったと認識するには最も低いところと同じか、さらに低くなる必要があります。 少しでも出ていては膨らみによる影はなくなりません。 つまり最も低いところ(もっとも窪んでいるところ)が基準となります。 経結膜脱脂法(下眼瞼脱脂術)によって膨らみを無くすということは今、影となっている最も低いところに合わせて膨らみをとるか、それ以上にとって出っ張っていたところを低くするという治療方法を受けるということです。 経結膜脱脂法(下眼瞼脱脂術)は出ているものが低く(出ていない状態)なることはあっても、低いところが高くなる(前に出る)ことは決してありません。 これが最大のポイントになります。 出ているところをいかに低くして目元をより良い形に見せるかということになります。 ここで注意点がでてきます。 本当に最も低いところに合わせることがその方にとって美しい目元であるかということです。 「出っ張っているところが無くなる」ということと「目元が平らになること」とは違います。 また、一見窪みそうに見えて実は綺麗に見えるということも多々ありますのでその辺はご相談の際によく確認されるとよいと思います。 この術前の診察は結構難しいです。 経結膜脱脂法(下眼瞼脱脂術)はご年齢が40代以上ではシワが増えるためお勧めできないと言われることがよくあります。 確かにシワは増える傾向になると思います。 しかしながらシワよりも経結膜脱脂法によって得られる形のほうがはるかに綺麗ということはご高齢の方であっても多々経験します。 また手術直後に出たシワは経過と共に一部消失することもよく経験します。 1990年代の日本の先生の文献にも「ある程度ご年齢が高い方への下眼瞼脱脂術でも意外にシワは気にならない」という記載があります。 一概に脱脂と言っても方法によるのかも知れません。 ただし皮膚、筋肉の緩みが前面に出ている場合はご年齢に関係なく脱脂のみではシワが無視できないと思います。 シワを気にする場合にはやはり皮膚切開をともなう治療の方がよいと思われますが脱脂に比べると負担は大きくなるため切開の価値がかなりあるかどうかで天秤にかける必要があります。 経結膜脱脂法を行うと目の下は窪んではいないけど暗く見えるときがあります。 理由はいくつかあります。 一つは、クマの内側の構造物との関係があります。 (難しいお話ですが詳細は下の画像をクリックしてみてください。 ) もう一つは、膨らんでいた皮膚がしぼむことにより、目に見えないレベルの皮膚の小じわによる乱反射および単位面積当たりの色素密度の上昇で暗く見えることがあります。 もう一つには、膨らみがなくなると涙袋がでてくることによって単純に涙袋の下が陰になることがあります。 実は暗く見えるのは経結膜脱脂法のみではありませんが手術の中では最も出やすいと思われます。 暗く見える色味以上に形が良くなることでクマが改善されればよいということになります。 ちなみに全員にそのような色味の変化があるわけではありません。 脱脂で失敗したと聞く理由の一つに色の変化がありますのでここで書かせていただきました。 詳細は以下の画像をクリックしてみてください。 ここでは経結膜脱脂法の流れについてお伝えします。 経結膜脱脂法はまぶたの裏の局所麻酔のみで治療可能な処置です。 ただし、リラックスして受けたいという場合には鎮静目的の静脈麻酔を併用するとより楽に治療を受けることができます。 立った状態あるいは寝た状態で膨らみの症状を見ながらデザインを行います。 次に手術台に寝て消毒や目薬の麻酔を行います。 静脈麻酔を使用する場合には点滴をとって徐々にぼーっとした状態になります。 瞼の裏に極細い針で局所麻酔の注射を行います。 瞼の裏の麻酔が十分効いた状態で瞼の裏を切開します。 目の下の膨らみの原因になっている眼窩脂肪を内側から外側にかけてバランスよく切除、減量していきます。 座った状態で確認し必要があればさらに整えていきます。 (当院の場合)• 眼窩脂肪の減量が済むと瞼の裏は特に縫合などは必要なく終了となります。 経結膜脱脂法は皮膚を切開する治療ではありませんが、術後に内出血を起こすことがあります。 大きなものから小さなものまで合わせると半分以上の方には目の下に内出血が起きると思います。 内出血は最初赤紫色から出現しやがて緑、黄色となって消失していくことが通常です。 場合によっては黄色だけが出るということもあります。 内出血の出るタイミングは手術直後からでることもあれば2日後くらいに出てくることもあります。 翌日に出ることが最も多いと思います。 治療中の段階で内出血が出てしまうこともあり、その場合には手術直後に内出血が出ている状態となります。 内出血は出てしまうと消えるまでに1週間から2週間程度の時間がかかります。 まれに、目周りの皮膚だけではなく白目の部分に内出血を起こすことがあります。 (結膜下出血といいます。 ) この場合も消失するまでに2週間程度かかります。 結膜下出血が起きた場合にはウサギの目のように赤くなりますのでやや派手に見えます。 また、マスクでは隠せないという欠点もあります。 経結膜脱脂法は痛いですか?と聞かれることがあります。 通常局所麻酔が効いていればほとんど痛みを感じませんが、眼球を覆っている脂肪を扱う治療うため治療中に引っ張られるあるいは押されるような痛みを感じることがあります。 麻酔の追加で和らぐこともあれば残ることもあります。 手術後はどういう訳かほとんど痛みを訴えることはありません。 手術翌日はジンジンする痛み?を感じられこともあります。 「手術後半年程度の時にときどきピリッとした痛みが走ります。 」と言われたことがあります。 眼窩脂肪を切除しているためそういった皮膚の下での傷の痛みのようなものが出たと考えられます。 このような痛みは時間とともに軽快することを待つしかなさそうです。 「目の下の膨らみはレーザーで取るのですか」とよく聞かれます。 まぶたの裏から結膜を切開する方法は主に二通りあり、一つは 高周波メス、もう一つは 炭酸ガスレーザーです。 海外の映像で普通のメスを用いているものを拝見したことがありますが出血により手術操作が煩雑になりますのでほとんど使われないと思います。 高周波メスと炭酸ガスレーザーはどちらがいいのかといいますと体の負担(出血量、腫れ具合)はどちらもほとんど同じだと思います。 1mm以下の操作を行うことによって、正確に解剖学的な構造を分けながら行う必要がある手術では高周波メスの方が有利だと考えます。 特に経結膜眼窩脂肪移動術を行う際には、より正確な層の見極めが必要になりますので我々は高周波メスを使用しています。 脱脂であればどちらでも変わりありません。 レーザーというものは、決してまぶたの裏からぼんやり光のようなものをあてると勝手に脂肪が取れるわけではありません。 結膜の充血• ダウンタイム中の出血(まれにフレッシュな出血が起こることがあります。 目から出血しているように見えると思います。 シワが増える可能性• クマの「色」が濃く見える可能性• 膨らみが残っていると感じる可能性• 上まぶたが窪む可能性• 目が窪む可能性• 涙袋が出てくるとその下の影が気になる可能性• 涙袋が出てこない可能性• 涙袋が微妙に変化して見える可能性• 結膜のむくみが長引く可能性• 目元が窪んで見える可能性• 目が小さくなったと感じる可能性• 左右対称にならない可能性(全くの左右対称はほとんどありません)• もとに戻せないこと• 痛みどめなど内服薬のアレルギー反応• CRPS(複合性局所疼痛症候群):行った処置の程度に対して説明がつかないような大きな痛みが出る可能性• その他想定しうる範囲のことを超える体の反応があり得ること.

次の

目の下たるみ取り|アンチエイジング(若返り)|加藤クリニック麻布【東京・大阪】

目の下 脱脂 東京 プラスト くり に っ く

セオリークリニックの筒井院長は、アンチエイジング治療の中でもとくに目の下のたるみ・くま治療、目の上のたるみ除去治療、頬のたるみ治療など、顔のたるみ治療をもっとも得意としているドクターです。 綿密なカウンセリングと長年にわたり研究を重ねてきた深い専門知識で、1人1人に最も必要かつ身体に負担のない治療法を提案してくれます。 セオリークリニックは決して大きなクリニックではありませんが、大手クリニックでさえ導入していないような最先端の美容医療マシンや技術を数多く取り揃えている、知る人ぞ知るクリニック。 そのためいかなるたるみの悩みにも対応した治療が受けられます。 痛みやダウンタイムも少ない治療を重視しているので、痛みが不安な方も安心。 ほとんどの治療が平均価格よりも少しだけリーズナブルに設定されているため、初めての方や若い方でも検討しやすいのがセオリークリニックの大きな魅力。 脱脂術+リポトランスファー324,000 円、切らない眼瞼下垂216,000 円、ボトックスあご16,200 円、小顔54,000 円、ヒアルロン酸注入プレミアム目の下64,800 円など、適正価格で挑戦しやすい価格設定です。 セオリークリニック の顔たるみ治療 得意な施術部位はずばり… 切らない目の下のたるみ取り・クマ治療、 まぶたのたるみ取り、頬(ほうれい線)の引き上げ 顔のたるみ治療で高い評判を獲得しているクリニックと言えば、セオリークリニック。 中でも目の下のたるみ・クマ治療においては、都内でもとくに間違いのない技術力と豊富な症例数を誇ります。 セオリークリニックの人気の秘密は、たるみを確実に除去する素晴らしい腕だけでなく、腫れや痛みなど、患者さんにとって大きな負担になる手術のデメリットを最小限に抑える努力をしてくれること。 そのため「切らずに完治」できる技法を多数取り揃えており、たとえばセオリークリニックの最も人気の高い目の下のたるみ治療「切らない脱脂術」では、高周波レーザーメスを使用することで、出血もなく、手術跡も残りません。 痛みや腫れもほとんど出ない、理想的なたるみ治療が叶います。 さらに患者さんの希望や症状によって、脂肪注入をプラスしたり、ピュアグラフト脂肪注入が適用されたりと、幅のある治療を提案してもらえるのも嬉しい点。 たるみ全般に強いため、目の上のたるみや頬のたるみの引き上げも、切らないのに自然で美しい仕上がりになれると、高い評価が集まっています。 たるみ治療では、サーマクール治療がよく行われています。 しかし、体質や体型が異なるように、たるみも人それぞれ。 たるみ治療はその人に合わせた治療を行うことが重要です。 セオリークリニックでは、たるみの種類によって原因が異なるため、最適な治療法も変わると考えています。 そのため、それぞれの原因にもっとも適した改善方法を取り入れた治療を実践。 セオリークリニックでは、たるみの種類を見極め、症状に合わせた治療を重要視しているのです。 そのためにも、まずは経験豊富な医師がたるみの診断を丁寧に行います。 その患者さんのたるみは、皮膚のたるみなのか、脂肪の線維のたるみなのか、または、脂肪のネットのたるみか、むくみによるたるみか、しっかり見極めるのです。 たるみの種類を分析したうえで、適切な治療を提案しています。 具体的な治療法は、サーマクール、マエストラRF、新世代スレッドリフト、アステミス・シェイプなどです。 コラーゲンを再生できる施術や、脂肪層に蓄積された水分を除去して引き締める施術などを実施します。 あわせて、治療に関する不安や要望を聞き、患者さん一人ひとりに適した治療を提案するのが、セオリークリニックの特徴。 初めての方はもちろん、他院で満足のいく結果が出なかった場合も安心してお任せできます。 私のたるみを一目みただけで原因を当てられて感心! 頬のリフトアップをしたいと思い、あちこちのホームページや評判を見て回って、いくつかカウンセリングに行きました。 セオリークリニックも候補の1つだったのですが、先生が私の頬を一目みた瞬間に「このたるみは脂肪の繊維のたるみが原因ですね」と断言されたこと。 一瞬でそんなことわかるのかと感心しました。 その後も真剣に私の話を聞いてくださり、私の希望もあれこれ聞いたあと、治療法について詳しく説明してくださいました。 他と比べて一番この分野に詳しいと思いましたし、症例もたくさんあって実績も申し分ないので、お願いしました。 結果はとても満足しています。 取りたいけれど、メスで切るのは怖くて躊躇していましたが、切らなくても取れると聞いて、藁をもすがる思いでセオリーさんに行きました。 筒井院長は最初クールな印象でしたが、相談するうちにとても熱心で頭の回転の速い人に感じました。 オペの方法について丁寧に説明をしていただき、何よりメスを一切入れずに治療できるという点で、やることを決めました。 オペの前はさすがに緊張しましたが、麻酔のおかげか始まっても痛みは感じず、スタッフの人も院長先生もずっと温かい声をかけてくださり、終えることができました。 1か月ほどたった今はたるみが消えて、別人のよう。 本当にやってよかったです! たるみの引き上げと肌質改善が同時に叶いました! セオリーでリードファインリフトをやりました。 顔のたるみが少し気になり始めたのと、肌質を改善したかったためです。 先生にリードファインを薦めてもらい、値段も手頃だったのでやることにしました。 顔に糸を入れるのはちょっとドキドキしましたが、施術中も痛みは全然感じません。 私はフェイスラインと口周りに左右25本づつ計50本を挿入。 時間はトータル30分くらいでした。 直後はほんのり赤みがありましたが、ほとんど気にならないものだったので、次の日から外出もできました。 肝心の結果ですが、徐々にほうれい線などのシワが薄くなり、顔にはハリが出て肌色が明るくなっていきました!この効果は凄いです。 毎朝鏡を見るのが楽しみになりました。 気にしていた腫れもほとんど出なかった。 すごく上手です。 セオリーにて『目の下の脱脂+リポトランスファー』を受けてきました。 今まだ3日目ですが、腫れはほぼ引いて、手術跡などもないので、脱脂をしたとは分かりません。 筒井先生はちょっと早口で淡々とした方でしたが、何を質問しても丁寧に答えてくれて安心できました。 当日も「麻酔が効いているので痛くないですから、安心してくださいね。 でももし痛みを感じたらすぐにおっしゃってくださいね」と言ってくださり、看護師さんもずっとやさしく励ましてくれました。 気にしていた腫れも、翌日に少し出たくらいで杞憂に終わりました。 他院の口コミではよく腫れが話題になっているので、すごく上手なんだと思います。 ここでなら他の施術も受けてみたいと思いました。 垂れ下がって狭くっていた視界がひらけ、目が2倍に! 目の上のたるみ除去の相談に行ってきました。 診察は時間をかけて、なぜ私のたるみは起こったのか?どのような治療法が効果的か?などとても分かりやすく丁寧に説明をしてもらいました。 治療は眉毛下切開術を受けることになり、オペの前日は緊張でよく眠れませんでしたが、先生もスタッフの皆さんもとても優しく対応してくださったので、安心してお任せすることができました。 3か月たった今ですが、垂れ下がって狭くなっていた視界が開け、たるみで隠れていた二重が見えるようになり、目が2倍くらいに大きくなりました!本当にやってよかったです。 HPなどにノーダウンタイムとあり、院長のブログに載っている症例写真もたくさん見ましたが、手術直後の写真を見てもどれも腫れも内出血もないので、これなら仕事を休まなくていいと思い、私もお願いしました。 結果、目の下からたるみとクマがキレイに消え去って、とてもスッキリしました。 ブログの症例と同じように直後は本当に内出血や腫れがなくて感動。 ただ翌日、当日よりも少し腫れが出たのですが、メガネで隠せば目立たないレベルでした。 3日目には落ち着いて、仕事も普段通り行けました。 もちろん周りには何も言われなかったです。 はじめての美容外科体験だったのですが、無事に手術成功できてうれしいです。 セオリークリニックの顔たるみ治療はココに 注目!! 患者第一の姿勢を貫く、リピーター続出クリニック 全てのクリニックは「患者第一」を掲げますが、実際には負担の大きな切開手術を推し進めて長期のダウンタイムを強いたり、未熟な医師が施術して後遺症を残し、訴訟問題になったりするクリニックも少なくありません。 しかしセオリークリニックは「患者第一」を現場にしっかりと実践しているクリニックです。 患者さんの負担を最小限に抑えるため、できる限り身体にメスを入れない手術にこだわったり、痛みや腫れ、内出血が少ないマシンが開発されれば日本最速であっても積極的に導入したり、安全性と品質の高い薬剤・素材の使用を徹底したり。 また、患者さんの肉体的な負担だけでなく、精神的な負担にも細心の配慮をし、初めてでもリラックスできる心地よい院内づくりから、しっかり時間を取って行われる担当ドクターとの直接カウンセリング、丁寧なアフターケアまで…。 細やかなホスピタリティが行き届いているため、小さなクリニックながら良心的だと口コミで評判となり、リピーターが続出しているクリニックです。 セオリークリニックの院長情報 院長 筒井 裕介 院長 院長経歴 2003年 順天堂大学医学部卒業 2003年 順天堂大学付属病院形成外科にて助手として勤務 その後、オザキクリニックにて勤務 2009年 セオリークリニック開院、院長に就任 院長紹介 オザキクリニックにて美容医療の修練に励まれた筒井院長は、特に目元の施術を得意とされています。 フェザーリフトや目元のクマ、目のたるみ改善施術での口コミ評価はかなり高く、患者さんに最も合った施術を提案してくれる、美意識とセンスがとても高いなど、筒井院長を信頼する声が多数寄せられています。 それもそのはずで、筒井院長は数々の美容外科学会に所属し、日夜女性を美しくするための研究に励まれているのです。 そこで得た知識と、15年近く美容医療に携わってきたからこその経験の豊富さを武器に、質の高い医療を提供してくれる名医です。

次の