耐熱皿 おすすめ。 【オーブン用耐熱皿】割れたり溶けたりしないおすすめは、陶器磁器どっち?

グラタン皿のおすすめ3選&選び方【人気のストウブやルクルーゼも】

耐熱皿 おすすめ

耐熱皿はレンジにもオーブンにも使えるの?買う前に知りたいアレコレ! 2018. 19 ブログをご覧の皆様、こんにちは。 テーブルウェアイーストの角田です。 今回は、調理の際に器の移し替えといった手間がかからない耐熱皿についてのお話です。 「今までなんとなく使っていたけど、耐熱皿って結局どういったものを選ぶのがいいの?」という疑問をお持ちの方に向けて、耐熱皿についてのマメ知識や使用の際の注意点など、この機会に改めて知っていただければと思います! 耐熱皿とはどんな食器? 耐熱皿とは、電子レンジ、トースター、オーブンなどの加熱に耐えることのできる食器のこと。 素材は様々あり、陶磁器製やガラス製が有名で、耐熱製のプラスチック容器なども作られています。 一般的に一番イメージしやすいのは、グラタン皿かと思います。 通常の場合、熱を加えると陶磁器やガラスなどの素材は膨張してしまいます。 耐熱以外の食器をレンジなどで使って割れてしまうのは、その膨張による変形に耐えられなくなってしまったのが原因です。 しかし耐熱皿は、その熱膨張を抑えるための原料を使って作られるため、熱に強くなります。 加熱調理に向いている原料や釉薬は様々ありますが、例えば、テーブルウェアイーストの耐熱陶器には、熱膨張率の少ない「ペタライト」が主原料として使われています。 この耐熱原料によって、熱膨張による破損を抑えることができます。 ただし、一概に耐熱皿といっても、「オーブン調理がOK」「電子レンジでの使用がOK」「直火調理がOK」と、使えるシーンは食器ごとに異なりますので、よく作る料理などに合わせて選ぶのがベターです。 つまり、どの調理器具が使用OKかによって耐熱温度も変わってきますので、耐熱かどうかだけでなく、どの用途に使えるかも確認しておくと安心です。 そして、熱に耐えることができる食器でも、急激な温度変化を与えてしまうと、割れたり欠けたりといった破損の原因になることがあります。 レンジやオーブンでの調理後、すぐに水洗いしたりしないよう、取り扱いには十分気をつけましょう。 耐熱かそうでないか、見分け方はあるの? 磁器製はレンジOKで、陶器製は避ければ大丈夫…なんて素材で見分けるという意見もありますが、厳密には素材や見た目での見分け方はなく、耐熱かどうかは商品によって異なるのが実情です。 磁器・陶器・ガラスなど、素材に関わらず、レンジやオーブン調理ができるものもあります。 ですので、試しに電子レンジで使ってみて一見してなんの問題もなかった器も、熱膨張と収縮の繰り返しで少しずつ変形して急にヒビが入ったり、割れたりする場合があります。 使ってOKかどうかわかるものだけ、レンジやオーブンに使用するのがおすすめです。 一番は、やはりご購入の際にしっかり確認していただくこと。 レンジが使えるかどうか、オーブンが使えるかどうか、といった点を踏まえて、ご自分の作りたい料理に合う食器を選ぶのが最善です。 せっかく気に入って買ったお皿なのに、すぐに使えなくなってしまったり、使い勝手が合わなくて食器棚の奥にしまわれてしまってはなんだかもったいないですよね。 そんなことにならないように、お皿を選ぶ際には使い勝手も合わせてしっかりとチェックしましょう! 特に、日常使いでの食器購入を考えているなら、使い勝手の良さについては見ておいて損はありません。 毎日使うものですから、ちょっとした一手間がかからないものを選ぶと便利ですよ。 もし、見た目はすごく好きだけど、レンジに使えないから普段使いには向かないかも…と感じる食器に出会ったら、おもてなし用の食器として割り切って使うのもいいかもしれません。 レンジもオーブンもOKなのはこちら! さて、テーブルウェアイーストでは、レンジだけでなくオーブンも使用OKなものを主に耐熱皿として提供しています。 冬の寒い時期はオーブン料理に、温かくなってきたらレンジなどに使える耐熱皿として、色々活躍させられますよ。 深さがあるものが多く、ソースのかかったハンバーグなどの仕上げなどにも向いています。 ネイビー、グレー、グリーンの3色と、優しいホワイトカラーのグラデーションがおしゃれなグラタン皿。 スタッキングができるので、家族分揃えても綺麗に収納できます。 こちらもおしゃれなバイカラーが、モダンなおしゃれを演出する正角形のグラタン皿。 サブメニューとして使いやすく、子ども用のグラタン皿としてもちょうどいいサイズです。 カフェ食器でもよく見かけるスフレカップは、サラダのソースやドレッシング、ディップを入れたり、塩胡椒やケチャップなどの調味料を入れたり、デザート用の生クリームやフルーツを入れたりと、小鉢としても色々役立つマルチカップ。 蒸したり、オーブンで焼いたりもでき、ティラミスやチーズケーキなどのデザートカップとしても役立ちます。 見た目も可愛らしいココットは、ミニスープやミニサラダなどちょっとした一品を食卓に追加するのにちょうどいい食器です。 茶碗蒸しなどの蒸し料理や、プリンなどのデザートを入れて、ワンプレートに添えてもおしゃれ。 こういった小さめのサイズの耐熱皿は、ワンプレートに添えたりとサブメニューにぴったり。 手作りスイーツなどで、プチデザートも楽しめますよ。 フライパンのような形がとってもかわいいグラタン皿。 目玉焼きを焼いたり、プリン作りなどにも大活躍! 持ち手がついていて持ち運びも簡単。 ランチプレートなどに添えてもおしゃれですよ。 すっきりとした円筒形のフォルムと爽やかな白が色んなメニューと合わせやすいカップ。 食卓をおうちカフェっぽく見せてくれます。 プチカップサイズの手作りお菓子にも大活躍! お鍋のような形がとっても可愛い洋食器。 レッドとホワイトの2カラー。 1人分のおかずを増やすのにぴったりなサイズ感。 蓋付きなので、開けるまでのドキドキ感が楽しめますよ。 煮込み料理やアヒージョ、チーズフォンデュなど、ちょっと凝ったメニューを取り入れるのに便利。 料理のレパートリーがぐんと広がります。 1人前の煮込み料理にちょうどいいサイズ。 オイル煮や具沢山のスープなどを、この食器で作ってそのまま食卓に出すことができる優れもの。 鍋のようなデザインもかわいらしく、カフェメニューのようなおしゃれ感が出せます。 小さなお子様のおかずにちょうどいいサイズ。 軽めの副菜が一品増やしたり、小ぶりなのでデザートボウルとしても使えます。 オニオンスープを入れ、一緒に添えたパンを浸しながら食べたりと、工夫次第でカフェ気分が楽しめます。 女性1人分のにちょうどいいサイズ。 見た目もおしゃれで、サラダを盛り付けるだけでもおしゃれ。 友達とのパーティなどで、お酒のおつまみを作ってそのまま出せば、おうちでバル気分が味わえます。 ご紹介した食器以外のおすすめはこちらから! 私自身、慌てている時に「オーブン後の食器をすぐ洗い物に」なんてことをやってしまいがちなので、書いていて、自分も気をつけねば…という点が多くありました。 こうした無意識にやってしまいそうなうっかりが減らせると、食器を安全に気分よく、長持ちして使っていけるかと思います。

次の

グラタン皿のおすすめ3選&選び方【人気のストウブやルクルーゼも】

耐熱皿 おすすめ

カテゴリ:• オーブン料理はお好きですか?グラタン・ラザニアといった料理は身も心も温まりますし、お子様達にも大人気ですよね。 そのようなオーブン料理を作る時になくてはならないものが耐熱皿。 でも非常に高温下で扱うものなので、危険もともなうのも事実。 「電子レンジ用をオーブンでも使ってもいいの?」とか、「直火も大丈夫なの?」とか、いろいろ心配なことがあります。 しっかりそのような基礎知識を押さえて、安全に使用したいところ。 適切に選べば食卓が一気におしゃれで華やかになるはず。 まるでどこかの料理店へ行った雰囲気にも。 最後にはおすすめのオーブン用耐熱皿を7つ厳選してご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。 オーブン用の耐熱皿の基礎知識 オーブンの中は300度という高熱になりますので、基礎知識をしっかり押さえておかないと安全性の面で不安が残ります。 電子レンジはOKでもオーブンはNG、ということもあるので注意書きをしっかりとチェックすることがとても大切になります。 耐熱皿の原理 普通の陶磁器やガラスといった素材は、高熱下に置くと膨張する性質があります。 そして膨張による変形に耐えられず、割れてしまったり、亀裂が入ってしまったりします。 さらにプラスチックの場合は、高熱下で溶けてしまう性質もあります。 ですが耐熱用はそういった熱膨張や融解を抑える原料を混ぜて作られています。 その原料は様々なものが開発されていますが、一般的に「ペタライト」がよく使われています。 それからガラス製のお皿には、「珪砂(けいしゃ)」や「硼砂(ほうしゃ)」、「硼酸(ほうさん)」といった原料を含めています。 このような物質によって熱膨張率が少なく抑えられ、高熱下においてもお皿が変形しないのです。 また「直火対応」のものならばチーズフォンデュそれからアヒージョといった料理も可能になり、バリエーションが豊富になります。 ただしいくら耐熱性能があるといっても、油断は禁物。 あまりにも急な温度変化は耐えられず、割れてしまったりヒビが入ってしまったり、かけてしまったりする可能性もありますので、オーブンで調理した後にすぐに水につけたりすることはないように気をつけましょう。 「オーブン対応」と「電子レンジ対応」はどう違うの? オーブンと電子レンジは、どちらも「食品を加熱する」という点で共通していますが、加熱方法は異なります。 オーブンは熱で庫内を高温にして食品を加熱させていく方法ですが、電子レンジの場合は電波を発生させ、食品の分子を激しく動かすことによって加熱します。 仕組みが違うので、どちらか一方にしか対応していない耐熱皿もあります。 普通のお皿を高熱下に置くと、発火の原因ともなってしまうので、説明書をよく読んでオーブン対応か電子レンジ対応かは必ず注意しましょう。 対応していないお皿でも、一度くらいなら大丈夫な場合もありますが、実は目に見えない小さなヒビが入っていたりお皿が次第に劣化してしまったりしている場合があります。 注意書きやラベルで判断するようにしましょう。 「陶器製でなければ大丈夫」といった見分け方は危険! もしかすると磁器性はOKで陶器製はNGとか、素材で見分けてはいませんか? 耐熱かそうではないかと言ったことは、お皿を見てもわかりません。 購入する時の注意書きを見るしか、素人にはわかりません。 耐熱かどうかは、混ぜられている原料によって決まります。 お皿の素材は、耐熱性能の有無と特に関係がないのです。 「電子レンジで使ってみたら問題がなかった。 だから耐熱」と判断するのも危険。 一見大丈夫そうには見えても、実は目に見えない小さなヒビが入っていて、ある時突然割れてしまうこともあるのです。 よく取扱説明書を確認しましょう。 オーブン用耐熱皿の選び方は 続いて耐熱皿を購入しようと考えた時にチェックしておくべきポイントについて整理しておきましょう。 注目すべきポイントは「サイズ」、それから取っ手などの「デザイン」、それから「素材」です。 サイズ まずチェックすべきなのはサイズです。 まず大きさや深さをよく吟味して選び、どのような調理がしたいかということを考えましょう。 ご家族にひとつずつお皿を使うならば小ぶりなものでもオッケーですが、オーブン用の耐熱皿の場合は2人でシェアしながら楽しく食べるというケースもあります。 そのような時は大きめのサイズを選ぶわけですが、その分収納スペースを取ってしまうということに注意。 デザイン 調理後にかなり高温になるため取っ手がついているものが多いのが、耐熱用皿。 その取っ手が持ちやすいものかどうかということをよくチェックしましょう。 100均ショップなどの安い商品の場合、ミトンをつけて扱うと持ちにくかったりするものがあったりしますので、よく注意しなければいけません。 それで落としてしまったら料理が台無しになるばかりか火傷の原因にも。 持ちやすさは耐熱用皿を選ぶ上でのとても重要なポイントです。 さらに同じものをいくつか買う場合は、収納のことも考えて、重ねやすい形状になっているかどうかも注意を払いましょう。 5種類の素材 オーブン用の耐熱皿は、以下の5種類のどれかの素材でできていることがほとんどです。 ・陶器 ・磁器 ・炻器(せっき) ・ガラス ・セラミック まずオーブン用耐熱皿で一番メジャーな素材は「陶器」でしょう。 少し表面がザラザラしています。 「吸水しやすい」という特徴があるためシミや料理の臭いが移りやすいのがデメリット。 表面がフッ素加工しているものを選べば、こびりつきがかなり軽減されます。 なにより保温性が高く、熱しにくく冷めにくいため、熱々の料理には最適です。 それからツヤがとても綺麗な「磁器」もあります。 岩石を砕いた粉と粘土を混ぜ合わせて作られて、ツルツルとした質感が特徴。 陶器と違って水分も吸収しないので、シミが付きにくく、硬くて耐久性が高いのも人気の理由です。 ただしその分、保温性の点で陶器よりも劣ります。 熱々の料理を使いたいという人にはおすすめできません。 陶器と磁器のいいとこ取りをした、「炻器(せっき)」という素材もあります。 別名「ストーンウェア」とも呼ばれる素材。 陶器のように少しざらざら感があり不透明でありながら、磁気の硬くて耐久性に優れた面も備わっています。 陶器のデメリットであったシミや臭い移りの心配もありません。 続いて耐熱皿として人気なのは「ガラス製」。 温度差にも強く、低い温度にも向いているので、冷蔵庫や冷凍庫での作り置きにも最適。 ただしデメリットはやっぱりガラスなので割れやすいこと。 小さなお子様がいるならば他の素材の方が良いでしょう。 最後に説明するのは「セラミック素材」です。 セラミックとは色々な無機物の原料を焼き上げた陶磁器の一種。 熱をゆっくりと時間をかけて放射するその独特な特性によって、あなたの料理を柔らかくしたり、しっとりしたり、表面をこんがりと焼き上げたり自由自在。 に臭いもこびりつきにくいので、他の素材にコーティングとしてセラミックを使うケースもあります。 他の素材と混合されていない、純粋なセラミック製のお皿は、割れやすいので注意しましょう。 はじめて買う人におすすめのオーブン用の耐熱皿は オーブン用の耐熱皿として最初に買いたい、おすすめをご紹介しましょう。 以下のような視点で耐熱皿を選ぶと、グッと料理がおいしそうに見えます。 白系統 白いお皿はやはりお皿の中でも定番。 食卓にとても清潔感のある雰囲気が出ます。 さらにトマトやブロッコリーといった野菜類を使った料理をする時に、たとえば陶器製の艶のある白を使えば、野菜の新鮮な色合いを際立たせ、とても美味しそうに見えます。 様々なテーブルウェアとも合わせやすいので、初心者はまずは白系統の耐熱皿を選びましょう。 ガラス製 耐熱皿でガラス製を使用すると、クリアな質感のおかげで圧迫感がなく料理が並べられます。 食卓がすっきりし、食卓の上が綺麗に整頓されている印象に。 またガラス製の食器というのはあまり使われないのでポイントにもなります。 それからたとえばラザリアといった調理の場合は断面が見えて、より美味しそうに見えますよ。 木製もある 木製のほっこりとした素材で、食卓が自然の暖かみが加わります。 ビーフシチューにもぴったり。 陶器の冷たい質感に暖かみがプラスされますし、周辺のカトラリーにもこだわればお店のようなとてもおしゃれな雰囲気に。 おすすめオーブン用耐熱皿7選 では具体的にどのようなおすすめの商品をご紹介していきます。 テーブルウェアイースト TABLEWAREEAST グラタン皿長角バイカラーminoruba おしゃれなスクウェアデザインの陶器。 和風でも洋風でも合いますし、素朴な雰囲気を醸し出してくれるバイカラーデザインがポイント。 内側にもしっかり色分けがあるので、使っていない時でも食器棚がとても華やかになります。 さらに数枚重ねられるような形状なので、収納スペースも取りません。 キントー KINTO 丸グラタンほっくり赤34321 機能美をそなえたデザインに定評があり、数多くのグッドデザイン賞を受賞しているKINTOの、かわいらしいフォルムの丸グラタン皿。 デザインがとても素朴でかわいらしい小ぶりな丸型。 女性やお子様にベストサイズと言えるでしょう。 派手でもなく、かといって地味でもないので、どんなシーンでも使いやすいです。 カラーは赤だけではなく、茶色や白色もあります。 IKEA(イケア)FOLJSAM オーブン皿クリアガラス 耐熱ガラスでできたグラタン皿です。 大きくて深さもありパーティーシーンでも使えるタイプ。 大きさは縦横25㎝で、高さは6㎝。 透明な質感が様々な野菜を使ったり温めサラダなどにも使えるちょうどいいサイズです。 アデリア 耐熱ガラス グラタン皿 1800ml セラミックコーティングがされた耐熱ガラス製です。 セラミック加工でこびりつきが軽減され、そのままテーブルに出せて別のお皿に移し替えずに済みます。 焦げ付きもなくいつでも綺麗。 こちらならばオーブントースターの半分の大きさで食パンと並べて温めることも可能。 ル・クルーゼ ミニチュア ラムカン ダムールセット 北フランスの小さな村で1925年に創業し、以来100年近く世界中の人々から愛されているメーカー。 小さな小ぶりの耐熱皿が欲しい人は、こちらのおしゃれなデザインのルクルーゼ。 気泡がほとんどないので、水分も浸透しにくく、傷もつきにくい。 そのままオーブンにかけられる上に、蒸し器としても使える陶器製。 ル・クルーゼ Lecreuset ラウンドプレート こちらもルクルーゼの炻器(せっき)製。 サイズが直径23センチと大きめで、素材は傷がつきにくく汚れや匂いも染み付きにくいです。 カラーバリエーションも豊富でパスタやサラダ、デザートなどにも。 イッタラ ティーマ プレート21cm フィンランドで生産された、シンプルながらお手入れもしやすい人体環境に優しい磁器素材。 普段使いにも使えかなり使い道は広いと思います。 ちなみに「イッタラ」というブランド名の由来は「北欧からの贈り物」という意味なのだとか。

次の

【2020最新】大手100均3社のグラタン皿21選!耐熱性高くて便利なのはコレ!

耐熱皿 おすすめ

2019年11月26日 更新• 料理だけでなく、食器にもこだわりを持っている人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、おしゃれな料理好きさんたちの間で人気のグラタン皿を特集。 耐熱のグラタン皿があれば、オーブントースターやレンジを使ったレシピのレパートリーを増やすことができ、盛り付けのクオリティもアップさせることができます。 かわいいミニサイズや、パーティーでも使えるおしゃれな大皿までグラタン皿の種類は豊富です。 今回は、選び方やグラタン以外の使い方も紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。 出典: グラタン皿は、名前にグラタンと入っていますが、もちろんグラタン以外の料理にも使えます。 例えば、シチューや煮込みハンバーグ、ラザニア、パイなど、オーブン料理やグリル料理を中心に様々な料理に活躍。 特にグラタン皿は保温性に優れているものも多いので、温かい料理の提供にぴったりといえるでしょう。 また、取っ手が付いているものが多く、見た目がおしゃれという点も魅力です。 普段の食卓もグラタン皿があれば一気におしゃれになり、クリスマスパーティーなどイベントで使っても華やかです。 グラタン皿は一人用の小さいサイズから、大人数で囲める大皿まで様々な種類の物があります。 大きさの違いによって、利用シーンやもてなす料理も変わってくるでしょう。 ここでは、サイズにより異なる利用方法などを紹介します。 出典: 一人用であれば、直径15cm前後の小さいグラタン皿がおすすめです。 このサイズは、グラタン以外にも、スープやサラダ、副菜用の小鉢などいろいろな使い方ができるので、複数個持っておいてもいいでしょう。 パーティー用の場合には、グラタンの取り皿にしてもおしゃれで便利です。 また、かわいいデザインのものなら子供用の取り分け皿としても使えます。 出典: 大きめのグラタン皿は、パーティーなどのメイン料理におすすめです。 大きいグラタン皿は料理の見栄えもいいですし、みんなの喜ぶパーティー料理の主役になるでしょう。 パエリアやキッシュのような定番料理はもちろん、ケーキやフルーツなどのスイーツまで、幅広く活用することができます。 複数個並べてビュッフェ形式など工夫を凝らした使い方もできそうです。 出典: グラタン皿の選び方のポイントは3つ。 どんなものを選ぶかによって、使い勝手が大きく変わります。 それぞれのポイントを確認して、自分の使い方に合っているグラタン皿を選んでいきましょう。 出典: グラタン皿の形状は、ラウンド型、オーバル型、スクエア型の3種類が主流です。 円形のラウンド型は全体的に小さめのものが多く、食卓に置いても場所を取らないので、一人用の耐熱グラタン皿を探している人におすすめです。 楕円形のオーバル型は万能で、普段使いにぴったり。 お魚やお肉などの盛り付けに便利な形です。 角があるスクエア型は、パンやケーキを焼くときにも使えます。 容量が多いものが多いので、2人以上で使いたい人におすすめです。 出典: グラタン皿にもいろいろな機能があります。 中でも特に注意したいポイントが、直火や電子レンジへの対応可否です。 直火対応であれば、バーベキューやキャンプなどアウトドアシーンでも使うことができます。 チーズフォンデュやアヒージョなどをしたいときにもそのままコンロに掛けることができます。 また、電子レンジ対応であれば、一度冷めてしまった料理を温めることができるので、一人暮らしなど、使い勝手を重視するのであれば見逃せません。 この他にも、フッ素加工されたものであれば焦げ付きや汚れもつきにくくなりますし、食洗機対応であれば片付けも楽になります。 出典: オーブン料理やグリル料理の場合、調理した後、そのまま食卓に出すことも多いです。 そのためグラタン皿は、食卓の雰囲気に合ったおしゃれなデザインのものを選ぶことが重要になります。 写真映えするようなおしゃれなものであれば、普段の食卓もカフェのようなおしゃれな雰囲気にすることができるでしょう。 最近では、食材や料理本来の色を見せられる透明なグラタン皿が人気を集めています。 ここから、おすすめのグラタン皿を紹介していきます。 今回は、一人用からパーティー用まで様々な大きさのグラタン皿を集めました。 人気のルクルーゼやストウブ、こだわりの日本製のグラタン皿から、あなたにぴったりのグラタン皿を見つけましょう。 出典: ちょこんとした取っ手がかわいい、おしゃれな小さいグラタン皿。 直径が8. 7cmと手のひらサイズになっています。 その小ささを活かし、朝食の小鉢やランチプレート、子供用の器として使うことができます。 半熟卵作りに利用しているという口コミもあり、ちょっとしたシーンに活躍しそうです。 単色のシンプルなカラーリングなので、和洋問わず、様々な料理の盛り付けに使えます。 複数使いしてもおしゃれなので、まとめ買いもおすすめです。 外形寸法 直径8. 7cm 持ち手含めて12. 2cm 高さ3. 5cm• 材質 磁器• 電子レンジ、食洗機、オーブン使用可 出典: こちらは、ル・クルーゼ Le Creuset の大人気商品ココット・ロンドをそのまま小さくしたグラタン皿。 蓋が付いているので、スープや茶わん蒸しなどにもぴったりです。 一人用にもおすすめの小ぶりなサイズ感。 また、なんといってもデザインが魅力的で、小さいのに存在感がありおしゃれです。 口コミでは、ビビットなカラーリングも大人気。 7色から選べるので、キッチンや食卓の雰囲気に合わせて選びましょう。 外形寸法 幅13. 7cm 縦9. 8cm 高さ8. 3cm• 材質 ストーンウェア• 電子レンジ、オーブン、食洗機使用可 出典: おしゃれな調理器具が人気のフランスのメーカー・ストウブ Staub のグラタン皿。 セラミック製で、オーブンや電子レンジ、冷蔵庫や冷凍庫、食器洗い乾燥機に対応した、使い勝手の良さが魅力です。 表面には、エマイユ加工が施されており、汚れや傷が付きにくくお手入れのしやすさにも配慮されています。 取っ手にはストウブのロゴが刻印されており、シンプルながらおしゃれでかわいいデザインも人気です。 外形寸法 幅14cm 奥行11cm 高さ4cm• 材質 セラミック• 容量 400ml• オーブン、電子レンジ、冷蔵庫、冷凍庫、食洗機使用可 出典: こちらは、日本の伝統的な信楽焼と、北欧風のおしゃれなデザインを融合させたグラタン皿です。 和食はもちろん、シチューやパエリアなど洋食にも合うデザインになっています。 重厚感があるので、温かい料理をよりおいしく見せてくれるでしょう。 直火でも使えるので、普段使いにも便利です。 ひとつひとつ手作りされた日本製の焼物なので品質の面からも長く使っていけるアイテムになるでしょう。 外形寸法 幅15cm 奥行12cm 高さ4. 5cm• 材質 陶器 信楽焼• 直火、オーブン、電子レンジ使用可 出典: 側面に施されたストライプの溝が、いかにもグラタン皿らしいデザインです。 取っ手がないので、食卓や食器棚で場所を取らないのも嬉しいポイント。 シンプルな形で使い方も自由自在なので、カレー皿としても使えそうです。 落ち着いたカラーリングは、主張しすぎず自然な雰囲気が口コミでも大人気。 同じデザインの器やプレートもあるので、シリーズで揃えて食卓をおしゃれにコーディネートしてみてもいいでしょう。 外形寸法 幅19cm 奥行12cm 高さ4. 5cm• 材質 半磁器• 電子レンジ、オーブン、食洗機使用可 出典: 片付けが面倒な人には、こちらのグラタン皿がおすすめ。 内側にはフッ素樹脂加工が施されているので、油要らずで焦げ付かず、汚れもスルっと落とせます。 電子レンジや冷蔵庫でも使えるので、一人暮らしの人にもぴったり。 一人用にちょうどいいという口コミも多く見られました。 あたたかみのあるカラーリングも大人気で木製のカトラリーと合わせて使えば、簡単にカフェ風のおしゃれな雰囲気になります。 外形寸法 幅22cm 奥行14cm 高さ5cm• 材質 半磁器• 容量 600ml• オーブン、オーブントースター、電子レンジ、冷蔵庫、冷凍庫、食洗機使用可 出典: そのままでも十分おしゃれなガラスの透明皿は、ひとつは持っておきたいアイテムでしょう。 シンプルなスクエア型で電子レンジも使用可能なので料理の幅も広がります。 また、おしゃれさに加え、使い勝手の良さも魅力。 セラミックコーティングが施されており、本当にくっつかないと口コミでも評判です。 取り分けるときもきれいにとれるので、食卓でも透明皿のおしゃれさを存分に発揮できます。 外形寸法 幅24cm 奥行20cm 高さ5cm• 材質 ホウ珪酸ガラス• 容量 1400ml• オーブン、オーブントースター、電子レンジ、冷蔵庫、冷凍庫、食洗機、熱湯使用可 出典: オーブンやグリル料理以外でも積極的に使えるものをお探しの人には、こちらがおすすめ。 内側も同一の色になっていて、いかにもグラタン皿というデザインではないので、普段の料理にも使いやすいでしょう。 丸みを帯びた角は、スプーンなどが入りやすくなるよう工夫されています。 また、取っ手がないので場所を取らず、バーベキューや鍋などをするときには、食材を置くプレートとしても使えそうです。 外形寸法 幅25. 4cm 奥行19cm 高さ5. 1cm• 材質 陶器 並漉土• 容量 1380ml• オーブン、電子レンジ使用可 出典: 少し細めのスクエア型で、お魚やお肉の料理の盛り付けにおすすめのグラタン皿です。 こちらのグラタン皿は、イタリア産で食卓の主役になるような鮮やかなカラーリングが印象的。 陶器製で保温性にも優れています。 レストラン向けの業務用商品としても販売されている本格仕様で、おしゃれなアイテムです。 外形寸法 幅30cm 奥行14. 5cm 高さ5. 5cm 人気のルクルーゼやストウブから、おしゃれな耐熱グラタン皿のおすすめを紹介しました。 メインディッシュから副菜まで、様々な料理に使えるグラタン皿。 一人暮らしでも家族でも、いろいろな使い方ができます。 大きさや形状が違うものを複数持ってみるのもいいでしょう。 おしゃれなグラタン皿は、食卓を彩ってくれるだけでなく、楽しい時間を演出してくれます。 この記事を参考に、お気に入りの耐熱グラタン皿を揃えてみてください。 キーワード• 閲覧履歴• 関連記事• 人気の記事• 話題のキーワード•

次の