も も ぷり 化粧 水。 ももぷり 潤い化粧水|【公式】BCLブランドサイト|BCL BRAND SITE

blog.grandprixlegends.com

も も ぷり 化粧 水

ももぷり潤い化粧水の口コミレビュー 実際の使用感 こちらがももぷり潤い化粧水です。 990円(税込)/200㎖ 1,000円以下でこの容量は嬉しいですね。 実際に手に出してみると若干とろみはありますが、リッツとかと比べると割と サッパリ系な気もします。 べたつきはないのでオイリー肌の方でも使いやすそうですね。 伸びもすごい良いです。 浸透のスピードは早くもないけど遅くもなくといった感じ。 オルビスみたいに塗った瞬間浸透! ではなく じんわりとお肌に浸透していきます。 そしてほんのり桃のいい香りがする! これはちょっとテンション上がりますね。 実際に顔に付けてみました。 こちらが洗顔後何もしていない状態で こちらがももぷり潤い化粧水をつけた後の画像です。 お肌が もっちりと柔らかくなっていい感じです。 頬の毛穴もふっくらとして目立ちにくくなりました。 かゆみひりつきなどはありません。 べたつきはないですが結構お肌がしっとりとするので、頬などは化粧水だけでも大丈夫そうです。 ももぷり化粧水は何がいいの? ももぷり潤い化粧水のオススメポイントは 乳酸菌と 桃セラミドを配合している所です。 乳酸菌というと健康にいいイメージがありますが、 肌に直接塗ることで保湿や美白などの美肌効果を得ることもできると言われているんですね。 その他にもコラーゲン生成を助ける働き、美肌に欠かせないビオチンを生成する成分が含まれているので、使い続けることでハリと潤いのあるぷりっとしたお肌に導いてくれるのです。 また、 乳酸菌には炎症を抑える効果あるとされているので、ニキビの炎症にも効果を期待できます。 もう一つのオススメ成分は 桃セラミド。 セラミドといえば、 保湿の女王とも言われるほど保湿力の高い成分です。 セラミドは、表皮の一番上の層である角質層に存在しており、 肌の内側の水分を閉じ込め潤いを保ち、異物の侵入や肌への刺激をシャットアウトしてくれています。 加齢や乾燥、不健康な生活などによってセラミドは不足してしまうのですが、 化粧品の成分が浸透しやすい角質層に存在しているものなので、スキンケアで補うことは可能なのです。 ただ、ここで注意点があるのですがセラミドにはいくつか種類があり、ももぷりに含まれている桃セラミドは 植物由来のセラミドで、 ヒトの体内のセラミドとは一部構造が異なります。 そのため人間が本来持っているセラミドと同じ役割を果たすか、と言われればそうではありません。 ですが 保湿力が高いのは確かなので、潤いを保つ効果は十分期待できますよ。 また、保湿成分の他に 毛穴ケアが期待できるビタミンC誘導体のほか、 エイジングケア効果のあるビタミンA、Eなどを配合しているのも嬉しいですね。 これで1,000円以下なんてかなり優秀です。 スポンサーリンク ニキビに効果ある? ももぷり潤い化粧水は特にニキビケア用の商品ではありません。 ですがなぜ「ニキビが治った!」などの口コミが多いのかというと、それには 保湿力の高さが関係しています。 皮脂が多くてニキビができているんだから 保湿力はあまり関係ないんじゃないの? と思われるかもしれませんが、実は肌内部が乾燥しているため皮脂が過剰に分泌されている 「インナードライ肌」がニキビの原因であることも多いんですね。 乾燥を防ぐために過剰に分泌された皮脂によって毛穴が詰まり、ニキビができやすくなってしまうのです。 お肌の乾燥が解消されれば皮脂の分泌も治まっていくので、 お肌をしっかり保湿するということはニキビを改善するために必要なことなのです。 ももぷりは保湿力の高い乳酸菌や桃セラミド、ヒアルロン酸などが含まれていて、LDKの調査でも保湿力の高さが実証されていました。 実際にニキビができやすい妹がももぷりを現在使っているのですが、 お肌の状態が安定してきてニキビの数が減ってきたようです。 乾燥肌の人にもオススメ? ももぷりは保湿力の高さが売りの商品ではありますが、 アラサー乾燥肌の私からするとちょっと物足りないかなという気もしました。 普段私がしっとり系のものばかり選んでいるからかもしれませんが。 乾燥肌の方は、乾燥があまり気にならない夏などに使ってみて様子を見るのもよいかもしれません。 ももぷり潤いジェルクリームの使用感 化粧水だけでスキンケアは終われないので、同じくももぷりの潤いジェルクリームも一緒に使いました。 1,320円(税込)/80g 中を見てみるとピンクのプルプルしたジェルクリームで、こちらもほのかに桃の良い香りがします。 ジェルとクリームの中間くらいのテクスチャーで、手に付けてみると伸びも良く、軽い付け心地です。 化粧水の後顔に付けてみるとよりしっとりもちもちっとした肌になりました。 こちらもかゆみひりつきはありません。 伸びが良いので少量でも十分ですが、目元や口元には重ね付けした方がよさそうですね。 まとめ ももぷりはさっぱりとしつつもお肌をしっかりと保湿できるので、 インナードライによるニキビに悩む方にオススメの化粧水です。 私にような がっつりした乾燥肌にはちょっと物足りない感じがしましたが、普通肌や混合肌の方であれば問題なく使えると思います。 1,000円以下なのに保湿成分に加えて毛穴ケア成分や、エイジングケア成分が入っているのは嬉しいですね。

次の

momopuri(ももぷり)|ももぷり 潤い化粧水の人気記事・ユーザーレビュー|新作・人気コスメ情報なら FAVOR(フェイバー)

も も ぷり 化粧 水

ももぷり潤い化粧水の口コミレビュー 実際の使用感 こちらがももぷり潤い化粧水です。 990円(税込)/200㎖ 1,000円以下でこの容量は嬉しいですね。 実際に手に出してみると若干とろみはありますが、リッツとかと比べると割と サッパリ系な気もします。 べたつきはないのでオイリー肌の方でも使いやすそうですね。 伸びもすごい良いです。 浸透のスピードは早くもないけど遅くもなくといった感じ。 オルビスみたいに塗った瞬間浸透! ではなく じんわりとお肌に浸透していきます。 そしてほんのり桃のいい香りがする! これはちょっとテンション上がりますね。 実際に顔に付けてみました。 こちらが洗顔後何もしていない状態で こちらがももぷり潤い化粧水をつけた後の画像です。 お肌が もっちりと柔らかくなっていい感じです。 頬の毛穴もふっくらとして目立ちにくくなりました。 かゆみひりつきなどはありません。 べたつきはないですが結構お肌がしっとりとするので、頬などは化粧水だけでも大丈夫そうです。 ももぷり化粧水は何がいいの? ももぷり潤い化粧水のオススメポイントは 乳酸菌と 桃セラミドを配合している所です。 乳酸菌というと健康にいいイメージがありますが、 肌に直接塗ることで保湿や美白などの美肌効果を得ることもできると言われているんですね。 その他にもコラーゲン生成を助ける働き、美肌に欠かせないビオチンを生成する成分が含まれているので、使い続けることでハリと潤いのあるぷりっとしたお肌に導いてくれるのです。 また、 乳酸菌には炎症を抑える効果あるとされているので、ニキビの炎症にも効果を期待できます。 もう一つのオススメ成分は 桃セラミド。 セラミドといえば、 保湿の女王とも言われるほど保湿力の高い成分です。 セラミドは、表皮の一番上の層である角質層に存在しており、 肌の内側の水分を閉じ込め潤いを保ち、異物の侵入や肌への刺激をシャットアウトしてくれています。 加齢や乾燥、不健康な生活などによってセラミドは不足してしまうのですが、 化粧品の成分が浸透しやすい角質層に存在しているものなので、スキンケアで補うことは可能なのです。 ただ、ここで注意点があるのですがセラミドにはいくつか種類があり、ももぷりに含まれている桃セラミドは 植物由来のセラミドで、 ヒトの体内のセラミドとは一部構造が異なります。 そのため人間が本来持っているセラミドと同じ役割を果たすか、と言われればそうではありません。 ですが 保湿力が高いのは確かなので、潤いを保つ効果は十分期待できますよ。 また、保湿成分の他に 毛穴ケアが期待できるビタミンC誘導体のほか、 エイジングケア効果のあるビタミンA、Eなどを配合しているのも嬉しいですね。 これで1,000円以下なんてかなり優秀です。 スポンサーリンク ニキビに効果ある? ももぷり潤い化粧水は特にニキビケア用の商品ではありません。 ですがなぜ「ニキビが治った!」などの口コミが多いのかというと、それには 保湿力の高さが関係しています。 皮脂が多くてニキビができているんだから 保湿力はあまり関係ないんじゃないの? と思われるかもしれませんが、実は肌内部が乾燥しているため皮脂が過剰に分泌されている 「インナードライ肌」がニキビの原因であることも多いんですね。 乾燥を防ぐために過剰に分泌された皮脂によって毛穴が詰まり、ニキビができやすくなってしまうのです。 お肌の乾燥が解消されれば皮脂の分泌も治まっていくので、 お肌をしっかり保湿するということはニキビを改善するために必要なことなのです。 ももぷりは保湿力の高い乳酸菌や桃セラミド、ヒアルロン酸などが含まれていて、LDKの調査でも保湿力の高さが実証されていました。 実際にニキビができやすい妹がももぷりを現在使っているのですが、 お肌の状態が安定してきてニキビの数が減ってきたようです。 乾燥肌の人にもオススメ? ももぷりは保湿力の高さが売りの商品ではありますが、 アラサー乾燥肌の私からするとちょっと物足りないかなという気もしました。 普段私がしっとり系のものばかり選んでいるからかもしれませんが。 乾燥肌の方は、乾燥があまり気にならない夏などに使ってみて様子を見るのもよいかもしれません。 ももぷり潤いジェルクリームの使用感 化粧水だけでスキンケアは終われないので、同じくももぷりの潤いジェルクリームも一緒に使いました。 1,320円(税込)/80g 中を見てみるとピンクのプルプルしたジェルクリームで、こちらもほのかに桃の良い香りがします。 ジェルとクリームの中間くらいのテクスチャーで、手に付けてみると伸びも良く、軽い付け心地です。 化粧水の後顔に付けてみるとよりしっとりもちもちっとした肌になりました。 こちらもかゆみひりつきはありません。 伸びが良いので少量でも十分ですが、目元や口元には重ね付けした方がよさそうですね。 まとめ ももぷりはさっぱりとしつつもお肌をしっかりと保湿できるので、 インナードライによるニキビに悩む方にオススメの化粧水です。 私にような がっつりした乾燥肌にはちょっと物足りない感じがしましたが、普通肌や混合肌の方であれば問題なく使えると思います。 1,000円以下なのに保湿成分に加えて毛穴ケア成分や、エイジングケア成分が入っているのは嬉しいですね。

次の

ももぷりの化粧水の使い方とは? 口コミやマスクも紹介!

も も ぷり 化粧 水

一年中使えるサラッと感も大好評• 30分後も水分が逃げず、潤いをしっかりキープ• 年齢肌に嬉しい保湿成分をしっかり配合• 保湿重視で年齢肌向き• 低刺激で肌機能をサポートしてくれる保湿成分が複数配合• ピタッと吸い付くモチ肌に• 低刺激高保湿のヒアルロン酸が複数配合• 年齢とともに衰えていく肌機能をサポートする成分も配合 全成分はこちらです。 乾燥を防ぐ効果のあるセラミドか3種も配合• ヒアルロン酸やグリセリンが配合• コラーゲンや水溶性プロテオグリカンも配合• 年齢肌にバッチリ 全成分はこちら 水、BG、グリセリン、ベタイン、ペンチレングリコール、リンゴ果実培養細胞エキス、コンフリーカルス培養エキス、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、エクトイン、セラミドNP、セラミドNG、セラミドAP、水溶性プロテオグリカン、ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12、クダモノトケイソウ果実エキス、ザクロ果実エキス、グルコシルヘスペリジン、オタネニンジン根エキス、ヒアルロン酸PG、水添レシチン、水溶性コラーゲンクロスポリマー、レシチン、キサンタンガム、イソマルト、金、アルギニン、リシンHCl、ヒスチジンHCl、カラスムギ穀粒エキス、エチルヘキシルグリセリン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、スクワラン、プロパンジオール、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10、クエン酸Na、トリエチルヘキサノイン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水酸化K、クエン酸、ビオサッカリドガム-1、トコフェロール、タウリン、ダイズステロール、グルタミン酸、ロイシン、グリシン、セリン、バリン、トレオニン、アスパラギン酸Na、アラニン、イソロイシン、セルロースガム、アラントイン、フェニルアラニン、プロリン、炭酸水素Na、チロシン、グアニル酸2Na、イノシン酸2Na、フェノキシエタノール• ほのかなバラの香り伸びがよく、少量で顔全体に使える• プチプラ化粧水も登場しますので、続けてチェックしてみてください LDK the Beauty版2019年ベスコス! 【スキンケアコスメ編】.

次の