アビスパ福岡 掲示板。 アビスパ福岡

さっかりん アビスパ福岡 最新情報

アビスパ福岡 掲示板

アウェイカラー テンプレート(ノート)サッカークラブPJ アビスパ福岡株式会社 Avispa Fukuoka Co. , Ltd. 概要 1982年創部のが前身。 1994年にJリーグ準会員となり、1996年よりJリーグへ加盟している。 クラブ名のアビスパは、で「熊ん蜂()」の意味。 ハチの持つ集団的行動や俊敏性が「軽快で統制のとれた多様なグループ攻撃」という、チームの目指すスタイルを象徴する。 運営会社はアビスパ福岡株式会社である。 ホームタウンは1市のみであるが、にホームスタジアムのあるの近郊に位置する、との間で「地域活性化とスポーツ文化の振興」並びに、「地域に根ざしたスポーツクラブ」および「地域に生活する人々とともにスポーツを通じて子どもたちに夢と感動を、地域に誇りと活力を与える」ことを目的とした「フレンドリータウン協定」を締結している。 2019年11月24日 最終節開催日 現在、このフレンドリータウン協定はを除く糟屋郡全町など9市町村 予定含む と締結されている。 ホームスタジアムは(命名権名称、ベスト電器スタジアム) 、練習場はである (詳細はを参照)。 運営会社の出資企業・団体の多くは福岡市に主要拠点を置く、もしくは福岡が発祥の企業であり 、取締役には主要株主である・・・・・・・の幹部が就いている。 なお、主要な出資者にが入っているのはクラブの母体となったがセコムの販売代理店を請け負っていた縁があり、が入っているのは2008年の増資時に大都からの出資の意向を受け入れたことによる(後述)。 2014年に増資を行い、が筆頭株主となった(後述)。 の姉妹都市でもある()をホームタウンする()と技術提携し、若い選手の短期留学やコーチングスタッフの交流などを行っていた。 (もっと上を目指そう) 監督にが就任。 前年、監督を務めたはGMに就任。 からGK、からDF、からDF、からMF、からMF、からMFなどを獲得したが、最終順位は14位。 (一丸となれば、やれる) 元福岡所属で、前年アシスタントコーチのが監督に就任。 例年下位に低迷するチーム状態からの脱却を目指すことを念頭に置き、キャンプは朝・昼・晩練習することや戦術面などはそこそこにし砂浜での走り込みなどを中心にまず徹底してフィジカルトレーニングを課して精神・肉体面の基礎力向上(スキルアップ)を選手に求めた。 第2ステージでは最後まで優勝争いに加わり、結果として6位の成績を収めた。 新加入の高卒ルーキーが主力として機能したことや、外国人も元のMF、やで活躍した、エースフォワードのも活躍した。 (もっと一丸となれば、もっとやれる) ピッコリ体制2年目。 元韓国代表でやに所属したMF、元のFWを補強したが、年間成績15位となりJ2へ降格。 なお、所属のDFが児童買春等禁止法違反で逮捕された(当時は19歳であったため、実名では報じられていない)。 シーズン終了後にピッコリが監督を退任。 また、三浦泰年らベテランも運営費縮小に伴って、退団した。 2002年 - 2005年(J2) 2004年 J2 第35節 大宮戦 チームスローガン: We WILL make it! 成し遂げる! 松田体制2年目。 前年に行ったへのアンケートを受けてユニフォームの色を変更した(1stがシルバー、2ndがネイビーだったのを逆にした)。 リーグ戦では第37節から最終節まで8連勝して3位。 に進出したが、に敗れて昇格はならなかった。 2005年 チームスローガン: 挑戦 〜Try it again to J1! 松田体制3年目。 チームの育成路線が実を結び高卒2年目の中村・同じく2年目ユース出身の田中、新加入の元ブラジルユース代表グラウシオらが活躍。 のホームでの第42節戦を引き分けて2位を確定。 5年ぶりのJ1復帰を決めた。 6月のに・が日本代表として出場した。 2006年(J1) 2006年 J1 第09節 新潟戦 (J1復帰後初勝利) チームスローガン: Climb to the top! 松田体制4年目。 (前)、、(共に前)などを補強したが、12節終了時点で1勝6敗5分の16位。 に松田を監督から解任。 後任にとの元監督のが就任。 によるリーグ戦中断期間に神戸からを完全移籍、またから、からを期限付き移籍で獲得。 シーズン成績は16位。 でJ2・3位のに2分けながら差で敗れ、1年でのJ2降格が決まった。 シーズン終了後に川勝が監督を辞任。 5回戦へ勝ち残っていたはが代行監督を務めた。 なお、この年に運営会社の商号が福岡ブルックス株式会社からアビスパ福岡株式会社へ変更された。 2007年 - 2010年(J2) 2007年 2007年 J2 第43節 山形戦 チームスローガン: SUFFER FOR SUCCESS! 元監督のが監督に就任。 GKが、DFがにそれぞれ移籍。 さらに前年キャプテンを務めたMFが退団した。 一方で、からFW、かつてリトバルスキー監督の下でプレイしたDFを獲得した。 そのリンコン、アレックスのコンビは2007年チームにとって重要な得点源となった。 開幕戦のとので攻撃的布陣が機能し5-0で完勝するなど第1クールを1位で終えた。 第2クールに入って以降も上位に入っていたが、第36節戦から第40節戦まで5年ぶりとなる5連敗。 第48節の戦に敗れてJ1昇格が消滅。 最終順位は7位で終了した。 なお、シーズン終了後にチーム統括グループ長の、同副長の、育成統括のを解任した。 2008年 2008年 J2 第40節 横浜FC戦 チームスローガン: ココロ粋! リトバルスキー体制2年目。 前年の登録メンバー31人の半数以上にあたる16人(レンタル選手、外国籍選手含む)と契約を結ばなかったため、選手が大幅に入れ替わった。 また、外国籍選手は全員退団し、新たにいずれも出身のDF、MF、FWを獲得した。 また、から元福岡所属のMF、からFW、からDF、からGKらが加入。 から、からの両FWが、、の両名をユースチームから昇格した(鈴木はに2種登録で出場)。 4月12日の戦では5分間で4失点 するなど守備が崩壊、第1クールは15チーム中14位に終わった。 、成績不振により監督・リトバルスキー、ヘッドコーチ・クルーク、フィジカルコーチ・クレアを解任し、が監督に就任したが、最終順位は8位に終わった。 2009年 2010年 J2 第34節 大分戦 チームスローガン: 福岡 維心 篠田体制3年目。 前年度のオフにやらベテランを中心に選手9人との契約を打ち切り、監督以外のコーチ陣も一斉に退団。 30歳を越える選手が久藤、田中誠だけと大きく若返り、下部組織から昇格したの以外は日本人選手だけでシーズンに臨んだ(7月に韓国人のが加入)。 なおシーズン直前の1月27日にJ1時代の2006年途中からクラブ社長に就いていた都筑興が辞任し、3月4日に後任として電通九州大分支社長の大塚唯史が就任した。 東京Vから加入したが得点源として、更には大卒選手の(高校卒業後の2004年 - 2007年に在籍)とがボランチコンビを形成し中盤の要として、移籍2年目の田中誠が守備の中心としてチームを牽引した。 開幕戦でに3-1と快勝。 4月には4連敗を喫したが、5月5日の11節戦で6-1と大勝するとそれ以降は順調に勝ち点を積み上げて9月12日に千葉、11月20日に東京Vと昇格争いのライバル相手にホームゲームで勝利を収め、アウェイで岐阜を破ったに4位の千葉がに敗れ3位以内が確定、5年ぶりのJ1復帰を決めた(最終順位は3位)。 外国籍選手は李と孫の2人のみであったため、この年のリーグ戦での全得点を日本人選手が挙げた(ちなみに天皇杯では孫が1ゴールを挙げている)。 天皇杯では、とJ1勢を連覇して15年ぶりでアビスパ福岡となってからは初のベスト8へ進出(準々決勝はに延長戦の末に2-3で敗退)。 2011年(J1) 2011年 基本布陣 チームスローガン: 福岡力! 〜Run with the ALL〜 篠田体制4年目。 長年在籍したが引退、前シーズン15ゴールを挙げたが甲府へ、がへ、がへ、がへ、がへ移籍、、が退団した。 補強は、から、から、からが完全移籍で、磐田から、FC東京からがレンタル移籍で加入。 、、が新加入した。 またのレンタル移籍期間も延長した。 開幕戦でに敗れて以降、開幕から9連敗 Jリーグ杯・磐田戦を含めると公式戦10連敗。 6月15日の第15節 リーグ10戦目 の戦に引き分けて初の勝ち点を得た。 その後、3連敗で13試合連続勝ち無しとなったが、7月2日のリーグ戦14試合目の甲府戦で初勝利を挙げたが、8月に篠田を解任し、ヘッドコーチのが監督に就任した。 10月22日に新潟に敗戦してJ2降格が決定。 最終順位は17位でシーズンを終えた。 天皇杯は3回戦で仙台に敗退した。 2012年 - 2015年(J2) 2012年 チームスローガン: ガムシャラ!! 今年だから出せる力がある。 2012福岡ヂカラ クラブOBで元コーチのが監督に就任。 が引退、がへ、がへ、、がへ、がへ完全移籍、(へ復帰)、(へ復帰)、(へ復帰)がレンタル移籍期間満了、、が退団した。 一方でから、から、磐田から、FC東京から、からを完全移籍で、から、G大阪から、磐田からをレンタル移籍で獲得、 、が新加入した。 8月26日の第31節戦から10試合連続勝利なしとなった10月28日、第40節大分戦での敗戦後に前田を監督から解任、が監督代行に就任したが、結局シーズン終了まで12戦連続勝利なし(5分7敗)のまま、J1在籍経験のあるクラブとしてのと並びシーズン終了時最低の順位となるJ2リーグ戦18位 でシーズンを終えた。 は、全てホームゲームだった前半3戦は2勝1分ながら、後半は3戦全敗し最終的に最下位となった。 は3回戦で大宮に敗退した。 2013年 チームスローガン: 一燃蜂起 〜2013 福岡ヂカラ〜 などの元監督のが監督に就任。 がへ、がへ、およびがへ完全移籍、が引退、は期限付き移籍期間満了でG大阪に復帰した一方、2006年まで福岡に所属していたが京都から完全移籍で獲得、前年にとして所属したがから加入した。 開幕から連勝スタートで第2節終了時には2位となるが、直後に3連敗を含む5試合勝ちなしとなり15位まで順位を下げる。 第8節、対北九州戦で勝利し、第9節で連勝した時点で8位まで再浮上して以降、前半戦終了の第21節までは8位から11位の間を推移する。 6月19日には、元U-19で5月から練習生として参加していたが加入。 また、8月に入って、に期限付き移籍していたが期間満了前の契約解除で復帰し、からを獲得した。 第24、25節終了時には圏内の6位となるが、その直後10試合で3連敗5連敗各1回を含む1勝1分8敗と低迷し、第34節終了時には15位まで転落。 11月10日、第40節の時点で6位以内の可能性が消滅し、最終的に14位でシーズンを終了した。 ただし、では、で連勝するなど3勝3分で、2010年シーズン以来2度目の制覇となった。 では、初戦(2回戦)でに敗北。 なお、10月に経営問題が表面化した(詳細はを参照)。 2014年 チームスローガン: 協力同心 福岡ヂカラ2014 プシュニク体制2年目。 、、らと契約を更新せず、、、が期限付き移籍満了(金久保は後にに期限付き移籍、金はに完全移籍)、が、、が、がのにそれぞれ完全移籍し、がへ期限付き移籍した。 一方、から、から、から、からがいずれも完全移籍、から、から、から、からがいずれも期限付き移籍でそれぞれ加入した。 では、2回戦でに敗れ、2年連続の初戦敗退となった。 前半戦は好調で一時は5位にまで上昇し、プレーオフ圏内の6位で前半21試合を終えたが、31節から最終戦までの12試合で1勝3分8敗という成績で順位は去年を下回る16位。 は最下位となった。 このシーズンをもってが退任した。 2015年 2015年 J1昇格プレーオフ 決勝 チームスローガン: 福岡MOVEMENT 鼓動。 元日本代表DFで前のヘッドコーチだったが監督に就任。 がチーム統括部長に、がコーチに就任。 選手では、MF、MF、DFとの契約を満了 、DFが現役引退。 また、MF、DF、FW、GKが期限付き移籍期間満了で退団。 DFがに移籍。 一方、MF、DF、MFが完全移籍により復帰したほか、からDFとからFWがそれぞれ完全移籍で、からGKとからDFがそれぞれ期限付き移籍で加入。 また、浦和ユース出身のMF、からMFが新加入した。 開幕節から3連敗し一時は最下位に沈んだものの、井原が挑んだ3バックによる守備の再構築が功を奏し第4節からクラブ記録を更新する11戦無敗(8勝3分)と戦績が向上。 さらに夏の移籍期間には湘南などでプレーしたFWを完全移籍で獲得すると攻撃にも厚みを増すようになり、相手によって3バックと4バックを使い分けるシステムも機能し始め、シーズン後半には自動昇格争いにも絡めるようになる。 終盤には8連勝を含む12戦負け無し(11勝1分)でシーズンを終え、最終的に2位磐田に同勝点ながら得失点差で4点届かず3位でに駒を進めることになった。 昇格プレーオフは、準決勝で戦に勝利。 決勝でに引き分けでレギュレーションにより5年ぶりのJ1昇格が決まった。 「」も参照 は、2回戦で磐田を下し3年ぶりに初戦を突破するも、3回戦でJ3のに敗れた。 2016年 (J1) 2016年 チームスローガン: 子供たちに夢と感動を! 井原体制2年目。 コーチのが監督に就任のため退団。 前年守備の要として活躍したGKがに、MFがに復帰したものの、から期限付き移籍中だったDFを完全移籍で獲得。 また、からMF、からDF、からDF、からMF、からMFを獲得したほか、Kリーグクラシック・からのGKが加入した。 5年振りのJ1は、開幕から7試合勝ちがなく(3分4敗)、第9節の戦で初勝利を挙げるも、結局1stステージはわずか2勝にとどまり最下位に終わる。 夏の移籍期間には巻き返しのためにFC東京からDFを獲得するも、得点源のFWウェリントンが7月に持病の左膝痛を悪化させて出場機会が激減したことも影響し、8月から9月にかけては今季チーム最長の5連敗を喫する。 第14節でに敗れ、残留を争っていたが勝利したことにより、年間順位16位以下が決定し、1年でJ2降格となった。 4度目のJ1からの降格はJリーグ史上最多タイ、またJ1最下位でのJ2降格はクラブ初で、J1年間総合順位で最下位となるのもJ2創設前の(で勝ち残りJ1残留)以来18シーズンぶりとなった。 では、Bグループ第6節終了時点では6位だったものの、最終節対新潟戦の勝利により逆転でグループ2位となり、クラブ史上初の準々決勝進出を果たす。 準々決勝でFC東京に敗れた。 は2回戦でにPK戦で敗れた。 2017年 - (J2) 2017年 チームスローガン: 子供たちに夢と感動を! 井原体制3年目。 FWが、MFが、へ期限付き移籍していたDFが、GKが・へ完全移籍、MFが、MFがへ期限付き移籍、DF(へ移籍)、MF、FW(以上へ移籍)が契約満了になった一方で、からFW、からDF、からGK、からMFを完全移籍で獲得。 FWがへの期限付き移籍から復帰、期限付き移籍加入だったDFが完全移籍で加入し、U-18のFWが昇格、のGKが加入、新外国人選手として・・でプレーしていたMFがから加入した。 シーズン中にMFが家庭の事情により退団したが、のDFを獲得、さらにからFWが期限付き移籍で加入した。 開幕戦は大分に敗れたが、第3節からは1桁順位を維持、第12節からの4連勝で、第15節終了時に首位に立つ。 第16節には2位となるも、第17節から前半戦終了の第21節まで首位をキープする。 第22節に湘南に首位を明け渡すと、その後は2位をキープしていたが、第28節から6試合未勝利で第33節にはついに長崎に抜かれ3位となる。 第34節から3連勝し再び2位に浮上するが、第39節には長崎だけでなく名古屋にも抜かれ4位に落ちる。 最終的に長崎を抜き返すことは出来ず、4位でシーズンを終え、2シーズンぶりのに回ることとなった。 で開催された プレーオフ初戦の5位・東京V戦はのゴールで1-0で勝利。 3位名古屋とのプレーオフ決勝に進むも、アウェーので0-0の引き分けに終わり、規定により名古屋が昇格となり、1年でのJ1復帰を逃した。 リーグ戦では42試合で僅か36失点、次に少ない優勝した湘南の41失点よりさらに5点少ない守備力の高さを誇りながらも、得点は54点でリーグ12位タイ、うちウェリントンだけで19得点を挙げており、次点が石津の8得点、山瀬の6得点と差が大きく、ウェリントン以外の攻撃力が課題であった。 天皇杯は3回戦でに敗れた。 2018年 チームスローガン: 感動と勝ちにこだわる 井原体制4年目。 FWが引退、DF(・)、DF()、DF()、MF()、FW()、DF、MF(以上)、GK()、FW(JFL)、MF(JFL)、MF(・)、FW(・)が完全移籍、DFかに期限付き移籍。 期限付き移籍していたFWがに復帰した。 一方、DF(岡山)、DF(柏)、FW()、FW(ブラジル・)が完全移籍で、FW()、MF()、GK()、MF()、FW()が期限付き移籍でそれぞれ加入、FW()が新加入した。 またMF(大分)、DF()が期限付き移籍から復帰した。 シーズン中の6月には、DFとFWトゥーリオ・デ・メロが相次ぎ退団した一方、ブラジル・コインブラECからFW、FC東京からDF、柏からDFがいずれも期限付き移籍(古賀は育成型)で加入した。 7月には田村友が山形に完全移籍した。 開幕から3節は負けなし(2勝1分)だったが、直後に3戦未勝利(1分2敗)で一旦順位を11位まで下げた後、8戦負けなし(5勝3分)で3位まで浮上、1敗の後3連勝で、第17節終了時には暫定2位、第18節終了時には暫定首位に浮上する。 しかし自動昇格圏内順位となったのはこの時だけで、直後に連敗し暫定4位となり、その後は第26節ホーム横浜FC戦がの影響で中止になった際に暫定8位、第29節栃木戦に敗れた直後と第33節から第34節にかけ暫定7位となった以外、第41節終了時点までプレーオフ進出圏内となる6位以内を維持していたが、最終節アウェー岐阜戦に引き分け、前節まで7位だった大宮が最終節勝利したことにより順位を逆転され、最終的に5位大宮、6位東京Vと勝点差1の勝点70(19勝13分10敗)、7位で終了、2年連続のプレーオフ進出を逃した。 ホームゲームでは6連勝するなどし、優勝した松本と並びJ2トップの勝点42(12勝6分3敗)を挙げながら、アウェーでは最終節含め勝ちきれない試合も多く、勝点28(7勝7分7敗)しか挙げられなかったことも、昇格を逃した原因の一つとなった。 最終節終了後の11月19日、監督の井原の退任が発表され 、同月23日には、、、、各コーチの退団も発表された。 2019年 チームスローガン: 感動と勝ちにこだわる ・前監督のが監督に就任。 、、 、 が契約満了、ドゥドゥ、枝村匠馬、ユ・インスら6選手が期限付き移籍期間終了で それぞれ退団するなど計11人を放出。 また町田に期限付き移籍中であった下坂晃城はそのまま町田に完全移籍となった。 一方で、、、、ら計10人が新たに加入した。 シーズン開幕直後にはがに期限付き移籍した一方で、からが完全移籍で加入。 夏の移籍期間ではがへ完全移籍した一方で、、ら4選手が期限付き移籍で加入した。 開幕から4戦未勝利で最下位に転落、第5節アウェー新潟戦でシーズン初勝利を挙げ20位に浮上するも、続く第6節に敗れ再び最下位となる。 第7節栃木戦でようやくホームゲーム初勝利を挙げ最下位は脱したが、順位は第1節終了時以降常に17位以下、第14節終了時にはJ3降格圏内の21位となるなど低迷。 第16節終了翌日の6月3日、監督のペッキアが家庭の事情を理由に急遽退任、コーチを務めていたが監督に昇格した。 先述の栃木戦以降ホームゲーム10戦勝ちなし(3分7敗)や、第17節から21節、23節には再び21位になるなど低迷は続き、最終節の勝利により、同シーズン最高順位の16位に浮上してシーズンを終えた。 シーズン終了後、久藤が監督を退任した。 2020年 チームスローガン: 感動と勝ちにこだわる 前年で監督を務めていたが監督に就任。 菊地が現役を引退した他、、ヤン・ドンヒョン、、石原、初瀬、加藤ら計12人が退団。 また、前年鳥栖に期限付き移籍していた岩下はそのまま鳥栖に完全移籍した。 一方で前年水戸で長谷部の元でプレーした、、をはじめ、、、、、ら計14人が新たに加入した。 シーズン開幕後にはがに完全移籍した一方で、がから完全移籍で加入した。 成績 詳細は「」を参照 タイトル 国内タイトル• :1回• 優秀新人賞• 2006年 :• ジャパンフットボールリーグ• ベストイレブン• 1995年 : 、、、、、• 新人王• 1995年 : 永井篤志• ベストGK賞• 1995年 : ハットトリック 得点数 選手名 開催日 対戦クラブ スタジアム 得点時間 J1 3得点 2000年11月18日(2nd第13節) 12分, 44分, 82分 J2 3得点 2002年7月24日(第20節) 19分, 28分, 29分 2003年5月31日(第15節) 19分, 39分, 80分 2007年7月25日(第30節) 11分, 31分, 34分 JFL 3得点 1995年5月7日(第1節) 36分, 55分, 68分 1995年6月11日(第7節) 15分, 40分, 70分 スタジアム 雁の巣レクリエーションセンター球技場 ホームスタジアムは福岡市の内にある(命名権名称:ベスト電器スタジアム)。 2008年以降のリーグ公式戦は全て同競技場で開催しているが、同競技場がの会場の一つとなったことから、これに向けての改修工事のため2017年11月26日の準決勝は(命名権名称:えがお健康スタジアム)で開催した ほか、ではをホームスタジアムとして併用する。 なお、過去のホームゲーム開催スタジアムは「」を参照のこと。 練習場は福岡市のである。 スタジアムDJ• 信川が日曜にテレビ・ラジオで生番組を担当している関係で、その際は(2008年度はMAX、AJ。 プロ野球のの主催試合でもスタジアムDJを担当)が代役としてスタジアムDJを担当する。 チームマスコット• アビー• ビビー 2000年2月27日「選手激励のつどい」にて初披露目 GK 3rd チームカラー• ネイビー• シルバー• ブルーベールダンス 2003年までは1stユニフォームがシルバー、2ndユニフォームがネイビーブルーであったが、2004年からはのサポーターのアンケート結果を受けて、1stユニフォームがネイビーブルー、2ndユニフォームがシルバーに変更された。 クラブカラーについてもメインカラーがネイビーブルーと定められていたが、2020年にクラブとサポーターとの間でカラーに対して意識の隔たりがあった事を理由として、メインカラーをネイビー(カラーコード:PANTONE281C)に変更した。 限定ユニフォーム 2015年• 1996年のJリーグ加盟から20周年目のシーズンを迎えた事を踏まえ「20周年記念ユニフォーム」を製作。 デザインは事前にファン・サポーターから公募した結果 、J加盟初年度のユニフォームをベースにしたデザインに決まった。 白地に縦ストライプ柄が入り、差し色の一部には前身「藤枝ブルックス」のチームカラーであった藤色も使用された。 2017年• 「2017ハチ祭り記念ユニフォーム」と題して製作。 前身「福岡ブルックス」のユニフォームデザインをベースに、ネイビーとイエローのボーダー柄でクラブ名の由来である「蜂」をイメージしたデザインに仕上げられた。 8月27日のJ2第30節・戦で着用。 2018年• 「2018ハチ祭り記念ユニフォーム」と題して製作。 「ビクトリー」をコンセプトとし、同シーズンの目標であるJ2優勝・J1昇格を胸のVラインで表現。 濃紺をベースに伝統のストライプで仕上げられた。 着用試合は当初の発表では8月11日のJ2第28節・水戸戦のみの予定であったが 、同試合を勝利し、多くのファン・サポーターからリクエストされた事を受け、9月1日・J2第31節戦でも着用した。 同試合でも勝利した事もあり、その後着用試合を9月の全ホームゲームに拡大した他 、関東在住のサポーターからの要望を受けて、アウェー・で行われた9月16日・J2第33節戦でも着用した。 ユニフォームスポンサー 掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考 胸 Fj. 福岡地所 2015年 - 鎖骨 HAKATA GREEN HOTEL 2018年 - 背中上部 新日本製薬 2018年 - 背中下部 プランテルEX 2020年 - 袖 博多中洲 ふくや 2011年7月 - パンツ ピエトロ 2020年 - 2017年 - 2019年は背中下部 ユニフォームサプライの遍歴• 1995年:• 1996年:リーグ戦は、カップ戦はアドミラル• 1997年 - 2010年:ミズノ• 2011年 - 2014年:• 2015年 - 2017年:• その他のユニフォームスポンサーもすべて交替となったが、胸スポンサーだけは後継が埋まらず(も参照)、経営問題がクローズアップされることになる。 2008年6月、機メーカーのがクラブに資本参加し、ユニフォームスポンサーとなると報道された。 同社の関連会社がパチンコホール経営を行っていることなどを理由に一時Jリーグ側が難色を示した 、が同年9月に正式に同社の資本参加が発表された。 ただし、ユニフォームスポンサーとしての参加は見送られた。 2009年シーズンはパンツ以外のユニフォームスポンサーが無い状態でシーズンに突入するという異常事態となった が、2009年4月にユニフォームの胸スポンサーが「」に決定した。 背スポンサーも に決まった。 2010年には出身の大塚唯史が社長に就任、大口スポンサー頼みの企業体質からの脱却を図るべく広告スポンサー数を約90社から約150社にまで増やし 、経営問題に改善の傾向が見られたかに思われた。 しかし2013年、2014年度ので経営状態について「是正通達」より一段階軽い「個別通知」の付帯付きのJ1ライセンスが交付された 直後の10月15日に、地元紙の()が、アビスパがJリーグ退会の可能性もある極めて厳しい経営状態にあることを報じた。 具体的には2013年5月ごろから運営会社の資金繰りが厳しくなり、数千万円の短期借入で運転資金を回したが、9月末現在でも約9億6000万円の営業収入を見込んだ予算に対し実際の営業収入が約8億2000万円に留まる一方、10月の時点で運転資金について新規の借入が出来なくなったため、手元資金が底を付く11月末に運営資金約5000万円が決済不能になり、12月分の選手の給与が遅配になる可能性があるというものであり、アビスパの小学生招待事業「アビスパKidsパートナー」の協賛金募集に際して、福岡県サッカー協会が傘下の少年サッカークラブに対し「アビスパ福岡が資金面で最大の危機に面しております。 11月30日までに5000万円の運転資金が準備できなければ、お金の流れが滞り、最悪の結果を招くことになります」という趣旨の文書を送付したことで明らかになったものであった。 アビスパ社長の大塚唯史は「最悪の場合は、Jリーグから借金して、勝ち点マイナス10となることを覚悟している」とコメントし、大株主らに協賛金の要請を行ったが、2006年当時の経緯もあり、大株主の福岡市や 、、 などがアビスパに対する追加支援に否定的な見解を示した。 しかし「アビスパKidsパートナー」協賛金をはじめとする個人・法人からの小口協賛金2645万円や、大株主のによる間接的な支援(支援商品を販売し、売り上げをアビスパに寄付 ・最大約1776万円)などが集まり、11月16日時点で年内の資金繰りは手当てできたことを発表。 11月30日には一連の経営問題の責任を取って大塚唯史が代表取締役を辞任し 、後任には元強化担当部長のが就任し、野見山をサポートする役割として常勤の取締役に市文化振興部課長の樽見哲が就任した。 翌2014年2月5日、クラブ経営強化を図るためにアドバイザリーボード(経営諮問委員会)を設置。 7月23日に発表されたJリーグ参加51クラブの2013年度決算において、2期連続赤字で約2800万円の債務超過となっていることが報告された。 Jリーグ常務理事は「黒字化はなんとかなるが、債務超過(解消)は確証が持てない」と指摘 、報告時点において債務超過であった11のクラブのうち、9月のライセンス審査までに債務超過を解消させる目処が立っていないクラブは福岡のみであった。 2014年8月25日、この日行われた臨時取締役会で、福岡市発祥で基幹・業務系システムの開発やWebアプリの開発を手がけるを対象に約1億円のを実施することを9月の臨時株主総会に諮ることを決議。 8月29日付けでシステムソフトがアビスパへの資本参加決定を発表した ことから、懸念されていた債務超過の解消と、Jリーグクラブライセンス制度の剥奪は回避される見通しとなった。 第三者割当増資は9月22日付けで実施されシステムソフトが筆頭株主となり、同社社長の吉尾春樹とシステムソフトの親会社である常務取締役(代表取締役、代表取締役)の川森敬史が新たに非常勤の取締役に就任。 川森は2015年3月30日に開かれた株主総会および取締役会で社長に就任(前社長の野見山は常勤の取締役に交代)した。 社長に就任した川森敬史は、経営再建と効率化に向けた様々な改革を実施。 業務限定社員の導入を含めた営業体制の拡充、社員それぞれのスキルを生かせる雇用環境の確立、キャッシュフローの改善等を進めた。 その結果、スポンサー数が186社(2014年度)から1010社(2015年度)と約5倍以上に増加。 観客動員においても「レベスタ1. メディア テレビ 現在• 、月曜 18時15分 - 19時00分• 、日曜 16時55分 - 17時25分• 、金曜 23時55分 - 24時15分• 、土曜 18時30分 - 19時00分• 、土曜25時35分 - 25時40分 ラジオ 現在• 、月曜-金曜 6時30分 - 9時00分• 、土曜 6時55分 - 7時00分 過去• 、木曜 19時00分 - 19時30分• 、金曜 20時00分 - 23時00分• 、土曜 6時00分 - 6時20分 決算 アビスパ福岡の決算は、つぎのとおり。 損益 年度 収入 広告料 入場料 配分 その他 費用 事業費 人件費 管理費 利益 純利益 2005 1,220 581 237 120 282 1,243 908 N. 335 -23 -21 2006 1,575 767 387 235 186 1,682 1,238 778 444 -107 -117 2007 1,421 669 266 121 365 1,385 1,024 610 361 36 21 2008 1,157 552 245 110 250 1,209 930 559 279 -52 -61 2009 1,006 424 201 103 278 1,119 872 479 247 -113 -109 2010 938 377 206 105 250 925 693 401 232 13 33• 金額の単位: 百万円• 人件費は事業費に含まれる。 出典: 各年度のJ1 クラブ決算一覧。 、 、 、 、 、 年度 収益 広告料 入場料 配分 育成 その他 費用 人件費 試合 トップ 育成 女子 販売 利益 純利益 2011 1,246 441 308 207 144 146 1,122 428 101 157 71 0 365 124 130 2012 854 301 170 95 172 116 1,015 411 86 155 63 0 300 -161 -158 2013 871 324 180 94 171 102 986 390 73 161 58 0 284 -95 -87 2014 947 334 192 96 210 115 942 417 76 121 65 0 263 5 9 2015 1,654 474 235 94 211 640 1,595 626 96 374 73 0 426 59 49• 日本プロサッカーリーグ. 2017年9月23日閲覧。 アビスパ福岡. 2017年9月23日閲覧。 日本プロサッカーリーグ. 2018年8月7日閲覧。 - 株式会社システムソフト 2017年9月23日閲覧• プレスリリース , アビスパ福岡公式ホームページ, 2017年4月24日 , 2019年10月31日閲覧。 プレスリリース , 宇美町公式ホームページ, 2017年5月1日 , 2019年10月31日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡公式ホームページ, 2018年12月13日 , 2019年10月31日閲覧。 プレスリリース , 飯塚市公式ホームページ, 2018年12月19日 , 2019年10月31日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡公式ホームページ, 2019年10月18日 , 2019年10月31日閲覧。 西日本スポーツ 西日本新聞社. 2019年10月19日. 2019年10月31日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡公式ホームページ, 2019年10月31日 , 2019年10月31日閲覧。 プレスリリース , 篠栗町公式ホームページ, 2019年10月31日 , 2019年10月31日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡公式ホームページ, 2019年11月13日 , 2019年11月29日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡公式ホームページ, 2019年11月19日 , 2019年11月29日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡公式ホームページ, 2019年11月19日 , 2019年11月29日閲覧。 - アビスパ福岡・2008年9月25日• アビスパ福岡. 2011年3月18日. 2012年11月17日閲覧。 ゲームサマリー• 但し、横浜FCは20クラブ中18位、福岡は22クラブ中18位• 2014年11月30日. 2015年11月29日閲覧。 藤江直人 2015年12月8日. 2015年12月8日閲覧。 日刊スポーツ. 2015年11月24日. 2015年11月29日閲覧。 西日本新聞. 2016年9月23日. 2016年10月2日閲覧。 ゲキサカ 講談社. 2018年11月17日. 2018年11月18日閲覧。 サッカーキング. フロムワン 2018年11月22日. 2018年11月22日閲覧。 サッカーキング. フロムワン 2018年11月19日. 2018年11月22日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡, 2018年11月23日 , 2018年11月26日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡, 2018年12月14日 , 2018年12月14日閲覧。 西日本新聞. 西日本新聞社 2018年11月23日. 2018年11月23日閲覧。 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 2018年11月25日. 2018年11月26日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡, 2018年12月11日 , 2018年12月12日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡, 2019年11月26日 , 2020年5月27日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡, 2017年11月15日 , 2017年11月23日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡, 2019年1月11日 , 2019年3月10日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡, 2019年12月23日 , 2020年2月22日閲覧。 Qoly 2015年5月16日. 2018年10月2日閲覧。 Qoly 2015年6月24日. 2018年10月2日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡, 2017年8月14日 , 2018年10月2日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡, 2017年8月17日 , 2018年10月2日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡, 2017年9月7日 , 2018年10月2日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡, 2017年9月14日 , 2018年10月2日閲覧。 プレスリリース , 公式サイト, 2018年1月5日 , 2018年1月7日閲覧。 MSN産経ニュース. 2013年12月28日. の2013年12月27日時点におけるアーカイブ。 2017年10月20日閲覧。 2007年11月22日. の2011年8月16日時点におけるアーカイブ。 2014年11月8日閲覧。 2008年6月5日. の2008年6月8日時点におけるアーカイブ。 2014年11月8日閲覧。 2008年6月7日. の2008年6月12日時点におけるアーカイブ。 2014年11月8日閲覧。 大都技研 2008年9月25日• 2009年2月7日• 朝日新聞 2009年4月14日• 朝日新聞 2009年4月27日• Jリーグ. 2013年9月30日. 2013年10月16日閲覧。 西日本新聞. 2013年10月16日. の2013年10月16日時点におけるアーカイブ。 2014年11月14日閲覧。 2013年10月30日. 2013年11月3日閲覧。 2013年10月29日. の2013年10月31日時点におけるアーカイブ。 2014年11月15日閲覧。 スポーツニッポン. 2013年10月31日. 2014年11月15日閲覧。 2013年11月16日. 2014年2月8日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡, 2013年11月29日 , 2014年2月8日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡, 2014年2月5日 , 2014年2月8日閲覧。 時事ドットコム 時事通信社. 2014年7月22日. 2014年7月23日閲覧。 日本経済新聞電子版 日本経済新聞社. 2014年7月22日. 2014年7月23日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡, 2014年8月28日 , 2014年9月6日閲覧。 プレスリリース , システムソフト, 2014年8月29日 , 2014年11月15日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡, 2014年9月29日 , 2014年11月15日閲覧。 プレスリリース , アビスパ福岡, 2015年3月30日 , 2015年4月4日閲覧。 プレスリリース , サッカーキング, 2016年6月15日 , 2018年4月16日閲覧。 プレスリリース , 九州イクボスドットコム, 2016年8月12日 , 2018年4月16日閲覧。 関連項目• - アビスパのホームゲームでボールスタッフをしている。 外部リンク• AvispaF -• avispaf -• - チャンネル•

次の

アビスパ福岡掲示板

アビスパ福岡 掲示板

先発メンバー|2020年J2リーグ アビスパ福岡戦@ベスト電器スタジアム GK 1 八田直樹 DF 5 櫻内渚 DF 24 小川大貴 DF 33 藤田義明 MF 7 上原力也 MF 14 松本昌也 MF 15 伊藤洋輝 MF 23 山本康裕 MF 26 藤川虎太朗 FW 9 小川航基 FW 11 ルキアン 前節からは石田、大森が外れて櫻内、藤川が先発入り。 これから過密日程が続きますので、先発・交代といった選手起用が長い目で見たポイントとなってきますね。 どちらかというと福岡ペースの立ち上がり。 なかなか2トップの小川コーキと、ルキアンのところにボールが入らない、なんともむず痒い展開。 結局、前半はジュビロのシュートは僅かに2本という、ちょっぴり寂しい展開。 で、 0-0で前半終了。 後半に入っても、なんとなく福岡の流れ。 ボールも人も動いている感じ。 ジュビロは相変わらず、2トップにボールを入れられない展開。 それでも少しずつ流れを寄せてきて、後半の中盤戦、20分前後は磐田が攻め込む展開。 ここで先制点が欲しいなと思った 後半25分、ミスkらボールを奪われて遠野がドリブルで磐田ゴールの前まで持ち込む展開。 ペナルティエリア内にスルーパスを出すと、走り込んだ増山がダイレクトでふわりとループシュート。 これがゴールに吸い込まれて 福岡が先制... 良い流れになりかけていただけに、この失点は痛かったですね。 そこから先も形をつくってないワケじゃないんですけど、シュートすら打たせてもらえない展開。 結果、0-1ですけど、正直、もうちょっと差があったんじゃないかってくらいの展開。 結局... 試合結果|福岡 1-0 磐田 アビスパ福岡 1— 0 ジュビロ磐田 シュート4本で、うち枠内が2本しかないって、ちょっとこれは要改善です。 しかし、 第5節でで2敗って、痛いですネ... J2なんて数えるくらいしか負けられないってのに、既に2敗...こりゃ、シーズン終盤まで大混戦になって、そこで最後に頭一つ抜け出す、こんなギリギリの展開を期待するしかないのかな。 さて、次節はホーム、 ヤマハスタジアムで ギラヴァンツ北九州戦。 この対戦、 どちらを応援するの?ってよく訊かれるんですけど、 8:2くらいで磐田ですよ (って、ビミョーな表現ネ) 次節が楽しみでもあり、不安でもある、そんな複雑な心境です。

次の

[B!] 超アビスパ福岡掲示板

アビスパ福岡 掲示板

2009年度から始まった『アビ芝プロジェクト』! 子どもたちの体力向上・社会性の向上を目的として、アビスパ福岡と学校(幼稚園・保育園・小学校) そして地域が一体となって行う、校庭・園庭の芝生化を推進するプロジェクトです。 2020年度も「学校法人麻生塾 麻生専門学校グループ」様のご協賛により、3校(横手小学校・東光小学校・堤丘小学校)で補植作業を行いました。 今回は、横手小学校での補植作業の様子をお届けいたします。 とにかく素晴らしい芝生!フカフカです!! 横手小学校は、芝生を植えてから7年が経ちました。 今まで関わってくれた、子ども達や先生、そして地域の皆さんの想いが多く詰まった芝生です。 たくさん遊んで、痛んでしまった場所に一つ一つ丁寧に芝生を植えていきます。 この想いが、未来の芝生に必ず届くはず! 地域の皆さんの協力も芝生に伝わっています! その名も「横手芝生委員会」!! 地域の方々や学校の先生、保護者の皆様で構成されています。 芝刈りや水やりなどの大変な作業を子ども達の為に行ってくれています。 たくさんの想いが詰まった芝生の上で、子ども達は元気いっぱいに遊んでくれるでしょう! これからも横手小学校の芝生は、地域の皆さんと一緒に発展し、多くの笑顔をつくってくれると思います。 補植が終わった後には、素敵なお客様が。 改めて「学校法人麻生塾 麻生専門学校グループ」様、そして参加者の皆様! ありがとうございました!! スクールコーチ 浅野 航兵 今日6月19日(金)のお昼に、オフィシャルスポンサーの『牛タンと蕎麦のさえ木』さまより 本社スタッフへお弁当の差し入れを頂きました! 本社ロビーで記念撮影。 牛タンと蕎麦のさえ木さま、ありがとうございました!! さえ木さまからの熱いメッセージカードに思わず心もアツくなります。 ボリューム満点のスペシャル弁当。 勝利の「カツ」!! みんなで勝つ!!! パワー詰まってます! みんなで美味しく頂きました! 勝ち点3の味がしましたーーー!! これにはしゃちょーも思わずにんまり 「牛タンと蕎麦のさえ木さまに感謝を申し上げるとともに、 コロナ禍の中、スポンサーを支えたいとさえ木さまをはじめ アビスパ福岡のスポンサー企業様を積極的にご利用、拡散いただいた ファン・サポーターの皆さまへこの場を借りて心より感謝申し上げます。 」 しゃちょーもしっかりパワー注入しました! 改めて、牛タンと蕎麦のさえ木さま、ありがとうございました!! 営業担当 やまべまな June 2020 Search New Entries• 181• 184• 231• 736• 124 Archives• 3 mobile.

次の