徳永英明。 徳永英明の父親や兄弟、実家と家族構成は?自宅は世田谷区代沢?

徳永英明幅。広い層のファンを魅了する天性のボーカリストが凄い!

徳永英明

スポンサーリンク 一軒家ということで、女優さんや俳優さんによくある高級なマンションというわけではなさそうですね。 残念ながらもろにプライベートになる為、自宅写真については公開されていないようですね。 さすがにバラエティー番組の自宅公開などで徳永英明さんの家が出てくるとも考えにくいですからね。 あくまでアーティストですから。 世田谷区代沢ということで高級住宅街に住まれていましたね。 3億円もする豪邸だそうで、立派なお家なんでしょうね。 ちなみに、最盛期の年収は2億円とのことでしたが、現在でもカバー曲がヒットされていたり、カラオケからの印税、楽曲提供などもされていますので、年収は5000万円くらいあるんだとか。 やっぱり歌手の方が成功するとすごいですね! 徳永英明の実家はどこか 徳永英明さんの実家はどこにあるのでしょうか。 生まれは、福岡県柳川市です。 小学校は、福岡市立別府小学校。 兵庫県伊丹市立南中学校から伊丹市立高校を卒業。 大阪府にある観光専門学校に入学するも、中退(最終学歴は高卒)実家は、月島(都内中央区)でもんじゃ焼きを経営しているという噂があるもののそれは間違いです。 もんじゃ麦という店名の、徳永さんがよく通っていたその店は、彼のファンクラブ元会長の実家なんだそうです。 徳永英明さんは福岡県のご出身のようですね。 詳しい場所などについては解りませんでした。 ちなみに徳永さんは元ヤンだったそうです。 笑 これはご本人がおっしゃっていたことだそうなので、本当の話なのでしょうね。

次の

「徳永英明」 ブログ検索 皆声.jp

徳永英明

スポンサーリンク 一軒家ということで、女優さんや俳優さんによくある高級なマンションというわけではなさそうですね。 残念ながらもろにプライベートになる為、自宅写真については公開されていないようですね。 さすがにバラエティー番組の自宅公開などで徳永英明さんの家が出てくるとも考えにくいですからね。 あくまでアーティストですから。 世田谷区代沢ということで高級住宅街に住まれていましたね。 3億円もする豪邸だそうで、立派なお家なんでしょうね。 ちなみに、最盛期の年収は2億円とのことでしたが、現在でもカバー曲がヒットされていたり、カラオケからの印税、楽曲提供などもされていますので、年収は5000万円くらいあるんだとか。 やっぱり歌手の方が成功するとすごいですね! 徳永英明の実家はどこか 徳永英明さんの実家はどこにあるのでしょうか。 生まれは、福岡県柳川市です。 小学校は、福岡市立別府小学校。 兵庫県伊丹市立南中学校から伊丹市立高校を卒業。 大阪府にある観光専門学校に入学するも、中退(最終学歴は高卒)実家は、月島(都内中央区)でもんじゃ焼きを経営しているという噂があるもののそれは間違いです。 もんじゃ麦という店名の、徳永さんがよく通っていたその店は、彼のファンクラブ元会長の実家なんだそうです。 徳永英明さんは福岡県のご出身のようですね。 詳しい場所などについては解りませんでした。 ちなみに徳永さんは元ヤンだったそうです。 笑 これはご本人がおっしゃっていたことだそうなので、本当の話なのでしょうね。

次の

德永英明

徳永英明

天性の歌声を持つボーカリスト徳永英明とは? ひとたび聴けば彼の声だと誰もがすぐにわかるほど、徳永英明は他の人にはない天性の歌声を持っています。 長年ファンを魅了し続けている天才、徳永英明とはどのようなボーカリストなのでしょうか? 徳永英明のプロフィール 徳永英明は1961年2月27日に福岡県柳川市で生まれ、兵庫県伊丹市で育ちました。 1987年にリリースした4枚目のシングル『輝きながら…』がオリコンチャート4位になり、1990年にリリースした『夢を信じて』が年間ランキング1位を獲得する大ヒットとなっています。 高い歌唱力と唯一無二の歌声で、2005年には女性シンガーのみの楽曲をカバーした『VOCALIST』というアルバムが話題になりました。 翌年には『VOCALIST 2』をリリースし、第48回の日本レコード大賞にて企画賞を受賞しています。 コアなファンはもちろん、老若男女問わず愛されているトップボーカリストです。 1994年にファッション雑誌「ViVi」でモデルをしていた高野ゆみと結婚しており、2人の子どもがいます。 徳永英明がCDデビューするまで 徳永英明が音楽を志したきっかけは、中学3年生の頃に聴いた井上陽水の『氷の世界』という楽曲でした。 表現することに魅せられた徳永は、通っていた大阪の観光専門学校を中退した後19歳で上京しています。 彼の父親は保険会社の営業マンで、25歳までにデビューしなかった場合は自分と同じ職につくように言われていました。 音楽事務所の近くにあった飲食店でアルバイトをしながら、そこで繋がった音楽関係者にデモテープを渡していたそうです。 オーディションテレビ番組スタ誕こと「スター誕生!」に出演したこともありましたが、その時は特にスカウトされることもありませんでした。 彼の才能が見出されたのはTRFのSAMも受けていた、ロックミュージカルのオーディションです。 SAMと主演の座を競った結果、徳永が選ばれ1985年10月、10日間の公演に出演しています。 そのことが話題になり1986年、徳永が24歳10ヶ月の時にアルバム『Girl』とシングル『Rainy Blue』をリリースしメジャーデビューを果たしました。 徳永英明は病気で活動休止していた 徳永英明は2001年5月にもやもや病を患ったため、活動を休止しています。 もやもや病は脳底部の血管網が煙に似た状態になるところから由来している病名であり、脳血管の異常から失神・脱力発作を起こす病気です。 翌年の11月には復帰し、活動を再開しています。 2016年2月には、もやもや病が影響して発症しやすくなるといわれている脳梗塞予防の手術も受け、万全な態勢をとっているようです。 しかし同年7月には咽頭喉頭炎を患ってライブを一部延期し、2018年9月には脳梗塞を発症しています。 軽度だったため早期に退院しましたが、4か月後の12月には疲労による過換気症候群を起こしていたようです。 徳永英明の楽曲でおすすめ3選 徳永英明は自身で作曲をつとめ、歌詞も手掛けています。 彼の儚げでスモーキーな歌声は極上で、特にバラードに定評があるようです。 抜群の表現力で楽曲の世界観を彩る徳永英明の中でも、ファンが一押しする代表曲を厳選して3つ紹介します。 1997年11月1日に『Rainy Blue 〜1997 Track〜』として、再録音されたものも発売されています。 作詞は大木誠が、作曲は徳永英明本人が手掛けました。 1986年版の編曲は作曲家・音楽プロデューサーでもあり、KinKi Kidsの『全部だきしめて』や斉藤由貴の『卒業』の編曲もつとめている武部聡志が担当しています。 1997年版の編曲はアレンジャー・シンガーソングライターであり、かぐや姫の『なごり雪』や中島みゆきの『時代』も手掛けている瀬尾一三が担当しました。 〜 Official Video 作詞はちあきなおみの『Again』や西城秀樹の『一万光年の愛』を手掛ける大津あきらが、作曲はギタリストでありハイ・ファイ・セットの『浪漫鉄道』や中森明菜の『DESIRE-情熱-』なども手掛ける鈴木キサブローが担当しています。 この曲ははじめ『BIRDS』というアルバムの中に収録されていた楽曲で、リカットシングルとして1987年7月5日にリリースされました。 この曲が大ヒットしたことをきっかけに、徳永は当時大人気音楽番組だった「ザ・ベストテン」「歌のトップテン」の両方に出演しています。 フジカラーのCMソングに起用されており、さらにリリースから10年後には福岡県にある西鉄大牟田線という鉄道路線の、柳川到着時に車内に流れるチャイムとしても使用されました。

次の