ワーク アウト ドリンク。 スポーツドリンク・ワークアウトドリンクとしての糖質〜運動中に摂るべき糖質の種類・量・濃度について〜|バルキーブログ/人生を変えるフィットネス情報

プレワークアウトドリンクに絶対に混ぜたい8つの成分

ワーク アウト ドリンク

ワークアウトドリンクとは ワークアウトドリンクは「イントラワークアウトドリンク」が正式名称で、飲むタイミングはトレーニング中に飲むドリンクのことを言います。 プレワークアウトドリンク 筋トレ前に飲む ・集中力の向上、興奮させたり、パンプさせる効果 イントラワークアウトドリンク 筋トレ中に飲む ・筋分解を抑制、パフォーマンスアップさせる効果 ポストワークアウトドリンク 筋トレ後に飲む 筋肉を回復させたり、筋肉を発達させる効果 飲む意味としては、パフォーマンス向上と筋分解を抑制するためです。 ワークアウトドリンク=イントラワークアウトドリンクなので、今回この記事では「ワークアウトドリンク」の名前に統一して書いていきますね。 ワークアウトドリンクの効果 自作ワークアウトドリンクの作り方 まずは大きな流れとして、作り方から説明します。 まずシェイカーに水を7,8割ほど入れる• 順序は適当で、必要なサプリを入れる。 シェイク!• キンキンに冷やしたければ氷を投入• もう一度シェイクで完成! 具体的にどんなサプリ入れるの?ってところが重要だと思うので、次に解説していきます。 EAAかBCAAのどちらかは必須 まずはアミノ酸のおさらいです。 BCAA 3種類のアミノ酸 EAA 9種類のアミノ酸 プロテイン 20種類のアミノ酸 筋肉の材料になるのは、必須アミノ酸(9種類)なので、最近の風潮ではEAAを摂る方が良いとされています。 BCAAは必須アミノ酸のうち3種類のみ配合されているので、EAAには劣ります。 ただし、食事から栄養が充分に摂れている場合、EAAではなくBCAAでも充分です。 コスト的にはEAAよりBCAAの方が安いので、コスト面で決めてみてもいいかもしれませんね。 BCAAでオススメは確実にエクステンド! EAAなら有名なパープルラースかイントラブラストがやっぱり味、成分も含めオススメですね。 ただ、売り切れが多いので僕はマイプロテインのEAAをよく飲んでますよ〜。 コスパがいいのはマイプロテイン! セール時買えば他のEAAより半額くらいになります。 参考文献: 糖質(カーボ)は筋分解の抑制に一番の効果あり 基本的にはワークアウトドリンクで一番大切なのは糖質です。 実は、BCAAなどよりも筋分解抑制に効果があることや、糖質はエネルギーに変わるのでトレーニングでは重要な栄養素です。 ただし、減量中期〜減量末期には糖質を入れない場合があるので、必須とは言えない立ち位置として書きました。 ワークアウトドリンクとして最上級の糖質は ・ヴィターゴ ・CCD、クラスターデキストリン です。 ただ、コスパ的に考えるとマルトデキストリンがオススメ。 また、コンビニ等でも買える駄菓子のラムネは、ブドウ糖で出来ているので糖質補給にオススメです。 その他のアミノ酸 グルタミン クレアチン クエン酸 イントラにプロテインを飲むのはあまりオススメしない トレーニング中にプロテインを飲むのは最適ではありません。 ただ、実際にジムに行くと見かけますよね。 プロテインがなぜオススメできないかと言うと、プロテインは消化や吸収が必要だからです。 大袈裟に言うと、肉を食べながら筋トレをしているようなもので、腹痛が起きてしまったり、エネルギーを消化の方に使ってしまいます。 それはすなわち、本来のパフォーマンスが出ないことにも繋がります。 とはいえ、少量づつチビチビと飲めば体にも負担は少ないので、もしワークアウトドリンクがない場合には飲んでもいいとは思いますよ。 有名人が飲んでいるイントラドリンクの例 結果を出している人が飲んでいるイントラドリンクがやっぱり参考になりますよね。 今回は以下の3人の方の実際に飲んでいるドリンクを紹介します。 ダルビッシュ選手• 山本義徳先生• カネキンさん それでは見てみましょう〜! ダルビッシュ選手(野球選手) ダルビッシュ選手は筋トレに関してもかなりの知識があり、よくツイッターでも有益な情報を見かけます! 手っ取り早く作るなら・・・と言うことでこんなツイートもありました。

次の

ワークアウトドリンクに革命を起こす?!EAA9が人気の理由

ワーク アウト ドリンク

ざっとジムを見渡してみましょう。 水かスポーツドリンクの入ったペットボトルを片手に持っている人が大半ではないでしょうか。 いまや、運動中に水分を控えるというのは明らかな時代遅れとなり、旧態依然としたコーチたちも、考えを改めざるをえなくなりました。 しかし、ただ"水やスポーツドリンクを飲めばよい"というだけで思考停止してはいけません。 どんな成分のドリンクを飲むべきか、飲む量はどれくらいがベストなのか。 常に最善のものを追い求めるべく、カラダだけでなく頭もフル回転させていきたいものです。 日本体育協会のガイドラインとしては、 競技前に250~500ml、競技中は1時間ごとに500~1000mlとしています。 1時間に1リットルと聞いて、ビックリしましたか?ジムでみかけるのは500mlのペットボトルが大半ですが、1時間以上トレーニングしている場合、それではぜんぜん足りないのです。 また冷房の効いているジムならまだマシですが、屋外で練習している場合や、冷房を入れてないジムで夏季に運動する場合、さらに水分の必要量は増大してきます。 「のどが渇いた」と感じるときは、すでに脱水がはじまっています。 脱水すると熱中症の危険があるだけでなく、筋肉が収縮するパワーが落ちるため、トレーニングの効果も薄れてしまいます。 トレーニング効果を最大に引き出すため、「1時間で1リットル」を目安として、水分摂取を欠かさないようにしましょう。 そこでカラダは血液の濃度を保とうとして、血液から水分を排出しようとしてしまうのです。 これを「自発的脱水」と呼びます。 つまり水だけを大量に飲むだけでは、効率よく水分を補給することができないのです。 自発的脱水を防ぐため、日本体育協会のガイドラインでは、 100ml中に40~80mgのナトリウム(0. 1~0. 市販のスポーツドリンクの成分を調べてみると、意外にも100ml中のナトリウムが40mlに達していないものがあるので注意したいもの。 またナトリウム以外にもカリウムやカルシウム、マグネシウムなども汗から排出されます。 これらのミネラルについても留意されたドリンクを選ぶようにしましょう。 もちろんマルトデキストリンやブドウ糖などでも、"ただの水"よりはずっとマシ。 ダイエット中でない限り、運動時の糖質補給は欠かさないようにしたいものです。 さて、1リットルのドリンクを飲むとして、どれくらいの量の糖質を配合すればよいのでしょうか。 あまり糖質の量が多いと、ドリンクの濃度が高くなって胃もたれしてしまいます。 といって、少なすぎる量ではエネルギー補給になりません。 胃もたれしないギリギリの糖質量としては、濃度としてだいたい6%程度。 つまり1リットルあたり60gくらいまでなら大丈夫です。 しかし、さらにプラスアルファを求めたいなら、「ペプチド」も追加配合してみましょう。 プロテインを細かく分解して少数のアミノ酸のつながりにしたペプチドは、 トレーニングによって起こるカタボリック(筋肉分解)を防ぐことができるのです。 ペプチドの状態だと消化の手間がかからないため、胃もたれすることなく急速に吸収されて体内に取り込まれ、筋肉を分解するホルモンから筋肉を守ってくれます。

次の

カーボドリンク(イントラワークアウトドリンク)のすすめ|せいや|アラサー筋トレチャンネル|note

ワーク アウト ドリンク

EAA9種類 ・ バリン ・ ロイシン ・ イソロイシン ・リジン ・スレオニン ・トリプトファン ・ヒスチジン ・メチオニン ・フェニルアラニン EAAを摂取しないと、体内でのタンパク質の合成は十分にできないということになります。 極端な話EAAを十分に摂取していれば、非必須アミノ酸は食事で摂らなくても体内で作り出せます。 ですので、食事やサプリメントなどで気にしなければいけないのはこの 必須アミノ酸の量です。 非必須アミノ酸、必須アミノ酸で比較したところ必須アミノ酸の方が効果的に筋肥大に効率的であったという論文が以下です。 EAAとBCAAとの違いは? BCAAは必須アミノ酸のうちバリン・ロイシン・イソロイシンで構成されるグループのことです。 このBCAAですが、筋肉を作るのに 一番重要な役割を担っています。 その役割とは「筋肉を作れー!」という情報を細胞に伝達させること。 筋肉工事の現場監督といったところですかね。 いくらタンパク質をたくさん摂っても、BCAAがなければ「筋肉を作れー!」という指令はなく、筋肉工事は始まりません。 しかし、逆にBCAAだけ摂っていても「筋肉を作れー!」と指令を出すやつばかりで工事の作業員がいないということになります。 これでは筋肉は作られないのです。 さて、ここでEAAについて思い出してあげましょう。 EAAは必須アミノ酸のことで、もちろん BCAAも含まれます。 BCAAという優秀な現場監督を有し、設計図を書くアミノ酸、骨組みを作るアミノ酸、内装屋のアミノ酸、塗装屋のアミノ酸など、工事に必要な全てがそろっている理想のチームなのです。 上述のようにBCAAはタンパク質合成のシグナル伝達をする一番重要なアミノ酸グループです。 これが少なくなると、タンパク質合成が円滑にいきません。 しかし、心配ご無用! これらのデメリットを補うサプリと、飲み方をブロッコ侍が紹介します。 3-1. おススメのEAAサプリ このパープルラースですが、実はダルビッシュ選手、大谷選手、前田選手、岩隈選手、青木選手などのメジャーリーガー(元も含む)が試合中に愛飲しているEAAです。 自分はHMBもプラスします。 — ダルビッシュ有 Yu Darvish faridyu トッププレーヤーがスポンサーでない企業の製品を使うことは例外中の例外ですが、それほど効果があるということでしょう。 ・味について EAA独特の不味さはどこに消えたやら、味は薄めのファンタグレープといったところ。 かなり美味しいです。 ワークアウト中に飲んでも、しつこすぎない甘さですっきりと飲めます。 私も試合中にも飲みますが、本当に飲みやすい! ・価格について 「何億円も年俸をもらっているメジャーリーガーが使うサプリなんて一般人が使えるような価格じゃないやろ!」とお思いの方が多いはず。 ご安心ください。 価格も1サービング(12g)約83円で水を買うよりも安いです。 ヴィターゴはマルトデキストリンを加工して、さらに胃での通過速度を早くしたものです。 これは一般人にはお高い高級サプリ。 マルトデキストリンで代用できます。 両方をブレンドすることで、どちらの利点も活かせる! このブレンドが最近のカーボドリンクのトレンドだったりします! パープルラースに話を戻します。 成分的には主成分のEAAが「 PurpleEAAコンプレックス」と称され7g配合。 その他、クエン酸やビタミン・ミネラルが配合されています。 ただのEAAサプリではなく、イントラワークアウトとして重要になるパフォーマンスアップに特化した成分が配合されているのが最大の特長です。 3-2. EAAおススメの飲み方 EAAのデメリットで挙げた、相対的なBCAAが少なくなる問題。 これを解決するには2つ方法があります。 EAA摂取の総量を増やすことによりBCAAの絶対量を増やすことができます。 上記のパープルラースなら、2サービング摂るようにしましょう。 これで一回分のEAAが14gとなり、筋肥大に最適な量になります。 BCAA単体より、筋肥大の効果が得られたという研究はこの飲み方によるものです。 予算に余裕があるならこの飲み方が一番おすすめ。 パープルラース1サービング+BCAA5gで十分です。 増量期では、筋肉の材料になるアミノ酸が十分に体内に存在するのでイントラはBCAAだけでも十分効果はあげられます。 EAAの方が効果は高くなるかもしれませんが、増量期の費用対効果ではBCAAが勝るかもしれませんね。 逆に減量期で、栄養が十分にない状態ではEAAでなければ十分に効果をあげることができない可能性があります。 この時は、少々高くてもEAAを15gほど摂る方が費用対効果が高くなるかもしれません。 効果をあげられるに越したことは無いですが、 コストも大事です。 この記事が、ご自身に見合ったサプリメントと摂取方法を見つける手助けとなれば幸いです。 パープルラースが人気のため、売り切れが続いています。 代わりのEAAも紹介 こちらもEAAの成分が入った製品です。 しかし10g中7. 代替としては十分に使えます! こちらもおススメです。 ProSuppsのハイドロBCAA。 7gのBCAAと3gのEAAという配合でALL9と同じ様な商品です。 番外編. BCAAのおススメサプリ 記事中にも多く出てきたBCAA。 単体で飲むおススメと、パープルラースに混ぜて飲むおススメを1つずつ。 1.単体で飲むにはド定番のこれに限る! 定番BCAAサプリ。 その特長はなんといっても美味さ。 マンゴーネクターが特においしく、ジュースとして売られていても何ら不思議じゃないです。 そして1サービング 14g 約81円とこれも水を買うよりも安価。 1杯あたりのBCAAは7gですので、パープルラースと混ぜる場合は1杯弱くらい必要です。 これをするなら、パープルラースを2杯使うのと価格的に変わらないのでそちらの方が賢明ですね。 エクステンドを使うなら単体での使用をおススメします! 2.パープルラースと混ぜるならこれ! IherbのオリジナルブランドであるCGNのBCAA。 一回(5g)あたり約30円とかなり安くなっています。 特筆すべきはBCAAの質で、 Ajipureという原末を使用しています。 このAjipureですが、みなさんご存知「 味の素」が製造するBCAAで、世界1の品質と評価を受けています。 Ajipure使用でこの価格は本当に破格です。 CGNさんありがとうございます。 しかも添加物なしで 成分のすべてがBCAA! BCAAはサプリの中でも高価です。 ですので、ほとんどのサプリは「有効成分配合!」などを口実に(?)、成分のかさ増しをするのが譲渡手段。 おススメのエクステンドも例外でなくBCAAは14g中7gしか含まれません。 もちろん他の成分も効果がありますが、単純にBCAAを摂取するという点ではイマイチに思います。 その点CGNのBCAAは純粋なBCAAです。 それでこの価格、やばさが分かりましたでしょうか? この素晴らしいCGNのBCAAですが、欠点もあります。 添加物が入っていないので、不味いです。 基本無味で嫌な苦みがある感じ。 イントラワークアウトドリンクとして飲むのはまず無理。 しかし、パープルラースと混ぜて飲む分には、パープルラースの味を損なわずに純粋なBCAAだけをプラスできる最高の相方となります。 以上、またね~!.

次の