花瓶 仏壇。 仏壇用花瓶・お盆用花瓶・仏間用花瓶・お盆用品・初盆(新盆)用・花器・フラワーベース−販売/通販

仏壇の花瓶が汚れる2つの原因とピカピカに保つ対処法とは?

花瓶 仏壇

仏壇の花瓶は真鍮でないと駄目なの? 仏壇の花瓶として使われている多くが下のような花瓶ですよね。 これは「花立」という仏具の一種で真鍮製です。 この花立の色は黒褐色塗装されたものですが、真鍮製では他に金色塗装されたものもあります。 また、花立の材質としては、真鍮以外に陶器製も多いです。 多くの宗派では花立に関する決まりはありませんが、浄土真宗では本願寺派が黒褐色、真宗大谷派が金色の仏具を使うなど色に関するルールがあります。 また、形状も浄土真宗各派で異なるため、事前に菩提寺で確認してから購入しましょう。 ただ、実は、花立を使わず普通の花瓶を使っても問題ありません。 陶器でなくガラスやクリスタルなどの花瓶でも大丈夫です。 また、普段は花瓶を使い、法要の際にはきちんとした花立を用意するという方法もあります。 いずれにせよ、大切なのは花をお供えする心です。 花瓶よりもお供え花に気を配るようにしましょう。 仏壇の花瓶の数とサイズは? 仏壇の花立の数 仏壇のお供え花は左右一対に、花瓶を2個用意するのが一般的とされています。 また、生花以外に「常花」(じょうか)という、ご本尊の横に金色の蓮の花を飾る場合もあります。 その場合は二対(4個)必要になります。 ただし、仏壇の花立の数は宗派による違いがあるため、正式なやり方を取り入れたい場合は菩提寺の住職に確認するのが間違いありません。 ですが、現実的な視点で見れば、大きな仏壇が置ける家なら花瓶2個、花も2束用意出来ますが、仏壇が無い家やミニサイズの仏壇しか置けない家が多いのが現状ですから、1個の花瓶に花束1束だけというケースも増えています。 その場合には、花立は中央でなく左側に置くことになります(香炉を中央に、花立を左側に、燭台を右側に)。 ちなみに、仏具をきちんと用意する場合には、「五具足」「三具足」という言葉を知っておく方が良いです。 【五具足】 香炉(一基)、燭台(ロウソク立て一対)、 花立(一対) 配置:中央に香炉、脇に燭台、 両脇に花立の順に左右対称に置く。 【三具足】 香炉(一基)、燭台(ロウソク立て1個)、 花立(1個) 配置:ご本尊に向かって中央に香炉、右側に燭台、 左側に花立を置く。 なお、法要等の場合には五具足にするのが正式で、花立を1個だけ左側に置くという考え方は三具足の考え方です。 仏壇の花立のサイズ 花立でこちらのタイプだと、2. 5寸(約7. 5cm)から5. 5寸(約16. 5cm)程度まであります。 どのサイズを使うかは、お供えする花のサイズや仏壇のサイズとのバランスを考える必要があります。 また、生花のボリュームが大きい場合、花立だとバランスが合わない可能性もありますよね。 その場合は陶器やガラス製の背の高い花瓶を使っても良いでしょう。 ただ、仏壇のサイズが小さいのに花立が大きいと違和感があるため、ある程度のバランスを考えた方が良いです。 花立を購入する場合の目安としては以下の通りです。 実際使ってみると、高さ2. 5寸(実際には7. 8cm)でも真鍮製なので重く安定感があります。 そのため、造花を飾るには全く問題ありませんでした。 ただ、造花の茎の部分が細くて、花立にそのまま入れるとグラグラするため、紙を入れて安定させました。 今回使った紙(画像の下側にある紙)、造花や花立を購入した際に緩衝材として使われていた紙です。 このような物がなければ新聞紙を使っても大丈夫です。 さいごに 仏壇の花瓶は浄土真宗以外なら比較的自由に考えて大丈夫です。 我が家の場合は一般的な真鍮製の花立を購入しましたが、陶器製なら100均等で探してもオシャレな花瓶があるかもしれません。 そちらで色々探してみて気に入ったものがなければ仏具屋さんやネット通販を検討する、という方法もで良いかもしれませんね。

次の

仏壇の花瓶は真鍮でないと駄目?数の決まりは?おすすめ花立サイズは?

花瓶 仏壇

三回忌法要までは 命日からまる2年 赤い花は遠慮する• 毒・トゲ・悪臭のある花は避ける 浄土真宗では、悲しみの深い時期にお仏壇の花に赤色を使うことは遠慮します。 通常、命日から三回忌法要までの間というのは、故人がお亡くなりになってから2年という期間なので、一般的にお仏壇のお飾りは白を基調とします。 地域やお寺さんによっては花の色に決まりが無い場合もあります。 そして、毒・トゲ・悪臭のある花というのはお仏壇にふさわしくありません。 仏花にはお浄土の美しさを表す意味もあるので、花を選ぶ時に以上の点を参考にされて下さい。 お仏壇の花 法事用 完成図 三つ具足の場合はこのような完成図です。 三回忌までの法事を想定した仏花なので、白をベースにした色合いになります。 花の色に黄色がありますが、菊などのお仏壇によく使われる花であれば問題ありません。 一方、五具足の場合は全てを上の図のように横一直線に並べるとかなり幅をとります。 お仏壇のスペースにあわせて、ろうそく立てや仏花を前後にずらして置いたりするなど、調節してください。 簡単にお花を飾りたい方にはこちら 失敗無し お店にお花を買いにいくのは大変だし、どうやって生ければいいか分からないという方は、 すでに仏花としてアレンジしてある生花を購入する手もありますよ。 こちらは基本的な仏花の組み方がしてあり、良い商品だと思います。 ボリュームも十分なので、お仏壇のサイズに合わせて花の本数を調節して下さい。 花が余れば、お仏壇に使わなかった分をお墓にお供えするのもいいですね。 三具足なら花瓶1つ分• 五具足なら花瓶2つ分• リンドウ• スターチスなど• 花が大きめの菊 材料のお花はスーパーでも手に入りやすく、日持ちのする花です。 ここでは生け花の要素を取り入れたちょっとしたコツと一緒にご紹介します。 では、イラスト付きで解説する仏花の生け方をご覧ください。 1・樒 しきみ を生ける 花瓶には8分目くらいまで水を入れておきましょう。 仏花の完成形の高さは、おおよその目安として、ろうそく 新品 の高さと大体同じくらいがいいと思います。 花瓶に入ってしまう部分の葉は取り除き、全体的にひし型をイメージして形を整えて下さい。 お仏壇や花瓶のサイズが小さい場合は、 倒れてしまわない高さに仏花を調節して下さい。 2・リンドウで仏花の「芯 しん 」を作る リンドウなどの直線的な1本の花を利用して、仏花の芯(しん)となる部分を作ります。 先ほどの樒 しきみ と同じくらいの高さになるように切り、花瓶に入ってしまう花や葉は、手などで取っておきましょう。 3・小菊はリンドウよりも少し短く 次に小菊など なければ他の数本の花 を、先ほどのリンドウより少し短くなるように切り、花瓶に入ってしまう花や葉は手などで取りましょう。 4・輪菊を手前にあしらう 小菊より少し短く 小菊の手前に、花が中くらいの大きさの輪菊 りんぎく などをもってきます。 輪菊とは1本の茎に一輪の花を咲かせるタイプです 他にもカーネーションやトルコキキョウなど、手に入った材料でかまいません。 全体のバランスを見て、本数を調節してみて下さい。 5・スターチスなどの細かい花で立体感を出す 仏花にボリュームと立体感を出してくれるのがスターチスなどの花です。 カスミソウやすずらんのような花もおすすめです。 先ほどの輪菊 中 を囲むようにあしらうと、それぞれの花が引き立ちます。 6・やや大き目の菊などで仏花の根本を飾る 仏花の根本に、やや大き目の花などを使うとグッと締まるので、より安定した印象になります。 ここでは白い菊を使用しましたが、7回忌以降の法事なら赤やピンクのケイトウや、カーネーションなどでもいいと思います。 7・花瓶に生けた時にバラバラになるなら輪ゴムでとめる 花瓶の口が広いと生けた時に仏花の形がバラバラになる場合があります。 そんな時は茎の下の方を輪ゴムでとめておきましょう。 さらに仏花が傾いて困るなら、余った花の茎などを2センチくらいに切って、仏花の根本と花瓶の隙間 水に浸かっている部分 を埋めるように差し込みましょう。 お仏壇・仏花の置き場所は? 仏花の置き場所ですが、お仏壇のサイズ「大型・中型・小型」によって少々変わってきます。 大型仏壇の仏花の置き場所 大型仏壇の場合は、 前卓 まえじょくという台があればその上へ置くのが基本です。 前卓 まえじょくが無い場合には、お仏壇の中段あたりに仏花・香炉・ろうそく立てを並べるといいでしょう。 お仏壇の中が狭い場合には、お仏壇の前に卓を用意してそこへ並べれば手が届きやすくて便利ですね。 中型仏壇の仏花の置き場所 中型仏壇だと、仏具の大きさにもよりますが、お仏壇の中に置くなら三具足の方が置きやすいと思います。 五具足で置くなら、このようにお仏壇の前に卓を用意して並べると実用的でいいと思います。 いらないときには片付けることができる、折りたたみの板卓などがいいでしょう。 ・3回忌まで間、花の色は白を基調とする ・7回忌以降は花の色に赤があってよい ・毒花やトゲのある花は仏花にふさわしくない ・仏花の生け方は花の高さを変えながら組み合わせるといい ・置き場所はそれぞれのお仏壇のサイズに合わせて 今回ご紹介した仏花は、花屋さんでも扱われるような基本的な花の組み合わせで、仏事の作法でも問題の無い内容です。 どうしても心配な方は、花屋さんでお仏壇用の花を相談してみたり、生け方をご家族などに聞いてみるといいでしょう。 記事中に出てきた「樒 しきみ ・ヒサカキ」については以下の記事で詳しくご紹介していますので、よろしければ読まれてみて下さい。

次の

陶器 夏目花瓶

花瓶 仏壇

仏具の花瓶は三具足のひとつ。 白・黄・紫の花を奇数本数飾って香りで供養します 仏具で使う花瓶は「花立(はなたて)」とも呼ばれ、花をいけて仏前に供えるための道具です。 仏前に置く花瓶は日々のご祖先様や故人への花供養には欠かせない大切なものです。 毎日使うもの、そして末永く使うものですから、供養における花の役割を知った上で、供養に適した花瓶を選びましょう。 仏壇で使用する仏具に関しては宗派によって異なる点もあるので、菩提寺に供養の作法を確認しておく事をお勧めします。 ここでは、仏具の花瓶の役割や仏前に花を供える意味、仏花や花瓶の選び方と供え方、花瓶のお手入れ方法、そして様々な種類の中から厳選した花瓶をご紹介します。 仏具の花瓶に仏花を飾るのは花供養のためです 仏具の花瓶の役割 仏具の花瓶は、香炉や火立と共に「三具足(みつぐそく)」と呼ばれ、大切な供養具のひとつです。 具足とは仏壇で使用する仏具一式のことで、香炉は「香供養」、火立は「灯供養」、花瓶は「花供養」に使われます。 日々の供養だけではなく、お盆や正月、法事の時には、たくさんの仏花で仏壇を飾る方も多いでしょう。 お供えで最低限必要なのは三具足、正式な荘厳は五具足とされますが、宗派や地域によっても変わります。 三具足の時は1つですが、五具足の時には2つの花瓶を使います。 スペース的に五具足は置けなかったり、花瓶や火立が2本ずつない場合は三具足でも問題ありません。 仏前に仏花を供える意味 仏教においての仏様にお花を供えるという習慣は非常に古く「瑞応経(ずいおうきょう)」というお経によると、悟りを開く前に修行をしていたお釈迦様も「燃燈仏(ねんとうぶつ)」という仏様の頭上に五華を散じて荘厳したそうです。 「厳しい自然の中で耐え忍んで咲き誇る花の姿」になぞらえて「人々が厳しい修行に耐え忍ぶ」ことを【仏様に誓う】ために、仏前に花を供えるようになったとされています。 ですから花供養をすることは、仏様への信仰心をより深めることにもなります。 こうして仏様やご先祖様に感謝の気持ちを表したり故人を偲ぶために、仏前に仏花を供える風習ができました。 仏壇での仏花はお線香と同じく、故人やご先祖様の霊を供養する他に「仏様や故人に香りを楽しんでもらう」という目的もあります。 それに加え仏花は、お供えしている私達の心も穏やかにすると考えられています。 仏壇に華やかなお花があると、自然と心が明るく清らかになるものです。 仏具の花瓶には「白・黄・紫」の仏花を奇数本数いれます 仏花に厳密な決まりはありませんが、仏花に不向きな花というのはあります。 仏花に適さない花 仏花に適さない花の色 基本的に仏花にタブーの色はありませんが、四十九日までは派手な色の花は避け、白か淡い色合いの花を供えるのが一般的です。 仏花に適さない花の種類 仏教的にタブーだったり、管理が大変な種類の花は仏花には向きません。 トゲのある花:バラやアザミが持つトゲは殺生をイメージさせ、仏教の教えに反します。 それにペットや小さいお子さんが触れてしまう可能性もあります。 毒のある花:ヒガンバナやテッポウユリなど毒を持つ花も、トゲと同じ理由でタブー視されています。 ツル状の植物:仏教的に「成仏できない」印象や、親鸞の教え「樹心仏地」の「自立」に反するイメージがあります。 更に水を吸い上げにくく枯れやすかったり、伸びたツルが絡みついてしまう等の現実的な問題もあります。 香りの強い花:虫を寄せ付けてしまったり、アレルギーの可能性があります。 花粉の多い花:花粉アレルギーとお手入れの問題があります。 落ちた花粉で他の花が傷んだり、仏壇が汚れてしまったりもします。 枯れやすかったり花や葉が散りやすい花:毎日のお掃除が大変です。 仏花に適した花 仏前の仏花には、季節の花、故人の好きだった花や庭に咲いている花などを飾っても問題ありません。 ただ日々の供養として考えると、仏花には「お手入れが楽で長持ちする花」が向いているでしょう。 菊は持ちの良さだけでなく、年中どこでも手に入るので特によく使われる仏花です。 丸くて可愛らしいピンポン菊などは香りもよく、和洋どちらのアレンジもできるので人気があります。 水はけの良いカーネーションやスプレーマムも仏花に適した花です。 店頭で売られている仏花は「白・黄・紫」の色を組合わせた花束が多いですが、5色にしたい時は赤やピンク等を組合わせるといいでしょう。 生花は日々のお手入れが大変なので、最近は「枯れない花」である造花や常花、ブリザードフラワーを使う方も増えています。 造花や常花は衛生的で経済的な上、アレルギーなどの問題がないというのも人気の理由です。 仏具の花瓶は仏壇のサイズとデザインに合わせて選びましょう 仏壇に使用する花瓶にも特に決まりはないですが、選び方にはいくつかのポイントがあります。 花瓶のサイズ 花瓶のサイズは仏壇の大きさに合わせて選びます。 仏具は基本的に仏壇に横一列に置くので、使用する具足の数や他の仏具の大きさによっても変わってきます。 仏花を生けた時は、通常の花を生けた時よりも置き場所の高さが必要なので、花瓶は仏壇の横幅だけでなく高さも考えて選びましょう。 花瓶の素材 花瓶に使われる素材は様々なので、各素材の特徴を考えて選びましょう。 陶器製:種類が豊富で、品質も価格も幅が広い アルミ製:軽量で耐久性に優れ、お手入れ簡単で低価格 真鍮製 :重厚感があり、高級感がだせるが、黒ずみや腐食が発生しやすい 木製:温かみがあり味もあるが、お手入れは若干面倒 プラスチック製:扱いやすく低価格だが、見極めないと高級感が欠ける クリスタル製:オシャレで上品に見えるが、割れ物で汚れが目立ちやすい 花瓶の色 花瓶の色は、仏花や仏壇の色との調和を考えて選ぶのがいいでしょう。 モダン仏壇にはどんな色の花瓶でも合いますが、伝統仏壇には「黒壇系」「紫檀系」「磨き・金系」など昔ながらの仏具の色がしっくりきます。 仏具の色は宗派によっての違いがあるので、菩提寺に確認しておく事をお勧めします。 花瓶のデザイン 仏壇とのバランスを考えて全体を落ち着いた印象でまとめるのか、豪華な雰囲気にしたいのかで決めます。 奇抜すぎる組合せだと、荘厳さが失われてしまう可能性があるので注意しましょう。 モダン仏壇でしたら一見アンバランスなコントラストも楽しめます。 仏花の種類に合わせて選ぶなら、リンとした花には筒型、可憐な花には口がすぼんだ花瓶、大きな花には壺型、広がった花や常花には広口の花瓶がお勧めです。 仏具の花瓶への仏花の生け方は「奇数」で「ひし形」に 水切り 仏花は花瓶に入れる前に水切りすることで長持ちします。 水をはった容器に茎をつけ1~2cm程度を斜めに切ります。 水切り後は花瓶に生けるまで、直射日光の当たらない風通しの良い場所で保管すると更に長持ちします。 仏花の本数 仏花の本数は3本、5本、7本など奇数が基本です。 五具足で飾る場合は、同じ本数の束を2セット用意しましょう。 仏花の生け方 仏花は花瓶の真ん中に一番背が高い花を生け、残りで榊(さかき)のように「ひし形」になるよう形を整えます。 火立と同じ高さに生けると、より美しく仕上がります。 仏壇での仏花の向き 花瓶は仏花の表側が私達の方を向くように置きます。 お供えの仏花は、仏様の慈悲の心を表すものでもあるので、礼拝者側に向けるのだと言います。 仏壇での花瓶の配置 三具足の時は向かって左に花瓶、中央に香炉、右に火立を飾ります。 五具足では中央に香炉、両側に1対の火立、更に外側に1対の仏花を置きます。 仏具の花瓶と仏花のお手入れ方法。 水は毎日換えましょう 仏花はご先祖様の霊を供養するための大切なものですから、枯れたり、傷んだり、虫がわいたりしないよう毎日のお手入れは欠かせません。 花瓶の水は毎日取り替える 雑菌の発生を抑えるために水は頻繁に取り替えましょう。 花瓶の中も洗って水は常にきれいな状態にします。 ボウフラの発生を防ぐためにも水は入れすぎない方がいいです。 茎を定期的にカットする 切り花は時間が経つと吸水力が落ちますが、茎を切ると水の吸収効率が戻ります。 切り口の組織を潰さないよう切れるカッター等で、1cmほど素早く斜めにカットしましょう。 花の下の方の葉は取る 花瓶の水の中に葉が浸かっていると、バクテリアの繁殖が進んでしまいます。 束ねた花を長く水につけておくのも良くないので、生けてから3日目以降は輪ゴムを取り、茎をきれいに洗いましょう。 延命剤を使う 市販の延命剤には、バクテリアの繁殖を防ぐ高い殺菌効果があります。 食器用洗剤を1滴垂らしても殺菌はできますが、延命剤なら同時に植物に必要な栄養素の補給もできます。 使いやすい仏具の花瓶を厳選してご紹介します 仏具の花瓶は素材、色、形も様々なものがありますが、ここでは汎用性の高いものをご紹介します。 銅器 青葉型 コハク 花立(花瓶)2. 5寸 上部の広がりが美しい形状をしており、使いやすさと機能美を兼ねそなえた、洗練されたデザインの花立です。 安定感があり、枝葉の広がる花を生けるには、最適です。 まばゆく光り輝く金色が、更に存在感を高め、汚れのない雅やかな雰囲気をかもし出します。

次の