クレジットカード現金化 安全。 【公式】クレジットカード現金化の真実|知っておきたい業界の裏

クレジットカード現金化できる優良サイトおすすめランキング2020【安全な優良店の口コミ比較】|リサーチナビ

クレジットカード現金化 安全

クレジットカード現金化比較. comは信用性の高いクレジットカード現金化サイトをご紹介しています。 今すぐどうしても現金が必要という方!! 「クレジットカードのショッピング枠現金化サービス」をご存知でしょうか? クレジットカード現金化サービスはクレジットカードのショッピング枠を利用し、現金を手に入れる方法で決してクレジットカードそのものを売買するような違法のサービスではありません。 資金策では最速と言っても過言ではなく、最短5分で現金が振り込まれますのでいざという時には必ず役に立つ知らなきゃ損なサービスです。 すでに現金化サービスをご利用している方は大変便利なサービスとわかっていると思いますが、はじめての方は現金化サービスが、• 「違法」• 「騙される」• 「闇金」 と思っているもしれませんが、 お店選びさえ失敗しなければ合法で非常に安全な資金策です。 どんな業界にも悪質業者や詐欺業者が存在するように現金化業界にもそういったブラック業者も潜んでいますので、安全に便利にお得に現金化を活用していただく為に当サイトでは信用性の高い現金化業者をご紹介します。 他にもクレジットカード現金化を利用する上で覚えておくべき知識や法律など現金化についてさまざまな情報を掲載していますので参考にして頂ければと思います。 最後にクレジットカード現金化比較. comでは、はじめての現金化でどこの現金化業者を選べばいいかわからない方の為に2020年の最新クレジットカード現金化優良店をご紹介しています。 お金がないのは本当にツライことですが、そんなピンチを乗り越えられるのがクレジットカードのショッピング枠現金化です。 うまく活用すればピンチをチャンスに変えられますので自身の生活をプラスにする為に是非クレジットカード現金化比較. comをご参考にしてください。 「換金率」• 「入金スピード」• 「信用」 の3点を比較をしていただくと最終的に優れた現金化優良店を選ぶことができます。 しかし、どこの現金化サイトも同じような「換金率」「入金スピード」「信用」を表記していますのでホームページやサイトを見ただけでは優良店の区別ができず、多くの方が一度は間違った現金化業者を選んで利用してしまっています。 換金率 換金率は利用するショッピング額に対していくらで換金しますという率です。 000円のショッピング額を利用して換金率が90%なら手元に入るのは9,000円です。 換金率が高いほど利用者はお得に換金が出来るという事です。 しかし、現金化業者によっては 別途手数料や消費税等を取られてしまい、そのままの換金率ではないので申込時にしっかりと確認してトラブルにならないようにしましょう。 入金スピード ほとんどの方が早急に現金が必要で現金化を利用しますので申込をしてからの入金スピードは非常に大事です。 多くの業者の公式サイトなどには最短5分や10分などと記載している業者が見受けられますが、初回は申込や手順説明の時間もありますので 新規の場合は最低30分程度は多目に見ておいた方がいいでしょう。 申込をしてからの返信が遅い業者は入金スピードも時間がかかってしまう可能性があります。 こちらも申込時にどの位時間がかかるか確認しましょう。 信用・実績 現金化業者を選ぶ上で何よりも大事なことが信用と実績です。 大事なお金の話で何よりも利用する時は大ピンチなのですから少しでも怪しいと思う業者とは取引をしないように意識しましょう。 失敗してしまっている多くの方は「換金率」だけでお店選びをしてしまい、悪質業者や詐欺業者に騙さされてしまいます。 昔からうまい話や美味しい話には裏があるといったようにうまい話ばかりする現金化業者には 必ず裏があるといいますので十分に気をつけましょう。 簡単に悪質クレジットカード現金化業者をチェック 最初にクレジットカード現金化を検討している方はどこの現金化業者を利用すれば良いのか悩みますよね? 比較サイトやランキングサイトを見てとりあえず何社か連絡してみるのが一般的ですが、お問い合わせをする前に悪徳業者や詐欺業者ではないか簡単にチェックすることができます。 初めての方は必ずチェックしてはお問い合わせをしないようにすることが大事です。 危険性がある現金化業者にお問い合わせをしてしまえばいろいろな誘い文句で信用させられてしまいますので簡単なチェックは怠らないようにしてください。 会社の所在地・代表者の明記が無い業者は詐欺・悪徳業者の可能性大…• 会社電話番号の記載が無い、または携帯電話を記載の業者は詐欺・悪徳業者の可能性大…• 電話対応などで質問に対しての答えが曖昧な業者は危険…• 問い合わせで換金率は言うが業者側から入金金額を言わないのは危険…• 入金を何回かに分けて振込をしようとする業者は危険… 問い合わせの中でひとつでも当てはまる項目があった場合は、 詐欺・悪徳現金化業者の可能性が非常に高いです。 これは比較サイト・ランキングサイトの上位にいる業者でも上記のような悪徳業者や詐欺業者が潜んでいる可能性は十分にあります。 基本的なクレジットカード現金化の比較は「換金率」「入金スピード」「信用」の3点から優良店かを判断しますが、正しい情報と信用できるサイトの情報がないと安全な優良サイトを見つけ出すことのは非常に困難です。 参考にするべき点と参考にしないべき点を区別できるようになることが優良店を見つける第一歩となります。 当サイトでは、正しい情報を提供するために定期的に現金化業者のリサーチとユーザー様からの情報提供をもとに リアルガチのクレジットカード現金化比較サイトを運営を行い、元現金化の利用者として失敗しない安全な現金化をご紹介し信憑性の高い情報比較サイトを目指しております。 それでは2020年の最新のクレジットカード現金化優良店ランキングを見ていきましょう。 2020年みんなが選んだクレジットカード現金化比較ランキング 最短30秒で無料診断!【優良店Checker】 クレジットカード現金化のメリット クレジットカード現金化の最大のメリットは手続きが非常に簡単で即日最短5分でお金を作ることができます。 来店や審査が不要ですのでお店が近くになくてもクレジットカードのショッピング枠が余っていてインターネット環境と電話さえあればどなたでも受けられる便利なサービスです。 現在では、日本全国何万人もの方がクレジットカード現金化サービス利用しています。 ショッピング枠の現金化利用者はお仕事をしていない主婦や個人経営者や法人事業主などさまざまな業種の方が利用し、少額の生活費から高額の事業運転資金までさまざまな用途で現金化サービスは活躍しています。 なぜ、ここまでクレジットカード現金化の需要が広がり大きくなったのかは 2010年貸金業法改正があったためともいわれております。 銀行融資は貸金業法の法改正には関係ありませんが、その他の貸金業者と言われる消費者金融や信販会社からの個人の借入は総額で年収の3分の1までになってしまいました。 その為、法改正前に年収の3分1以上借入があった方は原則貸金業者から借入は出来なくなってしまい、他の資金策で対応するしかないのです。 クレジットカードのショッピング枠は借入ではないので貸金業法や法改正に影響しませんし、ショッピングはキャッシングよりも低金利で利用返済を繰り返していけば利用可能額の増額も期待できますので一石二鳥と言える裏ワザなのです。 お金の悩みは出来れば家族や恋人など誰にも知られたくないことでもありますよね? クレジットカード現金化はクレジットカードででショッピングをしているだけですので家族や恋人にバレず、借金をしているといった後ろめたさもありません。 そういった部分も クレジットカード現金化は人気の秘密です。 クレジットカード現金化のメリット一覧• 即日現金が用意できる• 審査や在籍確認がない• 来店しなくても電話とメールでできる• 物を買いに行ったり、売りに行ったりがない• 家族や友人に秘密で行える• キャッシング枠よりもショッピング枠は低金利• 利用返済を繰り返して利用可能額の増額を見込める• カード会社から換金目的と怪しまれる可能性が低い まだまだ現金化サービスの認知度は低いですが、今後も需要拡大していくサービスとなるでしょう。 しかし、ショッピング枠の現金化はカード会社から禁止行為とされているため、ずっと同じ方法での現金化は見込めないと思いますので 新たな方法の現金化を開拓していかなければならないというのが今後の課題かと思います。 クレジットカード現金化比較サイトの裏情報を暴露 クレジットカード現金化の比較サイト・ランキングサイト・口コミサイトの多くはヤラセか業者のグルです。 そのほとんどが広告目的のサイトですので現金化業者は広告費を払ってランキング上位に掲載してもらっているのです。 その為、広告サイトを運営している業者からしてみたら高額の広告費を払ってくれるならどんな悪徳業者だろうと詐欺業者だろうと掲載します。 必ずしも優良店が掲載されているわけではないということを覚えておいてください。 また、悪徳業者や詐欺業者を警戒するだけでは収まらない部分もあります。 広告目的のサイトはランキング順位が高ければ高いほど広告費が高額になりますのでにも影響します。 以前、当サイトに広告として掲載させて欲しいという現金化業者がいたので現金化広告サイトの広告費の相場を聞いたら申込1本につき10,000~20,000円とのことでした。 申込と言っても成約しなければ広告費が入らないというわけではなく、申込フォームから申込が入っただけで現金化業者から10,000~20,000円が支払われるのです。 例えば5位は10,000円で1位は20,000円と順位が上がれば広告費も高くなり、毎月10本申込が入っただけで10万円、20万円が現金化業者から入るシステムです。 まだ現金化を利用したことがない方はこの高額な広告費を見ても何も思わないかもしれませんが、現金化サイトを見ていて現金化業者の換金率って大体どの位と思いましたか? 金額によって換金率はまちまちですが、何社かのホームページを確認したところご利用のショッピング額が10万円だとしたら平均換金率は90%でした。 仮に90%の換金率でショッピング額を10万円利用したら現金化業者は1万円の利益です。 しかし、利益の1万円から広告費を支払ったら 利益ゼロになってしまいますし、成約にならなければ赤字になっていく一方です。 実際にクレジットカード現金化の広告業界に広告費の相場を確認したところ、以前現金化業者が言っていた金額が相場でした。 高額な広告費にも関わらず、広告費を払ってでも掲載する現金化業者が多いという事は利用者からそれ以上の利益が出ているという事です。 私も正直なところ掲載依頼を引き受けようかと思ったのですが、当サイトを作った目的が「 クレジットカード現金化を利用する方が自分のように騙されないで欲しい」という気持ちで作ったサイトです。 掲載依頼を受けてしまえば私と同じようにクレジットカード現金化の被害者が増えてしまいます。 経済的には物凄く良い話ではありましたが、すべての掲載依頼をお断りして今もその意志は変わっておりません。 今後も広告費目的のサイトとして運用していくつもりは一切ありませんので掲載依頼はすべてお断りします。 現在掲載している現金化業者からも一切広告費をいただいておりません。 皆さまに安心してクレジットカード現金化を利用できるように日々更新やリサーチをしていくように頑張ります!! 2020年現在のクレジットカード現金化の潮流 現金化業界は入れ替わりが激しく、常に動向を調べておく必要がありますが、以前よりもクレジットカード現金化業界は安全性も換金率も接客対応も良くなってきているかと思います。 何年か前まではクレジットカード情報を伝えるキャッシュバック方式でしか即日現金化は難しかったですが、最近ではメールのやり取りだけ済む商品が出てきましたのでクレジットカード情報を伝えなくても安全に即日現金化が出来るようになりました。 私が現金化業者を利用せざるを得なくなった頃は闇金業者が運営する悪徳業者や振込をしない詐欺が非常に多く、どこの現金化業者も60~70%の換金率でしか現金化できないのが当たり前でした。 ただ最近では、まともな現金化業者が増えてきましたので闇金業者が経営する悪徳業者は減少し、換金率も70~80%前後が相場になってきています。 しかし、まだまだ悪徳業者や詐欺は存在していて初心者にはわからないように罠をしかけていますので十分に現金化業界の知識や常識を取り込む必要があります。 最新!クレジットカード現金化業界の商品「Amazonギフト券」とは 先程少し触れましたが、メールのやり取りだけで即日現金化できる商品がAmazonギフト券です。 最近の現金化業者は全く価値のない商品を購入するキャッシュバック方式かAmazonギフト券を購入の買取方式の二極化になっていますが、最近の利用者からは圧倒的にAmazonギフト券の現金化業者が選ばれています。 理由としては、現金化業者にクレジットカード情報を伝える必要がないので不正利用される可能性やクレジットカード情報の売買をされるといった心配がないという声以外にもキャッシュバック方式の現金化業者よりもAmazonギフト券を買取している現金化業者の方が換金率が高いといった声も多くありました。 普通から考えたらキャッシュバック方式の商品は原価100円位ですので利益率が高いキャッシュバックの方が利用者へ多く還元ができるはずですが、利益率が低いAmazonギフト券現金化業者の方が多く還元してもらえるというのは一体なぜでしょうか? Amazonギフト券現金化業者をリサーチ 当サイトに掲載しているAmazonギフト券の現金化業者とその他サイトから何社かリサーチしましたが、比較的Amazonギフト券の現金化業者は言葉使いや対応が真面目で振込金額もキャッシュバック方式より5%前後は換金率が高い業者が多かったです。 ただ中にはあり得ない換金率を提示してくるAmazon現金化業者も存在しましたのでいくつかの現金化業者を調べたところ、 90%以上の換金率を提示してきた現金化業者はすべて悪徳業者ということが判明しました。 またこれはキャッシュバック方式と同様に換金率を聞いた後に振込金額を確認すると換金率と振込金額が違う業者も存在しましたので、 90%以上の換金率を提示してくる業者と振込金額を言わない現金化業者は絶対に信用せずに利用するのはやめましょう。 クレジットカード現金化利用するにあたっての注意点 クレジットカード現金化は急な現金の入用に最適で便利なサービスではありますが、 利用する方法や業者の選択を間違えると甚大な被害を受けることになってしまいます。 クレジットカード現金化を自分で行う事ができるのはご存知でしょうか? この『 自分でできるクレジットカード現金化の方法』が危険性を帯びている現金化方法なのです。 自分で行うクレジットカードの現金化方法は「クレジットカードの利用停止」になってしまう 危険性が非常に高い現金化方法と言われているんです。 《》 安全な現金化業者と危険な現金化業者を比較 何をもって優良店と判断するかは非常に難しいのが現金化業界です。 最初に言っておきますが、ショッピング枠を現金化するのはクレジットカード会社から禁止されている行為で中には違法と判断され逮捕された現金化業者もいます。 そんなリスクがある商売を生業にしていますので残念ながら優良店と呼ばれる業者は非常に少ないです。 その為、現金化業者の中には悪質な業者や詐欺師が潜んでいますので何も知らずに利用してしまいますと本当に痛い目にあってしまいます。 金欠で困っている状態だから現金化を利用しようとしたのにお金が入らなければ元も子もなく、さらに自分自身を追い詰めることになってしまいますのでそうならないようにアドバイスしていきます。 現金化業界では当たり前 いろいろな現金化サイトを見ていたらわかると思いますが、HPやその他現金化サイトなどに記載されている換金率で本当に換金・還元してくれる現金化業者はいないです。 すべての現金化業者は誇大広告をして集客する為に高換金率を表示しているだけでがわかるのは問い合わせをして現金化業者と話してからになってしまいます。 ただ、ここで一つ安全な現金化業者かどうかの判断ができます。 「換金率が何パーセントなのかを聞いた時に現金化業者がなんて答えるか」 変な話ですが、ここで90%以上の換金率を言ってくる現金化業者は利用者を騙そうとしている詐欺師または悪質業者だと思って下さい。 考えてみたらわかることなのですが、仮に10万円のショッピング枠を利用して利用者に90%還元したら現金化業者の手元にはいくら残ると思いますか? でショッピング枠を10万円利用した場合には利用者に9万円を還元して現金化業者には1万円残りますが、現金化業者は1万円から10万円に対しての決済手数料5%くらいをカード会社に支払わないといけません。 それ以外にも商品代金、振込手数料、商品配送料を支払わないといけませんので、利益は2000円程度になってしまいます。 もし利用ショッピング額が10万円以下ならプラスマイナス0か赤字になってしまいます。 これは決済手数料がかからないでも買取った商品を100%で換金できるわけではないので同じことが言えますが、リスクがある商売で薄利多売や慈善事業をする人はどこにもいません。 多くの方はそう言われても他にも90%と表記している現金化業者はあるのだからどこかしらで90%以上でやれるだろうと希望を抱いてしまうのですが・・・ ここで90%以上の換金率で現金化できますという業者いたらどうでしょうか? クレジット現金化を知らない方は間違いなく、90%以上の業者を利用してしまいます。 詐欺師や悪質業者はそこを狙っていますので 絶対にありえない90%以上の換金率で現金化します!と言えば必ず利用することをわかっています。 何も知らない初心者を騙し、クレジット決済や商品を送付させたら振込をしないで連絡が取れなくなってしまったり、振込をしたとしても全然90%ではなく15~30%の金額しか振り込まないといった手口をしてきます。 お金を振込しない詐欺師は別として、90%と説明して15~30%しか振り込まなければ詐欺で訴えたら捕まるじゃないですか?と思いますが、悪徳業者は訴えられても詐欺にならないように逃げ道を用意していますし、利用者もクレジットカードの禁止行為をしている為におおごとにしない人が多いようです。 詐欺師も悪徳業者も現金化利用者の弱みにつけこんできますので現金化を安全に利用するにはクレジットカード現金化の相場を理解する必要があります。 普通であればサイトで謳っている換金率と説明された換金率が違う時点で良いお店とは言えませんが、詐欺師や悪質業者が潜んでいるグレーの商売に限っては換金率が違うとなっても クレジット決済をする前に正直に話してくれる方が安全な現金化業者と言えるのです。 ただ、正直に話してくれたからといってすべてが安全な優良店ではないので、電話の対応や申込をしなくても質問した事にちゃんと答えるかなども含めて判断するようにしましょう。 もっと詳しく現金化比較について知りたい方に 「もっと詳しく現金化比較について知りたい!」 このように考えている方もいることでしょう。 現金化の業者比較は詳しく知れば精度も上がりますし、業者選びも早くなります。 もっと詳しく知っておいたほうがどう考えても得ですよね。 そこで、管理人がいつも参考にしているサイトをご紹介しようと思います。 わたしがいつも参考にしているサイトは 『現金化比較サイトレジェンド』です。 こちらは現金化業者の比較についてや業者紹介も多数掲載しています。 現金化比較について詳しく知りたい方にはとても役立つことでしょう。 当サイトでは物足りないという方はぜひ活用してみてくださいね。

次の

アメックスを安全に即日クレジットカード現金化する方法

クレジットカード現金化 安全

アメックスが現金化に向いていない理由 アメックスの現金化は断られるケースが多いのですが、その理由は アメックスカードの特徴に秘密がありました。 アメックスカードとは? アメックスの正式名称は 「アメリカン・エキスプレス」と言い、アメリカンという名前の通り、 アメリカで発行されているクレジットカードです。 発行には年会費がかかり、最も低いグレードの「アメックス・グリーンカード」であっても、 12,000円かかります。 また、発行審査の厳しさから、持っているだけで富裕層と認めてもらえる ステータスカードとも呼ばれています。 つまり アメックスはブランド力が高く信頼のできるクレジットカード。 だからこそ、以下のような理由でクレジットカード現金化が断られてしまうケースが多いのです。 ブランド力が高く、カード会社の監視が厳しい• カード決済手数料が高い それぞれの理由について詳しく解説していきます。 カードブランド力が高く、カード会社の監視が厳しい アメックスは前述した通り、高いブランド力を持っていますが、だからこそ カード会社の監視が厳しいです。 アメックスはクレジットカードの発行後も、 利用者のカード決済の内容に目を光らせています。 その監視の目は厳しく、実際にVISAやMasterCardでは見逃されたカード決済でも、 アメックスだと利用を怪しまれたというケースが続々と報告されています。 このような厳しい監視の中でクレジットカード現金化を行うことは、 業者にとってはカード会社から返ってこないリスクの高い危険な取引。 回収リスクを避けるために、 アメックスのクレジットカード現金化には対応しない業者も一定数存在します。 カード決済手数料が高い クレジットカード現金化が向いていないもう一つの理由として、アメックスはJCBやVISAなどに比べて、 カード決済手数料が高いことが挙げられます。 カード決済手数料とは、 通常、販売店が負担するものなので、私たちが普段カードでショッピングをする時なら考える必要はありません。 しかし、クレジットカード現金化業者を利用する場合はほとんど 利用者側が決済手数料を負担することになります。 そのカード決済手数料ですが、購入する商品によって、JCBやVISAなどは手数料が 3%で済むのに対し、アメックスは 5%もかかってしまうことも。 アメックスで安全に現金化をする方法 この記事を書いた人 運営者 元クレジットカード会社勤務。 債権管理の仕事を通して現金化利用者と携わっていく中で、利用者が悪徳業者に騙されないメディアを作ろうとの思いからクレジットカード現金化比較プロの運営を開始。 おすすめ記事• おすすめの現金化業者• 人気急上昇中!優良業者アクセスランキング• 現金化優良業者一覧• カテゴリー別記事一覧•

次の

クレジットカード現金化【現金化ちゃんねる】優良業者の口コミや評判!安全に現金化!

クレジットカード現金化 安全

クレジットカード現金化は安全なのか? クレジットカード現金化の安全性と安全対策について解説します。 クレジットカード現金化の業者は安全なのか? クレジットカード現金化の安全な業者の選び方について解説します。 クレジットカード現金化は安全なのか?【クレジットカード現金化の安全性と安全対策について解説します。 クレジットカード現金化の業者は安全なのか?【クレジットカード現金化の安全な業者の選び方について解説します。 】 クレジットカード現金化は安全なのか? クレジットカード現金化は安全なのか? クレジットカードのショッピング枠を利用して現金調達できるクレジットカード現金化は、融資ではないので、借入履歴が信用情報機関に残らないことや、総量規制の対象外で、すでに貸金業者から借入をしていても利用できることが、メリットが大きい現金調達方法として、定着しつつあります。 しかし、初めて、クレジットカード現金化を利用される方からすると、クレジットカード現金化は安全なのか?と素朴に疑問に思われるのも確かです。 クレジットカード現金化は、違法行為ではありません。 過去に、商品の実体のない、キャッシュバックによるクレジットカード現金化を営業していた業者が、実質的な高金利での貸付と判断され、出資法違反などの違法行為として、逮捕された事がありました。 業者も、クレジットカード現金化そのものが違法とされて逮捕された訳ではありません。 もちろん、クレジットカード現金化の業者を利用していた、利用者は、誰一人として、逮捕された事はありません。 クレジットカード現金化を利用することは、違法行為では、ないからです。 クレジットカード現金化は法律的には安全です。 では、何に対して安全対策をする必要があるのか?と言いますと、クレジットカードに対して安全対策をする必要があります。 次項で、 クレジットカード現金化の安全対策について解説します。 クレジットカード現金化の安全対策について解説します。 クレジットカード現金化は、違法行為ではありませんので、法律的には安全です。 が、しかし、換金目的で、クレジットカードのショッピング枠で商品を購入して換金すると、カード会社のクレジットカード会員規約に違反するという問題があります。 カード会社は、クレジットカード会員が、換金目的で商品を購入したか、どうか断定は出来ませんが、クレジットカードの支払いが、完済するまでは、購入商品の所有権は、カード会社のもので、支払いが残ったままで、完済されないと損失を被ります。 カード会社は、偽造、盗難カードの不正利用に使用されるクレジットカード現金化の防止対策をしています。 偽造、盗難カードによる不正利用の防止対策として、クレジットカードの利用状況は、カード会社の自動検知システムによって24時間365日監視されています。 自動検知システムは人間の代わりに不正利用が疑われるようなカード利用をチェックしてくれるシステムで、過去の不正利用のデータを基準に不正利用の疑いがあるカードを自動検知しています。 この自動検知システムによって偽造、盗難カードによる不正利用が疑われた場合、クレジットカードは一時的に利用停止になります。 セキュリティロックの状態です。 カード会社から、不正利用されたか確認するために、連絡が来ます、本人が利用したことが、認められれば、一時的な利用停止によるセキュリティロックは解除されます。 カード会社からの連絡で承認されれば、一時的な利用停止は、解除されますが、すぐには、カード会社から連絡がない場合もあり、自分から連絡して、セキュリティロックを解除してもらわないといけない場合もあります。 偽造、盗難カードによる不正利用による現金化も、クレジットカード現金化をする目的で、換金性の高い商品や金券類を大量に購入する場合も同様に、セキュリティロックが、かけられますので、要注意です。 ネットでよく見かける、自分でクレジットカード現金化をするために、新幹線の回数券を大量に購入しようとしたら、クレジットカードが利用停止になり買えなかったと言われているのは、セキュリティロックされた状態が大半です。 カード会社によっては、金券類や新幹線の回数券が購入できないクレジットカードもあります。 この場合は、セキュリティロックは関係なく購入出来ませんので、ご注意ください。 クレジットカードの利用状況の悪い方、具体的には、クレジットカードの支払い遅れが多い方、常習的に換金性の高い商品や金券類ばかりを大量に購入している方は、カード会社から、クレジットカード現金化を疑われて、換金性の高い商品や金券類の購入を制限されるケースもありますので、ご注意ください。 クレジットカード現金化の安全対策のまとめ• クレジットカード現金化する際には、カード会社の自動検知システムによるセキュリティロックで、一時的に利用停止にならないために、購入する商品、金額に注意して下さい。 クレジットカードの利用状況が悪いと認定されない対策として、クレジットカードの支払い遅れは、絶対にしないで下さい。 クレジットカード現金化に使用するクレジットカードで買えない金券類は購入しないで下さい。 自分でクレジットカード現金化するよりも、業者を利用する方が、使用するクレジットカードに合わせた商品、金額、購入方法が、選べるので、より安全です。 クレジットカード現金化の業者は安全なのか? クレジットカード現金化の業者は安全なのか? 自分でクレジットカード現金化するよりも、業者を利用する方が、使用するクレジットカードに合わせた商品、金額、購入方法が、選べるので、より安全です。 クレジットカード現金化の業者には、主に、2つのタイプがあります。 買取方式とキャッシュバック方式の2つです。 買取方式は、クレジットカードのショッピング枠を利用して商品や金券類を購入して、実際に、商品や金券類を業者に買い取ってもらい、換金してクレジットカードを現金化する方式です。 キャッシュバック方式は、クレジットカード決済で商品を購入して、(後日、商品が郵送で届きます。 )キャッシュバックという名目で、現金を振り込みしてもらい、クレジットカードを現金化する方式です。 買取方式とキャッシュバック方式のどちらも、クレジットカードのショッピング枠を利用して、実体のある商品や金券類を購入して、業者に、買取、キャッシュバックしてもらえば、クレジットカード現金化は、違法性も無く、安全です。 クレジットカード現金化の安全な業者の選び方について解説します。 クレジットカード現金化の業者選びとして、買取方式とキャッシュバック方式のどちらを選ぶかも安全対策として重要なポイントです。 買取方式とキャッシュバック方式のどちらがより安全か?と言いますと、買取方式の方が安全です。 それは、なぜか、買取方式は必ず、商品や金券類を購入します。 実際に商品や金券類を購入しないと買い取れないから、当たり前のことです。 一方、キャッシュバック方式は、キャッシュバック付きの商品をクレジットカードで決済した時点で、取引が成立し、すぐに現金が振り込みされます。 つまり、キャッシュバック方式は、実際に商品を購入しているのではなく、キャッシュバック付き商品をクレジットカード決済をしただけで現金化が完了します。 実際に商品を購入している訳ではなく、クレジットカードで決済しただけになります。 実際に決済した相手は、海外のオンラインの決済代行業者になります。 これが、問題で、過去に、商品の実体のない、キャッシュバックによるクレジットカード現金化を営業していた業者が、実質的な高金利での貸付と判断され、出資法違反などの違法行為として、逮捕された事がありました。 キャッシュバック後に、商品を送らない、送った商品の価値が無い、場合には、実質的な高金利での貸付と判断され出資法違反で摘発されます。 摘発されたキャッシュバック業者を利用していた利用者は、摘発は、されませんが、キャッシュバック業者のクレジットカード現金化を利用していたことが、カード会社に知られてしまうと、クレジットカードの規約違反としてカードの利用停止、一括返済、強制退会、などの処分を受けてしまいます。 利用したクレジットカード現金化の業者が摘発されると、カード会社に、クレジットカード現金化を利用したことが、知られてしまう危険性があるので、少しでも、怪しいと思ったら、その怪しい業者を利用しないで下さい。 具体的に、どんな業者が怪しいかと言いますと、異常に高い換金率、還元率と記載している業者になります。 何故かと言いますと、商品を購入しないキャッシュバックの場合でも、海外のオンラインの決済代行業者に委託しています。 クレジットカードを使用して決済すると、店側がカード会社に手数料を支払っています。 クレジットカード会社と店の間で交わされる手数料ですが、店の業種によって手数料率は異なりますが、一般的に、下記の手数料率になります。 飲食店:4~7% 小売店、専門店:3~5% 百貨店:2~3% 家電量販店、コンビニエンスストア:1~1. おかしいですね、通常、小売店の3~5%は店側がカード会社に手数料を支払っています。 海外のオンラインの決済代行業者に委託しています。 決済代行業者もリスクがありますので、手数料5%では済みません。 最悪の業者の場合は1円も振り込まれないケースのあります。 これは完全な詐欺業者です。 業者を選ぶ際には、記載されている異常に高い換金率、還元率に騙されないように、ご注意ください。 買取方式の業者の場合も同様に、異常に高い換金率に騙されないように、ご注意ください。 危険なクレジットカード現金化の業者の特徴としては、以下の3項目があります。 クレジットカード現金化の申し込みの際に、クレジットカードの写真や、クレジットカードの番号を提示するように要求する業者は、クレジットカードを悪用される可能性が高いので、利用しない。 クレジットカード現金化の申し込みをしたが、怪しい感じがしたので、キャンセルしようとしたら、キャンセル出来ない、キャンセル料金を請求された。 クレジットカード現金化を申し込みしただけで、キャンセル料が発生することは、ありません。 申し込みをしただけなら、契約を結んでいませんので、問題なくキャンセルできます。 もし、クレジットカード現金化を申し込みをして、記載している換金率、還元率と実際のレートが違う場合、クレジットカードの写真や、クレジットカードの番号を提示するように要求された場合は、危険な現金化業者の可能性が高いので、くれぐれも利用しない様に、ご注意ください。 最も安全な業者選びは、換金率を正直に記載していて、実店舗も構えているクレジットカード現金化の業者を選ぶのが安全です。

次の