紫陽花 新種。 アジサイの種類と名前(写真付き)!人気や新種ってどんな種類?

アジサイの種類と名前(写真付き)!人気や新種ってどんな種類?

紫陽花 新種

とってもきれいな変わり咲き、珍しいあじさいの花 紫陽花(アジサイ)は、アジサイ科アジサイ属の落葉低木。 花の開花時期は5~7月。 世界中で品種改良がなされて、今では世界中に2000種類もの品種があるともいわれています。 紫陽花(アジサイ)は、育て方も容易です。 基本的には水やりさえ忘れなければ、きちんと花を付けてくれます。 挿し木で簡単に増やすことも出来ます。 泉鳥(いずみどり) 『 泉鳥(いずみどり)』細弁の八重咲き・半てまり咲き大輪花。 加茂花菖蒲園さんによって八丈千鳥を基にして露地植えにも向くアジサイとして改良された品種。 全体的に華やかでとても綺麗です。 一瞬黄色のアジサイも咲くのかと思ってしまいました。 花びらは少し先端がとがって反り返っていて、すっきりとしてシャープが感じがします。 湖畔を泳ぐ白鳥のようなイメージだそう。 中央の青い両性花を「湖」、白い八重咲きの装飾花を「水鳥」に見立てて、 泉鳥という名前が付いたそうです。 カメレオン 『 カメレオン』名前の通り、日を追うごとに色の変化を楽しめる秋色アジサイ。 株ごと、年ごと、日ごとに表情が変わるそうです。 ゆるく波打ってる花びらが特徴的、 ふわふわとしてファンシーな雰囲気があるアジサイ。 装飾花は、丸みを帯びた大きめの花弁が4枚~5枚つく一重咲き。 中央の両性花は、小さなお菓子みたいでとっても可愛い。 パステルカラーの色とりどりです。 ティンカーベル 『 ティンカーベル』細弁の白覆輪の八重咲。 ピンク~ブルーの花を咲かせる、加茂花菖蒲園が改良したガクタイプのアジサイです。 装飾花が多くて半テマリのようも見えます。 両性花が開花する前 華やかで、ボリューム感があるアジサイ。 この品種は冬の寒さと乾燥に強く、丈夫で生育旺盛だそうです。 ポップコーン 『 ポップコーン』名前の通りポップコーンがはじけたように先が丸まったウズアジサイタイプのかわいい花。 花弁の縁がくるくるて内側に巻きこんでいます。 「おたふく紫陽花」とも呼ばれてる一重咲きのテマリ咲きタイプ。 色づく前は、こんな感じです。 赤紫がとても綺麗です。 葉の色も濃くしっかりしています。 花色は、土の酸性度によって青~ピンク色になるそうですよ。 モナリザ 『 モナリザ』花はやや小型、花弁の縁に刻みが入る白覆輪のテマリ咲き、 花弁が4枚~5枚の一重咲きです。 加茂花菖蒲園が作出したガクアジサイの品種。 ナデシコ弁がとてもキュートです。 蕾の時もこんなに可愛いです。 酸性が強ければ青紫に、中性なら紫、アルカリ性ならピンク色になるそうです。 ありがとう 『 ありがとう』名前も姿もステキな、花弁の縁に白色の覆輪が入る一重の手まり咲き、 ヤマアジサイと西洋アジサイをミックスしてつくられた品種。 色合いがとても可愛いアジサイですね。 花付きが良く丈夫で強健な品種。 こちらも土壌で色が分かれるタイプ。 酸性が強ければ青に、中性なら薄紫、アルカリ性ならピンク色になるそうです。 特徴のツートンカラーを上手に楽しむ方法は、 午前中の柔らかい日光を十分にあてて育てると花色が濃く色づくため、鮮やかな地色と白覆輪のツートンカラーが楽しめるそうです。 コサージュ 『 コサージュ』半テマリ咲き、八重咲きのガクアジサイ。 愛らしくて確かにコサージュを連想させる雰囲気。 しっかりとした八重咲の花が、上品でゴージャスです。 色合いも美しくしばし見とれてしまいました。 蕾はこんな感じです。 葉も厚みがありしっかりしています。 土の酸度によって色が変わります。 しっかりしていて、育てやすい丈夫な品種。 天を仰いで 『 天を仰いで』両性花が中央に集まって咲く、花弁数が少ない一重咲きのガクアジサイ。 確かに、ぺったんこな平咲きが、天を仰いでる様子のような・・・。 一瞬、ヤマアジサイかと思いましたが違ったようです。 素朴なのに、なんともいえない存在感があるアジサイ。 装飾花は、花弁が4枚です。 葉の色も濃い緑ではありません。 酸性なら紫、アルカリ性ならピンク色になります。 こんぺいとう 『 こんぺいとう』星型の花を咲かせる金平糖のようなかわいい花。 加茂花菖蒲園さん開発品種で白覆輪八重咲きガクアジサイです。 こちらは、白覆輪ではなさそうです。 装飾花の花弁は10枚ほどで、よく目立ちます。 覆輪の幅や色の濃淡は、栽培環境や開花具合によって変わるみたいです。 花色も土壌によりピンク~青紫に変化します。 大島緑花 『 大島緑花』伊豆大島産のとても美しい、一重先きのガクアジサイ。 白筋が入る緑色の装飾花に、濃青色の両性花の組み合わせの珍しい花。 一目みて惚れてしまいました。 両性花が開花しています。 色合いといいい、花の形といい美しすぎです。 なんとも神秘的な感じがする紫陽花です。 その後も観察してみようと思います。 先日頂いた「 銀河」もとても美しい紫陽花です。

次の

アジサイの種類と人気品種はどれ?魅惑の新種は万華鏡と銀河

紫陽花 新種

もくじ• 紫陽花の新種で人気の種類は? 紫陽花は毎年たくさんの新種が生まれやすい種類の花です。 ここでは 2019年の紫陽花の新種で人気の高かったものを紹介しますね。 紫陽花にも薔薇にも有名人がいっぱいいるんですよ!モーツァルトとかモナリザとか! 隣のグラデはこれかな。 スターリットスカイですb — 朱凰紅@リヴリーアマチュア研究員 SuouKurenai 紫陽花の人気ランキングベスト5 紫陽花は自生していたり、苗から自宅の庭で育てたり、切り花として花屋で売られていたり、いろいろな場所で見かける花です。 日本でよく自生している紫陽花はおそらくホンアジサイという種類が多いのではないかと思います。 最近では父の日の贈り物としても人気がある紫陽花。 定番の紫陽花を含めてどんな種類が人気なのかランキングで紹介しますね。 1位 銀河 アンテナショップ島根で見つけた神々しい紫陽花『銀河』。。 スゴいです。。 紫陽花にはてまり咲きとガク咲きがありますが、 銀河はガク咲きです。 開花するにつれて 花の内側から白色の部分が沸き立つように出てきます。 ランキング1位にあるようなブルーの他にピンクもあります。 紫陽花、本当に色々あるんですね。 銀河の輝きだそうです🙂🙂 — yasuyasu GenkiYasu9981 アナベルはてまり咲きでピンクやブルーもありますが、やはり 白が最も人気が高くアナベルならでは美しさが際立ちます。 白色の丸くて大きなアナベルの花が咲き誇る様子は、清楚かつダイナミック。 育てやすいのがアナベルの人気の理由なんです。 紫陽花の名前と画像の一覧 以下サイトでは、紫陽花の名前と画像が50音順に並べられています。 どんな種類があるのかが一覧になっていてとても分かりやすいですよ。 気に入った紫陽花の切り花を部屋に飾ったり、父の日のプレゼントとして紫陽花の花束を贈ったりすると心がほっこりしますね。 庭やベランダの片隅に今年は紫陽花を加えてみるのもいいかもしれません。 来年もまたどんな紫陽花の新種が生まれるのか楽しみです。

次の

アジサイの種類と人気品種、上手な育て方と剪定のしかた、さらに花言葉まで詳しくご紹介!

紫陽花 新種

リンク 低木が一般的なアジサイの種類の中では珍しく、 樹高が5mほどに及ぶまで成長するんですよ!ノリウツギという名前の由来は、 樹皮から採取する粘着質の液体が和紙をつくる際のつなぎ粉という形で使用されたことによるそうです。 また、別名を「 ピラミッドアジサイ」と言われ、円錐 えんすい 状に穂のように群がって白い花が咲きます。 大きく華やかな紫陽花の花ですが、 花のように 見えている部分は、実は 花びらではなくガクなんです!本当の花はガクの内側に小さく存在しています。 紫陽花 アジサイ の 花の色は根から吸収される土壌ph値によって色を変える植物なので、紫陽花 アジサイ を植えている土壌が 酸性の場合 青色の花となり、逆に アルカリ性の場合は ピンク色になるんですよ! 紫陽花の花言葉は、花の色にかかわらず付いているものと、色によって付いている言葉が有るのでご紹介します。 【共通の花言葉】 「 移り気」「 浮気」 咲いた時からずっと同じ色なのではなく、花が土壌成分によって色が変わることからのようですが、 「 和気あいあい」「 家族」「 団欒」など、 ポジティブな花言葉もあります 青い紫陽花の花言葉 「無情」「辛抱強い愛情」 白い紫陽花の花言葉 「寛容」 ピンクの紫陽花の花言葉 「元気な女性」「強い愛情」 紫陽花の種類と新種人気が知りたい!【育て方】 紫陽花 アジサイ は、育て方が 簡単で 放任しておいても美しい花を咲かせてくれることから、ガーデナーに人気の植物です。 アジサイは今年伸びた新しい枝には花芽を付けません。 その下の昨年伸びた枝の葉の付け根に花芽を付けます。 つまり、 「2年枝に花が付く」わけです。 「剪定」 毎年花を楽しみたければ、理屈だけでいうと剪定しないのがいちばんです!但し、どんどん育ってしまうので、株の大きさを保つために剪定します。 来年も花を楽しむために失敗が少ないのは 2段階の剪定です。 1度目の剪定は花後すぐで、花が咲き終わった後、花から2~4枚の葉の位置で枝を切り詰めます。 二度目の剪定は秋の初めです。 1度目の剪定の後、切ったすぐ下の芽が伸びて、新しい枝になります。 ちょうどそのひとつ下の葉の付け根に翌年咲く花芽ができるので、その上で切り詰めます。 「日当たり・置き場所」 日当たり~半日陰の場所でよく育ちますが、 西日の当たる場所では乾燥して葉が焼け傷んでしまうことがありますので、注意してください。 「水やり」 水を好む植物で、 乾燥すると生育がてきめんに悪くなります。 地植えは、ほぼ自然の雨だけで生長します。 日当たりがよく 乾きやすい場所では、株のまわりに敷きワラなどマルチングをしておくとよいです。 適湿と同じくらい、水はけのよいことも大切! 「肥料」 肥料は冬と夏~初秋に行います。 冬の間に与える 肥料は穏やかに 長く効くタイプの物が適しています。 夏~初秋の肥料は新芽を大きく育てるため 速効性のものが適しています。 具体的には 冬は油かすと骨粉を混ぜた物を株元に与えます。 夏~初秋は速効性の化成肥料を与えるか、 10日に1回程度液体肥料を施します。 「土」 水はけのよい土を好みます。 赤玉土6:鹿沼土3:ピートモス1の割合で混ぜた土を用います。 本来は弱酸性の土質を好み、本来の花色は青や青紫色ですが、アルカリ性の土質ではピンク色や紅色になります。 専用の土を使うと、鮮やかな赤やピンク色の花色を実現できます。 「植え替え・植え付け」 庭植えでは植え替えの 必要はありません。 鉢植えの場合は、根がきちきちに張って根づまりを引き起こすので 1年に1回、花が終わった 7月下旬頃におこないます。 苗の植え付けは厳しい寒さが過ぎる3 月中旬以降か、梅雨に入る6月頃が適しています。 「増やし方」 挿し木でふやすことができます。 適期は 6月上旬頃で、花の付いていない枝の先端を15cmくらいに切り取り、 砂を入れた鉢などに挿し、 1ヶ月くらいで根がでてくるので、それまでは直射日光はできるだけ避け、 半日陰の場所に置くようにしてください。 まだ花をの付いていない枝を2~3節ごとに切ります 2. 土にさす部分の葉をとりのぞき土に挿します。 「かかりやすい病気・害虫」 害虫:ダニ類 あぶらむし 病気:腐敗病.

次の