宮本浩次性格。 エレカシ宮本浩次「みんなが敵じゃないということがわかった」

宮本浩次が結婚を隠す理由は文春?結婚観が独特と話題に

宮本浩次性格

がシェアした投稿 — 2019年 5月月15日午後8時30分PDT 名前 宮本浩次(みやもと ひろじ) 生年月日 1966年6月12日 血液型 O型 出身地 東京都北区赤羽 趣味 読書 江戸時代の地図、本の収集 出身校 東京国際大学 略歴(満年齢) 81年(15歳)エレファントカシマシ結成。 88年(22歳)エレファントカシマシとしてシングル「デーデ」でデビュー。 97年(31歳)エレファントカシマシのシングル「今宵の月のように」がヒット。 宮本浩次さんは警察には通報せず、そのまま泣き寝入りとういうか諦めたとされている この事からファンの間では 宮本浩次さんは人間不信で結婚も周囲には報告していない 過去に壮絶な体験をしたため、マスコミに騒がれるのが苦痛になっている。 しかしその時の心境を宮本さんは雑誌のインタビューでこう語っています 「貯金3千円だけ。 車売って。 でも、なんとも思わなかったね。 金盗られるくらいどってことねえ!みたいなとこがあるわけよ。 彼女にふられた際に、「僕の何が気に入らないんだ?」と3分おきに電話して問い詰めた 別れたショックで一年ほど立ち直れなかった これらの、エピソードからもわかるように、とても不器用なのは否めないが、 一方で、 とても純粋で真っ直ぐな男だという事はわかるような気がする これまで、彼の結婚観というものは、語られていないが 読書家である彼が昔から愛読している、 太宰治の影響があるとすれば、もしかしたら、このような言葉に集約されるかもしれない 人間の生活の苦しみは、愛の表現の困難に尽きるといってよいと思う。 しかし俺の場合、白状するが読書することよりもむしろ本そのものが好きなのである。 本そのものが発している文化の香りと言うか知識の香りと言うべきかとにかく本が持っているそういった佇まいが好きなのである 新刊本のページを繰る時に発せられる真新しい紙と印刷の匂い、また古本から発せられるどこかカビ臭い、同時に重々しい雰囲気。

次の

エレカシ宮本浩次「みんなが敵じゃないということがわかった」

宮本浩次性格

自分自身を信じるようになり、怒りをぶつけることがなくなった 現在、デビュー30周年のツアーで47都道府県すべてを回っている最中のエレファントカシマシ・宮本浩次さん。 どこの会場もチケットはソールドアウトだという。 「日本全国を回るのも初めてですし、しかも、どこもかしこも売り切れというのも実は初めてのことです。 ベテランの我々がどこに行っても、現役のバンドとして歓迎されていることが心から嬉しいし、デビュー30周年を自分のことのように祝福してくれているのをすごく感じるんですね。 自分たちの歩みを肯定してもらっている気もして、なんかまた自信が湧いてきて います」 コンサートは初期の代表曲「ファイティングマン」から新曲の「風と共に」まで、この30年の間に生まれた名曲を披露している。 歌いながら、決して平坦な道のりではなかったバンドのこれまでに思いを馳せることもあるという。 「4人とも50歳を越えて、みんなシブい感じにはなってますけど、大人になったかというと、うーん、逆ですよね。 バンドをはじめた中学生の頃からなんら変わっていない(笑)。 外ではちゃんとした大人だと信じたいけど、4人集まると昔のまま。 でもそこがいいんじゃないのかな。 ただ、ひとつ変わったとしたら、僕がコンサートの途中、怒らなくなったことですね。 もちろん性格は相変わらず短気だし、わがままだし。 でも少なくとも(ファンの)みんなが敵じゃないということがわかったんです。 エレカシのコンサートを楽しんでくれている、喜んでくれていると、経験値で感じられるようになった。 だからステージ上でイライラを出さなくても済むようになったんですよ。 これは自分のことを信じることができるようになったからだと思うんですけどね」 かつては乱暴な言葉で目の前のファンにイライラをぶつけていたこともあった。 しかしいまは「いい曲を作って、それを丁寧に聴かせる、伝える」ことに集中し、全身全霊で歌を聴かせてくれる宮本さんがステージにいる。 コンサートだけに集中する日々から生まれた新しい歌。 「そういう意味でも、いまやっている30周年ツアーはとても充実していて、とてもいい精神状態で音楽に集中できています。 そういうリアルな毎日を歌にすることができたのが、新曲の『RESTART』と『今を歌え』なんですが、2曲ともアグレッシブでもなく、後ろ向きソングでもなく、僕の日常の<いま>を歌うことができました。 自分が非常に調子いいことを、この2曲が本当によく表していると思うんですよね」 俺はまだまだ勝負できる、命滅びるまで本気でやっていく、と歌う「RESTART」は、現在の宮本さんの心境そのものが歌詞になったかのようだ。 それに、宮本ファンが黄色い悲鳴をあげそうな(?)短く切った髪型。 あまりにも大変身。 これも「RESTART」のミュージックビデオで、サラリーマンを演じたためだ。 なんとPVの中で髪を切ったという。 「23年ぶりに短くしたんですが、髪を切ると新しい自分を発見できますね。 だから鏡ばかり見ちゃうんだよね(笑)。 自分の中では、おーけっこういいじゃん、七三分け最高、って思っています。 背広も仕立てたので、部屋の中で三つ揃いのスーツを着て、靴をいろいろ履き替えたりしながら鏡に向かって、うっとりしたり(笑)。 長い髪よりも、僕は七三分けがいちばん似合うんだなぁと、いまは思ってます。 まぁコスプレみたいなものなんだけど、遅ればせながら、大人になった気分を味わっているのかな。 昔、毎朝ネクタイを締めて背広を着て出かける父親の姿が、僕が最初に感じた大人像でした。 ツアーの合間の休日には、ネクタイ締めて背広を着こんで電車で出かけたりもしてみました(笑)」.

次の

1966年6月12日生まれの宮本浩次さん(男性)の診断結果-完全無料四柱推命診断サイト「いい運勢ねっと」

宮本浩次性格

まずこの中にミュージシャンで唯一、しかもこんなにも幅を利かせている人間であることをご認識なさるといいと思います。 CultureのカテゴリーのTOP です。 ラジオでの云々はほんの断片に過ぎず、その断片だけを切り取って、批判してしまえる人間こそ浅はかだと痛感するでしょう。 東京育ちということもありむしろ言葉はどれも洗練されていると感じます。 また、同年代としてここまで博学かと驚かされます。 そんな意味でも私のYou Tube でのお薦めは 「宮本浩次 かく語りき」を少しずつでも良いので全て観ていただきたい、心からそう思います。 (同じYou Tubeをみるならコチラこそ観て、彼を判断して欲しいものですね。 ) 「嘘をつかない」「考えてしゃべる」どなたかもお勧めされてたTBSの10のルールでもありましたように、 彼は本当に言葉を大切に、そして常に聞き手に対し、自分の想いがきちんと伝わっているかを考えるあまり(時には自分の与えられた持ち時間=人の時間を縮めてしまいやしないか、などに至るまで瞬時に=双子座の二面性とでも言うと安易でしょうか?) 気配り、気遣いが高じてしまい、時に裏目に出てしまい必要以上に時間がかかってしまったり、身振りが過ぎたりしてしまい、 時に誤解を与えてしまうのでしょう。 広い心でもって拝見していると微笑ましくさえなります。 そして一貫して命ある限り人生を一日一日、ストイック、かつ誠実に人間だと感じます。 家でもいわゆるあのスタイルだそうです(とりあえずジャージで過ごす・なんて時間は持たないそうです) また、唄を通して、本当の大和魂を持つ現代を生きる侍こそ彼だと思っています。 また、泉谷さんとの分もたくさん(数字で表題がついているモノです)ありますが是非。 これは泉谷さん宅(兼スタジオ)に客を招く番組のようですが、最後には宮本さんの生演奏を自宅で聴くことができた喜び(贅沢感)で感無量といった空気感につつまれていらっしゃいました。 本来クラシックを幼少の頃よく聴いていた彼が、今やストリングスも従えてコンサートをするまでになった、できた喜びにも溢れています。 そして余談ですが最後に彼の遺伝子を継ぐ存在を!! と結構本気で想って止みません(笑)) かつてサザンを愛してやまなかった私ですが、同年代、等身大の彼(彼ら)にとても興味があります。 むしろ一人の人間としての彼の方が、現在とても魅力的に映っております。

次の