キンカロー。 キンカローの性格や値段は?体重や被毛、寿命や病気、歴史は?

販売情報や体重は?魅力あふれる血統猫キンカローを徹底紹介!

キンカロー

キンカローの特徴 キンカローは、小型で四肢は短く、さらに前足は後ろ足よりも短く、がっしりした短めの胴体を持つセミコビータイプの体型をしています。 尻尾は長く、個体によっては胴体よりも長いことがあり、尻尾を立てながら歩く姿はマンチカン譲りです。 頭部は丸く目も丸いです。 特徴の1つである巻耳は生まれたての頃は巻いておらず、生後1~3週間からカールが始まり約5か月後に最終形態になります。 1代目のキンカローでは、25%の子猫が短足で生まれ、75%の子猫が巻耳を持って生まれるとされています。 そのため、短足でも巻耳でもない子猫や巻耳でも短足ではない個体の方が割合が多く生まれます。 キンカローの性格 社交的で愛情深い キンカローは、社交的な性格のため他のペットと仲良く出来、初対面の人にも興味を持って近づいていきます。 活発で遊びが大好き キンカローは足は短くてもよく走り回り、高い所に登ることが好きです。 賢く飼い主のことが大好きなため、投げたボールを取ってくるような遊びなどで一緒に遊んであげましょう。 キンカローの被毛や目の色 キンカローの被毛はシルクの様な肌触りで短毛も長毛もあり、短毛であれば1週間に1回ほど、長毛であれば1週間に2、3回のブラッシングをしてあげましょう。 カラーやパターンはすべてのものが認められており、目の色も被毛に準じて様々です。 キンカローを飼うのに気をつけること ストレスに気を付ける 社交的で人見知りしないキンカローは、いつも飼い主が留守にしているようなご家庭には向きません。 寂しくてストレスを抱えてしまうため、多頭飼いにしたり時間のある時はたくさん遊んであげるようにしましょう。 室内環境 キンカローは、足は短いですが成猫になっても活発で運動をよくする猫種です。 動き回れる空間とキャットタワーを用意してあげましょう。 運動不足で肥満になってしまうと短い足に負担がかかってしまいます。 飼い主と遊ぶことが大好きなので運動不足にならない様にたくさん遊んであげましょう。 また、体重を測って食事の管理をしましょう。 まとめ キンカローは、まだ誕生してからの歴史は浅い猫種ですが、短い足とカールした耳が可愛らしく、国内でも人気があるためペットショップやブリーダーなどから入手することが出来ます。 寂しがり屋な性格ですので、たくさん遊んで愛情をかけて育ててあげて下さいね。

次の

キンカロー5匹(二匹以上) (鈴木) 牛久の猫の里親募集|ジモティー

キンカロー

『癒しのキンカローブリーダー・キャッテリー』は全国のブリーダー・キャッテリーの子猫を紹介する、『ペット医療保険』を完備しているブリーダー・キャッテリー子猫直販サイトです。 ペットショップを通さない専門ブリーダー・キャッテリー直販で、掲載の子猫は健康でかわいい子猫を安心して通常よりお安い値段で購入できます。 また、『180日ペット医療保険』を完備していますので、お迎えした子猫に万が一のことがありましても、ブリーダーやキャッテリー、購入されたお客様に極力負担なく問題を解決できるようになっております。 掲載しているブリーダーやキャッテリーは、独自に設けた厳しい基準をクリアしていることはもちろん、猫を愛し、熱意を持って繁殖・飼育に取り組む優良なブリーダーやキャッテリーです。 健やかに育ったかわいい子猫たちを、新たな家族として『癒しのキンカローブリーダー・キャッテリー』からお迎えください。 キンカローについて キンカローの特徴 体重3~5kg程度のセミコビーで、四肢は短足であることが望ましく、さらに手は足よりも短く、がっちりした短めの胴体をしています。 しっぽの長い個体が多く、体長より長いしっぽをもつものも時々います。 頭も目も丸く、耳は巻いているものが良いと考えられています。 特徴の巻き耳は出生直後にはわかりませんが、生後2週間頃から徐々に巻きながら成長していきます。 キンカローの性格 明るく人懐っこく社交的で、子どもやほかのペットとも仲良くできます。 初対面の来客にも好奇心をもって近づく物怖じしない面もあります。 犬のように賢い面があり、しつけを覚えたり、投げたおもちゃを取ってきて遊びたがる子もいるようです。 キンカローの気を付けたい病気 キンカローは手の短い体型であるため前足や腰の体重の負担が大きくなりやすく、高齢化するにしたがって関節疾患が起こる可能性が指摘されています。 若いうちからよく運動させて筋肉質の太りにくい体を作り、肥満を防止して関節への負担を軽減してあげましょう。 肥満予防のためにはおやつやフードのあげすぎにも注意する必要があります。 また、一般的なほかの猫同様、毛球症や下部尿路疾患などにもかかりやすいとされていますので、日頃から注意してあげましょう。

次の

キンカローはどんな猫種?【みんなが知りたい猫図鑑】

キンカロー

猫にも、いろいろな種類がありますね。 中でも、キンカロー 通称マンチカール)はかなり人気があります。 愛らしい耳と、短い足とかわいい目で私たちを虜にします。 実は、キンカローは1990年代、テリーハリス氏がアメリカンカールとマンチカンとの交配を得て作られた猫で、わりと歴史が浅いのです。 世界最大の猫の血統登録機関TICAは、 「Experimental Breed」(実験種)として認定。 理由は、人工で作られたものなので様子見ということで位置づけされています。 また、小型猫の登録を専門に行う「The Dwarf Cat Association」(TDCA)通称ドワーフ猫協会に公認されています。 名前のキンカローの由来は英語の「 kinky 縮れた 」と特徴である「 low legs(短い足)」をつなぎ合わせて名前をつけました。 うまく名前をつけたものですね。 キンカローの特徴 カールした耳 アメリカンカールから引き継いだものです。 生後2週間あたりから、クルっと上向きにカールをし始めます。 このころから愛らしくなりますね。 短い足 短い足も、キンカローの魅力の一つですね。 マンチカンから引き継いだものです。 短い足の割には、運動神経は抜群で、早く走るのが特徴です。 部屋中、走り回っている姿がかわいいですね。 体長・被毛はどんな感じ? 全体の大きさは、小柄が多いですね。 時としてしっぽだけが長い猫もいます。 被毛は、すこし短め。 毛の色は、ブラック、ホワイト、クリーム、オレンジ、グレイ、タビーなど。 模様パターンは、シマシマが主ですね。 平均体重・平均寿命は? 平均体重は、3~6kg。 平均寿命は10~13年。 猫は1年で17歳の年となり、年ごと4歳~5歳ほど年を取ります。 人間の年齢では56歳~68歳くらいですね。 年の取り方が早いので、肥満や歯の衰えが早く始まります。 キンカローの性格は? 2-1 好奇心旺盛 短い足のわりには、かなり早く走ることができますので、走り回ったり、柱を登ったりと遊びが好きな猫です。 また、物を投げたりすると、犬のように喜んで取りに行ってくれる賢いところもあります。 スキンシップが好きなので、人見知りもしないですし、陽気で好奇心旺盛で甘えん坊でもあります。 ストレスを感じやすい すこしストレスを感じやすい面がありますね。 あまりにも遊びすぎて、興奮を覚えると猫は自分でコントロールが効かなくなり、噛みつく場合があります。 ストレスの発散を他の猫や飼い主へしてしまいます。 気をつけましょうね。 そういう時の飼い主の態度は相手をしないことです。 キンカローの病気は? 皮膚病 アゴの下あたりに分泌物が溜まりやすく、細菌による感染で皮膚が悪くなることがあります。 見た目軽い物であれば、綿棒やコットンでオキシドールを含ませて、拭いてあげるといいでしょう。 また、様子を見て治りが遅い場合は、抗生物質の投与が必要となりますので、動物病院へ行きましょう。 遺伝病の発症確率 1990年代に生まれてたのでキンカローの遺伝病のデータはまだ、確立されておりません。 ですから、親からの遺伝性疾患の影響は、これから統計に徐々に出てくると思います。 遺伝病の確認はしっかりとしておきましょう。 やはり、早期発見・早期治療で猫と一日でも長くいっしょにいたいからですね。 キンカローの購入方法 購入場所・値段 ブリーダー・里親・ペットショップから購入できます。 インターネットでも販売していますね。 値段は相場として7万から30万くらいです。 血統書付なら、もうすこし高くなります。 例えは、どこそこのチャンピオンの血筋などがあたります。 できれば実物のキンカローを確認する 実物のキンカローを見てからほうがいいですね。 子猫を希望する場合の選び方として、四肢の短さや体格ががっちりとした骨格で、毛並はシルキーでソフトな感じ。 肌さわりも滑らかであること。 キンカローとの相性は? 実物のキンカローを触りながら、乱雑に扱ってはいけません。 やさしく撫でてみる、毛のタッチ具合、子猫の反応をみましょう。 直感的に「この子、好きかも!」と思える子猫がきっといます。 まずは、ゆったりした気持ちでやさしく接してみます。 キンカローの飼い方 飼いやすいか? 比較的飼いやすい猫ですね。 性格も温和ですし、元気もあり、好奇心旺盛なので問題ありません。 ただし、元気すぎて走り過ぎるので、運動のできるスペースを確保したほうがいいですね。 それとおもちゃ、例えば猫じゃらしなどあると気分転換にもいいですよ。 キンカローがあまりにも走り回るときには、猫じゃらしで走るのを止めさせます。 私も猫じゃらしで気分転換をしています。 お手入れ ショートヘアの場合は、1日1回のブラッシングと月1回のシャンプー。 すこし長めのヘアだと、朝夕1回のブラッシングとコーミングをしてムダ毛を取り除きます。 月2回のシャンプーが理想です。 キンカローの食事 食事量の目安は、一般的には体重1kgに対して約80kcal程度。 回数は、朝・晩の2回に分けて与えるといいですね。 また、成長によって食事の切り替えをします。 幼猫は発育用の栄養価の高い食事。 成猫は健康維持のためバランスの取れた食事。 高齢猫は歯のやさしい食事で、健康維持と病気予防。 因みに、妊娠している猫の場合は、母猫の健康維持とお腹の子の成長を促す栄養価の高い食事が必要です。 まとめ キンカローは、好奇心の多い猫です。 ちょっとした心配りで、猫も飼い主も楽しく過ごすことができます。 キンカローは比較的飼いやすい猫なのでちょっと、小柄でキュートな猫をお探しの方には、おすすめの猫ですね。

次の