ぞんざい 類語。 「杜撰」の意味とは?類語、英語や対義語、使い方や例文を紹介!

「おざなり」「なおざり」は意味がまったく違う!例文で意味を解説

ぞんざい 類語

「冷遇」とは? 「冷遇」という言葉を知っているでしょうか。 「社内で冷遇されている」人を見たことがあるかもしれません。 一方で、 「冷遇」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。 そこで 「冷遇」という言葉の意味を紹介します。 「冷遇」の読み方 「冷遇」は 「れいぐう」と読みます。 特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。 これを機会に、 「冷遇」は 「れいぐう」と読みましょう。 「冷遇」の意味 「冷遇」という言葉の意味を紹介します。 「冷遇」には、 「冷淡な待遇をすること」という意味があります。 また 「不当に低い待遇」という意味もあります。 「社内で冷遇されている人」は、本来はもっと手厚い待遇があってもいいのに、社内で冷淡な待遇をされている人という意味があります。 このように 「冷遇」という言葉には、 「冷淡な待遇をすること」 「不当に低い待遇」という意味があります。 「冷遇」の英語と解釈 「冷遇」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。 「冷遇」の表現の使い方 「冷遇」という言葉は、どのような使い方をすればいいでしょうか。 「冷遇」には 「冷淡な待遇をすること」という意味があるため、そのような待遇をする会社や、されている人を見た時、 「冷遇」という言葉を使ってみましょう。 例えば、誰よりも仕事ができるのに、いつまでも管理職に慣れない人は 「冷遇」されているかもしれません。 また社員に残業を強いるだけで、手当を出さない会社は 「社員を冷遇する会社」と言えるかもしれません。 このように冷淡な待遇を目にした時、 「冷遇」を使ってみましょう。 「冷遇」を使った例文や短文など 「冷遇」という言葉を使った例文や短文を紹介します。 「冷遇」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。 「冷遇」を使った例文1 「会社で『冷遇』され、転職を決意する」 この例文のように、会社で不当に低い扱いを受けて、他の会社で働こうと決意した人もいるでしょう。 本来なら当然受けられるような扱いをされないと、人はモチベーションを失い、転職を感が始めるかもしれません。 「冷遇」を使った例文2 「売り上げは伸びているが、社員を『冷遇』する会社に未来はない」 この例文のように、現在の商売は好調でも、人を大切にできない社風の会社は、それ以上伸びないかもしれません。 会社は社員を 「冷遇」するのでなく、 「厚遇」する方に、舵を切るべきかもしれません。 「冷遇」の類語や類義語・言い換え 「冷遇」の類語や類似表現を紹介します。 「冷遇」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。 「ぞんざい」 「ぞんざい」には 「いい加減に物事をする様子」という意味があります。 「ぞんざいな扱い」という言葉には、いい加減な扱いをする様子という意味があります。 「おざなり」 「おざなり」には 「その場逃れにいい加減な言動をすること」という意味があります。 「おざなりな対応」という言葉には、その場逃れのいい加減な対応という意味があります。

次の

ぞんざいな扱い、軽く扱われる人、丁重に扱われる人の特徴

ぞんざい 類語

スポンサーリンク 「苟も(いやしくも)」の意味は? まず最初に 「苟も(いやしくも)」の意味について見ていきましょう。 「苟も(いやしくも)」は副詞として、後に続く文を修飾し強調する表現です。 「苟も」の「苟」という漢字は、象形文字で、くさかんむりと「句」という字から成り立っています。 くさかんむりは 「並び生えた草」を意味しますが、この場合は人が髪形を特殊な形に整えている様を表すとされます。 そして 「句」は 「折り曲がった鉤(かぎ)の形」を指すとされます。 このことから、 「苟」は、 「髪を特別な形にして、身体を曲げ、神に祈る人」の姿を示しているとの説があります。 これが転じて「うやまう」、「畏れ多い」といった意味を表す字と考えられます。 ただ「いやしくも」自体は和語であり、古代から使われている言葉です。 このため後世になって、「苟安」(こうあん=一時的な安楽)や「苟且」(こうしょ=一時的にしのぐ)といった漢語を漢文訓読で読み下す際に、後で述べるように、似たような「かりそめにも」といった意味合いである和語の「いやしくも」という読みを、字に当てたものとみられます。 さて、古語の「いやしくも」は「いやし」という形容詞を活用した形の言葉です。 「いやし」は 「卑し」や「賤し」と書きます。 これは現代でも「卑しい身分」といった用例があるように、元来は「身分が低い、地位が低い」という意味です。 また「粗末である」、「みすぼらしい」といった意味や「けちだ」、「さもしい、いじきたない」といった使われ方もされました。 そして「いやしくも」は、この形容詞の「いやし」の連用形に係助詞の「も」を付けたものです。 このため古語における 「いやしくも」は 「身分不相応にも」、「柄でもないが」、「もったいなくも」といった意味を示しました。 またそうした恐縮の感情を込めて 「かりそめにも」、「もしも」という意味合いでも使われました。 音便化して「いやしうも」とも言われたようです。 スポンサーリンク このように 「苟も」も一義的には 「身分不相応にも」や 「もったいなくも」といった意味でした。 しかし、現代では、そのような地位や身分にあることを強く意識するように、相手に提示する気持ちを表すことから、「仮にも」や「かりそめにも」といった意味合いでの使用が一般的になっています。 「苟も(いやしくも)」の正しい使い方は? 次に 「苟も(いやしくも)」の正しい使い方を見ていきましょう。 前述のように「苟も」は、古語に由来しており、かなり堅い文語的表現です。 現代の文章などでは「仮にも」や「もしも、万一」という意味での使用が通例です。 また、あとに打消しの語を伴って 「いいかげんに」、「おろそかに」といった意味合いも示します。 元来は「身分不相応にも」や「自分やその人にはもったいないことに」という趣旨の言葉ですので、「苟も」を書面や手紙などの文書で記す場合は、「そのような重要な身分であることをわきまえるべきだ」とか、「大事な問題なので、万一にも軽んじてはいけない」と、諭したり、警告するようなニュアンスがこもる言葉だともいえます。 「苟も(いやしくも)」の類語と例文は? 最後に 「苟も(いやしくも)」の類語と例文をご紹介します。 では「苟も」について、その意味合いの違いに従って、類語や例文をご紹介していきましょう。 まず 「仮にも」という意味では、類語は 「かりそめにも」や 「例えれば」などとなります。 例文としては 「そんなことは、苟も人の上に立つ者のすべきことではない」となります。 次に 「もしも」という場合の類語は 「万一」、「ひょっとして」などです。 例文では 「苟もこれが事実なら、早急に対処すべきだ」となります。 さらに 「いいかげんに」の場合の類語は 「おろそかに」、「ぞんざいに」などで、例文は 「一字一句を苟もしてはならない」です。 最後に 「不相応」の意味の類語では 「柄にもなく」、「恥ずかしいことに」などが挙げられ、例文としては 「このほど苟も重職に任ぜられました」などとなります。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「苟も(いやしくも)」の 意味と正しい使い方、そして類語と例文について詳しくご紹介しました。 現代では「仮にも」や「かりそめにも」と言った意味合いで使う場合が多いので頭の中に入れておきましょう。

次の

「苟も(いやしくも)」の意味と使い方は?類語や例文を調査!

ぞんざい 類語

人をぞんざいに扱う人にはいくつかの特徴があります。 その特徴の中には仲良くなりすぎることで、相手をぞんざいに扱うということがあります。 なので、本来は大事に接するべき彼女に対して、ぞんざいに扱ってしまう彼氏もいます。 また、それだけではなく、女性より強い立場でいたい、女性から頼りにされたいなどの、男性特有の心理も併せて働いてしまうこともあります。 そのため、交際期間がある程度、長くなってくると、彼女をぞんざいに扱ってしまうようになる彼氏は多いです。 しかし、これらは仲が良い、気を許している、彼氏と彼女という立場をしっかり意識しているということでもあるので、悪いことばかりでもありません。 また、交際期間が長くなって気が緩み過ぎているだけの場合もあるので、そのような場合には少し注意してあげるだけですぐに態度を改めてくれることが多いです。 自信がないと勘違いされてしまうと、ぞんざいに扱われてしまう可能性があります。 なので、自信がないと勘違いされないように相手と接することが大切です。 自信がないと勘違いされてしまいやすい言動はいくつかあります。 まずは謝罪の言葉が口癖のようになってしまっている人は注意しましょう。 「ごめん」、「すいません」と反射的に口にしてしまう人は多いです。 これは自分の言動に自信がないように思われてしまいます。 また、自虐的な会話も避けましょう。 謙遜の意味を込めている場合でも、人をぞんざいに扱う人からは、自信のない人と勘違いされてしまうことがあります。 断ることが苦手な人は特に注意が必要です。 人をぞんざいに扱う人は、自分の印象を気にしないので、断られそうでも相手が完全に断りの言葉を口にしなければ、押し切って断らせないようにしようとします。

次の