日光アレルギー顔。 紫外線アレルギーの症状とは?【2019年夏】知っておきたい原因と対策を紹介!

【医師監修】アレルギー症状による肌荒れの原因と治し方

日光アレルギー顔

Contents• 紫外線アレルギーの症状は?何が原因で起こる? 紫外線アレルギーは 日光アレルギー、光線過敏症と呼ばれる症状の一部で、肌に直接日光や紫外線を浴びることで、 湿疹やかゆみ、腫れなどが出ることを言います。 ひどくなると、水ぶくれや じんましん、吐き気や頭痛、発熱といった症状も引き起こします。 紫外線が肌に与える影響の一つである 日焼けは、 日光によって皮膚が軽度の火傷を負う「外傷」です。 対して紫外線アレルギーは文字通り「アレルギー」であり、花粉症などと同じく 「体内の抗体の異常な反応」に関連して起こります。 時間と共に治る日焼けと違い、紫外線アレルギーは 一度発症してしまうとなかなか改善が難しく、予防が非常に重要です。 日焼けと同じ感覚で 放置したり、独自の判断で市販の薬を使用したりすると、 かえって症状を悪化させる危険があるので、「紫外線アレルギーかも?」と思ったら必ず 医療機関を受診しましょう。 紫外線アレルギーにはいくつか 種類があり、原因によって 「内因性」と「外因性」に分けられます。 紫外線アレルギーの原因:内因性の場合 原因が内因性の症状のうち、代表的なのは 日光蕁麻疹です。 蕁麻疹は かゆみを伴う赤い隆起やみみず腫れのことですが、 日光に当たってすぐ現れる蕁麻疹を日光蕁麻疹と呼びます。 蕁麻疹の症状自体は日陰や屋内に入れば数分~数時間で自然に消えますが、 症状が出やすい期間は長期に及ぶこともあります。 日光蕁麻疹は、 光線照射によってアレルゲンが生成され、それに対してアレルギーが発生しています。 このアレルゲンを生成する光線は可視光線が主ですが、 UVA、UVB、UVCといった紫外線が要因となる場合もあるのです。 この蕁麻疹が広範囲にできると、 頭痛、喘鳴、めまい、脱力、吐き気などを伴うことがあります。 症状によっては、 ヒスタミン(H1)遮断薬、抗マラリア薬、コルチコステロイドなどが処方されます。 紫外線アレルギーの原因:外因性の場合 原因が外因性の症状は、 「光接触皮膚炎」「薬剤性光線過敏症」に分かれます。 「光接触皮膚炎」:ぬり薬を塗った部分や貼り薬を貼った部分に日光が当たるとかぶれる症状。 薬が塗られていた 貼られていた)部分を中心に皮膚症状が出ます。 「薬剤性光線過敏症」(光線過敏型薬疹):内服薬を服用後に、日光が当たった皮膚に発疹ができる症状。 発疹ができる場所は露出部の広範囲にわたるのが特徴です。 「薬剤性光線過敏症」はここからさらに 「光毒性」「光アレルギー性」に分けられます。 このあたりは細かく説明すると話がややこしくなってしまうので、原因が外因性の場合は 「塗り薬や貼り薬を使ったり、飲み薬を身体に取り込んだりした際に、紫外線が それらの薬剤の成分と反応してアレルギーを起こす」と覚えておけば問題ありません。 以下に挙げる 内服薬、外用薬を日常的に服用している方は、皮膚の異常が出たら紫外線アレルギーを疑ってみましょう。 抗不安薬 アルプラゾラム クロルジアゼポキシド• 抗菌薬 キノロン系 スルホンアミド系 テトラサイクリン系 トリメトプリム• 抗うつ薬 三環系抗うつ薬• 抗真菌薬(経口薬 グリセオフルビン• 血糖降下薬 スルホニル尿素薬• 抗マラリア薬 クロロキン キニーネ• 抗精神病薬 フェノチアジン系• 化学療法薬 ダカルバジン フルオロウラシル メトトレキサート ビンブラスチン• 利尿薬 フロセミド サイアザイド系• にきび治療薬(経口薬) イソトレチノイン• 心臓病の薬 アミオダロン キニジン• 皮膚外用薬など 抗菌薬(クロルヘキシジンやヘキサクロロフェンなど) 抗真菌薬 コールタール 香料 フロクマリンを含有する植物(ライム、セロリ、パセリなど) 日焼け止め 参考サイト: 上記の中でも、病気の状態や年齢を問わずもっとも注意が必要なのは、やはり 日焼け止めでしょう。 メトキシケイヒ酸エチルヘキシルや、オキシベンゾン-3といった紫外線吸収剤が含まれているものは、吸収剤の成分が紫外線と反応して アレルギー症状が出ることもあるようです。 紫外線のダメージを防ぐために日焼け止めを塗っているのに、逆にダメージを受けてしまった・・・ということがないように、含まれている成分と自分の肌との相性はしっかり確認しておきましょう。 外因性の症状には主に コルチコステロイドが処方され、あとはアレルギーの 原因になっている物質を回避することが求められます。 紫外線アレルギーの対策は? 紫外線アレルギーを発症してしまったら、原因が 外因性でも内因性でもまず日光に当たらないことが一番の対策です。 原因は様々ですが、症状を引き起こす きっかけは紫外線そのものなので、紫外線に当たらないことを心がけましょう。 紫外線アレルギーの症状が出る部位を隠せる服装にし、頭部であれば サングラスや帽子、サンバイザー、日傘、マスク、アームカバー、ハンドカバー、ネックカバーなどで覆うのが有効です。 日焼け止めを使用する場合は、以下の条件を持つものを選んで使用しましょう(既に肌が赤くなっていたり痒みが出ていたりしているときは使用自体を控えた方が良いです)• 紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)• ナノ粒子不使用(ノンナノ)• 無香料・無着色・低刺激 また、日光が原因となるので、外出しなければ安心という訳ではありません。 症状にもよりますが、室内でも カーテンやフィルムで窓からの光線を遮りましょう。 食べ物にも注意が必要になります。 レモン、ライム、グレープフルーツなどの柑橘系や、パセリ、セロリ、しそといった香りの強いハーブ、野菜類は ソラレンという物質を含んでいます。 これは 紫外線を吸収するフロクマリンという光毒性物質の一種です。 ソラレンは紫外線に対する感受性を高めるので、紫外線アレルギーによる 肌へのダメージを受けやすくなってしまいます。 ソラレンの作用は 食後2~7時間続くといわれているので、日光を浴びやすい場所に行く場合、ソラレンを含んだ食べ物を摂るのは控えておきましょう。 このように、一度紫外線アレルギーになってしまうと、痒みなどの症状に悩まされるだけでなく、 日常生活で気にしないといけないことが一気に増えます。 日頃から紫外線を浴びすぎないように、 日光を遮れるものは常備しておきたいですね。 紫外線アレルギーに悩まされる部位、最も多いのは「顔」と「腕」! 紫外線アレルギーに悩まされる人がどれくらいいるのか、ボイスノート会員999人を対象にアンケートを実施しました。 まず、 紫外線アレルギーと診断されたことがあるかを聞いてみました。 紫外線アレルギーと診断されたことはありますか? 「ある」という方は6. 6%と少数でしたが、「ないが、異常を感じたことがある」という方も9. 9%おり、 1割~2割の方は紫外線アレルギーの症状が出たことがあるようです。 続いて、「ある」「ないが、異常を感じたことがある」を選んだ165人に紫外線アレルギーの症状が発生する部位について聞いてみました。 紫外線アレルギーの症状が発生する部位は? 「顔」と「腕」がほぼ同じ割合で多く、「首」がその次に多い結果となりました。 やはり 身体で太陽に近い部位が紫外線アレルギーになりやすいようですね。 これらの方が紫外線アレルギーの症状を防ぐためにどんなことをやっているかも聞いてみました。 紫外線アレルギーの症状を防ぐために行っていることは? 「日焼け止め化粧品の使用」が44. 6%で最も多く、「帽子の着用」29. 5%「日傘の着用」25. 9%と続きました。 多くの人が利用している日焼け止めですが、先ほどもご紹介したように、 日焼け止めも成分によっては紫外線アレルギー発症の原因となってしまいます。 配合されている成分を気にすることはもちろん、 日焼け止めに頼りすぎるのではなく、肌の露出をなるべく減らすことをこころがけましょう。 「特に対策はしていない」という方も2割ほどいました。 紫外線アレルギーは自然に治ることは稀なため、症状が悪化しないことを祈るばかりです・・・。 紫外線アレルギーも心配なし!多機能マスク「ふらは」 紫外線アレルギーの 根本的な対策は、陽射しに肌をさらさないことです。 顔にアレルギーの症状が出てしまうという方は、 マスクで紫外線をガードしてみてはいかがでしょうか? 今回共同で調査を行ったホワイトビューティー株式会社では、 多機能マスク「ふらは」を扱っています。 肌をUVカット生地で覆うというスタイルのこのマスクなら、薬剤でアレルギーが発生する心配があるあなたも、 肌を傷めず紫外線対策ができます。 ゴムの長さが調節できるマスクなので肌との隙間ができにくく付け心地も抜群。 UV繊維使用で、気になる紫外線をなんと98%以上ブロックしてくれます。 繰り返し洗って使えるので、 同じ性能の使い捨てマスクを何度も買うより経済的です。 カラーバリエーションは 豊富な10カラー。 サイズ もS~LLの4種類を選択可。 マスクによる小顔効果を出したいのであればM、しっかりカバーしたければL、LLがおすすめです。 マスクであれば、 日焼け止めの成分で紫外線アレルギーの症状が出てしまう心配もありません。 紫外線を防ぎつつ、おしゃれに気を使いたいというあなたも、 今年は「ふらは」で楽々紫外線アレルギー対策をしてみませんか?.

次の

紫外線アレルギーの症状!顔がかゆい場合の治療法や薬と予防対策

日光アレルギー顔

日光照射で生じる皮膚疾患:光線過敏症 普通の人なら問題ない程度の日光に当たることで、皮膚症状が引き起こされる疾患を総称して「光線過敏症」と呼びます。 その皮膚症状は、紅斑、水疱、丘疹、色素沈着、じんましんなど多彩で、かゆみのあるケースが多いですが、疾患によっては痛みを伴う場合もあります。 また、原因は日光とは別であるものの、日光照射によって症状が誘発されたり悪化されたりする疾患も広い意味では光線過敏症といえます。 光線過敏症には、遺伝性のものと遺伝性ではないものがあり、遺伝性でない光線過敏症はさらに光化学反応のみ生じるもの(光毒性)と、光化学反応の結果アレルゲンが作られ、アレルギー反応により症状が起こるもの(光アレルギー性)に分かれます。 光アレルギーの原因 日光が関与する「光アレルギー」による皮膚疾患は、内因性と外因性に分けられます。 内因性のものとしては、日光を浴びてから5~10分程度で皮膚症状が生じる「日光蕁麻疹」、少し時間が経ってから皮膚症状が生じる「多形日光疹」や「慢性光線性皮膚炎」が挙げられます。 外因性の場合は、薬剤、サンスクリーン剤、ヘアカラーなどに含まれる成分が日光により化学変化を起こしてアレルギー反応を生じ、皮膚症状を引き起こします。 薬剤を内服しているときに日光を浴びて発症する「光線過敏型薬疹」、原因物質が接触した部分や湿布を貼った部分に日光が当たり発症する「光接触皮膚炎」が挙げられます。 原因物質としては、薬剤では非ステロイド系抗炎症薬、サンスクリーン剤ではオキシベンゾン類、ヘアカラーではパラフェニレンジアミンなどが報告されています。 光線過敏症の予防法・対策法 光線過敏症にはさまざまな疾患が含まれ、疾患ごとに原因やメカニズムが異なるため、自己判断で市販薬を使用したり、日焼けと同様に軽く考えて放置したりすると、重症化する場合があるので注意が必要です。 まずは皮膚科を受診して原因を調べ、診断を受けましょう。 疾患に応じた治療薬が処方されるので、医師の指示に従ってきちんと使用します。 薬剤が原因の場合は、その薬剤の中止や変更について、処方されている診療科にも相談する必要があります。 その上で、自分でできる予防・対策としては、何よりも日光を極力浴びないようにすることです。 外出の際は帽子や日傘、手袋、長袖の洋服、サングラスで防御し、室内でもカーテンやフィルムを使って窓からの光線を遮ります。 サンスクリーン剤を使う場合、敏感肌の方は、肌に刺激の強い紫外線吸収剤ではなく紫外線散乱剤のみを使用した製品(吸収剤無配合、ノンケミカル)を選びましょう。 ただし、サンスクリーン剤の成分が原因物質になる場合もあるので、自分に適したサンスクリーン剤は何か、皮膚科で相談するようにしましょう。

次の

日光・紫外線アレルギーの症状は?検査はできる?薬、日焼け止めでの対策を!

日光アレルギー顔

紫外線アレルギーとは 紫外線アレルギーは、日光アレルギー、日光過敏症などともいわれ、太陽の光にあたることで、肌に湿疹やかゆみ、腫れなどが生じます。 ひどいときは頭痛や吐き気をもよおす場合もあります。 通常の日焼け止めが誰にでも起こりうるものであるのに対して、 紫外線アレルギーは、一般的には起こらない程度の日光によってもかぶれや、赤み、腫れ等が起きてしまうのです。 私の場合もその日は曇り。 時々、太陽が出ていたものの、一緒にいた友人たちの肌には何も変わったところがなく、私だけが真っ赤になってしまいました。 紫外線アレルギーの原因は様々ですが、主なものを4つご紹介します。 日光じんましん 紫外線そのものがアレルゲンとなり皮膚にかゆみなどの症状をもたらします。 日光にあたって数分~数十分程度で症状が現れ、日光を避けると、10分~数時間で湿疹がなくなります。 ですが、時には日陰に入ると症状が悪化する場合もあるようです。 頭痛や吐き気、腹痛などが起きることもあり、ひどい時にはショック状態になることもあるようです。 光接触皮膚炎 日光そのものではなく、化粧品や薬、食べ物などに含まれている成分が紫外線と反応して肌にかぶれを起こす場合があり、これを光接触皮膚炎と呼びます。 湿布薬で起こることが多いようです。 光接触皮膚炎には光毒性と光アレルギー性の2種類があります。 光毒性は、化粧品などの成分が紫外線に当たることによって活性酸素が発生し、皮膚を傷つけるものです。 光アレルギー性は、一般的なアレルギーと同じく、化粧品などの成分+紫外線が繰り返し皮膚に接触されることにより、体がアレルゲンと認識し、かぶれなどが生じます。 光毒性は誰にでも起こりうるもので、光アレルギーは個人によって差があります。 頻度としては、光アレルギーの方が多いようです。 3.光線過敏型薬疹 体の外だけではなく、中からアレルギー反応が出てかぶれる場合もあります。 それが光線過敏型薬疹です。 これは、 特定の内服薬を飲んでいる人が日光に当たることによってその薬と紫外線が反応し、皮膚に湿疹やかゆみが生じる症状です。 原因となる薬は、非ステロイド消炎鎮痛薬、コレステロールを下げる薬、血圧降下剤、利尿薬、ビタミンB6などがあげられます。 多形日光疹 多形日光疹は、日光に当たることによって赤くかゆみのある湿疹ができます。 20歳くらいまでの若い女性に多く見られ、太陽にあたってからしばらくしてから症状が出ることが多く、その時間は人によって異なるところも特徴です。 湿疹ができると、治るまでに2週間以上かかる場合もあり、その間かゆみは消えません。 日光に当たる機会の少ない人が発症することの多い疾患と言われています。 紫外線をあびてかゆくなった時の対処法 太陽の光でかゆみや赤みが出た場合は、まず皮膚科を受診しましょう。 上で書いた通り、 紫外線アレルギーには様々な種類がありますし、本当に紫外線アレルギーなのかどうかもわかりません。 例えば、紫外線に関係なく、日焼け止めでかぶれることもありえます。 紫外線アレルギーは、その後の生活にも大きな影響を与えます。 自己判断せず、専門家に診てもらい、必要であれば検査を受けるようにしましょう。 紫外線を浴びないために 紫外線アレルギーになった場合、一番の対処法としては紫外線を直接浴びないことです。 とはいえ、ずっと家の中にいては日常生活に支障をきたす方の方が多いですよね。 そこで、紫外線をできるだけ浴びないようにするために、様々なアイテムを活用しましょう。 日焼け止め 紫外線の抑止といえば、日焼け止め。 日光が当たる場所に塗ることで、紫外線から肌を守ってくれます。 しかし、この日焼け止めも注意が必要です。 日焼け止めが原因で紫外線アレルギーを発症するケースもあるからです。 特に、紫外線吸収剤として使われているベンゾフェノン系の成分は、紫外線と反応すると肌を傷つける恐れがあります。 敏感肌用の日焼け止めを使うのがベストです。 具体的には、• オキシベンゾン• メトキシジベンゾイルメタン• パラアミノ安息香酸• パルソール といった成分が含まれていないものを選ぶようにしましょう。 紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤の入った日焼け止めを使うと、比較的アレルギーになりにくいようです。 私は、紫外線アレルギーに関係なく、日焼け止めで肌が荒れてしまったこともありました。 UVカット効果の高い日焼け止めは、成分に気を付けないと、余計に肌を痛めてしまうこともあることを、意識したほうがいいかもしれませんね。 ちなみに、私が最近使っているのは、 「ラ ロッシュ ポゼ アンテリオス キッズ ミルク」という子ども用の日焼け止めです。 塗って肌が荒れることは今のところありません。 スプレータイプの日焼け止め 「 」もお勧めです。 とにかく、広範囲に塗りやすい!シューっとスプレーしてなじませるだけなので、朝の忙しい時間帯にぴったりです。 ラ ロッシュ ポゼは敏感肌のためのスキンケアブランドなので、安心して使えるのでおすすめです。 *公式サイトからの購入なら、初回購入品送料無料だからお得です! 2. 帽子 日焼け止めを頭に塗るわけにはいきませんよね。 頭からの紫外線吸収を抑えるためには帽子が活躍します。 紫外線カットを目的とするならば、キャップやキャスケットではなく、つばの広い女優帽のようなものがお勧めです。 最近、帽子でおしゃれを楽しむ方も増えていますので、おしゃれしながら紫外線カットが可能になるアイテムです。 また、子育て中のママにとっては、日傘と異なり手をふさがないというところもポイントですね。 私は、夏は麦わら帽子、そのほかの季節は、バーベキュー等、外にいる時間が長い時だけ、布製の折りたためる帽子を使っています。 キャップなどで耳を出してかぶる場合、耳のふちにも日焼け止めを塗ることをお忘れなく。 私は学生時代、サークルのテニス合宿でキャップをかぶってテニスをしていたら、耳のふちが日に当たり水膨れになってしまいました…。 日傘 帽子よりも広く紫外線をカットしてくれるのが日傘。 近年のゲリラ豪雨対策としても、晴雨兼用傘を持ち歩いていると、天気に関係なく活用できて便利です。 なるべく、色の濃いものを使うと紫外線を跳ね返す力が強くなります。 洋服 紫外線アレルギーの症状が強い方は、夏でも暑いですが長袖・長ズボンがお勧めです。 UVカット効果が施された洋服も出回っています。 そこまでしないまでも、なるべく濃い色で、目の詰まったポロシャツのようなタイプの洋服ですと、比較的、紫外線を跳ね返してくれる力があるようです。 紫外線に負けない肌になるためのスキンケア 日焼け止めなどのアイテムを使うのと並行して、日々のスキンケアで根本的な肌の力を高めることも必要です。 そのポイントとなるのは 「保湿」。 肌が乾燥すると、もともと持っているバリア機能が低下し、少しの紫外線でも肌がトラブルを生じさせます。 さらに、紫外線は肌を乾燥させてしまうため、よりしっかりとした保湿が必要となるのです。 保湿は、水分だけを与えるよりも、セラミドを補う方が効果的です。 セラミドは肌の保湿成分であり、バリア機能の一端を担う重要なもの。 セラミドを効果的に肌に与えることによって、潤いのある刺激に強い肌になっていくのです。 さらに、紫外線アレルギーの症状がある場合は、低刺激であることも重要なポイントです。 つまり、 「保湿」「セラミド」「低刺激」の3つの要素を満たした敏感肌用の化粧品を使ったスキンケアがおすすめです。 敏感肌化粧品ランキング バリア機能が低下したお肌は 敏感肌化粧品でのスキンケアがおすすめです。 また、ココナッツオイルが紫外線アレルギーを穏やかにしてくれるそうです。 紫外線をカットするのではなく、体が紫外線に順応し、許容範囲を高めるための手助けをしてくれるとのことです。 ココナッツオイルは保湿にも使えるので、肌に塗ることで保湿と紫外線への順応、ダブルの効果が期待できますね。 太陽とうまく付き合い楽しい日々を 私は、紫外線アレルギーになりアウトドア関連の楽しみが憂うつになりました。 1日外にいるとそれだけで体がかゆくなったり、頭痛、発熱で次の日使い物にならなくなったり。 しかし、今は日焼け止めや帽子、その他のアイテムを使いつつ、なるべく日陰にいる、無理はしないなど自分で意識しながらレジャーを楽しめるようになりました。 外で食べるご飯はおいしいし、海や山は心をゆるりとほぐしてくれます。 かゆみが出てしまったときはお医者さんに頼りながら、普段の生活では紫外線に負けない肌作りを意識して、太陽とうまく付き合っていきましょう!.

次の