サーズ 流行 いつ。 「サーズ」「マーズ」「スペイン風邪」の大流行はどのようにして収束したのか?

コロナとSARSの違いは?サーズ流行時に上海駐在の私がみたものとは|なるほどログ

サーズ 流行 いつ

com 世間は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)一色ですので、もう書かなくてもいいかと思いましたが、時節柄触れないわけにはいきません。 先週は世界中の株価はタガが外れたように暴落しました。 ですが、今回のコラムでは、長期的な観点ではこのようなリスクイベントを過剰に心配する必要はないということを述べたいと思います。 いつ暴落が起きても不思議ではなかった!? 確かに金融市場は動揺しています。 しかしながら、そもそもリーマンショックで底をつけてから約10年以上世界中の株価は上昇し、特に米国株は3倍以上になっていることを認識しておかなければなりません。 「山高ければ、谷深し」のごとく、そのリーマンショックの前までも、ITバブル崩壊以降7〜8年は株価が上昇していました(図表1参照)。 加えて、昨年の米国株(NYダウ平均株価)は年間約25%程度上昇しています。 これは私見ですが、過去10年以上順調に上がり続けた株式を、投資家はいずれ売りたいと思っていたはずです。 つまり、売り場を探していたところだったのです。 そこに起きたのが、2020年年初の米国・イラン対立問題です。 それで相場がぐらついたものの、すぐに戻りました。 本来はこの時点で売りが出てもよかったのですが、問題の終息が早く、大きな売りインパクトにつながらなかったのです。 言い換えると、相場はいつもマグマを抱えながら走っており、いつ暴落が起きてもおかしくなかったということです。 そして新型コロナウイルスの感染拡大です。 当初、欧米市場の反応は鈍かったですが、自国に罹患者が出ると急にネガティブになり売り一色になりました。 このあたりの反応は、リーマンショックの時にニューヨークが崩れると連鎖的に世界中の株式が売られたのと同じです。 正直いいますと、どんなプロでもこればっかりは予想はできません。 ですから、プロも売る、個人も売る。 だから暴落するのです。 売っていないのは、年金や塩漬けやむなしの一部個人(含む、筆者)くらいではないでしょうか。

次の

SARS 原因と流行 予防対策

サーズ 流行 いつ

重症急性呼吸器症候群(SARS) 流行地 SARSコロナウイルスによる全身性の感染症で、2002年11月16日に、中国南部の広東省で非定型性肺炎の患者が報告されたのに端を発し、北半球のインド以東のアジアやカナダを中心に感染拡大、2003年3月12日にWHOから「グローバルアラート」が出され、同年7月5日に終息宣言が出されるまで、32の地域と国にわたり8,000人を超える症例が報告されました。 感染経路 感染経路は、飛沫および接触(糞口)感染が主体となりますが、空気感染の可能性も否定できません。 コウモリをはじめ、ハクビシンやタヌキ、ネズミなどの動物が媒介する可能性も指摘されておりますが、確定的な結論はまだ出ていません。 ヒトで感染源となりうるのは有症者だけで、潜伏期間にある発症前の患者が感染源になった症例は確認されていません。 潜伏期 2~7日間のことがほとんどで、最長10日間です。 症状 発病第1週に発熱、悪寒震え、筋肉痛など、突然のインフルエンザ様症状で発症します。 発病第2週には非定型肺炎へ進行し、乾性咳嗽、呼吸困難や水様性下痢を発症します。 この時期が感染性のピークとなります。 治療法 有効性が確実とされる治療法はいまだ確立されていません。 対症療法が中心となります。 予防等 患者の早期発見と隔離以外には有効な予防措置はありません。 一般的な予防法として手洗い、うがい、マスク着用、体力や免疫力の増強をはかる、人混みへの外出を控えるなどがあげられます。

次の

新型肺炎はいつまで続く?SARS・MERSはいつ落ち着いたか調査!

サーズ 流行 いつ

2002年11月1日~2003年8月7日の ()の流行 SARS感染による死者が出た国・地域(黒) SARS感染者が出た国・地域(赤) SARS感染者が確認されなかった国・地域(灰) パンデミック(: pandemic)は、ある()の世界的な大流行を表す語。 疾患、特に感染症の流行は、その規模に応じて 1 エンデミック、 2 エピデミック、 3 パンデミックに分類される。 このうち最も規模が大きいものがパンデミックである。 endemic エンデミック(地域流行) 特定の人々や特定の地域において、「regularly (ある程度の割合、ポツポツと)」見られる状態。 地域的に狭い範囲に限定され、患者数も比較的少なく、拡大のスピードも比較的遅い状態。 「流行」以前の段階。 もエンデミックの一種にあたる。 epidemic エピデミック(流行) 特定の内で、特定の一時期、感染症が広がること。 特に突発的に規模が拡大し集団で発生することを「 (outbreak)」と呼ぶ。 pandemic パンデミック(汎発流行) (さらに流行の規模が大きくなり)国中や世界中で、感染症が流行すること。 世界流行 、世界的流行とも。 (WHO)は、ひとつひとつの感染症のパンデミックの(その時点での)状況を6つのフェーズ(段階)に区別して分類している。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2020年3月) なお「」とは、微生物が体内に侵入し、繁殖したために発生するのこと。 例えば、、、などのが人体の内部へ侵入して増殖し、その結果、、、などの症状が発生することを言う。 ヒトからヒトへの感染(=「ヒト-ヒト感染」)を起こすようなウィルスの場合、(感染力が弱ければ、大流行に至らずに済む場合もあるが)感染力が高ければ高いほど、感染が防止不可避なままに、2次感染、3次感染... と感染が拡散していくことになりがちで、一人の人から3名、4名、5名... などと 多人数の人に感染するような感染症では、「ヒト-ヒト 感染(ヒトからヒトへの感染)」が繰り返されるうちに的に、つまり「爆発的」に拡大していくことになる。 (古代や中世はをする人々の割合は少なかったが)現代では、人々の移動が盛んで、挙句に世界各国で、国内旅行だけでなく、航空機を用いたも世界的に非常に盛んになっているので、を越えて世界規模のパンデミックが発生しやすくなっているとされる。 パンデミック、なかでも生命に関わるような症状を伴う感染症のパンデミックは、の皆にとっての脅威であるとされる。 現在までヒトの世界でパンデミックを起こした感染症には、 、、、、、などの感染症、、、、、などの感染症、感染症であるなど、さまざまな病原体によるものが存在する。 ただし、これらの感染症の中でも特にあるいはが集団発生するケースでは、しばしば流行規模が大きく重篤度(死亡率など)が高くなるものが見られるため、医学的に重要視されている。 これらの新興(再興)感染症によるパンデミックはしばしば一般社会からも大きく注目されるため、一般に「パンデミック」と呼ぶ場合、これらのケースを指すことも多い。 この警戒区分は、対象となる感染症の原因となる病原体のの強さや、流行の程度を考慮して総合的にWHOが判断して警戒や対策の実行を呼びかけるものである。 WHOによる6つのフェーズ [ ] WHOでは、パンデミックまでの各フェーズを以下のように切り分け、フェーズごとの公衆衛生学的な対応策を各国に求めている。 : global pandemic preparedness level。 日本ではフェーズ3以降をさらにA(海外で発生しているが,国内では発生していない)、B(国内で発生している)に細分し、それらに適合した対応ガイドラインが設定されている。 なお6段階ではなく3段階に分けた用語と、6つのフェーズの関係は次の通り 。• 前パンデミック期(: Inter-Pandemic Period、パンデミック間期):フェーズ 1-2• パンデミック・アラート期(: Pandemic Alert Period、パンデミック警告期):フェーズ 3-4-5• パンデミック期(: Pandemic Period):フェーズ 6 WHOのインフルエンザ・パンデミック6段階。 現在ではこの分類は使われていない。 WHO:2009年4月29日発表の文書に基づく警戒レベル フェーズ1 動物の中で循環しているウイルスがヒトにおいて感染を引き起こしたとの報告がない状態。 フェーズ2 ヒトに感染を引き起こしたことがわかっているインフルエンザウイルスが家畜または野生の動物の間で循環しており、潜在的なパンデミックの脅威であると考えられる状態。 フェーズ3 動物インフルエンザまたはヒト-動物のインフルエンザの再集合ウイルスがヒトにおいて散発例小集団集積症例が見られるが、コミュニティーレベルでのアウトブレイクを維持できるだけの十分なヒト-ヒト感染伝播を起こしていない状態。 フェーズ4 動物インフルエンザまたはヒト-動物のインフルエンザの再集合ウイルスがコミュニティーレベルのアウトブレイクを引き起こすことが確認された状態。 コミュニティーでの持続的感染ができる能力を獲得したことは、パンデミックに対するリスクが高まっていることを意味する。 フェーズ5 1つのWHO地域の少なくとも2つの国でウイルスのヒト-ヒト感染拡大があることである。 多くの国々はこの段階では影響を受けていなが、フェーズ5の宣言は、パンデミックが目前に迫ったものであることを示す強い警告である。 フェーズ フェーズ5に定義された基準に加え、WHOの異なる地域において少なくとも他の1つの国でコミュニティーレベルでのアウトブレイクがある状態。 このフェーズが指定されることは、世界的なパンデミックが進行中であることを示す。 対策 [ ] コミュニティ緩和の目標。 1 発生のピークを遅らせる 2 カーブを平準化することで医療へのピーク負担を軽減する 3 全体的な健康への影響を軽減する。 WHOの分類フェーズを目安にしつつ、各国の、自治体、行動計画をそれぞれ作成することによって、パンデミックへの対策を行わなければならない。 企業等さまざまな組織も、従業員や顧客を護るために対策を練ることになる。 感染症管理において重要なのは、「流行曲線の平坦化」として知られているピーク時における発生数削減である。 これによって医療サービスがパンクするリスクを低減し、ワクチンと治療法の開発に必要な時間を稼ぐのである。 アウトブレイク管理のために、非薬物療法的な介入が行われる場合がある。 例えばインフルエンザのパンデミックでは、手指の衛生、衛生マスクの着用、自己検疫などの個人的な予防策、学校閉鎖や大規模集会キャンセルといった、そのような介入の受け入れと参加を奨励するコミュニティ戦略、表面の洗浄といった環境対策が挙げられる。 「」も参照 パンデミックの推移 [ ] H5N1亜型などの致死性が高くパンデミックを起こすとされているインフルエンザを例に、パンデミックの発生から消退までの予想される経過を表で示した。 インフルエンザ・パンデミックの推移 経過 解説 亜型ウイルスの確認 亜型ウイルスの存在が確認されている(例。 動物のインフルエンザウイルス) ヒト感染のリスクは低い、またはヒト感染は報告されていない。 ヒトへの感染の確認 亜型ウイルスの存在が確認されている(例。 動物のインフルエンザウイルス) ヒトへの感染が報告されている パンデミックの潜在的脅威 限局したヒト-ヒト感染の確認 ヒトからヒトへの感染はきわめて限定されている(家族や身近な接触者等) 小規模の流行 ヒトからヒトへの小規模感染(単独国家内での感染)を認めるだけの証拠が存在する パンデミックとなる可能性は中~高程度 大規模の流行 ヒトからヒトへの相当数の感染(単一のWHO管区内における複数の国家での感染)を認めるだけの証拠が存在する。 パンデミックへと発展する可能性が高く、早急に大流行への計画的な対策を講じる必要性がある 世界的な大規模流行 グローバルパンデミック(世界流行)の状態。 上記の状態に加え、当初集団発生したWHO管区とは異なる管区で集団発生が確認される。 流行の消退 流行のピークは過ぎたものの、流行再燃の懸念が残る状態。 流行後 パンデミックを起こしたウイルスが通常のインフルエンザウイルスと同等の状況となった状態。 しかしパンデミックに対する警戒と備えは維持する必要がある。 パンデミックの歴史 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2020年3月) ここでは感染症全般の歴史 ではなく、 『パンデミックの歴史』を記述する。 感染症によるパンデミックは古代より見られ、大きな被害を与えてきた。 には黒死病()がで大流行した。 このときの流行では当時のヨーロッパ総人口の約3分の1にあたる、およそ2500万人から3000万人もの死者を出したとされる。 16世紀にはによってもたらされた天然痘が南北アメリカ大陸で猛威をふるい、天然痘の免疫を持たなかった先住民の人口は約10分の1にまで減少した。 またこの天然痘の大流行はやといった現地の政治権力に大打撃を与え、両国の滅亡とスペインの新大陸制覇の一因となった。 からにかけてが、地域を変えつつ7回の大流行を起こした。 中国では1855年から慢性的なペスト流行が起こっていたが、1894年には香港ににその流行が拡大し、欧米への拡大が懸念されたものの、国際協力体制の元隔離検疫体制が敷かれ、香港外への流行拡大は防がれた。 これは感染症に対する国際防疫体制の嚆矢となった。 にはアメリカで(インフルエンザ)が発生し、第一次世界大戦のヨーロッパ戦線にアメリカ軍が大量に投入されたことでヨーロッパへ持ち込まれ、さらに全世界へと拡大した。 この流行は翌まで続き、死亡者は約5000万人から1億人にものぼった。 この時期は第一次世界大戦の末期にあたり、体制のもと全世界的に軍隊や労働者の移動が活発となったことがより被害を甚大なものとした。 流行は鉄道や河川といった輸送ルートを通過して海岸部の港湾都市から奥地へと拡散していった。 2019年12月以降、によるがの東部のから流行し、2020年5月6日時点で全世界で約368万人の感染者と26万人弱の死者が出ている。 2020年3月11日、は「について、パンデミック相当である」との見解を示した。 「パンデミック宣言」がなされたものの実際の被害が小さくて済んだものとしては、がある。 歴史的パンデミックの年表 [ ] 発生年 主な流行地域 名称 疾患 病原体 死亡者数 備考 紀元前430年 () 不明 7万5000〜10万人 165年-180年 (: ) 未知 麻疹? または天然痘 ? 500万人 別名ガレンの疫病 アントニンペストと呼ばれる事もある 但しペストは誤認の可能性が高い 195-220年 () 腸チフス? 0万人以上 増加中 パンデミックに発展する恐れのある疾病 [ ] WHOの「」が警戒する感染症は、以下の19疾病である。 症(英:)• (SARS)• WHOのパンデミック誤警告問題 [ ] 「」も参照 WHOは、2009年に「今、すべての人類が脅威にさらされている」としてを全ての人類の脅威として警告を行った。 しかし、「全ての人類の脅威」とまで宣言された新型インフルエンザは、他の季節性インフルエンザと大差ないレベルのインフルエンザであり、被害も小さかった。 一連のWHOの誤報を重く見た欧州議会は、パンデミック宣言に至った経緯の調査に踏み出す事態となった。 ()前保健衛生委員長は、「WHOのパンデミック宣言は、偽のパンデミックであった」とし、一連のパンデミック宣言を批判した。 「その原因にはWHOの意思決定に製薬会社の意向が大きく影響しており、それが今回のパンデミック宣言につながった」として、WHOの意思決定システムを問題視している。 そのパンデミックの言葉は、医学的にも歴史的にも不適切な使用であった。 一方、世界最大規模の製薬会社である社()は、「製薬会社がWHOのパンデミック宣言に影響を与えているなどの認識は、誤りである」と、で反論している。 インフォデミック [ ] 「」および「」も参照 インフォデミック(: infodemic)とは、疫病の流行に伴うが急速かつ大量に広がって社会に混乱をもたらす状況を指す。 この概念は、誤報と闘うための取り組みの中で提唱された。 2月2日、はについて、人々が必要とするときに、信頼できる情報源と信頼できるガイダンスを得るのを困難にする情報が過剰に報告されており、正確な情報と事実に反した誤情報が混在している状況となっていることから、「 大量情報伝染(たいりょうじょうほうでんせん、: massive infodemic)」を宣言した。 このような状況下ではタイムリーで信頼できる情報に対する高い需要があるため、WHOはこれまでの慣例を破る24時間年中無休ホットラインの創設を奨励し、「コミュニケーションおよびチームが、Webサイトおよびソーシャルメディアページ()を通じて誤った情報を監視し、対応にあたっている」としている。 、、は、「『誤報(: misinformation)』について、WHOと共に取り組んでいる」と発表。 Facebookは、「大手の世界的な保健機関や地方自治体などによって、『身体的危害(: physical harm)』に繋がる誤った情報(コンテンツポリシー違反)とされたコンテンツを削除する」としている。 は2020年2月末、「から保護することができる」と誤った主張をした100万点以上の商品を禁止し、出品停止とした。 また、過度に高額な健康関連商品の出品を数万点削除した。 人間以外 [ ] 人間以外にもパンデミックは発生し、原人が絶滅した理由の仮説には感染症によるという説もあるように 、伝染病によって種の絶滅も起きうる。 - の他、1997年の台湾の約380万頭の豚の殺処分、2001年のイギリスの約650万頭など世界中で流行が確認されている。 - 高病原性鳥インフルエンザ HPAI など、鳥は移動力が高く飛沫感染し、人間にも感染しパンデミックを起こす能力を持つウイルスと言える。 豚コレラ• - の絶滅の原因の一つとされる。 ほかライオンにも感染し、近縁種もアザラシやイルカ類などに大流行を起こし多くを死に至らしめた。 フィロキセラ - 19世紀後半よりアメリカから世界に輸送された植物の根に付着して流入。 ヨーロッパや日本などのブドウへ壊滅的被害を出した。 感染しない台木とブドウをする事で対策された。 - 20世紀中盤に主流であった ()の商業栽培を壊滅させた。 また、パナマ病に耐性があるバナナにも新パナマ病が世界的に蔓延し徐々に収穫量が低下している。 ウメ輪紋ウイルス• - 飢饉の原因とも考えられている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 14、南山堂• 435、丸善• 15、丸善• 2020年3月27日閲覧。 Gordis, Leon 2007 , Epidemiology 4th ed. , Elsevier Health Sciences, p. 22,• Krasner, Robert I. 2002 , The microbial challenge: human-microbe interactions, ASM アメリカ微生物学会 , p. 124,• 武部, 豊 2002 , PDF , 感染症週報, 感染症の話 国立感染症研究所 4 39 : 16 , 2009-05-01T15:30Z閲覧, "世界流行(pandemic)"• Lexico Dictionaries English. 2020年3月1日閲覧。 『日本大百科全書』(ニッポニカ)、「感染症」• Hopkins, Donald R. 2002 , The greatest killer: smallpox in history, with a new introduction, University of Chicago, pp. 34, 87, 89 and 91,• WHO [ ]• 139-144, :。 The Lancet 395 10228 : 931-934. March 2020. "A key issue for epidemiologists is helping policy makers decide the main objectives of mitigation—eg, minimising morbidity and associated mortality, avoiding an epidemic peak that overwhelms health-care services, keeping the effects on the economy within manageable levels, and flattening the epidemic curve to wait for vaccine development and manufacture on scale and antiviral drug therapies. Recommendations and Reports Centers for Disease Control and Prevention 66 1. 12 April 2017. 「感染症と文明 共生への道」p64 2011年6月21日第1刷 山本太郎 岩波書店• 「感染症と文明 共生への道」p85-87 山本太郎 岩波書店 2011年6月21日第1刷• 「感染症と文明 共生への道」p112-116 山本太郎 岩波書店 2011年6月21日第1刷• 「第一次世界大戦史」p202 飯倉章 中公新書 2016年3月25日発行• 「感染症と文明 共生への道」p117-121-87 山本太郎 岩波書店 2011年6月21日第1刷• 「アフリカ経済論」p195 北川勝彦・高橋基樹編著 ミネルヴァ書房 2004年11月25日初版第1刷• 「アフリカ経済論」p268 北川勝彦・高橋基樹編著 ミネルヴァ書房 2004年11月25日初版第1刷• ロイター. 2020年3月12日 2020年3月15日閲覧。 NHKニュース. 2020年3月12日. 2020年3月12日閲覧。 and E. Robin Carter 1996 Bioscience;46 2. Pollard, Chris 2010年1月13日. の2010年1月14日時点におけるアーカイブ。 2010年1月13日閲覧。 山田敏弘 2020年2月27日. ITmedia ビジネスオンライン. 2020年3月4日閲覧。 2020. UN News 2020年2月4日. 2020年2月5日閲覧。 finance. yahoo. com. 2020年2月6日閲覧。 Richtel, Matt 2020年2月6日. 2020年2月7日閲覧。 Reuters. 2020年2月1日. 2020年2月7日閲覧。 BBC News. 2020年2月28日. CNN• 13-17, :。 著:吉田 護 出版:京都大学• 喜田宏「」『鶏病研究会報』第51巻、鶏病研究会、2015年9月、 7-12頁、 、。 京都市 参考文献 [ ]• 国際的感染症対策ネットワーク 2009 , , 世界保健機関(WHO) , 2009年7月30日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 () - 2018年にWHOが警戒すべき未知の病気を指す用語として提示し、想定されてない病気へも柔軟に対抗する体制を整える事の重大性を問いかけている。 (PHEIC) 、• - 感染症流行の数理モデル。 - 最初の患者となった人物。 - 通常考えられる以上の二次感染例を引き起こす者。 (NHKで2008年に放送されたドラマ。 但し、ドラマ内容は「パンデミック」には該当しない)• () - 多人数型オンラインゲーム『』で発生したパンデミック事件。 現実世界の流行と似ていた事から研究対象とされた。 外部リンク [ ]• 『』 -• 『』 -• 『』 - インフルエンザ・パンデミックに関する外部リンク• WHO• 国立感染症研究所 感染症情報センター• PDF• 国立感染症研究所 感染症情報センター•

次の