角田 光代 おすすめ。 角田光代ツイッター

角田光代のおすすめ本・書籍6選【短編集から代表作まで】

角田 光代 おすすめ

名前:角田 光代(かくた みつよ) 生年月日:1967年3月8日 出身地:神奈川県横浜市 最終学歴:早稲田大学第一文学部文文芸専修 小学校1年の頃から、小説家を目指していたそう。 早くから、やりたいことが決まっていたんですね。 一度決まったら、小説家という夢に向かってまっしぐら。 23歳のときに 「幸福な遊戯」で、 海燕新人文学賞を受賞しデビューした角田光代さん。 どの文芸誌に応募したらいいか、とことん研究したそう。 そして次々と賞をとり、あっという間に 有名作家になります。 角田光代のおすすめ本やエッセイは? 映画 「八日目の蝉」は、きっと読んだ人も多いと思うので、そのほかの小説を紹介しますね。 「紙の月」は、パートをしている銀行から1億円を強盗してしまうストーリーなのだけど、なんだか強盗することになった経緯がとってもリアル。 実際に、自分にも起こるんじゃないかと思わせられ、 ドキドキします。 恋愛短編集 「くまちゃん」には、まともな人はあまりでてきません。 でも、恋愛って蓋を開けてみると、ドラマティックなことの方が少ないもの。 「そうそう、こんなことあるよね」と思わず昔の恋愛を懐かしんでしまうような。 そして、恋ってこんな感じだよね。 と客観的に見ることもできる、 奥深い話でもあるんです。 「もし…していたら、私の人生どうなっていただろう」と思うこと、ありませんか? 「平凡」では、そんな 「もしかしたら」を結婚・離婚・仕事など様々なシチュエーションで描きだしています。 だからワクワクして、いつの間にか 小説の世界に惹きこまれていくのです。 角田さんの エッセイも、おすすめ! 独特の視点で、いろんな日常をきりとってくれます。 「わたしの容れもの」では、中年になって変わっていく体を「おもしろい」と観察してます。 読んでいるうちに、 身も心もほっこりします。 読み終わる頃には、きっと「今日は何を食べようか?」と考えてるかも。 旅エッセイの 「世界中で迷子になって」では、角田さんの行動力にビックリ! そして、旅をしたくなるのです。 平凡な日々って、つまらない? そんなときは、角田さんのように自分らしいフィルターを通してみては? 平凡な日々も面白おかしく、そして、 いろんな発見があるのです。 nikkei. 本当に、小説を書くことが好きなんですね~。 打ち合わせや会食などはあっても、作家さんの日常は想像以上に、地味な日々の積み重ねなのかも…とふと思いました。 角田光代さんの元旦那さんは、作家の 「伊藤たかみ」さん。 伊藤さんの代表作は 「八月の路上に捨てる」など。 惜しくも結婚生活は2年でピリオドを打っているので、きっとお互いに「違う」と思ってしまったのかもしれません。 結婚して実際に生活を共にしないとわからないことって、たくさんありますものね。 でも、離婚の翌年の2009年には、11歳年下のミュージシャン・ 『河野 丈洋(こうの たけひろ)』さんと 再婚しているよう。 asahi. 仕事場のキッチンに読みかけの本を置いておいたり、電車に乗っているときや、お風呂、寝る前にちょこちょこ読んでいるんだとか。 そして、 ゲームが大好き。 夫婦共に、ゲーム好きなのだとか。 atpress. いつの間にか、家の中はトトのものでいっぱいになったそう。 もはや、トトと遊ぶひとときは、趣味のひとつというか生活の一部ですね。 トトは夜寝るときに、角田さんのところに来て甘えながらいつの間にか眠っているんですって。 その様子を想像するだけで、なんかほっこりしますね~。 角田さんは 気が弱い性格で、ネガティブな声も真に受け止めてしまうので、書くのが怖くなったときもあるそう。 有名になればなるほど、多くの人たちに自分の本を読まれることになるから、作家さんも大変。 ディスる人のことは気にしないで、これからもたくさん小説やエッセイを書いてほしいですね。 最後にまとめ いかがでしたか? 角田光代さんについて簡単にまとめると.

次の

角田光代さん著 おすすめの小説 生きづらさに光を与えてくれる作品

角田 光代 おすすめ

読む本のなかでも、特に良く読む本は、 好きな作家さんだったり、ジャンルなど、人それぞれに好みがあると思います。 私は、 角田光代(かくたみつよ)さんの小説をここ数年、良く読むようになりました。 昔は、すこし違った雰囲気の小説が多かったのですが、角田光代さんの描く小説を読んだところ、ついつい惹かれてしまいました。 なんだかありそうな日常にある不幸や、少しジメジメした部分、どことなくうまく言葉にできず過ごす毎日について、 そんな気持ちを色々な作品で感じ、そして知ることができるのです。 オススメ作品のご紹介もさせていただければと思います。 この記事でのネタバレはございません。 もくじ• どんなタイプの方におすすめの作家か 角田光代さんの描く小説の世界は、日常の生活のなかでありうる不幸とたとえれば良いのか、生きて行くなかで出会うやりきれない想いや生きづらさがうまく描かれていると感じます。 それが、先ほどの出だしでも書きましたが、良くありそうな不幸なのですが、人には伝えづらい胸のうちに抱えた不幸だと感じます。 不幸という例えも少し抽象的な価値基準のような気がします。 人によって何が幸せで不幸かなんて、基準が違いますから。 ただ、角田光代さんの小説を読んで感じる世界というのは、 なんとなく生きていくなかで、その人のなかで抱えてしまう不幸とたとえればよいのか、影といえばよいでしょうか、 読んでいて、思わずその気持ち「ある」と感じる描写が個人的に多いのです。 もっと別の言い方ですと、 「生きづらさ」と私は感じます。 それも少し人には言いにくいこと、もしくははっきり言えない、登場人物も大人しい感じの人が多いです。 若いときの学校での友人関係、いじめ、親に対して口に出したくない気持ちなどなど。 角田光代さんの本を読みながら、心が救われるかは別として、 こんな風に感じている人もひとりではないのだと、そう思うと小説を読んで少し安心する部分もあります。 これは心が動く本であれば他のものもそうなのかもしれません。 なにか人に話づらい、しかし、人間が持っている口に出さない黒い部分の本音などがたくさんあります。 角田光代さんの作品を読むのにお勧めの方は、そいういった人に言えない抱えた気持ちがあるけれど、 そのような気持ちを小説に登場する人物に重ねて、読書で確かめてみたいという方におすすめの気がします。 スポンサーリンク 好きなポイント:暗いだけで終わりにしない物語の結末 人が内に秘めがちな感情、少しネガティブといいますか、ちょっと重たい部分。 そんな感情があるのだと知るのも好きなのですが、それだけで物語が終わってしまったら小説を読んだ後に得るものは少ないかもしれません。 角田光代さんの本は、読後にもやもやした気持ちを感じながらも、それでも前を向こうという前向きな気持ちを最後に抱く作品が多いと思います。 ただ、負の感情を書き連ねるということなら結構簡単なのかもしれません。 あまり幸せでない人生もこうして存在するのだなという感想になりそうです。 苦しい境遇を、では、どのようにしてこの先の登場人物の人生につなげていくのか、結末が面白いところでもあります。 最初に読んで、とても惹かれた作品は 「対岸の彼女」でした。 けっこうしんどい思春期を過ごし、その時に出会った大切な友達、時がめぐり30歳を過ぎたあとの生き方、大好きな作品でした。 なんだか読んでいて話の内容が個人的にすっと入ってきました。 映画化された作品もありましたので、どんどん読みました。 「八日目の蝉」 「紙の月」 などなど、 これは映画化された作品なのでストーリーとしての面白さもかなりあると思います。 物語の内容としても読み飽きない、ハラハラ、ドキドキする内容もあります。 単調なストーリーで小説にとっつきづらいという方であれば、 「八日目の蝉」、「紙の月」は物語としてのエンタメ性もあり、かつ人の内に秘めた暗い気持ちのを文章でうまく表現する角田光代さんの個性もありますので、オススメの作品になります。 最終的には、今も少し苦しいけど前に進んでいこうという感情になれます。 お話はフィクションですが、すごい作り話に感じない書き方も好きです。 得てして私たちの日常にあるような出来事、読んでいてそんな錯覚になります。 こんな風に書けるというのは、凄い作家さんなのだなと感じます。 子供を誘拐しての逃亡劇や主婦の横領など大したことなのですが、いや、あり得るかもと感じてしまうような物語でした。 今まで人に言いずらい苦しい思いを抱えていた。 例:いじめ、夫からのモラハラ、子育て、不妊• 世間の価値基準とは何か、個のなかで知るその人だけの幸せとは何か• 最終的につらい境遇を光に変えてくれる前向きなメッセージを知りたい いじめ、モラハラなど、人を信じることができずに苦しむ方、苦しんだ方へ どちらかと言うと大人しい人間が損をする世の中、そんなところでただ救いがなければ人は苦しみ、病みます。 引きこもり、登校拒否、夫との離婚など、そういった問題を抱えてしまう人もいます。 人に言いづらいことを抱え、生きづらさを感じた時にヒントとなる作品が、 「対岸の彼女」でした。 高校生二人の物語、大人になる少女が苦しいなかで大切にすることができた出会い。 ほんとうの愛情、友情の物語でした。 きっといじめに悩んでいる方がいれば、人を信じれないと悩む方がいれば「対岸の彼女」からヒントを探すことができるのではないかと感じます。 不倫、夫、ほんとうの子供の意味、子育てに一度時間をおいて向き合いたい時 角田光代さんの小説、読者の年齢層、性別は30代から40代の女性だと思います。 それらの年代の女性には、比較的ありそうな悩み、夫、もしくは妻の不倫、子育ての意味、などなど、 「八日目の蝉」という作品は、映画で内容を知る方も多いかもしれませんが、そんな女性が読むと考える作品ではないでしょうか。 本当の自分の子供とは、子供への本当の愛情とは、家族とは。 私は、生まれたばかりの愛人の娘を誘拐する逃亡劇という内容も話を読ませるためにうまくできているなと感じた部分でした。 最終的には光が差し込む小説 なんだかんだ言って、どんな人生もつらい。 考えたり、悩んだり、苦しんだり、それがデフォルトだと。 人によって、それをスルーできたり、感じなかったり、もしくは受け止めて苦しんだりと考える差というのはあると思います。 どちらかと言えば、人に対して物怖じしてしまう• もしくは、人間関係で嫌な気持ちを抱いてきた• 今でも悩みは続いている そんな方に読んでいただくと、光をもらえる小説が多い気がします。 (読後の結果というもそれこそ人それぞれかとは思います。 ) 「少ししんどいけど、まあ、生きてみようかな。 」と感じるところがあり、私は角田光代さんの小説の雰囲気が好きです。 根本的な解決にはならないかもしれませんが、それでもこんな世界があるんだと感じるとまだまだ前を見て歩いて行こうと考えるのです。 世間一般の幸せと、物語の登場人物が苦しい境遇で得ることができる、その人のなかでの大切な幸せ、人生の価値を考える作品も多いです。 同じような年代の方が読むと、きっと自分と重なり考える場面がたくさんあるのではないかと感じます。 心に潜む影、それを引きづりながら、でも最終的には前を向く力を教えてくれる小説が多いと感じます。 今まで読んだなかで良かったと思う作品を5つあげます。 いじめを受けて逃げるように群馬の田舎の私立高校へ引っ越してきた葵を愛情で救ったナナコ。 二人の切なく短い夏が過ぎる描写が大好きです。 スポンサーリンク 角田光代さん小説 おすすめ記事まとめです まとめの前にひとつだけすみません、もうひとつ、角田光代さんの小説を読んで感じる好きなところは、「読みやすい文章」というところがあります。 難しい文章、いかにも小説という感じがあまりせず、 必要であれば柔らかく、軽く、いかに読む人が読みやすくその時の情景を表現できるかを考えて書いているのだろうかと感じる文章です。 漢字の使い方や、あえて「ひらがな」表記にしたのかと読みながら感じるところがあります。 読みやすいのですが、それは、ちゃんと読み手のことを考えて色々と文章を設計しているのだなと感じ、読みやすい文章を書くという意味でも、本当のプロであるのだなと感じ感心させられます。 それでは、まとめになります。 角田光代さんの小説を全て読んではいないのですがだいぶ読みました。 「対岸の彼女」「八日目の蝉」「紙の月」「キッドナップ・ツアー」「人生ベストテン」などなど、あと、旅行記なども面白しろかったです。 旅のエッセイですが、 「降り積もる光の粒」も面白かったです。 (これを読んで上高地に行きたくなり行ってきました。

次の

角田光代さんのおすすめエッセイ|前向きになれる傑作揃い!

角田 光代 おすすめ

角田光代の映画化されたおすすめ作品一覧!エッセイも面白い! 角田光代作品はなぜこんなにも映画化されるのか!? 作家の、角田光代(かくたみつよ)作品の映画化が止まりません。 ざっと並べてみるだけでも、「空中庭園」「真昼の花」「Presents合い鍵」「Presents うに煎餅」などなど。 平易な文体で、人間の抱える重さや痛みが表現されています。 生きることの難しさを取り上げながらも、分かりやすくて読みやすく、惹き込まれてしまいます。 誘拐や横領などの犯罪が登場するなど、ドラマチックであることもポイントの1つ。 このような点が読者に支持され、続々と映画化されるに至っているのではないでしょうか。 これまでに映画化された角田光代作品でおすすめなのは、井上真央主演の「八日目の蝉」です。 こちらは、檀れい主演でドラマ化もされました。 物語の中心に据えられているのは、誘拐した女と誘拐された少女。 誘拐劇にとどまらず、その後の2人の運命を描いた辛く切ない作品です。 そしてもう1作のおすすめ作品が、主人公の女性がパート先の銀行から1億円という大金を横領して逃亡するも、果たして逃げ切れるのか、という展開の「紙の月」。 原田知世主演によるドラマ化に加え、宮沢りえ主演で映画化されたことでも話題を呼びました。 角田光代のエッセイの世界はまるで?! 登場人物たちの日常をリアルに描き、それぞれの想いや言動を巧みに表現する作家・角田光代。 その作品は、映画化されるだけでなく、直木賞や野間文芸新人賞など多くの文学賞にも輝いてきました。 そんな角田光代が綴るエッセイもまた人気です。 おすすめは、「世界中で迷子になって」「しあわせのねだん」「今日も一日きみを見てた」など。 「世界中で迷子になって」は、角田光代自身の「旅」と「買い物」についての本音がいっぱい詰めこまれています。 「しあわせのねだん」に取り上げられているのは、20代のころの角田光代が、服や化粧品にはほとんどお金をかけず、ひたすら飲み代に費やしていたエピソードです。 「それは無駄使いではなく、使ったお金にはちゃんと意味があった」「今まで使ったお金が、どこかで今の自分を作っている」など、印象的な言葉が綴られています。 また、「今日も一日きみを見てた」には、初めて飼うことになった猫のトトとの愛らしい日々が。 トトとの生活を通して、角田光代人間性やプライベートの様子が垣間見られる作品です。 いずれのエッセイも、角田光代の鋭い視点に驚かされること間違いなし!ちょいちょい毒を吐きつつも、かわいらしい角田光代のエッセイの世界は要注目です。 角田光代の猫ブログがたまらない!結婚歴と子供について 角田光代のブログは猫一色?!「ギャーかわいい」のコメント続出! 角田光代は、1967年、神奈川県に生まれました。 よく本を読む子供で、作家になろうと決めたのは小学校にあがる頃だったそうです。 出身大学は、早稲田大学第一文学部文芸専修。 卒業すると、「幸福な遊戯」で、海燕新人文学賞を受賞。 作家デビュー後も数々の作品を精力的に執筆し、2005年に「対岸の彼女」で直木賞を受賞しました。 そんな角田光代は、漫画家の西原理恵子から譲り受けた、アメリカンショートヘアの愛猫トトと暮らしています。 角田光代のブログ「トトほほ日記」を見ると、アップされている記事は、トトのことばかり。 写真も多く、猫好きにはたまらない、ほんわか癒されるブログとなっています。 トトの写真をアップすると、一晩で100個以上の「ギャーかわいい」コメントが来たそうです。 角田光代にとってトトとの出逢いは、生活を一変させただけでなく、小説やエッセイなどの創作活動にも影響を与えているのでしょう。 角田光代の実際の家庭生活は、どのようなものなのでしょうか?角田光代は、2006年に、芥川賞作家の伊藤たかみと結婚しましたが、2008年に離婚が報じられました。 翌2009年に、ロックバンドGOING UNDER GROUNDのドラマーだった(2015年に脱退)河野丈洋と再婚し、現在に至ります。 角田光代は以前、「私のように子供がいない場合、自分以外の何かがたとえば猫のトトだったんです」と語っていたので、子供はいないでしょう。 夫やトトとの幸せな毎日が綴られているブログを見る限り、小説の中とは違って、角田光代の家族との生活は光に満たされているのかもしれません。 角田光代「源氏物語新訳」に挑戦!読みやすさ第一に 角田光代が、源氏物語の新訳にチャレンジすることが報じられました。 角田光代自身は、依頼を受けた時に、「なぜ、私に?」と驚いたそうです。 しかし、自身がファンだという池澤夏樹から指名されたと聞き、引き受けることを決めました。 光源氏の恋愛遍歴が紡がれている「源氏物語」に対する思い入れは一切ないという角田光代ですが、訳し始めると、「千年以上前に紡がれた物語の緻密さに驚いた」とか。 中でも、光源氏の息子・夕霧と幼馴染の女性との仲が引き裂かれる「少女(おとめ)」を訳している最中に、「思わず泣いてしまった」そうです。 これまでも多くの文学者や作家が現代語訳を世に送り出してきた「源氏物語」ですが、角田光代は、自覚している自らの強みを生かし、「読みやすさを第一に訳していこう」と考えて取り組んでいると明かしています。 現在は、「源氏物語」にかかりっきりで、これまでコンスタントに執筆してきた長編小説を3年も手掛けていないと語る角田光代。 この新しい取り組みをした後に執筆される小説は、今までの角田光代作品とは一味違った作風になるのではないか、と期待が高まります!.

次の