馬券で生活。 馬券生活するために知っておくべき競馬の知識あれこれ|大阪競馬ストーリー ~将来を豊かにするための競馬活用術~

馬券生活するために知っておくべき競馬の知識あれこれ|大阪競馬ストーリー ~将来を豊かにするための競馬活用術~

馬券で生活

現実的にネットで馬券購入を「稼業」または、兼業として「馬券生活」の仕事として、収入を稼ぎたいなんていう人は多数いらっしゃるとお見受けします。 一度も経験がない初心者が儲ける前に必要なのは、最初に何をすべきかをある程度認識することです。 ネットがあれば誰でも簡単に始められる方法をたくさん紹介しています。 いまではメジャーなインターネットを用いた在宅馬券生活の種類には、自分で開始させるタイプの競馬などや、どこかから仕事を振ってもらう方式である在宅作業があると思われます。 実はブログアフィリで稼ぎを得ることについては、想像以上のレベル差があるのを承知して取り組むのがよいでしょう。 既にある分野で貴重な体験を持っているなら、かなりスムーズにネットで儲けることが可能でしょう。 何かと忙しい日々を過ごしている専業主婦の方にも、暇な時間を活かして、副収入をゲットしたいといった人も沢山いるはずです。 このウェブサイトでは主婦に向けて馬券生活案件を掲載します。 本業の際には、後追い組はどうしても不利という認識が往々にしてあるのですが、おおよそネット馬券生活に関しては、後発組だったとしても気にならずに、儲けることが可能なのがポイントでしょう。 今サラリーマンを対象としたおすすめの馬券生活ランキングの上で、一際注目されているのは、商品を転売して儲けるせどり。 その理由については、漫画・小説など古本の転売を行う方法ですので、身の回りに取引できるアイテムなどが取り揃っているためです。 自分の実体験から、様々な在宅の馬券生活の各種照会や、メリットと注意点等を記載みました。 ぜひこれらを踏まえて、あなたの明るい分野にマッチした、自分らしい馬券生活で稼ぎましょう! 色々ございます馬券生活の中におきましては、限定的であるみたいな、月の収入が変動するジャンルのものも存在します。 やはり家計を守る大多数の主婦ワーカーなどは、安定性を重要視するという方針が全体的に多い状況みたいです。 それぞれ置かれている現状が違いますから、おすすめの馬券生活ジャンルにつきましても一口にはいえません。 非の無い馬券生活などは決して無いもので、見つけるべきは自分自身に適した馬券生活でしょう。 おそらく月収10万円程度なら、例外なく誰もが儲けることは不可能ではないと、私は考えます。 仕掛けた数が多いほど、収入に繋がるのが競馬の魅力ですので、月100万円も可能でしょう。 実際的にネットで儲けることに自信がない人は、企業の質問に返答するものや企業のサイトの広告を読んでクリックなど、難しいことなく堅実にお小遣いが受領できる、とっつきやすいポイントサイトから体験してみてください。 実はネットで儲けることにおいて注目すべき点は、リスクゼロで取り組みが可能ということも大きなポイントですが、始めるのが早い人の収益が、かなり大きなものになるという点もあると言えます。 案外手間暇を要せずに収入額が積み重ねられていく、おすすめの馬券生活なのでございます。 一言で馬券生活と言っても、昔よくあった手仕事や真夜中の仕事といった関係のものでなく、ネットを駆使した時代に沿った馬券生活が増加しており、可能性のあるネットで馬券購入として着々と活況となっています。 最初だけ準備してしまうと競馬を実践しているサイトは、日々サラリーマンとして就労している場面だとしても、稼ぎ続けてくれるのです。 貴重な時間を無駄に費やすことのない馬券生活は、とても割が良いと考えられます。 信頼性の高い競馬情報サイトを使えば初心者の方でも儲ける事ができるのがの醍醐味です。 回収率の違いが体感できる!• カテゴリーリンク• ほんとに馬券生活は可能なのか。

次の

私が馬券生活を辞めた理由を乗り越えられますか?

馬券で生活

1:競馬で生活している人は2種類いる 皆さんは、競馬で生活している人がいるのをご存知でしょうか。 世の中には色々な人がいますが、 競馬予想家として馬券で生計を立てている人もいるのです。 競馬で生活している人がどんな人なのか、気になっている方も多いはずです。 そこで、競馬で生活している人の種類や3つの鉄則とデメリットについて紹介していきます。 競馬で生活をすることは簡単ではないので、デメリットなども事前に把握しておくことが大切です。 まずは、競馬で生活している人たちの情報を知って、将来のプランを組み立ててください。 1-1:自力で予想する人 競馬で生活している人には2種類の人がいて、その一つが自力で予想する人です。 これはプロ予想家として競馬に真剣に向き合っているケースが多く、豊富な経験や膨大なデータを活かして競馬で生活をしています。 プロの予想家だけでなくアマチュアの方でも自力で予想する人はいると思いますが、プロの予想家は分析力や天性の勘などセンスが抜群です。 ご飯を食べていけるだけの馬券を的中させていて、そのような人はほんの一握りです。 最近ではコンピュータで膨大なデータを管理できるので、コンピュータを活用したプロ予想家も増えています。 1-2:競馬予想サイトを利用する人 競馬で生活している人は、全てが自力で予想しているわけではありません。 中には、 競馬予想サイトを利用して生計を立てている人もいるのです。 競馬情報会社は無数にあり、有益な情報を提供してくれる会社もあります。 そういった会社の競馬予想サイトを活用すれば、回収率も上がってくるかもしれません。 ただし、 競馬情報会社を利用するには有料だという場合が多く、逆に損失を生み出すリスクもあります。 中には当たらない情報を提供している競馬情報会社もあり、予想が当たっていないのに当たったと捏造していることもあります。 そのため、理想は自分で予想する力を付けるのがベストだということを頭に入れておいてください。 2:競馬で生活している3人の馬券生活者 競馬で生活することは本当に可能なのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。 そこで、実際に競馬で生活している3人の馬券生活者を紹介します。 馬券生活者の情報を知ることで、競馬で生計を立てることのメリットとデメリット両方が見えてきます。 今から紹介する競馬で生活をしている3人を参考にして、競馬予想にも役立ててください。 2-1:競馬で生計を立てる天才東大生 競馬で生活している一人として最初に紹介するのが、「 競馬で生計を立てる天才東大生」です。 「競馬で生計を立てる天才東大生」はテレビで紹介されたこともあり、馬券生活者として注目を集めています。 元東大生ならではの鋭い視点で競馬を予想し、競馬で生活を立てている凄い人物です。 投資とも言えるほど確率の高い馬券を選んでいて、ご飯を食べていけるほど競馬で稼いでいるという点で話題になっています。 2-2:馬券生活者ゆうぞう 次に紹介する競馬で生活をしている一人が、「 馬券生活者ゆうぞう」です。 「馬券生活者ゆうぞう」はツイッターで競馬の話しかしないほど、競馬への情熱に溢れた人物です。 ブログも運営していてレースの予想や回顧も行っています。 実際に馬券生活をしている人物の予想なので、競馬予想に役立つ情報が満載となっています。 ブログには「 馬券生活日記」というカテゴリもあり。 馬券で生活をしている状況が書かれている点に注目です。 過去の経験や知識を活かした予想を駆使していて、馬券生活者として今後も目が離せません。 2-3:競馬7年生 3人目として紹介する馬券生活者が、「 競馬7年生」です。 「競馬7年生」は アメブロの競馬ジャンルでアクセスランキング上位になるほど、注目されている存在です。 過去の的中実績を掲載していて、的中率の高さに驚く方も多いのではないでしょうか。 回収率を重視した予想を展開していて、堅そうなレースでも堅実に稼いでいます。 調教タイムを含めた形でレース予想も公開しているので、気になる方は「競馬7年生」のブログをチェックしてみてください。 3:競馬で生活するための3つの鉄則 競馬で生活することは簡単ではありませんが、実際に生計を立てている人がいるのも事実です。 できることなら会社を辞めて、競馬で生活をしたいと考えている方もいるでしょう。 そこで、競馬で生活をしたいのなら、守るべき3つの鉄則について紹介します。 馬券で生活をしたいと考えている方は、この鉄則を頭に入れて馬券を購入するようにしてみてください。 3-1:1カ月あたりの目標金額を決める 1つ目の鉄則として意識したいのが、「 1カ月あたりの目標金額を決める」ことです。 これは競馬で勝つために最も基本的なことですが、これを守れていないという方も多く見られます。 目標金額を決めずに闇雲に賭けることは危険で、その分投資額も増えてしまう傾向にあります。 目標金額を決めて、目標をクリアしたらもう賭けないという心掛けが大切なのです。 競馬にはJRAの取り分である控除率があるので、長いスパンで考えると負けやすい仕組みになっています。 1カ月あたりの目標金額を決めて、引き際の良い馬券の買い方が重要です。 3-2:単勝馬券を選ぶ 馬券で生活をしている人には、 単勝馬券を好んで買っている人も多くいます。 これは、意外だと思う方も多いのではないでしょうか。 三連単などの高配当が期待できる馬券じゃないと、馬券で生活することは困難だと考えている人もいるかもしれません。 しかし、単勝馬券は1着を当てるというシンプルな馬券で、的中率もそれなりに維持できます。 三連単などの馬券は高配当が期待できますが、当たらなければ意味がありません。 単勝馬券がおすすめとなっている最も大きな理由は、控除率です。 それに比べ、三連単の控除率は72. そのため、長期でプラス収支にしたいのなら、単勝馬券の方が確率が高くなるということになるのです。 3-3:競馬で生活するための馬券購入ルールを決める 最後に、競馬で生活するために重要な鉄則が 馬券購入ルールを決めることです。 ルールを決めないと自分の賭け方がぶれてしまって、安定した収入を得ることはできません。 しかし、具体的にどのような馬券購入ルールを決めるべきかわからないという方もいるでしょう。 そこで、競馬で生活するための鉄則となる馬券購入ルールの具体例について紹介します。 3-3-1:理論や手法に頼らない 競馬で生活するために注意したいのが、 理論や手法に頼らないということです。 競馬本などでは様々な理論が紹介されていますが、理論で儲かることができるのなら苦労はありません。 競馬には複雑な要素が多く絡み合っているので一つの理論や手法にも限界があるのです。 そのため、理論や手法に頼らないというルールを守ることが大切です。 理論や手法に頼らず、自分の予想を信じて馬券を購入するようにしてください。 3-3-2:柔軟に馬券の買い方を変えていく 競馬で生活するためには、 柔軟に馬券の買い方を変えていくことも重要です。 一つのことに固執して勝てるほど、競馬は甘くありません。 当日の馬場状態や馬の調子などで予想も変わってくる可能性があるので、柔軟に予想を組み替えることも重要になってきます。 控除率の関係から単勝馬券がおすすめとなっていますが、ときには三連単などの馬券を駆使することも必要です。 柔軟に馬券の買い方を変えることも意識して、競馬予想を組み立ててください。 3-3-2:競馬法など社会情勢をチェックする 馬券で生活するためには、 競馬法など社会情勢をチェックすることも大切です。 競馬法は競馬の開催や勝馬投票券、払戻金等など競馬に関する事項を定めている法律です。 競馬法が変わると馬券にも大きな影響が出るので、常にチェックすること必要になってきます。 競馬法が一部が改正されることもあるので、競馬法や社会情勢をチェックし、馬券に必要な情報を探すクセをつけてください。 4:競馬で生活している人のデメリット 競馬で生活することは、メリットだけではありません。 競馬で生活している人のことを羨ましいと感じるかもしれませんが、 デメリットもあるのです。 デメリットを理解せずに競馬で生活しようとしてしまうと、いざというときに後悔してしまうかもしれません。 そのため、事前にデメリットについても把握しておくのが良いでしょう。 そこで、競馬で生活している人のデメリットについて紹介していきます。 4-1:固定収入はない 競馬で生活することのデメリットとして最初に挙げられるのが、 固定収入がないことです。 サラリーマンの場合は基本給により、毎月の最低限の収入が確保されます。 しかし、競馬で生活すると固定収入がないので、赤字になってしまうケースも考えられるのです。 この固定収入がないということは、予想以上にメンタルへ影響を及ぼします。 毎日が不安になってしまい、競馬で勝っていても馬券生活を辞めてしまうという方も多くいるようです。 4-2:月30万円の生活に必要な馬券代は150万円 競馬で生活をするということは、それなりの投資額も必要になってきます。 そのため、 毎月かなりのリスクを背負っているという点もデメリットとして挙げられます。 月30万円の生活をするだけでもかなりの馬券代が必要になるので、大きなリスクがあるという点を覚えておきたいところです。 4-3:高い年収は期待できない 最後にデメリットとして紹介したいのが、 高い年収は期待できないという点です。 競馬は高配当が飛び出すギャンブルでもあるため、的中したときには大きな収入も期待できると思っている方も多いかもしれません。 しかし、高配当を的中させることは簡単ではなく、年間トータルで賭け続けると控除率の分負ける可能性が高くなります。 プラス収支にするだけでも難しいことなので、高い年収は期待できないと思っておいた方が賢明です。 自分が生活できる分だけを稼ぐことになるので、裕福な暮らしができるわけではないことを頭に入れておいてください。 まとめ 競馬で生活している人には、自分で予想する人と競馬予想サイトを利用する人の2種類の人がいます。 競馬予想サイトを活用するのは自分で予想するよりも簡単ですが、的中情報を偽っているような競馬情報会社もあります。 そのため、最終的には自分で予想する力を身に付けるのが理想です。 競馬で生活するのは楽しそうだと思う方もいるかもしれませんが、メリットだけではありません。 固定収入がないというデメリットは予想以上に辛く、競馬で生活することを辞める人も多くいます。 競馬で生活を始めようと思う方は、こういったデメリットも頭に入れてから挑戦するようにしてください。

次の

馬券で生活って本当に出来るの?競馬で利益を生み出す方法

馬券で生活

夢の馬券生活 競馬をやっている者なら誰でも憧れる「馬券生活」だが、本当にそんな事が可能なのだろうか。 実は河童やツチノコのような都市伝説の類であって、実はそんな者は存在しないのではないだろうか。 実在しないとなると、これはかなり厳しい道である。 もちろん、私や貴方が「初の馬券生活者」になる可能性も僅かながらある訳だから、今までいないからといって、これからも登場しないとは限らない。 河童もツチノコも、まだ見つかっていないだけなのかも知れない。 しかし、これまでに何万人、いや何百万人もの人が目指し成り得なかった「馬券生活」を、この私が達成できるとは到底思えない。 何故なら、それができる位なら、もう「なってる」はずであって、「なってる」ならこんな記事を書いてるはずがない。 自称「馬券生活者」 ネットで「馬券生活者」と検索すると、いくつか「馬券で生活しています」という者のサイトやブログがあるが、こんなものは書いた者勝ちで、実際のところ真偽は分からない。 買い目や馬券と共に、成績が書いてあったりするが、そんなものはいくらでも作る事ができる。 例えば「単勝で馬券生活」なんてお題で運営しているなら、単勝馬券を全部買えばいい。 そして、そのうちの当たり馬券だけアップすればいいのだから。 もちろん、そんな事をやっていたら、それこそ勝てる訳はない。 よって、月に10万円購入すれば2万は負けることになるが、ブログの宣伝費と考えれば安いもんだ。 実際はブログによる広告収入がそれ以上あるかどうかは知らないが、もし赤字だとしても、それは自己顕示欲を満たすための必要経費といったものだろう。 馬券生活など土台無理 私がここまで「馬券生活者」の存在を否定するには理由がある。 それは、競馬における控除率の高さである。 これは、カジノと比較すると良く分かる。 この控除率の高さをカバーするとすれば、試行回数を減らすしかない。 しかし、ディープインパクトでさえ負けるのが競馬である。 脱税裁判 そんな思いをずっと持ち続けていた私であるが、思わぬところから衝撃的なニュースが飛び込んできた。 2013年5月、中央競馬の馬券払戻による脱税容疑により、ある会社員が所得税違反により、大阪地裁で懲役2月執行猶予2年の有罪判決を受けたのだ。 争点は、馬券の購入代金が必要経費とされるかどうかという点であったが、それはどうでもいい。 なんと、この会社員は、2007年から2009年の間に、ネットを利用して28億7,000万円の馬券を購入し、30億1,000万円の払出を受けていたのだ。 純益は1億4,000万円で、元手はたったの100万円だったという。 そう、競馬は勝てるのだ。 「馬券生活」は可能なのだ。 この会社員は副業(?)で行っていたようだが、予想以上に優雅な「馬券生活」である。 ちなみに、この裁判報道のせいで会社は首になり、この件の追徴課税や別の投資信託の失敗などで、車1台を残して全て失ったという。 こちらも想像以上に悲惨である。 他にもいる馬券勝利者 この「脱税裁判」が世間を揺るがずなか、更に巨額となる脱税容疑の話が飛び込んできた。 なんと、北海道では6年間で72億7,000万円の馬券を購入し、78億4,000万円の払い戻しを受けた公務員がいるというのだ。 純益は5億7,000万円。 6年間ということなので、1年に換算すると9,500万円だ。 額も凄いが内容はもっと凄い。 大阪の会社員は自分で改良した予想ソフトを使いパソコンで自動購入していたのだが、こちらはソフトなどは使わず予想し、自ら購入していたというのだ。 大阪の件では、パソコンやソフトといったモノや知識が必要であり、自分には無理な話と思っていたが、北海道の件はそういったモノを使っていないという。 それなら、私にもできるのではないか?と、ちょっと思った。 馬券生活は可能だ! この記事の前半のネガティブな内容どおり、私も昔は「馬券生活」なんて都市伝説だと思っていたが、思いもよらぬ「裁判」というところから、「馬券生活」が実現できることが分かり、ときめいた。 ブログなど真偽の分からぬ怪しいものではなく、国税も裁判所も動く公式に認められた「馬券生活」である。 これで分かった。 「馬券生活」は可能でなのだ。 競馬は勝てるギャンブルなのだ。 しかも、常々「ギャンブルは精神力」と思っている私は、万一勝てるとしても、精神に揺るぎのないパソコンを使った予想ソフトと自動購入しかないと思っていたのが、北海道の件で人間の手でも勝てる事が分かった。 しかし、北海道の公務員はどう考えても「天才」である。 一方私は自他ともに認める「凡才中の凡才」だ。 日本人でもメジャーで通用することが、分かったからといって、私がヤンキースで10勝できるのかというと、それは違う。 中学生の時に、ヤンキーに絡まれてカツアゲされた事があるくらいのものだ。 結局ダメなのかもしれない。 というか、ダメだろう。 しかし、これだけは断言する。 「馬券生活者」は実在する。 そう、「馬券生活」は可能なのだ!.

次の