かい かい はんのう。 【ゆっくり茶番】かいはリア充だった!?でもうp主は?

【海外の反応】外国人「日本とドイツだったらどっちに住みたい?」

かい かい はんのう

立葵(@hiyokobeya)さんのツイートより 「え... やっぱり食べてないよね?」 と確認。 すると、おばあさんからは「食べてないですよ(笑)」との返答があり、おじいさんの記憶があやふやになってしまったわけではないことが判明する。 茶目っ気たっぷりなおばあさんの返答におじいさんもドギマギしてしまったようだ。 一瞬でもおばあさんの言ったことを信じているところがなんともいじらしい。 実はおじいさんが晩ご飯について尋ねたのには理由がある。 割引券が出てきたとのことで、まだ夕飯の支度をしていないようだったらおばあさんを外食に誘おうとしたのだ。 このエピソードにはツイッターでこんな反応が。 爺さん。 茶目っ気たっぷりなおばあさんと優しいおじいさん。 たしかに、この2人のように暮らせたら楽しそうだ。 外部サイト.

次の

「ばあさん、晩ご飯はまだかいのう」お茶目な老夫婦の会話が話題

かい かい はんのう

アヴィナシュ・シャーマンさんの話 2年日本に住み、今はドイツに引っ越して3年目。 研究がそろそろ佳境を迎えつつあって、日本に戻れるのが待ちきれない。 ワークライフバランスはドイツの方が良いけど、それだけ。 私は日本を選ぶね。 だって、生活の質が日本の方が全然良いから。 食べ物、文化、それに日本人の方が気さくな人が多い印象だね。 日本人が外国人嫌いで、肌の色が違う人間が好きではないのは知っていた。 ただ、日本にいた2年間で、この考えは同意できなくなった。 数えきれない友人ができて、日本語は、ドイツ語と違って素晴らしいスピードで習得できたと思う。 だけれど、 日本には外国人嫌いがいるのも事実だ。 それは、ドイツでも同じことが言える。 両方の国とも、とてもオープンマインドであることは共通してるね。 ドイツでは、まずドイツ語を習得してから、友達を作ろう。 日本では、友達を作ってから、日本語を覚えよう。 これが、私の経験から言えること。 もしかしたら、あなたの場合は違うかもしれないけど。 あー日本で新しい仕事始めるのが待ち遠しいなー デズモンド・ウンさんの話 この質問の意図が働く、もしくは生活するために移住するということなら、 間違いなくドイツだろう。 特に、君が西側(ヨーロッパ)の出身ならね。 ドイツ人は外国人に対してオープンマインドであることと差別意識がほぼない。 一方日本では、 「非日本人」を排除することで有名だ。 だが、仕事の見つけやすさで言ったら、日本だろう。 ドイツ人はすでに英語を普通に話せるが、日本人はそうではないし、英語とフランス語の教師が不足しているから。 それに、ドイツフードが好きだ。 もしかしたら、私は偏った意見を持っているかもしれない。 だが正直、もし君が学生なら行きたい国に行けばよいと思う。 短期留学なのか、地方に住みたいのか、たった1週間の旅行なのか、ホテルに滞在するのかによって答えは変わる。 もし、その国が初めてか、二度目だったら、思い切って行ってしまえばよい。 ドイツでも、日本でも問題があっても解決できるだろうし、成長しながら楽しめるだろう。 もし日本の文化を初めて経験したいなら、早く行った方がよい。 だけど、もし三度目なら日本のような理解できない迷路ではなく、ドイツの方が易しくて簡単だろう。 おっと、あとドイツは4Gが安いな! ニール・バタチャルジ あなたが何を求めているかによって、答えは変わるでしょう。 ただのバケーションであれば、私のオススメは日本です。 私は3年間ドイツに住んでいました。 ドイツには、経験したことのないような特別なものはないです!ドイツに住んでいた私を信じて欲しい! ドイツは近代的で非常に先進的な国ですが、彼らの考えは、良くも悪くも自分が中心です。 うむ! 確かに、ビールは本当に美味しい…だけどそれだけかな。 日本なら、日本のカルチャーの蜜をいっぱいに驚くべき体験をして吸収できます。 古きよき日本やサムライカルチャー、色鮮やかな祭り、贅沢な食べ物、いっぱいの歴史的名所があなたの旅を特別なものにします。 世界で最もフレンドリーで正直な人たちと出会うことができます。 猫カフェ、アーケードゲーム、カラオケルームで日本は埋め尽くされています! ノンストップの楽しみと冒険がそこにあるんです! 感想.

次の

「ばあさん、晩ご飯はまだかいのう」お茶目な老夫婦の会話が話題

かい かい はんのう

来歴・人物 [ ] 、生まれ。 本籍は。 父は教師として飯田に赴任した。 、卒、、卒。。 師は、。 在学中に参加。 のが率いる日満財政研究会に、当時、助手だった古賀英正(後の作家)らとともに参加。 軍による東亜支配を経済的に支える統制経済計画の策定に深く関与する。 戦後、での補佐弁護人を務めた。 また、や日本法社会学会の設立・発展に貢献した。 、『入会(いりあい)の研究』で受賞。 、教授。 、教授。 の第24回国会・では公述人として「が法律が憲法違反であるかを調査することは可能だが、、を発議する権利は第5条の規定から見てもない」と述べる。 、都立大学教授を辞任し弁護士登録、(こつなぎじけん)の農民側となる。 、の弁護団長として、弁護を引き受ける。 、公害研究所(現・東京都環境科学研究所)初代所長に就任。 民法を専門とし業績は多いが、の研究では弁護士としても活躍した。 著作集全8巻がある(1947~1952年までの作品のほとんどは2012年に慈学社から刊行された論文集『近世の成立と神権説』に収録されている)。 その書評が『環境と公害 Vol. 38 No. 3』(岩波書店)に清水誠の手により執筆されており、戒能通孝と環境問題について論じられており、また、『法と民主主義 No. 462』(日本民主法律家協会)には、大石進による書評「戒能通孝 批判精神の軌跡」が掲載され、戒能通孝の人となりが行き届いた筆で描かれている。 (、教授)は実子。 ()は孫。 (教授)は息子戒能通厚の妻。 著書 [ ] 単著 [ ]• 『債権各論講義案』中央大学教務課、1935年。 『支那土地法慣行序説 北支農村に於ける土地所有権と其の具体的性格』東亜研究所第六調査会学術部委員会、1942年3月。 『債権各論』巌松堂書店、1942年5月。 『財産法研究に於ける二三の問題』日本法理研究会〈日本法理叢書 第17輯〉、1942年8月。 『法律社会学の諸問題』、1943年1月。 『入会の研究』日本評論社、1943年9月。 『北支農村に於ける慣行概説』東亜研究所〈資料 甲 第37号C〉、1944年10月。 『民法入門 市民法としての民法』巌松堂書店、1947年10月。 『近世の成立と神権説』明善書房、1947年8月。 『古典的世界の没落と基督教』、1948年5月。 『群衆の悲劇 現代史の断面』穂高書房、1948年9月。 『社会生活と家族法 家族の制度と奴隷の制度』朝倉書店、1949年1月。 『民主主義のはなし』三省堂出版〈社会科文庫 C6〉、949-08。 『法律の階級性』〈アテネ文庫 106〉、1950年4月。 『暴力 日本社会のファッシズム機構』日本評論社、1950年4月。 『インテリゲンチァ』、1950年6月。 『法廷技術』日本評論社〈法律学体系 第2部 法学理論篇 146〉、1950年6月。 『著作権』日本評論社〈法律学体系 第2部 法学理論篇 102〉、1950年9月。 『市民の自由 基本的人権と公共の福祉』日本評論社、1951年3月。 『証拠と弁論 法廷技術の実践事例』日本評論社〈法律学体系 第2部 法学理論篇 146a〉、1951年8月。 『自白と裁判』日本評論社〈法律学体系 第2部 法学理論篇 137〉、1951年3月。 『』岩波書店〈岩波新書 63〉、1951年5月。 『法律講話』日本評論新社〈法律学体系 法律講話篇 3〉、1952年9月。 『法廷技術』岩波書店、1952年10月。 『自由と恐怖』要書房、1952年11月。 『市民の自由 基本的人権と公共の福祉』新評論社、1952年12月。 『群衆』要書房、1953年3月。 『法律入門』岩波書店〈岩波新書 青版 195〉、1955年2月。 『民法学概論』日本評論新社、1956年3月。 『民主主義』三省堂出版、1956年。 『法律 その日その月』一粒社、1957年4月。 『法律 その日その月 2 1958-1961 』一粒社、1962年9月。 『法律 その日その月 3 1962-1964 』一粒社、1965年6月。 『法律 その日その月 4 1965-1967 』一粒社、1968年6月。 『法律パズル 日常生活の法律問答』日本評論社、1962年12月。 『』岩波書店〈岩波新書〉、1964年2月。 『自由と権利の法構造』日本評論社、1965年4月。 『いかに生き、いかに学ぶか』〈 98〉、1966年12月。 『古典的世界の没落と基督教』新泉社〈叢書名著の復興 9〉、1969年1月。 『公害の法社会学』〈三省堂ブックス 17〉、1971年1月。 『社会生活と家族法 家族の制度と奴隷の制度』クレス出版〈「家族・婚姻」研究文献選集 戦後篇4〉、1990年10月。 『公害とはなにか』〈J・JECブックレット 1〉、1994年6月。 『』慈学社出版、2008年3月。 『』慈学社出版、2011年4月。 『』慈学社出版、2012年2月。 編集 [ ]• 『法律学入門』、1952年4月。 『法律学辞典』弘文堂〈アテネ文庫 203〉、1953年1月。 『統治機構と政治運動』岩波書店〈日本資本主義講座 戦後日本の政治と経済 第3巻〉、1953年11月。 『岩波小辞典法律』岩波書店、1955年9月。 『国と家』毎日新聞社〈毎日ライブラリー〉、1955年1月。 『日本の裁判』〈新文化選書 25〉、1956年2月。 『裁判』毎日新聞社〈毎日ライブラリー〉、1959年9月。 『警察権』岩波書店、1960年2月。 『小繋裁判 最高裁判所における小繋事件の弁論記録』日本評論社、1965年9月。 『公害法の研究』日本評論社、1969年12月。 『環境破壊』〈現代に生きる 5〉、1971年11月。 共編 [ ]• 『プライヴァシー研究』戒能通孝・共編、日本評論新社、1962年8月。 記念論集 [ ]• 『日本の裁判 戒能通孝博士還暦記念論文集』日本評論社、1968年12月。 戒能通孝著作集 [ ]• 『天皇制・ファシズム』第1巻、日本評論社、1977年5月。 『人権』第2巻、日本評論社、1977年2月。 『裁判』第3巻、日本評論社、1977年4月。 『所有権』第4巻、日本評論社、1977年8月。 『入会』第5巻、日本評論社、1977年6月。 『家族』第6巻、日本評論社、1977年7月。 『法社会学』第7巻、日本評論社、1977年7月。 『公害』第8巻、日本評論社、1977年9月。 脚注 [ ].

次の