海外 旅行 いつから。 【海外旅行いつから?】入国制限緩和・解除予定の国まとめ(6月13日更新)

海外旅行いつから行ける?【予測】新型コロナで各国の入国状況など

海外 旅行 いつから

2020年6月9日現在、外務省からは131の国にレベル3の渡航中止勧告が発出されています。 一日も早く状況が落ち着いて、安心して楽しく海外旅行を楽しめる日を期待しない日はありません。 そんな中、海外専門旅行会社ジェイエスティには『いつから海外旅行にいけるの?』というお問い合わせが入ってきております。 そんなお客様に私たちが強くお勧めしているのは、6月中に申し込む『パッケージツアー』です。 パッケージツアーの強みはキャンセル規定が穏やかなところ。 ハイシーズンの出発でも40日前までキャンセル料金がかかりません。 これがどういう事を意味するのかと言いますと、出発の約1ヶ月半前までなら、一切お金がかからずに、キャンセルすることができるということです。 例年でしたら8月のお盆や9月のシルバーウィーク、12月の年末年始など、この6月に予約しても絶対に空いていない時期でも、今はまだ予約が取れる状況です。 そして万が一、予約したパッケージツアーが状況的に催行できないとしても、パッケージツアー自体がキャンセルになればもちろんキャンセル料金はかかりませんし、40日前までにキャンセルをすればこちらもキャンセル料金はかかりません。 誰もがこの先の海外への渡航状況を予測できない中、リスクが一切なく海外旅行を予約できるのは、大変なメリットですし、なによりも一番考えられるのが、海外旅行が解禁された時には、一斉に予約が集中してそのときにはツアーの空きが無くなるということです。 そして6月中にパッケージツアーを予約する大きなメリットがあります。 それは国の政策の『キャッシュレス還元事業』が2020年6月30日までで、ジェイエスティで、旅行代金をクレジットカード決済していただくと、5%の還元をポイント等で受けることができるのです! 今だからこそできる、お値打ちなパッケージツアー予約を考えてみてはいかがでしょうか? TEL: Comments are closed.

次の

いつから海外旅行に行けるの!

海外 旅行 いつから

2020年6月9日現在、外務省からは131の国にレベル3の渡航中止勧告が発出されています。 一日も早く状況が落ち着いて、安心して楽しく海外旅行を楽しめる日を期待しない日はありません。 そんな中、海外専門旅行会社ジェイエスティには『いつから海外旅行にいけるの?』というお問い合わせが入ってきております。 そんなお客様に私たちが強くお勧めしているのは、6月中に申し込む『パッケージツアー』です。 パッケージツアーの強みはキャンセル規定が穏やかなところ。 ハイシーズンの出発でも40日前までキャンセル料金がかかりません。 これがどういう事を意味するのかと言いますと、出発の約1ヶ月半前までなら、一切お金がかからずに、キャンセルすることができるということです。 例年でしたら8月のお盆や9月のシルバーウィーク、12月の年末年始など、この6月に予約しても絶対に空いていない時期でも、今はまだ予約が取れる状況です。 そして万が一、予約したパッケージツアーが状況的に催行できないとしても、パッケージツアー自体がキャンセルになればもちろんキャンセル料金はかかりませんし、40日前までにキャンセルをすればこちらもキャンセル料金はかかりません。 誰もがこの先の海外への渡航状況を予測できない中、リスクが一切なく海外旅行を予約できるのは、大変なメリットですし、なによりも一番考えられるのが、海外旅行が解禁された時には、一斉に予約が集中してそのときにはツアーの空きが無くなるということです。 そして6月中にパッケージツアーを予約する大きなメリットがあります。 それは国の政策の『キャッシュレス還元事業』が2020年6月30日までで、ジェイエスティで、旅行代金をクレジットカード決済していただくと、5%の還元をポイント等で受けることができるのです! 今だからこそできる、お値打ちなパッケージツアー予約を考えてみてはいかがでしょうか? TEL: Comments are closed.

次の

海外旅行の予約はいつからできる?知りたいポイントをまとめました

海外 旅行 いつから

オーストラリアのポートダグラスで撮影した写真。 Zoom用の背景として提供していますので、からダウンロードしていただけます。 今年予定していた海外旅行&出張は決まっていたものだけで5つ。 3月の春休みに出張と休暇を兼ねてニューヨーク、4月に新しくオープンするホテルの視察でグアム、夏休みに小学生の息子と一緒にプチ留学でアメリカ、秋には今お手伝いしているイベントのサポートでニューヨーク、年末年始に休暇でビーチリゾート…。 2020年はより海外に積極的に出かけていこうと決めていました。 ですが、コロナウイルス問題ですべて白紙に…。 今では旅行関係の仕事はおろか、ファッション関係の仕事までほとんどがなくなってしまいました。 私自身の身なので、稼働した分しか収入が入ってこない立場。 今は精神的な意味でも、金銭的な意味でも、すっかり旅行どころではない状態になってしまいました……。 モルディブにてiPhone 11 Proで撮影した写真。 偶然現れた虹に心が洗われました。 緊急事態宣言が出る前の2月くらいまでは、「今ハワイに5万円くらいで行けるらしいよ!」という浮ついた話を周りでも聞きましたが、今は状態がより深刻になり、外務省がほとんどの国に対して、「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」または「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」という措置(詳しくはの外務省海外安全ホームページをチェック)をとっています。 逆に、世界の多くの国も日本からの渡航者に対して入国制限(詳しくはの外務省海外安全ホームページをチェック)をしている状態です。 だから、万が一旅行しようとしてもほぼできないのが現状。 もちろん、こんな情勢なので、いくら旅行好きの私でも、さすがに旅したいっていう気持ちが今は失せてしまっていて、休校中の息子と24時間一緒におうちにこもっています。 いつから旅行が再開できる? いつから旅行の予約をする? 今はこの写真をZoom会議の背景に設定しています。 気分が上がるのでおすすめです。 では、いつから旅行できるのでしょうか。 これは本当に難しい質問です。 今年はもう海外旅行なんてできないんじゃないかという気持ちと、コロナ自粛が功を奏して、秋冬には世界が落ち着いてほしいという淡い期待の両方があります。 実際に私はどうしているかというと……ゴールデンウィークと夏休みの旅行は完全に断念したし、秋の出張用に予約していたホテル&飛行機もキャンセル。 唯一、年末年始の休暇で泊まるホテルだけまだキャンセルせずに予約状態のままにしています。 なぜなら、コロナの特例もありギリギリまでキャンセル料がかからない予約ルールになっているから。 もう少し様子を見てからどうするかを検討しようと思っています。 ちなみに、飛行機はまだ予約していません。 国が計画している観光業を再活性化させるための「Go To Travel キャンペーン」とは?これで旅行しやすくなるの? より掲載。 現在、国が新型コロナウイルス関連問題解決ために計画しているいくつかのアイデアの中に、「Go To Travelキャンペーン(仮称)」というものがあります。 まだ確定した案ではないようですが、今回大きな打撃を受けた観光業の方たちの助けになるなら、活用するのもアリかもしれませんので、頭に隅に置いておきたいと思います。 それにしても世界がこんなに近くなった現代において、海外に行けなくなる日がくるなんて、まったく想像もしていませんでした。 今は増え続ける感染者の方のために動いてくださっている医療従事者の方に感謝し、1日も早い終息を願いながら外出自粛に努めていこうと気を引き締める毎日です。 これまでは毎日仕事に追われ、学校や学童、習い事に任せっぱなしだった子供とゆっくりべったり過ごせる貴重な時間と捉え、前向きに過ごしていきたいと思っています。

次の