インスタ フォローリクエスト済み 確認。 インスタグラムのフォローリクエストの承認・拒否の方法とどうなるかを解説!

インスタグラムでフォローリクエストを拒否/承認する方法

インスタ フォローリクエスト済み 確認

リクエスト済みとはどんな状態なの? に続いては、リクエストしたらどうなるかをもう少し説明しておきますね。 鍵垢に対してフォローリクエストを送ると、こちらは相手の承認待ちとなります。 「フォローする」の表示が「リクエスト済み」に変わりますよ。 申請を受けた側がリクエストを承認してくれて初めてとなりますよ。 もちろんリクエストに対しては承認する・しないを選べるので、知らない人からのリクエストは申請拒否することも可能です。 キャンセルもできる?インスタグラムのフォローリクエストの仕方 がわかったところで、実際にやってみましょう。 リクエストの仕方を紹介していきますね。 ・・・と言っても、特別なことはありません。 ただ鍵がかかっている相手のアカウントに行って「フォローする」をタップすればokです。 あとは・・・承認してもらえるのを気長に待ちましょう(笑) もしも「やっぱリクエストやめる!」というときは「リクエスト済み」をタップしてください。 ほんとうにキャンセルするか聞かれるので、「フォローをやめる」をタップすればリクエストはなかったことになります。 やっぱり気が変わってフォローしたくなったら、いつでもまたリクエストはokです。 相手にリクエストを送信して許可待ちという流れはとまったく同じですよ。 承認か拒否(削除)しよう!フォローリクエストを受けたときのやり方 ・がわかったところで、お次は「受ける側」を見てみましょう。 フォローリクエストに対して「承認」か「削除」を選びましょう。 削除=拒否ということですよ。 相手側からすると表示が「リクエスト済み」から「フォローする」に戻るだけです。 安心して (?)拒否しましょう。 なお、いったん拒否されても再リクエストは可能となっていますよ。 リクエスト済みを見る方法• こちらから送った場合・・・相手のプロフィールを開く• それに対して、こちらが誰かにリクエストされたか確かめたいときはじぶんのインスタのアクティビティを開いてください。 リクエスト中の申請があればそこに「フォローリクエスト」として一覧になっていますよ。 フォロリクが押せない・・・。 フォローリクエストできない・表示されない原因 ・・がわかったところで、うまくできない場合にも触れておきますね。 なぜかフォローリクエストできない・表示されないときは以下の3つの可能性が考えられますよ。

次の

インスタグラムでフォローリクエストを拒否/承認する方法

インスタ フォローリクエスト済み 確認

フォローリクエスト受信後の対応方法 フォローリクエストを受信した後の、対応方法を説明します。 Twitter(ツイッター)アカウントを非公開アカウントにして、鍵をかけたら、フォローリクエストが送信されてきて、どのように対応すべきか悩んでいませんか? フォローリクエストに対して取るべき対応を理解して、自身のTwitterアカウントの運用に役立てましょう。 フォローリクエスト通知とは Twitter(ツイッター)の非公開アカウントは、フォローやフォロワーをユーザーが許可制にできる仕組みです。 フォロワー以外のアカウントには、自身の投稿したツイートや、いいねしたツイート、フォロー・フォロワーが非公開になります。 そのため、鍵アカウントをフォローしたい場合には、フォローリクエストを送信して、ユーザーにフォローを許可してもらう必要があります。 フォローリクエストは、ユーザーが自由に承認・拒否できて、ツイートを見られたくないユーザーからツイートを閲覧される心配がありません。 フォローリクエストは、鍵垢のみが受信できるもので、公開アカウントの場合は、Twitterユーザーであれば誰でもフォロー可能なため、そもそもメニューにフォローリクエスト欄が表示されません。 フォローリクエストの確認方法 フォローリクエスト通知を受信したら、以下の手順で確認できます。 公式アプリ、もしくはWebからTwitter(ツイッター)を開く• 「フォローリクエスト」を選択• フォローリクエストを送信してきたユーザーを確認 自身のTwitterアカウントのプロフィールページに行き、そこからフォローリクエスト通知を簡単に確認可能です。 フォローリクエストを承認・拒否する方法 ここからは、フォローリクエストを承認、もしくは拒否する方法をお伝えします。 受信したフォローリクエスト一覧から、リクエストを送信してきたユーザーを確認し、どのように対応すべきかを判断して、以下の方法で対応しましょう。 フォローリクエストメニューを選択 まずは、Twitter(ツイッター)アカウントにログインし、「フォローリクエスト」メニューを選択して、受信したフォローリクエストを確認しましょう。 【承認する方法】 フォローリクエストを承認する場合には、フォローリクエスト一覧から、チェックマークをクリックして、フォローを許可できます。 フォローリクエストを許可したユーザーは、承認した時点で、自身のTwitterアカウントのフォロワーとなります。 フォローリクエストが承認された場合、リクエストの送信者にプッシュ通知は行きません。 【拒否する方法】 一方で、フォローリクエストを拒否する場合には、フォローリクエスト一覧に表示されている、罰マークをクリックして、拒否できます。 アイコンが消えたら対応完了 フォローリクエスト一覧で、チェックマーク、もしくは罰マークをクリックして、リクエストを承認、拒否すると、フォローリクエスト一覧から操作したユーザーのアイコンが無くなります。 フォローリクエスト一覧に表示されなくなったら、承認、拒否の操作は完了です。 フォローリクエスト対応前に知っておきたい注意点 フォローリクエストに対応する前に知っておきたい、注意点を説明します。 フォローリクエストを拒否すると、場合によっては相手にばれる場合があり、事前に最適な対応を知っておくことで、ストレス無く、Twitterを利用可能になります。 きちんと確認しておきましょう。 フォローリクエストが消える場合がある フォローリクエストの注意点の1点目は、フォローリクエストが消える場合があることです。 フォローリクエスト通知を受信して、フォローリクエスト一覧を確認しに行ったけれど、受信したリクエストが無くなったりする可能性があります。 これは、フォローリクエストの送信者が、リクエストを誤って送信し、後からリクエストを取り消したケースです。 Twitter(ツイッター)では、相手ユーザーが自身をフォローしないと、フォロワーにできません。 そのため、フォローリクエストが削除された場合は、リクエストの送信者であっても自身のフォロワーにはできません。 フォローリクエストを拒否した場合、相手に知られるリスクがある フォローリクエストの注意点の2点目は、フォローリクエストを拒否した場合、相手に知られるリスクがあることです。 フォローリクエストを拒否すると、リクエストの送信者に通知は行きません。 しかし、リクエストを拒否したことを知られる場合があります。 フォローリクエストを送信したアカウントのプロフィールページに行くと、フォローボタンが「フォロー許可待ち」と表示されます。 しかし、フォローリクエストが拒否されると、フォローボタンは「フォローする」と表示が変更され、許可待ちの状態ではなくなります。 そのため、リクエストの送信者は、フォローリクエストが拒否されたことを把握できます。 スパム目的でフォローリクエストが送信される場合がある フォローリクエストの注意点の3点目は、スパムアカウントからフォローリクエストが送信される場合があることです。 非公開アカウントでTwitter(ツイッター)を利用していて、知らない人からフォローリクエストが送信される場合があります。 このような場合には、スパム目的でフォローリクエストが送信されていることが多いです。 スパムアカウントからのフォローリクエストを許可すると、宣伝目的のツイートやDM(ダイレクトメッセージ)が大量に送られ、ウイルス感染するリスクが生じます。 全てのアカウントがスパム目的でフォローリクエストを送信しているわけではありませんが、スパムアカウントと見られるアカウントからフォローリクエストが送信された場合には、リクエストを拒否しましょう。 しつこくフォローリクエストが送信される場合がある フォローリクエストの注意点の4点目は、しつこくフォローリクエストが送信される場合があることです。 フォローリクエストを拒否すると、フォローボタンが「フォローする」に変更されて、再度フォローリクエストを送信可能になります。 そのため、一度フォローリクエストを拒否したにも関わらず、何度もしつこくフォローリクエストを送信される場合があります。 あまりにしつこい場合には、フォローリクエストを承認も拒否もせず、放置しておくことも一つの手です。 フォローリクエストを放置しておけば、相手ユーザーが再度フォローリクエストを送信できなくなります。 また、自身の投稿した過去のツイートを全て削除して、ユーザー名を変更することで、Twitter(ツイッター)アカウントを追跡しにくくなり、しつこいフォローリクエストを回避できます。 受信したフォローリクエストに適切に対応して、Twitter(ツイッター)を便利に利用しましょう フォローリクエストを受信した際の対応について解説しました。 非公開アカウントの場合は、フォローを許可したユーザー以外はフォロワーになれません。 そのため、フォロー前にフォローリクエストが送信されて、ツイートの閲覧権限を承認される必要があります。 フォローリクエストは、受信者が自由に承認・拒否できますが、拒否した場合は、リクエストの送信者に知られる可能性があります。 そのため、自身のツイートを閲覧されなくない相手からフォローをリクエストされた場合には、受信したフォローリクエストに対応せず、放置することで、相手に悪い印象を与えず、ツイートも閲覧されずに済みます。 フォローリクエストへの対応についてきちんと理解して、快適にTwitter(ツイッター)を利用しましょう。

次の

フォローとフォロワーの違いとは?インスタグラムを例に徹底解説

インスタ フォローリクエスト済み 確認

これは他のユーザーがあなたのインスタアカウントを「フォローさせてください」というリクエストになります。 このフォローリクエストは、非公開アカウントに対して「フォローする」をタップすると自動的に送られるようになっています。 非公開アカウントは、フォロワー以外のユーザーは投稿を見ることができませんから、他のユーザーがあなたの非公開アカウントを見たいというときにはフォローリクエストで申請されるというわけです。 フォローリクエストしたユーザーは「リクエスト済み」の表示になります。 許可しますか?」の通知が届きアクティビティの中にフォローリクエストが表示されます。 ここでフォローリクエストを承認すると、正式にフォローできたことになり、申請したユーザーはあなたのタイムラインに投稿した写真や動画が自動で表示されるようになります。 まずは 「フォローリクエストが届きました」と通知がきますので、インスタアプリで確認をすることになります。 フォロー通知の確認方法は簡単です。 インスタアプリを起動し、プロフィール画面を表示します。 画面右下にハートマークの「アクティビティ」アイコンが出てきますのでタップします。 フォロー通知が届いている場合、ハートマークが光り吹き出しで数字が表示されます。 この吹き出しにでてくる数字は、「フォロー」「いいね」「コメント」に対応しています。 アクティビティアイコンをタップすると、アクティビティ情報が一覧で表示され、誰がいつフォローしたのかわかるようになっています。 インスタではフォロー通知はすぐに相手に届くようになっています。 間違えてフォローしてしまった場合でも、インスタのシステム上でそこまで分かりませんから、すぐにフォロー通知は発信されます。 ただフォローリクエストを削除したら相手にバレてしまわないか、不安になりますよね。 フォローリクエストを却下するために「削除」を選択しても、相手に通知が届くことはありません。 ただ注意が必要なのは、フォローリクエストを削除するとフォロー申請がキャンセル扱いとなるため、フォローリクエストをした相手はフォロー申請をして「リクエスト中」と表示されていたのが「フォローする」というフォロー申請前のボタンに戻ってしまうため、バレてしまいます。 インスタを始めたばかりの人は気づかないかもしれませんが、この表示の違いでフォロー申請したユーザーから見ると「拒否された」と気付く人はいるはずです。 フォローリクエストを削除した通知は相手に届くことがありませんが、相手にバレる可能性があることは覚えておきましょう。 またフォローリクエストが届いた時、フォローするつもりがなかったのに間違えてフォローしてしまった!という場合でも、相手にフォロー通知は届いています。 間違えてフォローしてしまったら、相手に届く通知を消したい!バレる前に削除したい!と考えると思いますが、残念ながら相手に届く通知に対して操作することはできません。 これは他人のアカウント権限が必要な操作はインスタグラムではできないからです。 ただ、相手のアクティビティで表示されている表示については、こちらがフォローを解除することにより、アクティビティからは削除されます。 もし相手が通知に気付いていなければ、バレない可能性もあるでしょう。 フォローリクエストは拒否されても、何度も再申請することができるため、拒否された相手から再度フォローリクエストが届く場合があります。 もし再申請されるのが嫌な場合は、フォローリクエストの削除ではなく、ユーザーを「ブロック」するようにしましょう。 ブロックすることで、そのユーザーは二度とフォローリクエストの申請を行うことができなくなります。 これは、 フォローを申請した相手がフォローリクエストをキャンセルしたことにより消えるようになっています。 ではフォローリクエストのキャンセルとは、どういうことなのでしょうか。 フォローリクエストのキャンセルの原因でよくあるのは、間違えて「フォローする」ボタンをタップしてしまうことが挙げられます。 フォローリクエストをしたいユーザーが「フォローする」ボタンをタップすると、そのユーザーの表示は「リクエスト済み」に変更します。 この「リクエスト済み」ボタンを再度タップすると、フォロー申請をキャンセルできるようになっています。 フォローリクエストがキャンセルされると、フォロー申請された側に届いていたフォローリクエスト通知も自動的に消えるようになっています。 受け取ったフォローリクエストの通知は削除されますから、結果的には「何もなかった」状態に戻るということです。 フォローリクエストを受け取っても、後で確認しようとすると、フォローリクエストをキャンセルされて消えてしまうことがありますから、リクエストが届いたら早めに処理することをおススメします。 頻繁にインスタを確認している人は思い出すかもしれませんが、あまり確認しない人は思い出すこともなく、そのまま無視してしまうことがあるのではないでしょうか。 フォローリクエストは無視していても特に影響がでることはありません。 ただフォロー申請した人から見れば、無視された・・というように思われてしまう可能性があります。 これではフォローリクエストをした人もリクエストを受けた人もお互いに良い気持ちにはなりませんよね。 インスタ上では問題なくても、なるべくならフォローリクエストの通知を受け取った時に、「承認」または「削除」の選択をするようにしましょう。 フォローリクエストを削除するのに抵抗があって結果的に無視している場合もあるかもしれません。 でも何もしない状態で放置しておくほうがお互いストレスになりますから、どちらの場合でもすぐに対応することが良いのではないでしょうか。 いかがでしたか。 インスタグラムでのフォローリクエストの確認と削除は簡単に行うことができます。 フォローリクエストが届いたら、なるべく早めの対応を心がけると良いのではないでしょうか。

次の