我々だ 飲み会。 #○○の主役は我々だ! #○○の主役は我々だ!小説500users入り ぶっ飛んだ宴会にて

飲み会が苦手なあなたを救う7つの対策【実際にやってみた】

我々だ 飲み会

飲み会が苦手なのは、そもそもなぜか? 飲み会というものは社会人生活をしていると、どうしても避けては通れないイベントだと思いますが、そもそも飲み会が苦手だと感じるのはなぜなのでしょうか? 飲み会が苦手なのは、時間の無駄だから 飲み会が苦手だと思う理由の一丁目一番地は「時間の無駄」だからではないでしょうか? 人生は一度限りです、勤務時間内ならまだしも、残業手当も出ない時間帯に会社の人たちで集まって時間を消費するのは、とても無駄な時間の使い方だと思ってしまいます。 飲み会で親睦を深めるなんて、昭和で終わりにして欲しかった文化ではないでしょうか。 飲み会が苦手なのは、苦手な人と同席しなければいけないから 飲み会が苦手な理由2つ目は、苦手な人と同席しなければならないから。 気の合うメンバーの飲み会とは違って、会社の飲み会となると、どうしても苦手な上司や同僚と席を並べてお酒を飲まなければなりませんよね。 苦手な人を相手に、表面上取り繕いながら長時間会話をするのは苦痛以外の何ものでもありません。 飲み会が苦手なのは、酔っ払いが苦手だから お酒を飲むと豹変する人っていますよね・・・ 自制が効かなくなるのか、言葉遣いが乱暴になったり、人の悪口を連呼したり・・・ そういった人間の汚い部分が見えてしまうのも、飲み会が苦手な理由の1つだという方が、とても多いのではないでしょうか。 飲み会が苦手なあなたを救う7つの対策 ここからは、飲み会が苦手な方へ向けた対策方法を全部で7つご紹介します。 全て、私が実際に試してみた方法ですので、それなりに効果は期待できると思います。 飲み会が苦手だと日頃感じている方は、もしよろしければ、ぜひ取り入れてみてくださいね。 飲み会が苦手ならば、料理を堪能する 飲み会というと、どうしてもお酒を飲む場というイメージが強いです。 ですが、お酒に合う料理は、味付けが濃く、美味しいものが多いですよね。 飲み会なんだと肩肘を張らずに、自分はあくまでも料理を堪能しに来たんだ、と自分自身に刷り込みをすることで、苦手意識を軽減できたりもします。 飲み会が苦手ならば、人間観察に徹する お酒が入って陽気になっている人たちを遠目から観察していると、意外な発見はあったりと、実はお酒の席での人間観察って楽しかったりするものです。 特に飲み会の後半になってくると、各人の地が出てくるので、観察しがいがあります。 無理に積極的に会話に参加するのではなく、少し遠目から人間観察に徹してみるのも、おすすめします。 飲み会が苦手ならば、透明人間になる あくまでも例え話ですが、透明人間になることもおすすめします。 人間観察と同じく、飲み会の後半になってくると、皆さんお酒がまわってくるので、誰が会話に参加しているかなんて、気にしなくなります。 自分は透明人間だ、と思って、一人の世界に入っていたとしても、意外と誰も気にしていなかったりするものなので、そんな選択肢もアリではないでしょうか。 飲み会が苦手ならば、WHY?を繰り返す 飲み会の席というのは、承認欲求が大きい人が、自慢話でマウントを取りにくるのが世の常です。 そんな承認欲求の大きい人には「すごい!なんでそんなことできたんですか?」とWHY?を飛ばしてあげるだけで、自分語りを延々と繰り返してくれます。 そのような自分語りは話半分で聞き流して結構、これで長い苦痛な飲み会の時間を、適当に潰すことができますので、無理に会話のキャッチボールをするよりは、自分語りをしたい人に喋らせておくのが非常におすすめです。 飲み会が苦手ならば、飲み会苦手アピールを日々しておく 飲み会が苦手であることを普段からカミングアウトしておくことで、突発的な飲み会には誘われ辛くなるということもあります。 なかなか苦手なことを公言するのは勇気がいることではありますが、ちょっとした勇気で、不要な飲み会を回避できるのであれば、労力に対する見返りは大きいのではないでしょうか。 飲み会が苦手ならば、飲み会が苦手な人同士で楽しむ 飲み会が苦手な人というのは意外と多いものです。 外から見たらとても社交的な人でも、実は飲み会が苦手だという人が、私の周りにもいます。 飲み会が苦手な人同士で、飲み会苦手トークで盛り上がるのは、意外と楽しかったりもします。 飲み会は、みんなが楽しそうに笑っているのを見に行く会だと割り切る 前述の人間観察の更に高度版かも知れませんが、飲み会は「みんなが楽しそうに笑っているのを見に行く会」であると自分自身に刷り込んでしまう、まさに悟りの境地のような方法です。 一歩引いた第三者視点で飲み会をとらえることで、苦手意識を軽減できたりもします。 お酒が苦手なので飲み会が苦手? 飲み会の雰囲気は苦手じゃないが、そもそもお酒自体が苦手なので、おのずと飲み会も苦手だ、という方も中にはいらっしゃると思います。 一番良い対処法は、お酒を飲まないこと(ソフトドリンクにすること)ですが、仕事の付き合い上、そうもいかないというケースが多々ありますよね。 私が前に沖縄へ行った際に見かけた 「琉球酒豪伝説」というサプリメントがあるのですが、このサプリメントが二日酔い予防にとても効果があったので、ご紹介します。 リンク 琉球大学との共同研究で生まれた、沖縄産ウコンを使ったサプリメントだそうですが、現地の沖縄の人に薦められて、お酒を飲む前に 「琉球酒豪伝説」を飲んでみたのですが、びっくりするくらいに翌日お酒が残りませんでした。 もちろん個人差もあると思いますので、体質によって効果がある・なしが分かれるものと思いますが、私は愛用しているので、お酒が苦手・翌日にお酒を残したくない、という方にはおすすめさせていただきます。 ただし、もちろん過度な飲酒は厳禁です、適量で楽しんでくださいね。 飲み会が苦手なあなたを救う7つの対策【実際にやってみた】:まとめ そんなワケで、本日は 「飲み会が苦手なあなたを救う7つの対策【実際にやってみた】」と題しまして、.

次の

オンライン飲み会の出現で見えてきた、酒飲みのタイプと断酒者への影響。

我々だ 飲み会

宅飲みのコストで経済的に飲めて、移動時間を要さないため時間効率が良く、感染防御の観点から見ても完璧…! このアイデアは現在、急速に我々の生活に浸透しています。 僕自身も先日、友人と オンライン飲み会を開催してみたところ、 県外で普段会えなかった友人も交えて楽しく飲むことが出来て、 とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。 しかしこの オンライン飲み会は、 一歩間違えると我々の平穏で幸せな日々を脅かす諸刃の剣になると痛感しています。 このオンライン飲み会がどんどん普及していくであろうこのタイミングで、 あえてオンライン飲み会での注意点をお話しします。 とはいえ、注意点を羅列するだけでは少し寂しいので笑、 解決策も提案しますね。 1.時間制限がない 例えば次の日に朝から予定があって、早々の時間に飲み会を切り上げたかったとします。 最も自然な流れで早めに飲み会から帰宅する方法としては、 1次会で帰宅すること です。 この理由としては終電があること、バスの乗り継ぎがあるなど それとなく理由を付けて穏便に帰宅することが出来るでしょう。 しかし、 オンライン飲み会ではこの作戦は通用しません笑 そもそも家にいるのだから店を変える 2次会の概念なんてないし、 終電など各々自宅にいるのだから気にする必要もないのです。 その結果みんなと同調してしまう日本人は、たとえそのオンライン飲み会を切り上げたくても言い出すことが出来ず、 ずるずると長時間開催してしまい自分の貴重な時間を失ってしまうでしょう…。 個人的なおすすめは、今日は22時まで!などと時間制限を設けることです。 開催する前から設定しておくと間延びしたり、会の終わりを切り出すという大役を誰かが担う必要もなくなります笑 2.食事の感動を共有できない 飲み会を開催するとき、 誰と飲むかはとても重要な要素の一つであると思いますが、 何を食べるかもとても大切だと思います。 実際に友人と飲みに出かけた時に話した内容を思い出してみてください。 一緒に食べたご飯の感想を話したり、いろんなメニューをシェアしたり… 食べ物の話題が結構な割合を占めていませんか? 個人差はあるとは思いますが、著者の体感では飲み会における 4-5分の1の話題は食事にまつわることです。 ですがオンライン飲み会では食べ物をシェアすることはできません。 別々のものを食べていて感想を言い合っても、ふーんとなるだけで共感することも話が膨らむこともあまりありません。 あと、 食事が来るまでのワクワク感も味わえないのです…笑.

次の

お酒飲めないけど飲み会参加!割り勘負けせずに配慮を勝ち取るには?

我々だ 飲み会

酒飲めないけど飲み会参加、覚えておくべき4つの戦術 お酒が飲めない人が、不公平な割り勘を回避する手っ取り早い方法は、飲めない分を食事で元をとること。 普段は注文しないようなゴージャスなメニューを注文して、飲ん兵衛の人たちよりガッツリ食べてお腹いっぱい幸せになれば、割り勘でも気にならなくなりますよね。 けれど、飲み会のたびに腹ペコとも限らない上に、割り勘負けしないようにと、食べることばかりに集中しているのでは、せっかくの飲み会を楽しめません。 他に、方法はないのでしょうか。 あります。 ここであなたにお伝えするのが、不公平な割り勘を回避する4つの戦術。 参加者に会計の配慮をお願いする• 精算時の会計係をやる• 幹事に会計の配慮をお願いする• 幹事をやる ただこれ、どんな飲み会でも使えるかというと、そうではありません。 飲み会参加メンバーの構成を見極めて、飲み会のタイプ別にアクションを変えましょう。 この後、詳しく説明します。 酒飲めないけど飲み会参加、飲み会タイプごとに戦術を使い分ける 参加メンバーの構成から分類する飲み会タイプは、以下の3タイプとなります。 飲み会はほとんどがこの3つに分類されると言っていいでしょう。 親しい仲間内だけの飲み会• 友人・知人との飲み会• 職場の人たちとの飲み会 この3つのタイプ別に先程の不公平割り勘を回避する4つの戦術を適材適所で採用します。 では、飲み会タイプごとに我々がとるべきアクションを見ていきましょう。 親しい仲間内だけの飲み会 参加者が親しい仲間だけであれば、正面突破で、戦術1番(参加者に会計配慮のお願い)が最適。 これに加えて、戦術2番(精算時の会計係をやる)の対応をとれば、より確実でしょう。 仲間たちはそのころ、酔って気前も良くなっているので、「ハイハイ、いーよ」で終わっちゃいます。 友人・知人との飲み会 まだ腹を割って話せるほど親しくない友人、知人達に対しては、戦術1番が使いにくいですよね、気持ち的に。 ですから、飲み会のお誘いがあった時点で、戦術3番(幹事に会計配慮をお願い)を発動しましょう。 その上で、戦術2番(精算時の会計係)を率先してやってあげたり、手伝ってあげるのが良いでしょう。 職場の人たちとの飲み会 難易度が最も高いのが、このタイプ。 というのも、まず人数が多くなりがちの上、習慣的にお会計の配慮を「男女」や「先輩後輩」の視点で実施することが多いから。 飲み会が始まってから、飲めない人を配慮してほしいとお願いしても、計算が面倒で取り合ってもらえないことになります。 そうなると、戦術4番(幹事をやる)を採用し、自分でお会計を仕切るのが一番確実。 ただし、職場の飲み会だと、あらかじめ幹事は別の人に決まっていることも多いでしょう。 そういう場合は、戦術2番(精算時の会計係)で、事前に幹事の人に、当日の会計係は自分が肩代わりすることを提案してみましょう。 なお、実際のお会計の際に慌てないで済むので、事前に、お会計で配慮すべき事項(飲める飲めない、男女、先輩後輩など)をまとめて、割り勘のシミュレーションしておくのがおススメ。 酒飲めないけど飲み会参加、戦術実行時の注意点 このように、飲み会のタイプごとにとる戦術を変えることで、どんな飲み会であっても、お会計の際の不公平感をなくす状態を作り出していきます。 理屈もやり方もわかったけど、そうは言っても、実際、この戦術を一人でやろうとすると心理的な負担がそこそこありますよね。 そんなときはやはり仲間の存在があると頼もしいものです。 ということで、どの戦術も、お酒を飲めない下戸仲間を見つけて、協力して行動することによって、より確実で、より効果が期待できることになります。 飲み会の打診やお誘いがあったら、参加するメンバーを確認して、自分と同じ、お酒が飲めない人、弱い人がいないかを探してみるのが良いですね。 そして、同じ悩みを共有する仲間として、一緒に取り組んでくれるよう誘ってみましょう。 まとめ いかがでしたか?飲み会で不公平な割り勘を回避する方法をお伝えしました。 まとめると以下の表となります。 飲み会タイプ 採用する戦術 補足 A. 親しい仲間内だけ 1. 参加者に会計の配慮をお願いする 2. 精算時の会計係をやる B. 友人・知人 3. 幹事に会計の配慮をお願いする 2. 精算時の会計係をやる 下戸仲間と協力できるとなお良い C. 職場の人たち 4. 幹事をやる 2.

次の