安倍晋三家系図。 安倍晋三首相の家系図、麻生太郎・天皇家と親戚!祖父は岸信介!

わたしのおすすめ家系図ソフト

安倍晋三家系図

そして安倍首相の父方のおじいさまは、「大津聖人」と呼ばれた山口出身の政治家・安倍寛氏です。 両祖父が政治家ということで、安倍首相も生まれたときから「将来は政治家」という環境の中で育まれてきたと思われます。 安倍首相の実弟は、外務副大臣の岸信夫氏です。 生後間もなく、岸家の養子となりました。 安倍首相と実の兄弟ということを、大学進学の際に知った、というエピソードが複雑な家庭環境を想像させますね。 ちなみに、岸信介元首相も、子どものころに佐藤家から岸家の養子となっています。 佐藤家は、岸信介元首相の実弟である佐藤栄作元首相がいます。 安倍晋三首相にとっては、大叔父にあたる人物です。 親族に首相だらけですね。 まさに血統と言えるような一族です。 5代前までさかのぼると… それでは、少し遡ってみましょう。 安倍晋三首相の母方の祖父、岸信介元首相の父親は、山口県庁官吏だった佐藤秀助という人物です。 そしてその父親は、佐藤信彦という人物で、漢学者だったそうです。 さらにその父親になると、江戸時代後期の長州藩士となるそうです。 長州藩士だったご先祖の名前は、佐藤信寛氏といいます。 「松下村塾」で有名な吉田松陰氏に、兵要禄を授けたとされる人物で、明治の初めに浜田県(現在の島根県石見地方)権知事などを務めたそうです。 5代遡ったご先祖も、政治に携わっていたという事実から、安倍晋三総理には生粋の「政治家としての心根」のようなものが、根底にあるように思えてしまいます。 幼いころから、ご先祖たちの話もたくさん聞かされていたのかもしれませんね。 現在の一族は政治以外にも? ところで、安倍首相の親族には、政治家でなくても日本を代表するトップ企業に勤めてある方が、過去も現在も多くいるようです。 近いところで、安倍首相の兄・安倍寛信氏は、三菱商事パッケージングの社長を務めています。 奥様の昭恵さんのご実家は森永製菓であり、父親は第5代目の社長を務めていました。 さらに、親戚筋には現防衛施設庁次長だった古賀速雄氏や、NHKのプロデューサーだった古賀龍二氏がいます。 そして過去ちょっとしたニュースにもなった、海老沢勝二元NHK会長も、親戚にあたります。 古賀氏や海老沢氏は、岸信介元首相の母親だった佐藤茂世さんの兄弟からの子孫となっているようです。 こうして辿っていくと、広い人物背景が見えてきますね。 しかし、先祖を辿っていけるのも、ずっと政治に携わっている人が居たり、語り継がれる存在が居たためと考えられます。 自分の5代前のご先祖について知ることができるなんて、なんだか不思議で興味深いですね。

次の

安倍晋三家系図で兄弟両親を調査!子供はいるの、出身大学、私生活は?

安倍晋三家系図

家系図を作りたい人の2つのタイプ ルーツをどこまでも辿りたいタイプ 家系図作成の目的が「ルーツをできるだけたどって知りたい」タイプです。 ルーツを知るために縦に直系をたどることが目的で、横に広がる傍系(兄弟姉妹)は重視しないケースが多いでしょう。 明治までは戸籍で追えますが、その先の江戸時代以前は、図書館や寺社、個人宅に保存されている宗門人別改張や古地図、古文書などの「史料」が必要です。 お墓の調査や周辺の家への聞き取りなどの現地調査も必要でしょう。 時間と専門的スキルが必要となるので、それがない方は家系図作成業者に依頼することになります。 金額的には高額になるかもしれません。 作成される家系図は、巻物タイプ・和本・DVDなど、家系図作成業者が作成したものとなります。 明治以降の戸籍を家系図にするのでよいタイプ 自分で集められる明治以降の戸籍の範囲を家系図にするのでいいというタイプです。 現在に続く戸籍は明治に作られたので、戸籍をたどっていくと江戸時代末に生れた人までは戸籍に載っています。 その範囲の家系図で十分というタイプです。 戸籍は自分で市役所に行くか郵送依頼して集められるので、家系図も自分で作ってみたい方が多いのではないしょうか。 自分で集めることのできる戸籍は直系(直接的な親子の系統)の戸籍ですが、家系図作成の意図をわかってもらえば傍系(兄弟姉妹やおじ・おばなど共通の祖先をもつ直系ではない系統)の人に傍系の戸籍を集めてもらうこともできます。 それを反映させれば、家系図は直系の縦だけではなく、傍系の家系図や妻となった人の実家の家系図が加わり、横に広がったものとなるでしょう。 おすすめ家系図ソフトは特にこのタイプに役に立ちます。 まとめ• ルーツをたどることが家系図作成の目的である人は、家計図作成業者に依頼する必要があるので、家系図作成ソフトは業者の選択にゆだねられます。 明治以降の戸籍の範囲の家系図でよい人は、戸籍収集と家系図作成が自力でできるので、家系図作成ソフトは自分で選ぶことができます。 利用シーンから考える家系図作成ソフト 家族で家系図を見たい 「祖父や祖母が生きているうちに、家系図を作って見せたい」 「祖父や祖母が生きているうちに、家系のことをいろいろ聞いておきたい」 祖父や祖母に限らず、高齢になった父母や親戚を見るとこう感じることが多いのではないでしょうか。 家族で家系図を一緒に見ているシーンをイメージしてみましょう。 みんなで見ているのは、ふつうは紙の家系図でしょう。 最近なら、大きなテレビにパソコンかスマホから映し出された家系図かもしれません。 紙の家系図の場合、自宅のプリンタで印刷できるのはA4か大きくてA3でしょう。 しかしA3では収まりきらない家系図も多いはずです。 そのときは大きな紙での印刷を印刷業者に依頼することになります。 印刷業者に渡すときはMicrosoft Officeファイルや画像ファイルもOKですが、PDFファイルで渡すのがいいでしょう。 PDFなら拡大しても字がつぶれないで、テレビで見るにも適しています。 PDF作成ソフトは是非持っておきたいところです。 PDF作成ソフトをインストールすると、仮想プリンタ機能が使える場合が多いので、家系図作成ソフトの印刷メニューからPDFファイルを作成することができます。 ほとんどの家系図作成ソフトには印刷機能はついています。 家系図を親戚に配りたい 家系図がないと自分の知っている親戚関係は、親から教えてもらった情報だけです。 この状態では、知っている親戚の数は少なく、その範囲に偏りが出ます。 よく行くあの親戚はよく知っているが、疎遠なあの親戚のことはよく知らないということは、よくあることです。 家系図があるのとないのとでは情報量が圧倒的に違います。 家族だけでなく親戚で共有できる家系図を誰か作ってくれないかなと思うのは当然です。 「親戚の中で家系図を作ろうと思っているのは自分しかいないようなので、親戚の家の分まで含めた家系図を作りたい」と、自分が作って親戚に配りたいと考えている人も多いでしょう。 自分が作った家系図はどうやって親戚に配るのがいいでしょうか。 いまどきは、どこの家にもパソコン(Windows, Mac)かスマホを使っている人が誰かいるでしょうから、そういう場合はPDFファイルにして送れます。 しかし、家系図のようなものは、やはり紙に印刷したものが一番喜ばれると思います。 PDFファイルは紙に加えて送ればいいでしょう。 ここでも、家系図作成ソフトに加えてPDF作成ソフトは欲しいところです。 子供が生まれたので家系図に書き加えたい 「子供が生まれたので、家系図に書き加えたい」 「祖父が亡くなったので、その情報を家系図に入れておきたい」 このような要望は「家系図の宿命」ともいえるものです。 人は必ず亡くなるので、追加修正を加えない家系図は存在しないともいえるからです。 問題はそれがかなり先かもしれないことです。 長く更新し続ける家系図を想定すると、子供の世代が更新する場面も考えておかなくてはいけないかもしれません。 一番確実なのはやはり「紙の家系図」でしょう。 家系図作成業者の納品物にあるような巻物タイプでも和本タイプでも、子孫を書き加えるスペースが最初からたっぷりととってあるのようなものであれば安心です。 毛筆で書かれていても、家系図に毛筆で加筆してくれるプロはどんな時代になってもいるでしょう。 子孫を書くスペースが足りなくなっても、巻物や和本の紙を追加してくれるプロは、日本なら必ずいるはずです。 皮肉なことに、問題はむしろデジタルのほうです。 ITの進歩は速いので、パソコン(Windows, Mac)はどんどんバージョンアップしていきます。 家系図作成ソフトで作成した家系図ファイルは、デジタルでずっと保存できます。 しかし、パソコンがバージョンアップを重ねた何年も先に、そのパソコンに家系図作成ソフトがインストールできて正常に動作するかは疑問です。 たとえば、今のWindowsで20年以上前のMS-DOSのソフトを動かすようなものだと考えると、おそらく正常には動作しないと考えたほうが自然かもしれません。 ひとつの解決策は、家系図作成ソフトが動作する環境を丸ごと保存することです。 これはハードのパソコンごと保存する意味ではなく「OSと家系図作成ソフト」をまとめて保存するという意味になります。 将来のバージョンアップされているWindowsやMacにインストールするのではなく、現在の「OSとその上で動作している家系図作成ソフト」を将来のパソコンで使うという意味です。 家系図作成業者の家系図を更新したい 家系図作成業者に作成してもらった家系図に、死亡や誕生を追加する際はどうでしょうか。 そのときは、家系図作成業者に追加修正を依頼することになります。 ふつうは追加修正サービスは織り込み済みでしょう。 もしそれができないはどうでしょうか。 紙の家系図なら先に述べたように、加筆修正してくれるプロは必ずいると思います。 DVDなどで納品されたデジタル化されたデータはどうでしょうか。 PDFなら追加編集ができないことはないでしょうが、できればPDFにする前の家系図作成ソフトの段階できれいに追加修正したいものです。 では納品DVDに追加修正できるファイルは入っているのでしょうか。 家系図をファイルで修正するには、Excelで表を修正するのと同じように、家系図を作るソフト自体とそれで作った家系図ファイルが必要です。 家系図を作るソフト自体がDVDに入っていることは、あまり考えられない気がします。 入っていれるとすれば作成された家系図ファイルでしょう。 それがExcelやWordならラッキーです。 将来追加修正する時点でも、ExcelやWordならソフト自体が存在する気がしますので、修正できそうです。 しかし、ExcelやWordのような誰でも持ってそうなソフト以外で作ったファイルだと、どうでしょう。 まずその作成ソフトを手に入れてインストールしなくてはいけません。 将来追加修正する時点では、WindowsやMac OSはかなりバージョンアップしているかもしれません。 バージョンアップされたWindowsやMac OSでちゃんと動いてくれる「家系図を作ったソフト」がその時も存在しているかは心配なところです。 追加修正が発生するのは何年先のことかわかりません。 家系図の寿命は長いので、業者も作成ソフトも、はたしてそのとき存在しているのかも不安が残るところです。 おすすめ家系図ソフトとの関連でいうと、家系図作成業者に依頼したうえで、さらに保険として、業者に作成してもらった家系図をもとに、自分で追加修正できる「自作家系図」を別に用意しておくと安心かもしれません。 わたしの場合、戸籍の情報を家系図としてひとつにまとめようと思った わたしの場合、家系図作成とは別の目的で戸籍を集めなければならないことがありました。 最近の活字で書かれた戸籍と、毛筆で手書きの古い戸籍が手元に集まりました。 一番古い情報は、江戸末期生れの人の情報が載っていました。 戸籍には生年月日、親子関係のほかにも、当時の住所や「誰がいつ出生や死亡を届けたか」などの情報も書かれていました。 家族も当然知らない情報です。 またいくつかの戸籍には重複する情報がありました。 そのため、これらの情報を一ヶ所にまとめて整理してみたい思うようになりました。 そして、このような目的に沿うような家系図を作りたいと思いました。 わたしのイメージでは、名前だけがツリー上に書かれている家系図では情報量が物足りないというイメージでした。 わたしの家系図作成の前提は、以下のようなものでした。 戸籍などの資料収集については、とりあえず今集まった戸籍をまとめたい。 戸籍以外の資料として、親や親戚から聞いた話があるので、それを加えたい。 マイクロソフトの Officeソフト Word, Excel, PowerPoint, OneNoteなど)を使いこなすスキルはあるので、イメージしている家系図を作れる家系図作成ソフトを選び、家系図を自分で作ってみる。 まとめ• 家系図の印刷・テレビへの映し出し・配布を考慮すると、家系図作成ソフトに加えてPDF作成ソフトが必要です。 家系図は、死亡と誕生の追加修正が何年か先に必ず発生するので、それができるようにしておきたい。 追加修正が一番確実にできるのは「紙の家系図」でしょう。 PDFファイルは追加修正用には向かないので、家系図を作成したオリジナルのソフトでの修正が望ましい。 何年か先の追加修正は、そのときに動作すると予想されるExcel, Wordなどで作成された家系図なら追加修正ができるでしょう。 何年か先の追加修正は、そのときに動作するかどうかわからないソフトで作成した場合は、現在動作している「OSとその上で動作している家系図作成ソフト」を将来にも使う方法を考えるといいでしょう。 家系図作成業者の作ったデジタルの家系図が、何年か先に追加修正できない可能性がある場合は、将来修正ができる自作の家系図を別途作っておくと安心です。 わたしが探したおすすめ家系図作成ソフトの5つの条件 戸籍情報をまとめる目的で家系図を作ることにしたわけですが、探した家系図作成ソフト条件は以下の5つです。 家系図をパソコン(Windows, Mac)で作れる 家系図に記入するのは何十人と人数が多いので、わりと大きな図を想定しました。 閲覧はタブレットやスマホでも構わないが、作成はパソコンでやりたいと思いました。 そのため、家系図作成ソフトはWindows版、Mac版があるものを探しました。 フリーソフトがいい 家系図作成ソフトは年中使うソフトではありません。 ExcelやWordなどすでに毎日使っているソフトで家系図も作るのなら有料でも問題ありません。 しかし、有料の家系図作成専用ソフトやマイクロソフトVisioなどの有料図形ソフトだと、家系図作成のためだけに購入することになります。 わたしはそれは構わないと思いましたが、ここに抵抗がある方があるかもしれません。 フリーソフトがいいと思った理由は、家系図を配布したとき「私も自分で戸籍を集めて、この家系図に追加したい」という希望がある場合のことです。 「戸籍を送ってくれたらこちらで追加して送ります」と回答するのはいかがなものでしょう。 こちらとしても、予想しない負担になります。 その家なりの見たい家系図の範囲があるのは当然です。 その時「この有料ソフトを買ってください」とは言いにくいでしょう。 家系図を配布するとき、配布先で自由に追加修正もできるように、ソフトの配布も可能なフリーソフトがいいと思いました。 家系図作成ソフトの使い方の情報がネット上にたくさんある 使い方がわからないとき、マニュアルやヘルプで調べることは、今は少ないでしょう。 ネットで検索します。 その時、たくさんの記事があってすぐに知りたいことがわかることは、重要なことです。 家系図を印刷するためにPDFで出力できる わたしの想定した家系図は、自宅のプリンタが印刷できる最大の紙の大きさであるA4・1枚では入りません。 横に伸びる家系図にして、A4用紙で何枚も印刷したものを綴じて、A4サイズの本のようにしようかとも思いましたが、やはり1枚の大きな図として印刷したいと思いました。 そのため、印刷については、大きな紙での印刷を印刷業者に依頼するしかないと割り切りました。 印刷業者に渡すにはPDFファイルが適しています。 パソコン・タブレット・スマホ・テレビでの閲覧用にも、PDFなら拡大したときに字がつぶれないできれいに見えます。 AcrobatなどのPDF作成ソフトをインストールすれば、仮想プリンタ機能でPDFを作成するので、家系図作成ソフト側には印刷機能がついていればいいということになります。 ほとんどのソフトには印刷機能はついているので、この点はどんな家系図作成ソフトでも大丈夫でした。 家系図の利用期間と同じくらい長く使える 先に述べたように、何年も先の将来、家系図の追加修正が発生したときに、バージョンアップされたパソコン(Windows, Mac)で家系図作成ソフトがちゃんと動作するかは、かなり気になるところです。 マイクロソフトOfficeのWordかExcelかPowerPointなら、たぶん大丈夫でしょう。 しかし残念ながらマイクロソフトOfficeは、私の希望する家系図をつくるにはあまり適しませんでした。 先に述べたように、将来のパソコンでも正常動作させるための解決方法のひとつは、バージョンアップされたパソコン(Windows, Mac)にインストールするのではなく、現在の「OSとその上で動作している家系図作成ソフト」を将来もそのまま使うというものです。 USBに「OSと家系図作成ソフトと家系図ファイル」を保存しておき、それを将来のパソコンでそのまま使います。 将来のWindowsやMacを起動させずに、ハードウェアとしてのパソコンだけを使い、USBの「OSとその上で動作している家系図作成ソフト」を使います。 この場合、USBに入れておく「OS」は、WindowsとMacはあまり適しません。 こういう使い方に一番適しているのは、無償のLinuxディストリビューション(Linuxを一般利用者がインストールしたり、利用できる形にまとめ上げたもの)を数多く提供しているLinuxでしょう。 この理由から、家系図作成ソフトはLinux版があるものを探しました。 結論 以上の5つの条件で家系図作成ソフトとして選んだのは、マインドマップを作成するソフトであり、具体的にはFreeMindです。 まとめ• マインドマップソフトFreeMindは、Windows版、Mac版があるので、家系図をパソコンで作ることができます。 マインドマップソフトFreeMindは、フリーソフトなので、家系図を独自に修正・追加したいときに、ソフトを配布できます。 マインドマップソフトFreeMindは、「FreeMind使おう会」など、ネット上で使い方を教えくれるサイトがたくさんあります。 マインドマップソフトFreeMindは、印刷機能があるので、Acrobatなど仮想プリンタでPDFを作成するソフトをインストールすれば、家系図のPDFを作成することができます。 マインドマップソフトFreeMindは、Linux版があるので、USBから起動するLinuxにFreeMindをインストールしておけば、将来のパソコンでFreeMindを動作させることができ、家系図の長い利用期間に対応することができます。 おすすめ家系図ソフトで作った家系図マインドマップとは サンプル「安倍晋三関連家系図」 おすすめ家系図ソフトFeeMindで家系図を作ると、どのような家系図になるのでしょうか。 「家系図マインドマップ」のイメージとして、サンプルのをご覧ください。 家系図作成に使った資料はWikipediaです。 安倍晋三のWikipediaには親族の情報が載っています。 そこから親族のWikipediaをたどっていきました。 岸信介や佐藤栄作などのWikipediaには、家系図も載っています。 それらをまとめて作ったサンプルです。 「安倍晋三関連家系図」の範囲は特に決めていません。 もっと範囲を絞ることも、さらに範囲を広げることもできます。 下の図は、「安倍晋三関連家系図」の全体図です。 安倍晋三関連家系図 — 安倍家 安倍家のような各家どうしは、婚姻か養子でつながりあっています。 「安倍晋三関連家系図」の中には皇室も出てきているので、「安倍晋三が皇室とどうつながるか」をたどってみると、• 安倍晋三の母が安倍洋子(岸洋子)• 岸洋子の父が岸信介• 岸信介は佐藤家からの養子で、佐藤家の信介の祖母が佐藤みね• 佐藤みねの子が佐藤さわ(信介のおば)• 佐藤さわは吉田家の吉田祥朔と結婚し、その子が吉田寛• 吉田寛の妻が吉田桜子• 吉田桜子の姉妹が吉田和子(吉田茂は吉田桜子の父)• 吉田和子は麻生家の麻生太賀吉と結婚し、その子が麻生信子(麻生太郎は麻生信子の兄)• 麻生信子は三笠宮寛仁親王と結婚し寛仁親王妃信子 となります。 「安倍家」「岸家」「佐藤家」「吉田家」「麻生家」「皇室」の家どうしの横のつながりがここから見えてきます。 家系図マインドマップで「左右」と「上下」に広がる要素 家系図マインドマップで左右へ図が広がる要素はどんな要素でしょうか。 通常の家系図では上下に図が伸びる祖父・父・子などの「縦関係」は、家系図マインドマップでは左右に伸びるかたちで書いていきます。 また通常の家系図で横に並べて書く「夫妻」は、家系図マインドマップでは父・子同様に、左右に伸びるかたちで書いていきます。 家系図マインドマップでは、父・子の「縦関係」も夫婦の関係も、いずれも左右に伸びるかたちで書いていきます。 「縦関係」がどこまで広がるかは、通常集められる戸籍が明治以降作られたものなので、江戸時代末期に生まれた人まで広がります。 つまり、江戸時代末期から現代までの世代が多いと、その分横に伸びていく図になります。 家系図マインドマップで上下へ図が広がる要素はどんな要素でしょうか。 通常の家系図で「横関係」に当たる「兄弟姉妹」「家と家」の関係は、家系図マインドマップでは上下に並べて書きます。 そのため、書き込む家の数が多かったり、兄弟が多いと、その分上下に伸びる図になります。 また、家系図マインドマップで上下へ図が広がる要素として「メモ」があります。 下の図の「松岡洋右」の「メモ」欄を見るとわかるように、メモの数が増えると、家系図マインドマップは上下に伸びていきます。 家系図マインドマップ — 「メモ」欄 江戸末期までの世代の数より兄弟姉妹や家の数、メモの項目のほうが多いので、家系図マインドマップは、縦長の図になりがちです。 サンプルの「安倍晋三関連家系図」もかなり縦長の図になっています。 おすすめ家系図ソフトとしてのマインドマップの5つのメリット 家系図をマインドマップで作成すると、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。 まず5つのメリットから見ていきましょう。 家系図を手持ちの資料からすぐに作り始めることができる マイクロソフトOffice(Word, Excel, PowerPoint。 ここではVisioも含めます)は、将来的にもたぶんなくなることはないであろうソフトなので、これで家系図を作成すればいいと思ったのですが、家系図を作るやり方で合わない面がありました。 マイクロソフトOfficeで家系図を作る場合、戸籍や資料を集め、家系図の構図を決め、最後の清書段階で使う「清書ソフト」ともいうべき使い方をします。 家系図作成プロジェクトの最後の「清書」で使うソフトです。 あとから追加や修正が入ると、構図の再構成などが発生するため、やり直しには時間がかかりがちです。 家系図 マインドマップ は、資料収集・家系図構図の決定・清書の各段階をひとつひとつクリアしていく手法ではないため、手持ちの資料ですぐに作り始めることができます。 あとから資料が追加されても柔軟に対応できるので、「家系図の構図を決める」という負担がありません。 個人で家系図を作成するには適していると感じます。 家系図上の人の異動を矢印で表現できる 家系図マインドマップでは人の異動(おもに婚姻、養子)を矢印で表現できます。 他のマインドマップソフトによっては矢印が直線になるソフトもあります。 おすすめ家系図ソフトとしてのFreeMindでは、矢印は曲線になります。 家系図では関係性を示す線が直線なので、人の異動の曲線はそれと区別できていいと思います。 下の図は、松崎家の松崎昭恵が婚姻により安倍家の安倍晋三の妻となったことを表します。 家系図マインドマップ — 安倍・岸・佐藤家のみ 拡大図 まとめ• 家系図マインドマップは「清書ソフト」ではないので、手持ちの資料からすぐに家系図を作り始めることができます。 家系図マインドマップは、婚姻と養子による人の異動を矢印で表現できます。 家系図マインドマップは、家系譜に書く細かな情報を、家系図にまとめることができます。 家系図マインドマップは、ある人やある家を移動すると、そこから枝分かれしている部分が同時に移動するので、構図の修正が簡単にできます。 家系図マインドマップは、折り畳み機能があるので、一部を隠した家系図を作成することができます。 おすすめ家系図ソフトとしてのマインドマップの3つのデメリット 縦書き文字の家系図は作れない 通常、日本の家系図は文字が縦書きで、先祖は縦方向に伸びていきます。 家系図マインドマップは、文字が横書きなので、先祖が横方向に伸びる図になります。 同じ世代をラインとして表すことが苦手 通常の家系図では同じ世代が同じラインに並ぶ 通常、家系図の同じ世代は、下の図のように同じラインにそろいます。 ここでいう「ライン」とは下の図で、勲、昭恵、晋三…と続く、この家系図での横の並びのことです。 下の図では、一番上が「祖父祖母のライン」、その下が「父母のライン」、その下が「子のライン」ということもできます。 親子関係が「縦関係」とすると、ここでいう「ライン」とは兄弟姉妹の「横関係の世代を表す並び」のことです。 松崎家も安倍家も岸家も、各世代は、同じ横のラインに並んでいます。 通常家系図 — 古代皇室・藤原家 1 このように世代が入り組む場合は、家系図の書き方として、「同じ世代を同じラインに並べる」ことよりも、まず「夫婦を同じラインに並べる」ことを優先的に書くようです。 その場合は、以下のように、同じ世代でも異なるラインに書かれます。 天武天皇と持統天皇は夫婦なので同じラインに書きます。 そうすると、天智天皇と天武天皇は兄弟なのに同じライン(世代)になりません。 草壁皇子と元明天皇は夫婦なので同じラインに書きます。 そうすると、持統天皇と元明天皇は姉妹なのに同じライン(世代)になりません。 文武天皇と宮子は夫婦なので同じラインに書きます。 そうすると、宮子と光明皇后は姉妹なのに同じライン(世代)になりません。 異なる家の「同じ世代」は基準となる人によって該当する人が変わる 二つの家がひとつの家系図として描かれる家系図は、「二系統の家系図」と呼ばれます。 三つの家なら「三系統の家系図」です。 二系統や三系統の家系図で、家と家がつながるのは、婚姻か養子で家どうしがつながるためです。 婚姻の場合は、文武天皇と宮子、聖武天皇と光明皇后のように、夫と妻を同じライン(世代)として描きます。 養子の場合は、夫婦の子の世代のラインに、養子となった子を描くことになるでしょう。 このとき、異なる家を貫いて通る同じライン(世代)にはどういう意味があるでしょうか。 上の家系図では、皇室の草壁皇子と藤原家の藤原不比等は同じライン(世代)に並んでいます。 文武天皇・宮子からみると、草壁皇子と藤原不比等は「父の世代」なのでこれでいいでしょう。 一方、聖武天皇・光明皇后にとっての「父の世代」は、文武天皇と藤原不比等です。 しかし、藤原不比等は、聖武天皇からみると、祖父の草壁皇子のラインに書かれています。 もし聖武天皇中心の家系図なら、下の図のように、妻である光明皇后の父・藤原不比等と自分の父・文武天皇が同じラインにくるように書くほうがよかったかもしれません。 通常家系図 — 古代皇室・藤原家 2 このように、通常の家系図で、異なる家にまたがる同じライン(世代)は、ある家から他の家へ異動した人を基準とした見た「同じ世代」のことです。 藤原家から皇室に入った宮子と光明皇后のそれぞれの結婚相手は、文武天皇と聖武天皇で、この二人は親子なので、世代がひとつずれています。 宮子にとっては、父・藤原不比等に対応する皇室側の「同じ世代」は草壁皇子です。 光明皇后にとっては、父・藤原不比等に対応する皇室側の「同じ世代」は文武天皇です。 姉妹である宮子と光明皇后は、父は同じ藤原不比等ですが、それに対応する皇室側の世代は、ひとつずれているということです。 通常の家系図であっても、異なる家の同じラインは、家系図の書き方によって「同じ世代」に該当する人が変わるという例です。 世代に特化した通常の家系図の書き方もある 夫婦を同じラインに並べて書くことよりも、「父と子の関係をライン的に正しく表現する」こと優先的に書くと下の図のようになります。 先に述べたように、家系図マインドマップでは、同じ母親の子どもだけは、縦方向のラインとしてにきれいに並びます。 「天智天皇と天武天皇」は同じ母親の子どもなので、縦方向のラインとして並んでいます。 「持統天皇と元明天皇」は父親は同じですが、母親が違うので、母親の文字数が異なるだけで、きれいなラインとして並びません。 このように家系図マインドマップでは、同じ家の家系図であっても、同じ母親の子どもどうし以外は、「誰と誰が同じ世代か」をきれいなラインとして表すことはできません。 通常の家系図では「藤原家の宮子」と「皇室の聖武天皇の妻としての宮子」を二人分書かずに、同じ位置にひとりとして書きます。 そして、聖武天皇・宮子夫婦の位置が隣に並ぶように、皇室と藤原家の各系図の位置関係を調整します。 その結果、聖武天皇夫婦からみた皇室と藤原家の「同じ世代」がラインとして並ぶことになります。 一方、家系図マインドマップでは、「藤原家の宮子」と「皇室の聖武天皇の妻としての宮子」をそれぞれの家系図に書き、それを矢印で結ぶので、皇室と藤原家の位置はどこでもかまいません。 そのため、聖武天皇夫婦からみた皇室と藤原家を貫く「同じ世代」をラインとして表すことはできません。 このように家系図マインドマップでは、ひとつの家の家系図内であっても、異なる家どうしであっても、同じ母親の子どもどうし以外は、世代をラインで表すことはできません。 家系図が複雑になり「シンプルで美しい」とはいえない 家系図マインドマップは、婚姻と養子を表す人の異動の矢印が飛び交うので、複雑な図に見えます。 下の図は、サンプル「安倍晋三関連家系図」の「安倍家」の部分です。 家系図マインドマップ — 安倍家 矢印が、人名や写真などの上にかぶさりますので、じゃまに思えるかもしれません。 安倍家に関係のない矢印が、安倍家の表示領域に入ってしまうこともあります。 家系図マインドマップは、職人技で清書したタイプの「シンプルで美しい」家系図ではありません。 まとめ• 家系図マインドマップは、縦書き文字の家系図を作ることはできません。 家系図マインドマップは、「同じ母親の子ども」「同じ夫の複数の妻」を除き、人物をライン状にそろえて書くことができないので、同じ世代をライン状の位置に表すことができません。 家系図マインドマップは、矢印が飛び交うことなどから複雑に見え「シンプルで美しい」家系図にはなりません。

次の

RAPT

安倍晋三家系図

ここ数日、少し長いお休みをいただいていましたが、皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか。 記事の更新をお休みしたのにはちょっとした理由があるのですが、その理由についてはまた後日、何らかの形で皆さんにお伝えできればと思っています。 この数日間は、実に様々な発見がありましたので。 いうことで、今日もまたトヨタの記事の続きです。 今月、九月は「有料記事」と「読者対談」を除いて、すべてトヨタ関連の記事になってしまいましたが、実はトヨタについてはまだまだ書くべきことが沢山あります。 というのも、調べれば調べるほど、実はトヨタがこの日本の経済を悪くしている(もっと正確に言うと、上層階級だけがボロ儲けして、我々庶民が貧しくなっている)最大の元凶だということが分かってきたからです。 これまで私は、このブログの中で、この世の中が悪魔崇拝者によって支配されているということを、その証拠を挙げながら具体的にお話してきました。 そして、その悪魔崇拝者のトップは天皇とロスチャイルドなのですが、これについては過去の記事を詳しく読んでいただければ、もはや反証の余地はないぐらいはっきりとご理解いただけるはずです。 で、この天皇とロスチャイルドによる日本支配が本格的に始まったのは明治維新以降のことです。 彼らは「田布施一族」とグルになって(というか、彼ら自身も「田布施一族」ですが。 )、この日本を実効支配しようと計画し、その計画を見事に成功させたのです。 しかしながら、この事実を未だに信じられないという人が大勢います。 マスコミの報じることしか信じていない人がこの世には未だに沢山いるからです。 そこで、今日はそんな人たちのために、この事実をさらにはっきりと裏付けるようなお話をしたいと思います。 しかし、その話をする前に、先ずは我々国民の生活がいかに貧しくなっているか、その事実を改めて皆さんに再確認していただきたいと思います。 以下の記事をご覧下さい。 「昼はめし抜きか、買い置きした1個50円のカップ麺で乗り切っている。 1食300円以上なんて言語道断です」(31歳・販売)と、牛丼さえ手が届かない人も多数。 当然、値引き品しか買えないという人も珍しくない。 「ランチは午後3時まで我慢。 店をたたむ直前の路上販売で値引き弁当を買う。 お腹が空いたら水道の水をがぶ飲みし、空腹感をごまかす」(35歳・公務員) 「スーパーの閉店セール開始30分前に行き、目当ての夕飯用惣菜を確保。 セールが始まったら商品をこっそり棚に戻して、店員に値引きシールを貼ってもらう」(36歳・事務) また、彼らには飲み物を買うお金もない。 「マクドナルドのアンケートアプリ『KODO』で、ドリンクかポテトのSサイズなどの無料券がもらえる。 お昼はこれと自宅で作ったサンドイッチでセルフのバリューセットを食べます」(33歳・教育) 「『みかん味の天然水』などのフレーバードウォーターを買って、水道で2倍に薄めて飲んでいる。 もともと濃い味なので、薄めてもちゃんと味はする」(35歳・通信) さらに、ウォーターサーバー未設置の職場で働く人のなかには、「毎日、薬局や携帯ショップ店内のウォーターサーバーでペットボトルに水を詰めている。 また、輸入食品チェーンの『カルディ』はコーヒーの試飲ができるので、ランチ休憩のときにフラッと立ち寄って利用している。 月4500円ほどの節約になる」(40歳・総務)という人もいる。 しかし、これはまだ序の口。 「丸亀製麺で120円の(天丼用の)ごはんのみ注文し、無料の天かすとネギで山盛りにして、タレをかけて『オリジナル天かす丼』にして食べています。 店員の『天ぷらはいかがですか?』も断ってください」(34歳・不動産) もはや周囲の視線を気にする余裕なんてないのだ。 ----------------(転載ここまで) 今や国民の生活はこんな悲惨な状態になっています。 ここまで酷くなくても、これに近い状態をほとんどの国民が味わっているのが現状でしょう。 そして多くの国民が、この苦しい状態はいずれ終わるはずだと根拠のない希望を抱いています。 政治家や政府が、いずれ必ずこの不況から日本を救ってくれると、根拠のない夢を見ています。 しかし、私がはっきりとこう断言しましょう。 この日本は不況でも何でもありません。 皆さんの生活が苦しいのは、この日本のトップに王侯貴族がどんと居座り、彼らが贅沢三昧をするために、国民の取り分を横取りしているからです、と。 これについては、このブログを長く読まれた方にとっては、もはや何の異論もない話だと思います。 特に日本一の大企業・トヨタの実態を解明していく内に、我々ははっきりとこの事実を知るに至りました。 例えば、以下の記事などをご参照下さい。 国民に給料を与えずに済むような政策をどんどん作って、トヨタがボロ儲けできる仕組みを作ってきたわけです。 しかし、これらの記事を読んだだけでは、トヨタの元社長「奥田碩」だけが悪なのであって、トヨタの創業者やその他の社長は悪ではないかにように思えるかも知れません。 しかし、それは大きな間違いです。 豊田家がわざわざ「奥田碩」という外部の人間を社長にしたのは、「奥田碩」ならトヨタを儲けさせることができると踏んだからに他なりません。 そして、その「奥田碩」がトヨタを儲けさせるために取った手段が、自ら政界に深く食い込んで、トヨタに都合のいい政策を次々と作りあげるというものでした。 企業努力ではなく、政治の力でトヨタをボロ儲けさせようとしたのです。 しかし、どうして「奥田碩」という人間にそれだけの力があったのでしょうか。 どうして彼はここまで政界に深く食い込み、政治家に対して強い発言力を持てるようになったのでしょうか。 その答えは、以下のリンクにある「系図2」を見れば、すぐに分かります。 このように、「安倍晋三」と「豊田家」はとても近い親戚です。 (出典は) 〈系図1〉 で、見ての通り、「安倍晋三」は「麻生太郎」とも親戚です。 (出典は) 〈系図2〉 〈系図3〉 〈系図4〉 ざっと見ただけでも、「岸信介」「吉田茂」「宮沢喜一」「鈴木善幸」「橋本龍太郎」「福田康夫」「佐藤栄作」「鳩山由紀夫」がみんな親戚どうしであることが分かります。 つまり、「トヨタ」は「天皇」や数多くの「歴代首相」と親戚だということです。 こうなってくると、「トヨタ」が政治に対して強い発言力を持てるようになるのは当然のことです。 この「トヨタ」がバックについていたからこそ、「奥田碩」は政治に対してあれこれと強く口出しできるようになったわけです。 で、「橋本龍太郎」というと、すり替えられた天皇・大室寅之祐の弟の孫でしたよね。 詳しくは以下のリンクをご覧下さい。 (田布施一族についての詳細は) そうすると「豊田家」もまた「田布施一族」に他ならないということになります。 これはとんでもない事実です。 さらに言うなら、「奥田碩」は「財団法人オイスカ」の顧問でしたよね。 (詳しくは以下のリンクをご覧下さい。 皇后陛下様! 戦争中、日本軍がこの言葉をスローガンとして掲げつつ、戦争を始めました。 まあ、当然ですよね。 「トヨタ」と「天皇」が親戚である以上、「天皇」が世界のトップになってくれれば、「トヨタ」の儲けはさらに加速するでしょうから。 ちなみに、「」のリンクの豊田家の「系図2」と、「」のリンクの安倍晋三の「系図2」とを見ると、どらちにも「鮎川義介」という人物が登場します。 このように「鮎川義介」は豊田家ととても近い親戚です。 で、「鮎川義介」とは「日産コンツェルン」の創始者です。 ということは、「日産」も「田布施一族」であるというわけで、大企業になるためには「田布施システム」に組み込まれなければ難しい、ということが言えるかも知れません。 まあ、これについては、なんとなく想像していたことではありますが。 で、今でもこの「田布施一族」が日本の政治を動かし、自分たちの経営する企業だけをボロ儲けさせ、自分たちだけ贅沢三昧をして、国民には一つも還元しようとしない。 むしろ国民の取り分を分捕ろうとまでしています。 実際、「日産」のカルロス・ゴーン社長なんて、年収10億ですからね。 しかも、「決して高い額ではない」とまで言っています。 いえいえ、十分高いでしょう、と突っ込みたくなります。 念のために言っておくと、安倍晋三はNHKの元会長とも親戚です。 その証拠は以下のリンクの「系図3」をご覧下さい。 これがこの世の現実です。 日本はもはや民主主義国家などではありません。 完全なる王族国家です。 もし未だに日本が民主主義国家であると信じている人がいたら、その人はまさに「マトリックス」の世界に生きていると言っても過言ではないでしょう。 で、このように見てみると、有名陰謀論者たちの説く「アメリカ・ロックフェラー陰謀論」も全て真っ赤な嘘だということがさらにはっきりと分かりますよね。 お疲れ様です。 今日もまたすごい記事ですね!!「田布施一族」の王族国家が、この日本国だったとは!!いわば国民は王族の所有物だった訳です。 呆れました。 この田布施グループ以外の国民は、おそらく奴隷のようなものなのでしょう。 奴隷だから戦争で死のうが生きようがどうってことはない、とにかく奴隷は田布施グループのために命を捧げて尽くしてくれと…だから違憲でもなんでも戦争法案を可決すると。 そういうことだったんですね。 学校では、(日本は民主主義国家なので)「君も頑張れば、将来は総理大臣になれるかもしれないよ!」なんてことを先生は生徒に平気で言ったりしますが、そんなことはハナからあり得ないことだったのです。 あ~あ、ため息が出ました。 貴重な情報をいつも有難うございます。 日本の総理大臣の系譜や官僚関連の図式が、親戚、縁戚関係者でガッチリ固められているというのは、日本もやはり江戸時代後半あたり? 頃からイギリスにバッチリ介入されていて、その当時からすっかり西洋化されていたということのようですね。 朝鮮系の流入。 だから鹿児島と山口に田布施地区があったり、田布施では白山信仰の跡があったり、明治維新の志士がいくら素晴らしい活躍を云々と聞こえてはいても、やり方があまりキレイではなかったり、へんに荒々しかったりという印象が拭えずなぜかイマイチ好感をなかったのかなと思ったりしています。 テレビではこんな複雑な系図紹介してくれませんよね。 知るほどに日本の裏事情にはうんざりしますね。 貧乏話、凄いわかります!私事ながら、自分、4歳の娘と、10ヶ月の娘を育てています。 保育園は信頼出来ないので、妻は専業主婦、若い頃、遊びまくって貯金してなかったおかげで今まさに毎月カツカツ。 体には悪いと知りながらも昼はセブンイレブンのカップラ 税込121円 が基本で、飢えをしのぐ為に亀田のソフトサラダを買い置きしながら日々働いています。 満員電車で帰宅する時なんかはリアル奴隷船だなぁと感じずにはいられません!でも心は自由でいたい!俺は金に生かされてるんじゃないっ!俺の命は自然によって生かされているんだっ!とか心の中で日々叫んでます。 ラプトさんのブログは読み応えがあるので、復活されて 良かったです。 王侯貴族と大企業が婚姻等により、国民から搾取しているのは 日本に限った事ではありませんが、ロスチャの後押しで田布施 と共に皇族と大企業で一国を丸呑みした形のような支配構造は 日本特有に思えます。 明治天皇をすり替えた段階から既に、 将来(今ですが)天皇を中心としたNWOを勧めやすいように 計画していたのかもしれません。 また日本の国民は、仕事はあるけど、賃金は異常に低くて、 まさに奴隷状態であるのが浮き彫りになってるのが、こちらの 資料です。 2015年 2014年が最新だった) 先進35ケ国の貧困率と失業率の統計で、この2つは 必ずしも比例していません。 日本の失業率は確か35ケ国中32位と低いのに、 貧困率はワースト6位と、失業者は少ないのに異常に 貧困率が高い。 6位になってますが、4と5位は同点の為、 4位が2ケ国と考えると、日本はワースト5入りの貧困率国です。 RAPTさん、毎回献身的に取り組んで下さり、本当に有り難うございます。 以前、コメントを送信した途端消えてしまったような・・・妙な反応がパソコンにあってから、読者に専念しておりました。 次々に大切な内容がアップされ、読者対談もとても興味深く、RAPT さんのブログはどんどんとその歩みを進めて行って下さっています。 また、神計らいのようなものもあちこちに感じさせたりしながら、より関心が深まっています。 さゆさんの所の件については、その事でかえって心はそこから距離を置くものになるだけでしたが、これもまた神計らいの一つだと思えました。 あちらにとっても鬱陶しい事でしょうし、もうやめにしないか。 あなたのために・・・とさゆさんの方にも思えたものです。 無理にお互いに交わる事もないことですしね。 最初の読者対談からの一つの区切りのようなものを、個人的には感じさせられるものとなりました。 ところで、 只今私はwindows 10のアップデートにミスがあったため、PC が使えないのでいます。 その為に、スマホから失礼しています。 メールアドレスはPC の方のままですが。 有料記事もPC で見ていましたので、パスワードが今分からないので. 10月になってから読ませていただきます。 そして、いつも有料記事はワクワクしながら楽しみにしております! まぁ、悪魔は不快でしょうが。 でも、魔物は心がねじ曲がっているからそうなるだけの話で、RAPT さんのせいでも何でもない事ですから。 聖書がどう使われるかという問題はありますが、この書物をこの世に置いて下さっているのも大きな神計らいだと感じせられています。 お身体を大切に。 これからも宜しくお願い致します。 人気記事• - 717,645 views• - 515,064 views• - 434,297 views• - 377,356 views• - 375,348 views• - 375,321 views• - 329,350 views• - 315,887 views• - 312,394 views• - 311,129 views• - 291,037 views• - 275,728 views• - 256,984 views• - 256,586 views• - 255,146 views• - 254,217 views• - 247,172 views• - 245,203 views• - 239,122 views• - 235,303 views.

次の