レンタルサーバー 契約。 レンタルサーバーとは?契約からできることを初心者にもわかりやすく解説します

レンタルサーバーの選び方。プラン・契約期間はどう選ぶ?

レンタルサーバー 契約

スポンサーリンク 何度も繰り返しになりますが、HPのテンプレートを手に入れて、ドメイン(アドレス)を取得できてもこれだけでは、まだあなたのネット雑貨ショップにはお客さんは来てはくれません… サーバーを使ってサイトを転送しなければネット上で表示することはできないんです。 レンタルサーバーと契約してアカウント情報をもらい、それをホームページビルダーの転送先設定に正確に入力してアップロードすることによって、やっとあなたのショップは公開されます。 わかりましたよね? それではムームードメインで取得したドメインを持って、ロリポップのレンタルサーバーへの申し込み作業をしてみましょう。 そのページの中間あたりに ムームードメインで取得したドメインで、ロリポップ契約される場合は、必ず 【 ムームードメインの コントロールパネル 】よりご契約ください。 ムームーユーザー初期費用半額サービスはそちらのページより申し込まれた場合に限り適用とさせていただきます。 と書かれた箇所があります。 この注意書きを読んでもらえればわかると思いますが、必ずこの 【 ムームードメインのコントロールパネル】をクリックしてください! クリックするとあなたがドメインを取得したときにID登録をしたコントロールパネルが開きますから、そちらからロリポップサーバーへの申し込みをしないと半額サービスが受けられませんから気をつけてください。 ディスク容量は通常タイプの200MBで充分です。 使用期間は1ヶ月から選択できますから、あなたが希望するタイプを選んでください。 申し込みフォームにあなたの取得したドメイン名と所定の個人情報を記入すると仮契約になり、指定したアドレスにメールが送られてきますから、そのメール内のURLをクリックすると本契約が完了します。 契約後、しばらくすると転送設定用のアカウントが記載された下図のようなメールが送られてきます。 この度は、ロリポップ!レンタルサーバーにお申し込みいただき、誠にありがとう ございます。 セットアップが完了致しましたので、アカウント情報をお送りします。 ee-mall. lolipop. lolipop. lolipop. jp 【FTPユーザー】 lolipop. lolipop. lolipop. lolipop. jp 【メールユーザー】 lolipop. 【ユーザー専用ページ】 【独自ドメイン】 ee-mall. 【FAQ よくある質問と回答集 】 【オンラインマニュアル】 オンラインマニュアルでは、各種FTPソフトやメールソフトの設定例なども 掲載しておりますので、併せてご覧くださいませ。 サーバーの安定運用を心がけると共に、インターネットの進展に合わせ様々 なサービスに挑戦して行きたいと考えております。 今後とも、よろしくお願 い致します。 このアカウント情報をホームページビルダーの転送設定の所定欄にコピーして貼り付けます。 手打ちで入力してもかまいませんが絶対にまちがわないでください! 公開するHPをビルダーで指定した状態で転送設定をします。 30分ほど経ってからインターネットエクスプロラーで URLを打ち込むとHPがあらわれるハズです! もし1時間以上経っても見ることができない場合は、もう一度転送設定に誤記入がないかをチェックして、間違いなければサーバーに問い合わせてみてください。

次の

レンタルサーバーの契約にかかる月額費用・初期費用って何?

レンタルサーバー 契約

X10• X20• X30 各プランの違いはディスク容量の違いとプラン特典の有無だけですので、 個人ブログはX10で十分です。 X10プランの料金 初回契約時の金額を表でまとめました。 1年を節目にして続けるか辞めるか考えることもできます。 金額も毎月1回外食を控えるだけで払えますね。 無料お試しに申し込む• お試し期間終了までに料金を支払う• WordPressをインストール• サーバーとドメインを紐付け 契約には関係ありませんが、その後行うことも後ほど解説します。 無料お試しに申し込む エックスサーバートップページ中央に表示されている「お申し込みはこちら」をクリック。 左側に表示されている新規お申し込みを選択します。 プランはX10を選択しましょう。 エックスサーバーのアカウント登録が完了したら確認のメールが届きます。 届いたメール内に エックスサーバーを利用するために必要なID・パスワードなどが記載されていますのでメモしておきましょう。 お試し期間終了までに料金を支払う 本契約するために支払いをしましょう。 支払い方法は下記の4点。 もう少しだけ頑張りましょう。 サーバーとドメインを紐付け 契約したエックスサーバーにドメインを紐付けします。 ドメイン側とサーバー側で手続きを行います。 ドメイン設定追加の入力欄に紐付けしたいドメインを入力するだけです。 その後 エックスサーバーから送られてくるメールにネームサーバーというものが記載されています。 これを ドメイン側のサイトでネームサーバーの書き換えをしなければいけません。 今回は僕が利用している での設定画面になります。 その他のネームサーバーを使うにチェックを入れ、 ネームサーバーを書き換えていきます。 書き換えが無事に終了したらサーバーとドメインの紐付けが完了です。 WordPressのインストール WordPressのインストールはとても簡単。 サーバーとドメインの紐付けが終了したら サーバーのサイトを開きます。 契約後に発行されたIDとパスワードでサーバーパネルを開きます。 サーバーパネル内にあるWordPress簡単インストールをクリック。 後は WordPressを利用したいドメインを選択するだけでインストールできます。

次の

【2020年版】無料レンタルサーバーおすすめランキング

レンタルサーバー 契約

レンタルサーバーにお金を掛けたくない方におすすめの無料レンタルサーバー レンタルサーバーを使ってみたい、けれど本格的に使う訳じゃなくて試しに使ってみたいだけだから、できればお金を掛けたくない。 そういうニーズって結構多いと思います。 ですので、そんな人たちのために無料で借りることのできるレンタルサーバーサービスを調べてランキングにしてみました。 ランキングの評価基準について なお、この無料レンタルサーバーおすすめランキングの順位付けの基準は以下の通りです。 基本的なサーバー性能• そのサーバーを使うことによるメリットを感じられるか• 運営会社の信頼度、信用度 まぁ独断と偏見によるところが大きいですが、腐っても私は元システムエンジニアですので、少なくとも初心者の方の目安にはなると自負してます 笑 ちなみに、もしあなたがレンタルサーバーではなく無料のブログサービスをお探しでしたら、当サイト内の別記事「」をご覧ください。 無料レンタルサーバーおすすめランキング 無料レンタルサーバーおすすめ1位 XFREE無料レンタルサーバー 旧Xdomain• HDD容量:1. 0GB• PHP:あり• MySQL:あり• CGI:なし• 独自ドメイン:可能• 商用利用:可能• 運営会社:エックスサーバー株式会社 XFREE エックスフリー は、レンタルサーバー業界で最も有名なエックスサーバー社が提供する高機能な無料レンタルサーバーです。 以前は同社のドメイン取得サービス「Xdomain」に付属するおまけ機能でしたが、需要の高さからか別サービスとして分けられたようです。 最大の特徴はプランの多様さで、以下3つの内から目的に合ったサーバーを選ぶことができます。 Webサイトの運用にしか使えないけど広告表示が一切ない「HTMLサーバー」• PHPとMySQLが使えてそれらが自由に配置できる「PHP・MySQLサーバー」• WordPressしか使えないけど高速表示&ディスク容量2倍の「WordPressサーバー」 無料サーバーとしてははっきり言って破格の内容ですし、運営会社がエックスサーバー社というのも安心できます。 無料レンタルサーバーおすすめ2位 スターサーバー フリープラン 旧ウェブクロウ• HDD容量:1. 0GB 1000MB• PHP:なし 付いてるプランもある• MySQL:なし 付いてるプランもある• CGI:なし• 独自ドメイン:可能• 広告表示:なし プランのグレードを上げると表示される• 商用利用:可能• 運営会社:ネットオウル株式会社 こちらもレンタルサーバー業界大手のネットオウルが運営する無料レンタルサーバーサービスです。 以前はウェブクロウという名称で運営されていたのですが、2017年にサービスが統合・刷新され、新たにスターサーバーとして再発進しました。 スターサーバーで最も魅力的なのが基本のフリープランでは広告の自動挿入が一切されないという点です。 その代わりPHPやMySQLといったカスタマイズ要素が利用できないのですが、そういったヘビーな使い方をしない方であればとても嬉しい機能だと思います。 ユーザー側の選択肢の幅の広さと、大手企業が運営しているという安心感がこの順位の理由です。 無料レンタルサーバーおすすめ3位 忍者ホームページ• HDD容量:0. 5GB 500MB• PHP:なし• MySQL:なし• CGI:なし• 独自ドメイン:可能• 広告表示:あり• 商用利用:可能• 運営会社:株式会社サムライファクトリー 忍者おまとめボタンなどのWeb系のフリーツール「忍者ツールズ」でおなじみのサムライファクトリーが展開する無料レンタルサーバーサービスです。 業界では有名な会社ですので、運営自体に不安が無いのが評価のポイントです。 ただ、PHPなどが使えないためWordPressなども使えず、利用用途が普通のHTMLによるホームページに限られる点がマイナスですね。 それでも知名度と安定性、この2つが備わっているので3位にランクインです。 無料レンタルサーバーおすすめ4位 000webhost 旧Hostinger• HDD容量:1. 0GB 1000MB• PHP:あり• MySQL:あり• CGI:なし• 独自ドメイン:可能• 広告表示:なし• 商用利用:可能• 運営会社:ホスティンガー 海外企業 こちらは海外企業が展開する無料レンタルサーバーです。 以前は企業名であるHostinger ホスティンガー という名称でサービス展開していたのですが、いつの間にやらサービス名を刷新したようです。 とはいえ「000webhost」のロゴの下には「POWERD BT HOSTINGER」と小さく書いてあり、サービス内容にも変更が無いようなので、ひとまずは旧ホスティンガーと同等の品質だと思って良いでしょう。 ホスティンガー自体は2004年設立でそれなりに長く続いているサービスですし、広告なし&海外IPのサーバーが運用できるのが強みですが、過去の評価を見るとサーバートラブルが多かったりユーザーサポートがいい加減だったりしたようです。 私も1つ無料アカウントを持っていますが、たまに唐突にコントロールパネルからログアウトさせられてしまったりと、国内の有料レンタルサーバーとはやっぱり使い勝手は違うなと感じます。 サブ用途のサーバーとしては非常に優秀ですが、メインのサーバーとして使う時は必ずデータバックアップの体制などを万全にして臨むと良いでしょう。 無料レンタルサーバーおすすめ5位 XREA Free• HDD容量:1. 0GB 1000MB• PHP:あり• MySQL:あり• CGI:あり• 独自ドメイン:可能• 広告表示:あり• 商用利用:可能• 運営会社:株式会社GMOデジロック GMOデジロックから以前より展開されていた無料サービスですが、2017年に最新システムへの移行が行われリニューアルされています。 スペック的にはおすすめ1位のXFREEに引けを取らず、国内の無料サービスの中では最高レベルと言えます。 ただ、逆に言えば同等の機能であればXFREEで提供されていますし、XREAの使用にはバリュードメインという別サービスのユーザー登録が必要だったりと、そこかしこにGMOグループ特有の面倒臭さが漂っています。 なので、すでにバリュードメインのユーザーIDを持っている方には手放しでおすすめしますが、そうでないのならXFREEかスターサーバーあたりを検討した方が良いでしょう。 ちょっとおすすめできない無料レンタルサーバーの一覧 以下のレンタルサーバーサービスについては、おすすめはできないためリンクは外してあります。 ご了承ください。 HDD容量:1. 5GB 1500MB• PHP:あり• MySQL:有料オプション• CGI:あり• 独自ドメイン:可能• 広告表示:あり• 商用利用:可能• 運営会社:セブンアーチザンLLC 古くからレンタルサーバーの運営を行なっているパラダイムシフトが展開する無料レンタルサーバーサービスです。 無料レンタルサーバーの中では比較的高い性能を持っていますが、MySQLが有料オプションのため無料のままではWordPressなどは使えません。 まぁ、PHPなどのプログラミング言語は使用できるので、無難に使えるかも?といった感じですね。 [2017年3月19日 追記] 2016年3月ぐらいから、サーバーのメンテナンス自体が放棄されているかもしれません。 新規で使うのは止めておいた方が良さそうです。 HDD容量:無制限• PHP:あり• MySQL:なし• CGI:あり• 独自ドメイン:不可• 広告表示:あり• 商用利用:可能• 運営会社:セブンアーチザンLLC こちらは上で紹介したSiteMixの姉妹サービスとなります。 SiteMixと比べると、HDD容量が無制限となりましたが代わりにMySQLと独自ドメインが全く使用できないため、拡張性が無くなりました。 ですので、ファイル置き場とか、そういった限られた用途でしか利用できないかもしれません。 [2017年3月19日 追記] こちらもSiteMixと同じ会社が運営しているのですが、インターネット証明書の有効期限が切れているなど各種メンテナンスが行われていません。 [2017年7月29日 追記] 規約では ファイルサーバーなどwebサイト以外の用途で使用する行為を禁止しているようなので、いよいよもってこのサーバーを選ぶ必要性は無くなりました。 tsoft-web. HDD容量:条件付き無制限• PHP:あり• MySQL:あり• CGI:なし• 独自ドメイン:可能• 広告表示:なし• 商用利用:条件付き可能• 運営会社:記載無し 個人? こちらも上述のHostinger同様、見た目上は中々良さそうなのですが、そこかしこに「うちは個人で運営してます」といった雰囲気を感じます。 突然予告無くサーバーが閉鎖されても困るので、ひとまず評価不能としておきます。 [2017年3月19日 追記] TsoftServerは新規ユーザーの登録受付を終了したようです。 メンテナンスは継続していくようですが、受付再開するかどうかは不明です。 おそらくこのままアクティブユーザーが減り続けサービス終了となるでしょうから、もしあなたが今このサーバーをお使いでしたら、早いうちに移転を考えた方が良いでしょう。 HDD容量:1. 0GB 1000MB• PHP:あり• MySQL:あり• CGI:あり• 独自ドメイン:不可• 広告表示:あり• 商用利用:アフィリエイトのみ可能• またこの記事を書いている2015年9月現在、新規登録の受付を中止しているのもマイナス評価の理由です。 land. HDD容量:0. 1GB 100MB• PHP:あり• MySQL:あり• CGI:あり• 独自ドメイン:不可• 広告表示:あり• 商用利用:可能• 運営会社:FC2, INC. ここは単純に使用できるHDD容量が少なすぎますね。 今の御時世、100MBなんてあっという間に使いきってしまいます。 さらには、land. toの運営会社は何とあのFC2のようです。 FC2は悪い意味でちょくちょく世間を騒がせているため、そういう意味でもおすすめはできません。 [2017年3月19日 追記] サーバーからのお知らせも2014年8月で止まってるので、運営はほぼ放棄されているとみて間違いないでしょう。 toypark. HDD容量:0. 5GB 500MB• PHP:あり• MySQL:あり• CGI:あり• 独自ドメイン:不可• 広告表示:あり• 商用利用:可能• 運営会社:トイパーク株式会社 全体的な性能自体は悪くないかなと思える無料レンタルサーバーサービスですね。 ただ、運営会社のホームページの更新が2012年で止まっているなど、不透明な部分が多いためこの評価となりました。 [2017年3月19日 追記] 既存ユーザーによる不正な使用 スパムメール送信など が発覚したため、現在は新規登録や一部機能の使用を停止しているようです。 pocket-server. HDD容量:0. 003GB 3MB• PHP:あり• MySQL:なし• CGI:あり• 独自ドメイン:不可• 広告表示:なし• 商用利用:不可• 運営会社:株式会社フューチャーデザイン 一瞬自分の目を疑う程のHDD容量の少なさですね。 いくらなんでもプチポケ過ぎます。 機能が充実している訳でもないので、選択肢にすら入らないでしょう。 2Style. HDD容量:0. 2GB 200MB• PHP:なし• MySQL:なし• CGI:なし• 独自ドメイン:不可• 広告表示:あり• 商用利用:可能• 運営会社:株式会社デネット HDD容量、サーバースペック、共に評価対象外です。 少なくともこの無料レンタルサーバーをわざわざ選ぶ理由はありません。 [2017年3月19日 追記] 2016年12月のことですが、2Style. netが管理するドメイン「loose. in」が検索エンジンのインデックスから除外される問題が発生していたようです。 おそらくスパム行為などの不正な操作をするユーザーアカウントがいたためだと思われます。 daiwa-hotcom. HDD容量:不明• PHP:あり• MySQL:あり• CGI:あり• 独自ドメイン:不明• 広告表示:不明• 商用利用:不明• 運営会社:株式会社freeweb こちらは個人運営なのか?と思えるほど、公式ページで公開している情報が少ないです。 運営会社もどうやら小規模な会社のようなので、安心して利用できる無料レンタルサーバーとは到底言い難いですね。 [2017年3月19日 追記] サーバーメンテは続いていますが、新規登録が停止中なのと退会受付以外のユーザーサポートが休止しています。 再開時期は未定です。 HDD容量:0. 1GB 100MB• PHP:あり• MySQL:あり• CGI:なし• 独自ドメイン:不可• 広告表示:あり• 商用利用:可能• 運営会社:サージスペース株式会社 容量無制限と公式ページには書いてあるのですが、実際には100MBを超えると一般的なホームページ作成で考えられる容量ではないと判断され、不正なユーザー扱いされる場合があるようです。 2004年7月の出来事と少し古いですが、写真サイトを運営していた方が強制的にサーバー上のデータを消されてアカウント抹消されられたという記事がありました。 ブログ、ホームページの作成にのみ特化しているおすすめ無料サービス一覧 その他、レンタルサーバーとは違いますが無料で利用できるホームページ作成サービスをいくつかご紹介しておきます。 用途はホームページの運用のみに限られるので拡張性はありませんが、それでも良いなら下手なレンタルサーバーを借りるよりは安定した運用ができるかもしれません。 Jimdo 無料ホームページ作成サービスです。 ホームページだけではなく、ネットショップのようなサイトも作ることができるようです。 Wix 無料ホームページ作成サービスです。 最近日本国内でこのWixを使って作られたページをよく見かける気がします。 Webnode 無料ホームページ作成サービスです。 上の2つに比べると、少しお堅いイメージがありますね。 あくまでもイメージですが。 スターサーバー フリーWPプラン 旧WPBlog 上で紹介したスターサーバーの無料プランのうち、WordPressサイトの作成・運営にのみ特化したプランです。 HTMLやPHPが理解できる人でしたら、こちらの無料サービスを選んだ方が良いかもしれませんね。 独自ドメインを持っている場合、それを使えるのも大きなポイントです。 もちろん運営会社は国内企業のネットオウルなので、安定感・安心感の面でもおすすめです。 Ameba Ownd 2015年3月から公開されている、サイバーエージェント社が運営する新しいブログ/ホームページ作成サービスです。 Amebaブログ 通称アメブロ よりもスタイリッシュでおしゃれな印象で、より今っぽさを感じる洗練されたデザインが特徴です。 アメブロ同様に多数の著名人のオフィシャルブログとしても使用されているので、そういったブランド感を求めているユーザーにはおすすめかなと思います。 無料レンタルサーバーを利用する際の注意点 さて、本記事では無料レンタルサーバーサービスについてご紹介して来ましたが、無料レンタルサーバーには次のような懸念点があることを覚えておいてください。 有料サーバーに比べて、品質 通信速度やアクセス可能時間 が不安定な場合がある。 不慮の事故に弱い傾向にある。 ある日突然、閉鎖してしまう可能性がある。 上で紹介した無料レンタルサーバーサービスの中にも、「これは個人で運営しているんじゃなかろうか」というものがいくつかありました。 そういったところはサーバーの安定性も低く、また思わぬトラブルに見舞われやすいです。 また、アフィリエイトを含む商用利用を全面的に禁止していたり、サーバー資源節約のため一定期間以上更新の無いホームページを強制的に削除したりなど、独自ルールを設けているところもあります。 ですので、もし本格的にレンタルサーバーを使って何かを実現したいと思っているのなら、有料のちゃんとしたレンタルサーバーを使うことをおすすめしますよ。 タダより高い物はないって、よく言いますからね。 無料レンタルサーバーを利用する際は、その点だけ注意してください。 業界一の性能と無料でHTTPS化ができるエックスサーバー エックスサーバーは有料ですが、私が実際にウェブサイトやスマホアプリの運営のために利用しているレンタルサーバーです。 人気、実力ともに業界ナンバーワンのレンタルサーバーなのですが、どのくらいおすすめなのかをエピソードを交えて説明したいと思います。 エックスサーバーの性能は超老舗サーバーの10倍以上! まず、Taiyo Projectで運営しているスマホアプリでリーダーというのがあるんですね。 このアプリは以前はで運営していたんですが、アプリのユーザー数が15000を超えたあたりでさくらサーバーの許容範囲をオーバーして、エラーが出るようになってしまったんです。 この時のさくらのプランは月々500円のやつでした。 で、色々検討した結果、ひとまずエックスサーバーを避難先に選んだのですが、問い合わせに対応していただいたエックスサーバーの寺田様曰く「現在の2chまとめリーダーの使用状況について、 エックスサーバーの CPUリソースの許容値を【100】とするなら【10】も使っていない状態」だと言うんです。 私が契約したのはエックスサーバーのX10という月々1000円のプランでしたが、たった500円違うだけでサーバー性能が10倍以上も違うというのに驚きを隠せませんでした。 さくらのレンタルサーバーもけして悪いサービスではありません。 ただエックスサーバーのスペックが怪物級だというだけですね。 エックスサーバーはウェブサイトのHTTPS化が完全無料! また、2015年あたりからウェブ業界団体で言われている「全ウェブサイトのHTTPS化」にもエックスサーバーでは無料で対応できます。 他のレンタルサーバーでは1サイトにつき年間3万とか5万を出して証明書を買わなければならない中、エックスサーバーではそれらが全て無料で済ませられるんです。 唯一、アダルトに属するカテゴリーのウェブサイトが運営できないという弱点もあるのですが、それ以外ではもはやおすすめしない理由が見当たりません。 本当に素晴らしいサービスですので、ぜひ無料レンタルサーバーと合わせて利用を検討してみてください。

次の