スマブラsp ボタン設定。 スマブラSP プロゲーマーZeRo氏おすすめのボタン設定 │ ゲームについて思いついたことを書く

【スマブラSP】コントローラー別操作方法とおすすめコントローラーまとめ

スマブラsp ボタン設定

大ジャンプは軌道がわかりやすく、滞空時間が長いため着地の隙を狙われやすくなります。 地上にいる相手を攻撃するのに時間がかかってしまうため、せっかく相手の攻撃をかわしても反撃のチャンスに繋げにくいです。 相手に近付く手段として小ジャンプを使うことで着地の隙を狙われにくくなり、大ジャンプでは間に合わなかった相手の隙に攻撃できるようになります。 ただし、今作では 小ジャンプ攻撃のダメージに0. 85倍の補正がかかるようになっています。 攻撃の差し込みのしやすさを考えると小ジャンプのメリットは大きいので、ダメージの補正はあまり考える必要はないと思います。 小ジャンプは、攻撃を避けつつ相手が振った技のスキを待つ様子見の手段としても使えます。 上手く活かすことが出来れば 立ち回りの幅が大きく広がるので是非マスターしましょう。 また、空中にいるときに移動スティックを下に弾くと急降下できるので、こちらも小ジャンプと一緒に覚えたい必須テクニックです。 小ジャンプの出し方 ボタンを設定したら トレーニングモードで練習してみましょう。 初めはカービィなどの落下速度が遅いキャラでやると連続で小ジャンプも簡単なのでおすすめです。 慣れてきたらフォックスなどの落下速度が速いキャラも試してみましょう。 小ジャンプの感覚をつかめたら以下の練習メニューを実戦してみましょう。 コンボの始動に「小ジャンプの下りから攻撃を当てつつ急降下して着地する」という操作を要求するファイターもいるので、難易度5を安定してできるようになるとコンボの幅がグッと広がります。 難易度1:小ジャンプを出す• 難易度2:小ジャンプと大ジャンプを交互に出す• 難易度3:小ジャンプから攻撃を当てる• 難易度4:小ジャンプの下りから攻撃を当てる• 難易度5:小ジャンプから攻撃を当てつつ急降下• 難易度6:難易度5を連続で繰り出す スマブラSP関連記事 HARDMODEはジャストシールドの使い方や練習方法についても解説しているのでぜひ参考にして下さい。

次の

【完全版】「スマブラSP」おすすめの最強コントローラーはこれだ!

スマブラsp ボタン設定

『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(以下、スマブラSP)から始める初心者のための連載記事。 3回目となる今回ご紹介するのは「ルールづくり」と「ボタン設定」についてです。 今回はこちらで自分好みのルールをつくってみましょう! 2.各種基本ルールの特徴 『スマブラSP』には主に3種類のルールがあります。 どのルールを選ぶかで勝利条件が異なるので、それぞれの特徴を改めて確認してみましょう。 『スマブラSP』におけるスタンダードなルールはこれ。 ここにある項目は友だちと遊ぶときなどに相談しながら決めるのが良いかもしれません 4.ルールづくり実例 実際につくってみたルールを2つほどご紹介します。 今回ご紹介するのはどちらも極端過ぎるルールですが、あくまで「こんなこともできる」という一例として参考にしていただければと思います。 夜に始めた場合、数試合が終わるころには空は明るくなっているでしょう。 そんなときは「X」、「Y」のどちらかを「つかみ」ボタンにするのがおすすめです。 普段ジャンプでは使わない方のボタンで「つかみ」が出せるようにしてみましょう。 この悩みは「その他の設定」から「はじき入力」を「出にくい」にすることで解決しましょう。 「上強攻撃」を使おうとスティックを倒すとジャンプしてしまう……という方には、「はじいてジャンプ」をOFFにするのもおすすめです。

次の

【スマブラSP】おすすめのボタン設定/配置!弾きジャンプはオフ推奨?

スマブラsp ボタン設定

この記事の目次• キーコンフィグ(キーコン)とは キーコンとは、コントローラーにおける 技のボタン配置の設定です。 スマブラSPではキーコンを自分で設定変更することができます。 自分の使用するコントローラーやキャラクターに合ったキーコンを設定することで、快適な操作をすることができます。 中には特定のキーコンじゃないとできない特殊な操作も存在します。 自分が納得するキーコンフィグが一番 キーコンについて調べると数々のおすすめキーコンが紹介されていると思います。 しかし、 自分が快適に操作できるキーコンが一番です。 初期キーコンのまま世界で活躍する有名プレイヤーもいます。 あまりキーコンにとらわれず、あくまで参考程度に他プレイヤーのキーコンを意識してみると良いでしょう。 各コントローラーの操作方法 ここでは、各コントローラーの初期キーコンによる操作方法を紹介します。 ゲームキューブコントローラー(GCコン) GCコンの初期キーコンは以下のようになっています。 Aボタン:攻撃• Bボタン:必殺ワザ• Xボタン:ジャンプ• Yボタン:ジャンプ• Zボタン:掴み• Lトリガー:シールド• Rトリガー:シールド• Cスティック:スマッシュ攻撃• 十字キー:各種アピール Joy-Con,Proコントローラー(プロコン) Joy-Con(プロコン)の初期キーコンは以下のようになっています。 なお、Joy-Conとプロコンのボタン配置は同じです。 Aボタン:攻撃• Bボタン:必殺ワザ• Xボタン:ジャンプ• Yボタン:ジャンプ• Rボタン:掴み• ZRボタン:シールド• Lボタン:掴み• ZLボタン:シールド• Rスティック:スマッシュ攻撃• 方向キー:各種アピール その他の設定 上記のコントローラーに共通する「その他の設定」の設定項目です。 ここでは以下の項目を設定することができます。 振動:ON• AB同時押しスマッシュ:ON• はじいてジャンプ:ON• はじき入力:ふつう おすすめキーコン 冒頭で「キーコンは自分が納得するものが一番」と紹介しました。 とはいえ、やはり 入力効率が良い設定や 安定性がある設定もあります。 「とりあえずキーコンを設定したいけどどうすればよいか分からない!」という方へ、以下におすすめキーコンを紹介します。 はじきジャンプはOFFにする はじきジャンプをONにすると、上強攻撃や空中上攻撃を出す時に ジャンプが暴発してしまう可能性が高いです。 また、相手の多段攻撃を受けている最中にずらし入力をすると、意図せずジャンプが消費されて不利展開になってしまうこともあります。 スマブラSPは空中ジャンプの有無が非常に重要で、復帰時に空中ジャンプをむやみに消費してしまうとそれだけで復帰できずに1ストックを失う可能性もあります。 さらに、今作でははじきジャンプOFFでもシールドキャンセル上スマッシュを簡単にできるので、あえてはじきジャンプONにする理由はありません。 特に操作に支障がないようなら、 はじきジャンプOFFをおすすめします。 C(R)スティックは使用ファイターの特性を考える Cスティック(Rスティック)は、初期設定ではスマッシュ攻撃に割り当てられています。 ファイターによっては強攻撃に変更したほうが良い場合もあるので、自分の使用ファイターと相談しましょう。 スマッシュが強いファイター マリオ、ドクターマリオ、ピクミン&オリマー、Mr. ゲーム&ウォッチ、ピット、ブラックピットなど、スマッシュを振る頻度が多いファイターはCスティックにスマッシュを割り当てると便利です。 強攻撃が強いファイター ロイ、クロム、アイク、マルス、ルキナ、ワリオ、ウルフ、シモン、リヒターなど、強攻撃を振る頻度が多いファイターはCスティックに強攻撃を割り当てると便利です。 その他のボタンはお好みで はじきジャンプやC(R)スティックについては上記の通りですが、その他のボタンは自分自身の感覚に依る場合が多いです。 ZボタンやRボタン(Rトリガー)にジャンプを設定してみたり、Yボタンにシールドを設定したり、AボタンとBボタンを入れ替える人もいます。 自分自身でいろいろと試したり、他プレイヤーのキーコンを参考にしてみたりして、自分に一番合ったキーコンを見つけましょう。

次の